2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Max RoachとArchie Sheppのデュオ盤:よくぞこんなものを国内盤でリリースしたものだ。 | トップページ | Paul DesmondとMJQのノーブルな響き。 »

2020年5月21日 (木)

感涙必至! Paul Desmondのトロント音源ボックス,Mosaicよりリリース!

Paul-desmond-toronto-box 私はMosaicレーベルのメーリング・リストに登録しているはずなのだが,完全にこれを見逃していた!某日本のショップ・サイトでこのアルバム情報を知り,慌てて発注である。いろいろ考えてMosaicに直接発注したが,今は運送状況がよくないんだよなぁ...。

それはさておきである。トロントでのPaul Desmondとカナダ人トリオによる音源は,既に3種のCDでリリースされている。即ち,Horizonから出た"The Paul Desmond Quartet Live",Artist Houseから出た”Paul Desmond"(CDリリースはAISなるレーベルから),そしてTelarcから出た"Like Someone in Love"である。それらに加えて,約5時間の未発表音源を加えた7枚組ボックスがMosaicからリリースされるというのだ。この時の演奏は,私のPaul Desmond好きに加え,伴奏を務めるEd Bickertを贔屓にしていることもあり,無茶苦茶好きなのだ。これまでの3種のCDだけでも幸福感に浸れると思っていたが,何とまだまだあったということで,これを買わずに何を買う!って感じである。

私の新譜購入のペースが落ちているということは何度もこのブログにも書いているが,私にとっての天からの授かりものとでも言いたくなるような,今年最大のニュースである。Mosaicによれば,5月末には発送ということだが,高い送料を払っているので,遅滞なくデリバリーして欲しい。心底そう思えるボックス・セットである。首を長くして待つことにしよう。

« Max RoachとArchie Sheppのデュオ盤:よくぞこんなものを国内盤でリリースしたものだ。 | トップページ | Paul DesmondとMJQのノーブルな響き。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Max RoachとArchie Sheppのデュオ盤:よくぞこんなものを国内盤でリリースしたものだ。 | トップページ | Paul DesmondとMJQのノーブルな響き。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作