2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 東京録音でもECMらしさが横溢するWolfgang Muthspielのトリオ・アルバム。 | トップページ | Laura Marlingの新作が実に素晴らしい。 »

2020年5月13日 (水)

何を今更なのだが,買ってしまったTOTOのボックス。

Toto-all-in "All In" TOTO(Columbia)

私はこのブログでも何度か書いたが,TOTOというバンドの決して熱心なファンだとは言えない人間である。基本はベスト盤でいいやなんて思っていたので,保有しているアルバムは限定的なものであった。そうは言いながら2014年に来日した時のライブは非常にいい印象があったのも事実。結局好きなのだ。そんな私がネット・サーフィンをしていて,こんなボックスが出ているのかぁってことで,最近,飲みに行く機会もなく,小遣いを使う機会もない(爆)し,諸般の事情によりストレスも相当溜まっているので,まぁ無駄遣いもよかろうってことで,買ってしまったボックスである。

このボックスはColumbiaレーベル所属時のスタジオ・アルバムに東京のライブEPと,リリース当時は未発表だった”Old And New"を入れた13枚組だが,大体の音源はストリーミングでも聞けるんだから,別に買わなくたっていいじゃん!と言われたら返す言葉はない。しかし,たまにはいいのだ,こういう無駄遣いも。無駄遣いついでにeBayでとあるLPも発注してしまったのだが,それはデリバリーされたら記事にすることにしよう(笑)。

今,デビュー・アルバムから聞いているが,このバンドの持つ「ソリッド感」ってのはやっぱり貴重だったなぁと思ってしまう。聞いていて,ついついボリュームを上げたくなるって感じなのだ。正直なところ,私が音源としてある程度馴染みがあるのは1枚目,2枚目,4枚目ぐらいなのだが,それ以外のアルバムも初めて,もしくはそれに準ずるかたちで,ゆっくり聞かせてもらうことにしよう。

« 東京録音でもECMらしさが横溢するWolfgang Muthspielのトリオ・アルバム。 | トップページ | Laura Marlingの新作が実に素晴らしい。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京録音でもECMらしさが横溢するWolfgang Muthspielのトリオ・アルバム。 | トップページ | Laura Marlingの新作が実に素晴らしい。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作