2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 休日にZoot Simsでなごむ。 | トップページ | Anna Gourari:ECM New Series得意のパターンだが,こういうのにはまるのだ。 »

2020年3月22日 (日)

この作品こそオスカーに値すると思った「1917 命をかけた伝令」。

1917 「1917 命をかけた伝令("1917")」('19,米/英/印/西/加,Universal)

監督:Sam Mendes

出演:George MacKay,Dean-Charles Chapman,Mark Strong,Colin Firth,Benedict Cumberbutch,Richard Madden,Claire Duburcq

久しぶりに映画館に映画を見に行った。今年のオスカー・レースでは本命に推す声も強かった映画であり,上映が終わる前にそれを確かめる意味もあったが,これが実に素晴らしい映画であった。

この映画は,全編の各パーツをワンカットで撮影という実にチャレンジングな映画である。こうしたチャレンジを行ったのはあのAlfred Hitchcockの「ロープ」ぐらいしか私には思い浮かばないが,そうした「映画的」な試みに加えて,ドラマ性も十分であり,私にとっては「パラサイト 半地下の住人」よりこっちを圧倒的に支持したくなってしまったのであった。そして,主役のGeorge MacKayとDean-Charles Chapman以外の役者は出番は少ないにもかかわらず,その各々が記憶に残ってしまうという演技陣も立派なのだ。

また,どうやって撮影したのかと思わせるに十分なRoger Deakinsは,オスカーの撮影賞を獲って当然と思わせる。この人,「ブレードランナー 2049」も凄かったが,今回は更に輪をかけて凄い技術力である。これには誰も文句も出まい。撮影技術だけでなく,私にとってはこれこそ映画の真髄みたいなところを感じさせ,オスカーの作品賞はこの作品に与えられるべきだったと,映画を見ながらずっと思っていた。

もちろん,これっておかしくない?と思わせるシナリオにはちょっとした穴もある。だが,それを上回る感動や緊張感,そして戦争の虚しさを感じさせるところがこの映画にはあった。実に優れた映画として星★★★★★。これぞ映画を見る至福であると感じさせた傑作。

« 休日にZoot Simsでなごむ。 | トップページ | Anna Gourari:ECM New Series得意のパターンだが,こういうのにはまるのだ。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休日にZoot Simsでなごむ。 | トップページ | Anna Gourari:ECM New Series得意のパターンだが,こういうのにはまるのだ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作