2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ブートで聞いたBrad Mehldauのピアノ・コンチェルトやいかに...。 | トップページ | ブート購入のオマケでもらったブート(笑):Cecil Taylor Unitのベルリン・ライブ。 »

2020年7月12日 (日)

Ennio Morriconeを偲んで「荒野の用心棒」を見た。

Photo_20200710222501 「荒野の用心棒("A Fistfull of Dollars")」(’64,伊)

監督:Sergio Leone

出演:Clint Eastwood,Gian Maria Volontè,Marianne Koch, José Calvo

先日亡くなったEnnio Morriconeを偲んで,「荒野の用心棒」をDVDで再見した。この映画自体は黒澤明の「用心棒」の無許可リメイク(笑)だが,Sergio Leoneとしては東宝に打診をしたが,返事がなかったので"OK"と見なしたというような話を聞いたことがあるが,まぁそれはさておき,元々の「用心棒」もよく出来た映画だったが,この映画も実にうまく翻案しているってところである。Clint Eastwoodがカッコいいしねぇ。前にも書いたかもしれないが,私は高校の頃まで,部屋ににClint Eastwoodのポスターを貼っていたのである(笑)。

映画自体はよく知られているところなので,ここはEnnio Morriconeの音楽についてである。この映画のテーマ,「さすらいの口笛」と邦題がついていたが,今回映画を見直して懐かしいなぁと思う一方,イメージが違ったのがこの曲が流れるタイトル・ロールのバックで銃声がバンバン入っていることによるものだと感じた。まぁ,それでも「夕陽のガンマン」もそうだが,口笛を使った哀愁のメロディだよなぁってところである。この曲は銃声の効果音なしで聞いた方が感じが出るってことで,音源を貼り付けておこう。

「夕陽のガンマン」とかは敢えて同じ作風にしていると思うが,それだけではないEnnio Morriconeのこのほかの音楽についてもそのうち聞いてみることにしよう。いずれにしても惜しい人を亡くした。

改めてR.I.P.

« ブートで聞いたBrad Mehldauのピアノ・コンチェルトやいかに...。 | トップページ | ブート購入のオマケでもらったブート(笑):Cecil Taylor Unitのベルリン・ライブ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

 エンニオ・モリコーネとなると、私にとってはどうしてもマカロニ・ウェスタンということになってしまいます。
 西部劇ファンとして実はマカロニ・ウェスタンって衝撃でした。映像も残虐な印象が増して・・・しかし、モリコーネの音楽の美しさに圧倒されたんですね。さすがはイタリアですね。
 しかし、その音楽も実はジョン・ウェインの映画「リオ・ブラボー」に流れるディミトリ・ティオムキンの"皆殺しの歌"からモリコーネはヒントを得て作ったと言うことでした。名作は名作とのつながりがあるんですね。
TBさせてください(↓)
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-4472.html

風呂井戸さん,続けてこんにちは。リンクありがとうございます。

「皆殺しの歌」の翻案はSergio Leoneからの依頼によるものって話もありますが,映画そのものも,音楽もアダプテーションしながら,見事なものに仕立てたってところでしょう。実はその後「夕陽のガンマン」も見たんですけど,あれはあれでいいとしても,Lee Van Cleefがカッコよ過ぎというか,ストーリー的には「荒野の用心棒」の方がやはり上だと思いました。まぁ,これは私が保有しているDVDが古いもので,画質がよくなくてイライラしたせいかもしれませんが(爆)。

いずれにしても,次は「続・夕陽のガンマン」を見るしかないですね(笑)。でも長いんですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブートで聞いたBrad Mehldauのピアノ・コンチェルトやいかに...。 | トップページ | ブート購入のオマケでもらったブート(笑):Cecil Taylor Unitのベルリン・ライブ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作