2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 実家から持ってきたアルバム:今日はGil Evans。 | トップページ | 久しぶりに聞いたら実によかったChick Coreaの”Rhumba Flamenco" »

2020年7月25日 (土)

それはないだろうと言いたくなった「ミスト」

Mist「ミスト(”The Mist")」(’07, 米)

監督:Frank Darabont

出演:Thomas Jane, Marcia Gay Harden, Laurie Holden, Andre Braugher, Toby Jones, William Sadler

この映画,先日「王様のブランチ」で紹介されていたものがAmazon Primeで見られるってことで見てみたのだが,これほど後味の悪い映画はなかなかないとしか言いようがない映画であった。なので,知らずに見る人にはそれを承知した上で見るようにとしか言えない。

突然,謎の霧に包まれて,訳のわからない恐怖に襲われる人たちを描いたホラーと言えばその通りだが,その原因は明確にされずとも,示唆は与えられるって感じなのだが,それはそれでいいものを,この作品は徹底的に後味を悪く作ってしまったところに問題を感じてしまう。あまり書き過ぎるとネタバレになるのでこれ以上は書かないが,とにかく後味が悪い(きっぱり)。原作を書いたStephen Kingはこの原作とは異なる結末を絶賛したらしいが,これは一般人が見る限りは,それはないだろうって思うはずだ。

しかもこの映画を取ったFrank Darabontは「ショーシャンクの空に」の監督である。同じStephen Kingの原作とは言え,あの映画のエンディングのすっきり感と真逆だろうと言われれば,Frank Darabontも抗弁できないはずだ。とにかく見終わってこれほど胸糞悪い映画はない。もちろんこういうエンディングもありなのだが,映画館であれば,何とも言えない殺伐とした感覚で席を立たねばならないってのはいかがなものかと思う。

まぁ,極限状況の中で,人間がある意味洗脳されていく様は認められるとしても,この映画は絶対好きになれない。星★★。

« 実家から持ってきたアルバム:今日はGil Evans。 | トップページ | 久しぶりに聞いたら実によかったChick Coreaの”Rhumba Flamenco" »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実家から持ってきたアルバム:今日はGil Evans。 | トップページ | 久しぶりに聞いたら実によかったChick Coreaの”Rhumba Flamenco" »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作