2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ”Backstreet”でレイドバックする。 | トップページ | ついに「パルプ・フィクション」を見た。 »

2020年5月 5日 (火)

元祖ヘタウマ? Nick DeCaroの”Italian Graffiti”。

_20200501-2"Italian Graffiti" Nick DeCaro(Blue Thumb→MCA)

私が初めてNick DeCaroの名前を見たのは,おそらくDoobie Brothersの"Stampede"を買った時なので,私が高校生の頃ではないかと思う。そこで確かNick DeCaroはアレンジャーとしての参加だったはずだが,そのNick DeCaroがアルバムを吹き込んでいるということを知ったのもおそらくその前後か,あるいはずっと後になってからであったと思う。

しかし,このジャケットである。よく出来たアルバムという評価は聞いていても,なかなか購入意欲が高まらないこと甚だしい訳だが,ようやく中古でゲットしたのがいつだったかは覚えていない。多分,町田在住時代に当時町田に大規模店舗を構えていたレコファンで購入したと思う。それはさておきであるが,このアルバム,最初に聞いた時はあまりピンと来ていなかった,何だかヘタウマだよなぁってぼ~っとしながら聞いていた記憶があって,プレイバックするのも久しぶりであった。

今回,久しぶりに聞いてみて,改めてプロデュースがTommy LiPumaだったことに気づく私であったが,なるほど,Michael Franksの源流はこの辺りだったかもと思ってしまった。今となっては元祖AORみたいな言い方もされるとしても,1974年にはこういう音楽は新鮮だったのかもしれないという感じである。

それにしても,この風貌からは想像もできないような声で歌うNick DeCaroであるが,バックの演奏とも相まって,今の耳で聞く分にはほとんど違和感はない。ただ,繰り返しになるが,歌は決してうまいとは言えないので,やはりヘタウマの世界である。その一方でこのアルバムのキモは選曲ではないかと改めて思ったのだが,Joni Mitchellの”All I Want"をやっているなんて全然認識していなかったのだから,私がいかにいい加減な聞き方をしているかがバレバレではないか(苦笑)。しかし,基本カヴァー曲で構成されているこのアルバムにおいて,どんな曲でも一貫してAORライクに仕立てるところはある種の哲学を感じると言ってもよい。それが世評につながっていると思えた。星★★★★。

ついでながら,このアルバムのバックの面々は派手さはなく,結構渋いなぁと思った私である。

Personnel: Nick DeCaro(vo, key, arr), Arthur Adams(g), David T. Walker(g), Wilton Felder(b), Max Bennett(b), Paul Humphrey(ds), Harvey Mason(ds), Bud Shank(fl, as), Plas Johnson(as) 

 

« ”Backstreet”でレイドバックする。 | トップページ | ついに「パルプ・フィクション」を見た。 »

ロック」カテゴリの記事

ポップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ”Backstreet”でレイドバックする。 | トップページ | ついに「パルプ・フィクション」を見た。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作