2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 買って,売って,また買って...:今日はJames Blood Ulmer。 | トップページ | コレクターはつらいよ (26):Nonesuchの企画アルバムで2曲演奏するBrad Mehldau。 »

2020年6月 7日 (日)

くつろぎのRob McConnell Jive 5。

_20200607”The Rob McConnell Jive 5" Rob McConnell(Concord)

今や音楽業界においては,Concord Music Groupは買収を重ねて,ジャズ系のレーベルを多数傘下に収める大企業となっているが,もともとは自動車ディーラーだったCarl Jeffersonが立ち上げた趣味のレーベルみたいなものであった。その音楽にはオーナーであるCarl Jeffersonの嗜好が強く反映していて,激しい音楽とは対極にあるリラックス感溢れるアルバムがそれこそ山のようにあった。そういう意味ではレーベルが立ち上がった1970年代においては,フュージョンに押されていたジャズ不遇の時代において,我関せずって感じでアルバムを制作していたのはやはり趣味人の成せる業である。

そんなConcordレーベルが私にとって結構な意義を持つのは,Stan Getzの"The Dolphin"等のナイスなアルバムがあることもあるが,Ed Bickertにアルバムを作らせたことが重要なのだ。リーダー・アルバムだけでなく,客演も含めて,Ed Bickertというどシブなギタリストにレコーディングのチャンスを与えていたことは今にして思えば,実にありがたいことであった。それでもって,今日はEd Bickertのリーダー作ではなく,Rob McConnellのバンド,Jive 5への参加作である。

Jive 5は全員カナダ人のバンドであるが,そもそもEd Bickertを私が知ったのもPaul Desmondのアルバムを通じてであり,Paul Desmondを支えたカナダ人トリオとの音源も素晴らしかった。カナダ人のミュージシャンはロック界なら,Joni MithcellやらNeil Youngやらと大物がいるが,ジャズ界ではそれほど大メジャーな人はパッと思いつくのはOscar Petersonぐらいだろうか。そう言えばGil Evansもカナダの人だ。しかし,私の場合,カナダのジャズ・ミュージシャンは本作でも聞かれるような感じのくつろぎに満ちた音楽をやっているのを聞くことが多く,そういうイメージが強いのは事実である。

そして,本作もいかにもConcordレーベルらしい音楽である。刺激はないが,とにかく気楽にくつろげる。本作のリーダーはジャズ界では珍しいヴァルブ・トロンボーン奏者であるが,私の記憶が確かなら,この人のBoss BrassってバンドのライブをトロントのBourbon Streetで見たことがあるはずだが,その時の印象も本作に近いものだったと思う。いかんせん,それは既に30年近く前のことなので,記憶が曖昧なのだが,やはりイメージなのだ(笑)。私はこの人のアルバムはEd Bickertとベースの変則トリオでやった2枚も保有しているが,実際,いつもこういう感じだが...。

ここで演奏される音楽は小音量でプレイバックしてもいいもので,今はコロナウイルス禍で飲み屋に行く機会はほとんどないものの,やたらにモダン・ジャズが有線で流れている店が多かった中,こういう音楽を掛けてくれたら,その店の音楽に対する審美眼が感じられると思うのだがってつくづく思ってしまうような音楽。まさにいい意味でのレベルの高いカクテル・ジャズである。ごくまれにしか聞かないが,たまに聞くとこういうのがいいんだよねぇ。ってことで星★★★★。ピアノレスなので,Ed Bickertの伴奏のうまさ(もちろん,ソロも)にも浸れるところがポイントが高い。

それにしても,このCDは中古で買ったはずだが,どうすればこれだけカビる?ってぐらいジャケが小汚い。前のオーナーってどういう保管をしていたのかと文句も言いたくなるが,まぁ中古だけにそれを承知で買っているのだから,自己責任だな(爆)。

Recorded in August, 1990

Personnel: Rob McConnell(v-tb), Rick Wilkins(ts), Ed Bickert(g), Neil Swainson(b), Jerry Fuller(ds)

« 買って,売って,また買って...:今日はJames Blood Ulmer。 | トップページ | コレクターはつらいよ (26):Nonesuchの企画アルバムで2曲演奏するBrad Mehldau。 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

Toshiiyaさん、こんにちは。
自分も海外から中古を取り寄せたら、香水の匂いプンプンで参りました。 (笑)
状態良しと言われても、臭いは意外な盲点でしたね。
ところで、Toshiiyaさんのワイド(音楽以外も)な情報楽しみにしています。
(しがらみのない)率直な意見が有り難いです。
こちらは広く薄~~~い!雑食系ブログです。
もし宜しかったら、相互リンクお願い出来ませんでしょうか?
ご検討のほど宜しくお願いいたします。
ではでは。

nanmo2さん,こんにちは。

香水ですか...。それは経験ないですけれども,海外の方々,結構香水きついですからねぇ。

私も音楽に関しては雑食ですが,率直な意見というか,好き嫌いがはっきりしているってところですかね。

相互リンクの件ですが,大歓迎です。早速nanmo2さんのサイトを,当方ブログのおともだちサイトに追加させて頂きました。ページをスクロールして頂くと,右下に表示されておりますので,ご確認下さい。引き続きよろしくお願いします。

Toshiyaさん、こんばんは。
リンク頂き誠に有難うございます。
こちらもお薦めリンクに追加させて頂きますね。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
ではでは。

nanmo2さん,おはようございます。

ご連絡ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 買って,売って,また買って...:今日はJames Blood Ulmer。 | トップページ | コレクターはつらいよ (26):Nonesuchの企画アルバムで2曲演奏するBrad Mehldau。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作