2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 温故知新は続く:今日は"Jazz at Massey Hall"のDefinitive Editionだ。 | トップページ | Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 »

2020年8月 6日 (木)

”Mostly Ballads”:こういうのがバーでかかっていたらしびれるよねぇ。

_20200804"Mostly Ballads" Steve Kuhn(New World)

Steve Kuhnはいろいろなスタイルで演奏をできる人なので,リスナーとしてはどの辺りが好みかというのを決めてもいいし,いろいろなスタイルをそれぞれ楽しむって感じでもいいと思う。私の場合は後者だが,これなんか主題の通り,バーとかで小音量でプレイバックされていたら,店主の趣味を褒めたくなること必定というような「ほぼ」バラッド集である。あくまでもタイトル通り「ほぼ」なので,小粋なミディアム・テンポの曲もある。それがまたいい塩梅なのだ。

やっているのは有名曲ばかりなので,それをKuhnのソロ,もしくは半数の曲で加わるHarvie Swartzとのデュオでどのように料理するかというのが楽しみとなるが,実に美しく仕上げつつ,若干の毒も仕込んであるというところである。曲で私が知らなかったのは"Yesterday's Gardenias"という曲だが,元々Glen Millerがやったらしく,その後,Stan GetzやSerge Chaloffとかも取り上げているらしい。へぇ~って感じである。

本作においては,1曲最長5分43秒,2分台の曲も12曲中5曲もあるということで,比較的あっさりとした演奏ではあるものの,密度は濃いと感じさせるものなのだ。こんなのは所謂カクテル・ピアノではないかという指摘もあるだろう。しかし,凡百のピアニストが"Danny Boy"のような曲を弾いてもこうはならないはずだ。ちゃんとSteve Kuhnの美学が反映されているのだ。

繰り返しになるが,こういう音楽が店でプレイバックされていたら,確実に嬉しくなる。新型コロナウイルス禍により,飲み屋にも行っていない私だが,居酒屋,そば屋,中華料理屋,ありとあらゆるところで有線からモダン・ジャズがBGMとして流れている頃に対する違和感をずっと感じていたことは前にも書いたと思う。だが,本当の趣味のよさってのはこういうアルバムをプレイバックしてこそ表れると考えるべきだろう。

いずれにしても,以前取り上げたSteve Kuhnのほぼ映画音楽集,"Jazz 'n (E)motion"(記事はこちら)同様,夜にしかフィットしないとも言えるが,こういう音楽を聞いているとついつい酒が進んでしまう私である。星★★★★☆。

Recorded on January 3, 1984

Personnel: Steve Kuhn(p), Harvie Swartz(b)

« 温故知新は続く:今日は"Jazz at Massey Hall"のDefinitive Editionだ。 | トップページ | Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

演歌が似合う人には来て欲しくないという店側からのアピールですから(笑)
昔、歌謡曲がうるさいと、ココイチの葉書に書き込んだら、ロックに、さらにジャズに。
先週の土曜日夜、久しぶりに駅裏のココイチに行ったら、Modern Jazz Quartetが。
おじさんが一人カウンターに。
おじさんが帰ってしまうと、僕一人。
岡山ではコロナ感染者がもう少しで累計100人。
市内のコロナ対応病院の内科医である娘は、実家には帰ってきません。

MRCPさん,こんにちは。

演歌が似合う客拒否ですか?なるほど。ただ,前にもどこかに書いたんですが,我が家の近所の秋田料理の店では秋田民謡がずっとかかっていて,実にいい感じでしたから,アンビエンス次第ですね。

因みに私がある銀行の新店舗のためにチョイスしたのは、うるさくないフュージョンでした。ボリュームのセッティングもしましたねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 温故知新は続く:今日は"Jazz at Massey Hall"のDefinitive Editionだ。 | トップページ | Laura Marlingの新作の媒体到着!やっぱり最高だ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作