2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 出張中に見た映画:4本目は「パラサイト 半地下の住人」。 | トップページ | 出張中に見た映画の最終回は「蜜蜂と遠雷」。 »

2020年3月14日 (土)

出張中に見た映画:5本目は「スキャンダル」だが,この邦題は...。

Bombshell 「スキャンダル(”Bombshell")」(’19,米/加,Lionsgate)

監督:Jay Roach

出演:Charlize Theron,Nicole Kidman,Margot Robbie,John Lithgow,Allison Janney,Malcolm McDowell,Kate McKinnon

これが復路で見た3本目,通算5本目の映画。日本でもつい先日公開されたばかりの映画だが,豪華な俳優陣に目が引かれるが,昨今の#MeTooムーブメントの影響も出ている感じの実にリベラルな映画である。何と言っても,トランプと仲良しの保守系メディア,Fox Newsで起こったセクハラ事件が題材なのだから,トランプへの皮肉も満載って感じである。私のようにリベラルな人間にとっては,おぉ~,もっとやれ~って感じの映画となっている。逆に保守的な人間からすれば,こういう映画は我慢ならないところらしく,iMDBのユーザ・レビューも賛否がわかれているのが面白い。

しかし,ここで描かれている話が実際にあったというのだから,ひどいもんだねぇと思わざるをえない。何を以てハラスメントとするかは,受け手側の心情次第というのはわかっていても,自分に当てはめるとちょっと怖い(苦笑)。それでもここで描かれたレベルは,度を越しているのは誰でもわかることで,それが放送業界で起こっていることが恐ろしいわけだ。それはFoxに限らず,NBCの人気番組,”Today"のキャスター,Matt Lauerだってクビになっているのだから,多かれ少なかれこういう問題は存在してきたってことである。

それにしても,いくら実話とはいえ,こういう話を映画にしてしまうところが凄いと思うが,それを見ながらもっとやれ~と思っている私も何のこっちゃという感じだ。まぁ,Margot Robbieの演技はちょっとなぁと思うところもあるし,John Lithgowもよくこんな役を受けたねぇと思ったのは,一昨日取り上げた"Dr. Sleep"のRebecca Ferguson同様であった。それでも実に様になっているというか,本当にえぐい爺さんに見えてしまうから大したものである。

そして,ここでCharlize Theronが演じたMegyn KellyとNicole Kidmanが演じたGretchen Carlsonは実在の人物だが,実際の本人たちの雰囲気と実に近いところで,オスカーのメイクアップ賞を獲ったのも当然か。どれぐらい似ているかってことで,下に写真を貼り付けるが,左が本人,右側が今回演じた役者。特にCharlize Theronは瓜二つと言っても過言ではない。ってことで,いろいろな意味で見どころのある映画であった。星★★★★。

最後に一つだけ言っておきたいのだが,この邦題はないだろう。面白くも何ともないし,工夫のあとも見られない。まぁ,"Bombshell"をそのままカタカナにするのも問題だが,それにしてもこれでは映画が可哀想としか言えない。

Bombshell-comparison

« 出張中に見た映画:4本目は「パラサイト 半地下の住人」。 | トップページ | 出張中に見た映画の最終回は「蜜蜂と遠雷」。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この邦題は西語圏でも同じ様です。この映画は観る前にロードショー終わってしまいました。

カビゴンさん,おはようございます。

なぜスペイン語圏の国が"El Esacandalo"なのかはよくわかりませんが,へぇ~って感じですね。しかし,私はこの邦題はあまりにも工夫がないと思います。もう少し知恵を絞れよって感じです。映画自体はリベラルな私(i.e. Fox News嫌い)にとっては結構面白かったです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出張中に見た映画:4本目は「パラサイト 半地下の住人」。 | トップページ | 出張中に見た映画の最終回は「蜜蜂と遠雷」。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作