2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久しぶりに聞いたFleurineとBrad Mehldauのほぼデュオ・アルバム。 | トップページ | またもブログ更新停滞中。 »

2020年2月24日 (月)

これは凄い。Pat Methenyによる壮大なる音楽絵巻,あるいは叙事詩。

_20200224 "From This Place" Pat Metheny(Nonesuch)

盟友Lyle Maysの訃報という衝撃的なニュースからまだ数週間というところで,ショックも冷めやらぬところではあるが,そこへPat Methenyの新作のリリースとは何と因果なことか。そして,リリースされた直後は現物が届いていなかったので,ストリーミングで聞いていたが,遅からずしてCDがデリバリーされた。

ストリーミングで聞いている時から,このアルバムのキモはオーケストレーションだなぁと思っていた私である。もちろん,Pat Metheny以下,バンドのメンバーの演奏も実に素晴らしいのだが,それを増幅させたのが,私はGil Goldstein,Alan Broadbentによるオーケストレーションであったと思えたのだ。ただでさえ優れた演奏には余計なオーケストレーションは不要だという考え方もあるだろう。だが,これこそ音楽の魅力をさらに増す効果を持つ,実に見事な仕事っぷりである。

私はPat Methenyが現行のバンドを結成した時に,実はどうなるのかなぁとも思っていたのだが,ライブを聞いた限り今のメンツは機能しそうだと思ってはいたものの,このアルバムを聞いていると,ツアーを重ねて,コンビネーションは確実に深化したと思える。その前のUnity Groupも実に優れたバンドだったが,それと比べても勝るとも劣らないレベルに達しているのには正直言って驚いた。そして,Gwilym Simcockが聞かせるピアノ・フレーズの鋭さが実に素晴らしい。もともと有能だとは思っていたが,完全に一皮むけた感じというところだろう。

それにしても,おそらくは相当の予算を掛けて録音されているアルバムであり,バンド・サウンドだけで完結させてもよかったところに,ゲストとオーケストラを加えて,実にカラフルに仕立てているのにもまいった。Unity Groupのアルバムも優れていたが,私は本作をそれを軽く越えてしまったと思えるのだ。おそらく,それに貢献したのが共同プロデュースを務めたSteve Rodbyであろうことは想像に難くない。Lyle Maysは不在だとしても,やはりPMGのメンバーが揃うと何かが起こるのだなぁとしみじみと感じてしまった。

2月の段階で言うのは時期尚早ではあるが,今年度ベスト作に確実に入ってくるであろう傑作。これはマジで凄い。星★★★★★。尚,ライナーにはオーケストラのメンバーも記載されているが,ここでは省略。でもSteve Kujalaみたいな懐かしい名前も入っていたことは書いておこう。

Personnel: Pat Metheny(g, key), Gwilym Simcock(p), Linda May Han Oh(b, vo), Antonio Sanchez(ds) with Meshell Ndegeocello(vo), Gregoire Maret(hca), Luis Conte(perc) and the Hollywood Studio Symphony Orchestra, Joel McNeely(cond)

« 久しぶりに聞いたFleurineとBrad Mehldauのほぼデュオ・アルバム。 | トップページ | またもブログ更新停滞中。 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

これ、良かったですよねぇ。
そう、音の絵巻物でした。
で、サウンドももちろん良いのですが、メセニーのギターがまたまた素晴らしかったです。

アホなので、LPを追加注文してしまいました。。

https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-54aa25.html

Suzuckさん,おはようございます。リンクありがとうございます。

Pat Methenyのアルバムも久しぶりですが,このクォリティ,まさに半端ではありませんでした。大作でありながら,ダレるところがないのは実に見事でした。LPを買いたくなる気持ちも理解できます。

なかなかな超大作のアルバムを久しぶりに聴いたという感じです。収録時間が長いのに通しで何度も聴いてしまいました。適材適所のミュージシャンとアレンジャーを配して、一つのドラマのようになっているのが素晴らしいです。今年のベストの候補が早いうちに出てきてしまったな、と思いましたです。

当方のアドレスは以下の通りです。
https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/2020/02/post-21de11.html

910さん,こんばんは。

今年のベスト作候補となることは間違いない素晴らしい作品でした。次の作品がどうなるのかってのは気が早過ぎますが,本当に壮大なアルバムでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりに聞いたFleurineとBrad Mehldauのほぼデュオ・アルバム。 | トップページ | またもブログ更新停滞中。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作