2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« McCoy Tynerを偲んで,今日は”Sahara”。 | トップページ | この作品こそオスカーに値すると思った「1917 命をかけた伝令」。 »

2020年3月21日 (土)

休日にZoot Simsでなごむ。

_20200320"Zoot Sims in Paris" Zoot Sims (Ducretet-Thomson)

世の中はコロナウィルス感染拡大が世界的に問題になっているが,季節は移り,まさに春本番というような気候になってきた。こういう時に何でも自粛ってのもどうかと思うが,家でくつろぐのもまたよしということで,こういう時に何を聞こうかなということで取り出したのがこのアルバムである。

Zoot Simsには"In Paris"ってアルバムがもう1枚United Artists盤があるが,稀少度ではおそらくこっちが圧倒的。かつ私が保有しているのは4曲ボートラ入りのCDだが,これも結構手に入りにくい(はず)。そしてこのアルバム,人気を裏付けるようなかたちで,澤野商会から10インチLPもリリースされた(なぜか私も保有している。あぁ,無駄遣い...)。Zoot Simsのいいところは,大体は洒脱なスイング感に溢れた演奏をしてくれるところで,安心して聞けてしまうところだと思う。まさに肩ひじ張らずに聞けるという点では,実にポイントが高い。私はZoot Simsのアルバムをそれほど保有している訳ではないが,どれを取っても同じような感覚を与えてくれる。

まぁ,ここでの演奏は突然フェードアウトされる曲もあったりして,なんでやねん?とつっこみたくなるのだが,それでも演奏の質は保証できると言ってよい。そして,このジャケである。雰囲気あるよねぇと一人ニヤニヤしながら聞いていた私であった。歴史に残るとかそういうアルバムではないとしても,身体がこういう音楽を欲する時もあるのだ。星★★★★。

Recorded on March 15 & 16, 1956

Personnel: Zoot Sims(ts), Jon Eardley(tp), Henri Renaud(p), Eddie de Haas(b), Charles Saudrais(ds)

« McCoy Tynerを偲んで,今日は”Sahara”。 | トップページ | この作品こそオスカーに値すると思った「1917 命をかけた伝令」。 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« McCoy Tynerを偲んで,今日は”Sahara”。 | トップページ | この作品こそオスカーに値すると思った「1917 命をかけた伝令」。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作