2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Vincent Herringの初リーダー作:こんなのも持っていたねぇ。 | トップページ | 今更ながらではあるが,Vic Jurisを偲んで。 »

2020年5月10日 (日)

買った時の記憶が曖昧なLew Tabackinのバラッド集。渋いねえ。

_20200504-2 "My Old Flame" Lew Tabackin(Atlas→Dan)

主題の通りである。大概の場合,私はどういう状況でCDを購入したかを結構覚えているのだが,このアルバムについては,どこでどうやって買ったのか覚えていない。おそらくはまとめ買いセールの1枚にまぎれ込ませたって感じだろうと想像しているが,そういう買い方をして失礼しました!と言いたくなるような渋いバラッド・アルバムである。

私が保有しているのはCD再発盤であるが,もともとはAtlasレーベルから出ていたもの。このAtlasレーベル,Art Pepperが主役に据えたいのだが,当時のPepperの契約上リーダー作を作れず,共演者として迎えてアルバムをリリースするというのが結構あった。Sonny Stitt然り,Bill Watrous然り,Lee Konitz然りって感じである。だが,Art Pepper絡みでなくても,Bobby Shewとかのアルバムもあったが,本作も元々はそのAtlasレーベルから出ていたものが,後年CDとして再発されたもの。

改めて聞いてみると,繰り返しになるが,実に渋い。もうちょっといくと下世話になりそうな感じがない訳でもないが,このアルバムは「渋い」ところで踏み留まっていて,結構好感度が高い。驚きはないとしても,熟達のフレージングって感じだろうか。特に"More Than You Know"とか”The Man I Love"にそういうところを感じてしまう。典型的とも形容したくなるようなテナー・サックスの音が聞けるということでも,こういうのもたまに聞くにはいいかもしれないなんて思ってしまった。星★★★★。

My-old-flane 尚,このアルバムのオリジナル・ジャケットは右のようなものだが,写真の構図は一緒でも色がついているかどうかで,随分雰囲気が違うものだと思ってしまう。ジャケのセンスはどっちもどっちって気もするが,あとは好みの問題ってことで(笑)。それにしても,こういうアルバムにJoey Baronの名前を見出すのは,ある意味驚いた私であった。

Recorded on June, 1982

Personnel: Lew Tabackin(ts), Bill Mays(p), Monty Budwig(b), Joey Baron(ds)

« Vincent Herringの初リーダー作:こんなのも持っていたねぇ。 | トップページ | 今更ながらではあるが,Vic Jurisを偲んで。 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Vincent Herringの初リーダー作:こんなのも持っていたねぇ。 | トップページ | 今更ながらではあるが,Vic Jurisを偲んで。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作