2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 | トップページ | Paul Bleyの”Fragments":ECMの本領発揮って感じの音。 »

2020年8月12日 (水)

Amazon Primeで「シャレード」を見た。多分初めて見たなぁ。

Charade「シャレード(”Charade")」(’63,米,Universal)

監督:Stanley Donen

出演:Cary Grant, Audrey Hepburn, Walter Matthau, James Coburn, George Kennedy, Ned Glass

前にも書いた通り,昨今のAmazon Primeでは結構古い映画が見られるのが楽しいのだが,今回選んだ「シャレード」なんて,Herny Manciniが書いた主題曲は皆知っているだろうって感じだが,私はこの歳になって,この映画を見たのは初めてではないかと思う。私にとってAudrey Hepburnは「ローマの休日」が全てみたいなところがあるが,それでもCary Grantが出ているのだから,小じゃれた展開になるのは必定と思っていたら,案の定,ロマンティックなコメディ・タッチのサスペンスというお腹がいっぱいになるような映画であった。

正直言ってシナリオが無茶苦茶(本当に無茶苦茶なのだ)だという点については目をつぶろう。なぜならば,ここでのAudrey Hepburnはいかにもキュートなのだ。「ローマの休日」の時の清楚さから転じて,小悪魔的と言ってもよい彼女の魅力こそが,この映画の売りだろう。まぁ,Cary Grantはこの映画の頃は還暦近いが,一方Audrey Hepburnは34歳ぐらいであるから,親子ほどの年の差があるのだが,これを成り立たせるのはCary Grantの洒脱さ故なのは当然としても,清楚なだけではないちょっと大人な感じのAudrey Hepburnの魅力が大きいと思った。

途中で大体誰が一番のワルかはわかってしまうのだが,いかにも悪役的なJames CoburnとかGeorge Kennedyが結構笑える。こういうストーリー展開でも許されるいい時代だったと言わざるをえないが,それでもこのおしゃれな感じはAudrey Hepburn主演映画らしいよなぁとつくづく思ってしまった。ジバンシーのコスチュームをパリの街並みでAudrey Hepburnが着こなせば,それだけでおしゃれに決まっとろうがというところ。いずれにしても,他愛はないものの,古き佳き時代の映画って感覚を味合わせてもらった。星★★★★。

余談ながら,映画の途中で,Cary GrantがAudrey Hepburnに向かって"On the Street Where You Live"というセリフを言うシーンがあったが,この映画の撮影中には"My Fair Lady"の主演が決まっていたってことなんだろうなぁと思っていた私であった。

« やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 | トップページ | Paul Bleyの”Fragments":ECMの本領発揮って感じの音。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やはりDonny Hathawayのライブは最高なのだ。 | トップページ | Paul Bleyの”Fragments":ECMの本領発揮って感じの音。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作