2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 | トップページ | やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 »

2020年8月 8日 (土)

オリジナル「猿の惑星」を見るのは何年ぶりだろうか?

Planet-of-the-apes「猿の惑星("Planet of the Apes")」(’68,米,Fox)

監督:Franklin J. Schaffner

出演:Charlton Heston, Roddy McDowall, Kim Hunter, Maurice Evans, Linda Harrison

実に懐かしい映画である。この映画がBSで放送されていたので録画して見たのだが,この映画を見るのは何年ぶりなのだろうか。私の記憶の中では,荻昌弘がMCだった「月曜ロードショー」で,当時は珍しかったノーカット放送が行われたのが私が小学生5年生か6年生ぐらいの頃だったはずである。更に私の記憶が正しければ,37%とかのとんでもない視聴率を叩き出したはずである。みんなこういう映画をTVで見たいと思っていたのねということの裏返しかもしれないが,その後,私がこの映画をちゃんと見たかどうかというとあまり自信がない。

いずれにしても,今回,かなり久しぶりに再見した訳だが,この映画,ラスト・シーンの印象が強過ぎて,途中の展開については覚えているところもあれば,ほとんど記憶にすらないと思ってしまったシーンがあったのも事実である。まぁ,最初のTV放送からも相当な年月が経過しているし,老境に達して記憶力の低下に悩む私としては不思議なことではない(苦笑)。今にして思えば,特殊メークも実にプリミティブな感じだが,それでも当時は担当したJohn Chambersはオスカーも獲ったし,凄い,凄いと言われていたのも懐かしい。もはや50年以上前の映画なのだから,それも当然だが,その当時に思いを馳せて改めて見ていたら,ついつい寝る時間が遅くなってしまったではないか(笑)。やはり。私も同時代感を覚えるものに対して強い郷愁を感じる年ごろなのだ。

ストーリーはかなり無茶苦茶と言ってもいいし,Charlton Hestonがマッチョな行動パターンを取りたがるところは笑ってしまうところもあるとしても,結構よく出来ていたなぁと改めて感じさせてくれた映画である。結局シリーズ化されて5作も作ってしまったのはどうなのよとは思うが,それぐらい当時は人気のあるフランチャイズだったということである。2作目はダメダメで,3作目はストーリーで何とか持ち直し,4作目はまぁまぁだったが,5作目は駄作中の駄作と堕したという感じだったと思うが,この1作目は見るに値する映画だったと思った私である。夜中まで見続けてしまうところにそういうところが表れていると思うが,それは結局ラスト・シーンが見たかったからではないかって言われればその通りかもしれない。それぐらいインパクトの強いラスト・シーンを描いたシナリオを褒めることにしよう。星★★★★。

たまにこういう映画を見るのも楽しいなぁってつくづく思った私だが,これの前日には「パットン大戦車軍団」を録画しているので,追々見ることにしよう。実は「パットン大戦車軍団」はオープニングは記憶しているが,全編見たことがないはずなのだ。ってことで,音楽だけでなく,映画も温故知新モードに入るとするか(笑)。

« Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 | トップページ | やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

白人が支配する世界が終わることに対する恐れを描いた映画ですよね。
非キリスト教の異文化の野蛮人に世界を支配されるなら、地球を破壊した方がマシだという世界観が根底にあります。
元々低予算の映画が、どんどんショボくなっていってもの悲しくなるシリーズですね。

大学生の写真を一日中撮ってました。
岡山はコロナが累計100人を越えました。
毎日400人越えの東京と違って、まだのどかな感じです。
新宿では夜の街が大変で、キャバクラやホストクラブやおっぱいパブ、、、ソープランドなんかかなり密だよな、リモートじゃできないし、、と女子大生に話してたら、
ソープランドって何ですかと聞かれてしまいました。
穢れた社会と無関係に、清く正しくこれからの人生を送ってほしいなあ。


MRCPさん,おはようございます。

ご指摘の点,確かに映画には白人しか出ていないように思えます。全然意識してませんでした。

新型コロナウイルスの拡大は止まりませんが,人口で考えると沖縄の状況が懸念されますね。ワクチンが開発されて,更に重症者が減ればインフルエンザと同じみたいになっていくのかなと思いますが,どうなるんでしょうね。

ソープランドって表現は最近見ませんね。もはや死語なのかもしれません。女子大生が知らないのも当然ですね。

サルが英語話している時点で気づけよという指摘がありました。(笑)

ソープランドって言葉は知らないうちに死語になっちゃったのかなとウィキで調べてみると、名称変更があったわけでもなく、今も1222店あるそうです。行ったことありませんけど(笑)
メディアが言葉自体をあたかも存在しないかのように忌避しているからだと思います。
臭い物にフタのスタンスですね。
岡山市、倉敷市にもあるそうなんですけど、全国的に有名な歓楽街としては存在しないので、
隠れてこっそりやってるんでしょうか(笑)

ワクチンが完成すればそうなるかもしれませんね。ただし、AIDSのワクチンは40年近くの研究でまだ感染していませんから、いつ完成するかは未知です。
確実に効果がはっきりしているワクチンでも、少数の本当なのか疑わしい副作用を理由に大々的な反対のため普及できていない子宮頸癌のワクチンみたいなことが生じる可能性もあります。予防できる数少ない癌なのに、毎年3000人くらい死亡しているわけです。
コロナにイソジンの国ですから。(笑)
病気より商売に国が方針転換しているわけですから、当面、拡大必至です。

MRCPさん,おはようございます。

英語の件,一言もございません(爆)。

ソープランドをWikipediaで調べるという発想はありませんでした(笑)。3密回避の中での営業形態はどうなってるんでしょうかね。まぁどうでもいいんですが。

ワクチンが開発されてもSARSだ,MERSだけと,新型コロナだと続々新種が登場する世の中ではいたちごっこですね。困った世の中です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 | トップページ | やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作