2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Amazon Primeで見た「宇宙戦争」1953年版。 | トップページ | 追悼,Ennio Morricone。 »

2020年7月 6日 (月)

Brad Mehldauのベネフィット・アルバムが届いた。

Suite-april-2020-front "Suite: April 2020" Brad Mehldau(Nonesuch)

このアルバムについてはその意図については既に記事にした(記事はこちら)ので詳しくは書かないが,そのアルバムが先日届いた。ストリーミングでは既に聞いていたものの,改めてLPで聞くと,新たな感慨が生まれるものである。

ここに収められた音楽はコロナウイルス禍による厳しい現実を表すと言うよりも,癒しのための音楽である。ジャケットにもあるように"lullaby" is for everyone who might find it hard to sleep now.というのがそれを如実に示し,組曲に続いて演じられる"Don't Let It Bring You Down"や"New York State of Mind",そして”Look for the Silver Lining"はBrad Mehldauの現在の心象を反映したものだろう。

Suite-april-2020-innerこういう音楽はその制作意図を含めて評価すべきであることは言うまでもなく,前にも書いた通り,私はその心意気を買う。当然星★★★★★である。この1,000枚限定のベネフィット盤は逸早くリリースされたが,通常盤は9月にリリースされるようである。そして,CDの国内盤にはボートラ収録の告知がなされているが,それが事実ならばBrad Mehldauのコンプリートを目指す私としてはそっちも買わねば...(爆)。

因みに私のところに届いたアルバムに振られたシリアル・ナンバーは#214であった。そしてBrad Mehldauのサインは中のスリーブに施されていた。

Recorded on April 23 & 24, 2020

Personnel: Brad Mehldau(p)

« Amazon Primeで見た「宇宙戦争」1953年版。 | トップページ | 追悼,Ennio Morricone。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

YouTubeで聴いていますので、私はCDに関してはゆっくり対応しますが・・・それ以上の感動は、今年の1月のドイツのライブですね。彼の幅の広さに圧倒されます。
とにかく、Clark Rundell指揮NDRラジオ・フィルファーモ二―との共演は凄い。
こんな彼を見ると又一歩新しい展開の時を感じます。貴重です。
TBさせてください ↓
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-1efaf9.html

閣下、シリアル・ナンバーは#214でしたか!
私は、随分と遅れをとりまして、#732でした。

まぁ、制作意図を考えることも、ファンのお仕事ですので、笑
とりあえず、寄付ができてよかったです。
トラバしますね。

https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2020/07/post-52b842.html

風呂井戸さん,こんばんは。リンクありがとうございます。

Brad Mehldauの越境ぶりには驚かされますが,このブートは気になっていたんですよねぇ。コメント頂いて刺激を受けて,久しぶりにブート屋に発注してしまいました。ジャズ原理主義者の皆さんには許せないと思われるのでしょうが,これもBrad Mehldauの個性なので,音源の到着を楽しみに待ちたいと思います。

今回の発注は1枚だけってのも何なので,全くタイプがバラバラの音源を発注してしまいました。あぁ無駄遣いと思いつつ,最近飲みにも行ってないんで,たまにはいいってことにしましょう。

Suzuckさん,こんばんは。リンクありがとうございます。

シリアル・ナンバーは発注した順とは限らないので,あまり気にしていません。これが0001とかなら興奮しますけどね(笑)。追って通常リリースされるとは言え,やはりこのアルバムはベネフィットに賛同するかどうかが重要だと思いますし,こういう取り組みができること自体素晴らしいことだと思います。その意義はもっと評価されて然るべきだと思います。

おはようございます。いつも楽しく拝見しております。
すでにご存知かもしれませんが、国内版CDの16局目に収録予定だったボーナストラック、なくなってしまったようですね。期待していたので残念です…。

かしさん,こんにちは。情報ありがとうございます。

私もボートラが収録されるのかどうか見守ってきましたが,おっしゃる通り今回はなしのようですね。しかし,このアルバムの性格を考えれば,ボートラを入れる余地はないと思っていました。私としては無駄な散財をしなくてよいので助かりますが,そもそもなんでそういう話になったのかと思ってしまいます。

いずれにしても,ボートラなしでも十分に意義のあるアルバムではあったと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Amazon Primeで見た「宇宙戦争」1953年版。 | トップページ | 追悼,Ennio Morricone。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作