2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今年最初の音楽鑑賞はEgberto Gismonti。 | トップページ | Michael Franksで更にくつろぐ。 »

2020年1月 4日 (土)

新年のくつろぎはArt Farmerで。

_20200102-3

”Live at the Half-note" The Art Farmer Quartet Featuring Jim Hall(Atlantic)

新年早々刺激的な音を求めていない私としては,何を聞こうか悩むところもあるのだが,今回ピックアップしたのがこのアルバム。正直言って私がArt Farmerの本質的な魅力を理解しているかには?が付くのだが,East Windに吹き込んだ”The Summer Knows"なんてかなり好きだったなぁなんて思ってしまうが,それ以外のアルバムって実は大して聞いていないのだ。本作だって,後年になって廉価盤としてリリースされた時に購入したもので,実はそれまではほとんど聞いたこともなかったものだ。

だが,Art FarmerがJim Hallと共演すれば,だいたいどういう音になるのかはわかると言っても過言ではない。後年,彼らはCTIに"Big Blues"というアルバムを吹き込むが,それを以前聞いているからってのもあるし,Art FarmerとJim Hallという看板を見れば予想がついてしまうのも「年の功」である(笑)。

それでもってArt Farmerだが,やはりというか,熱くはならないねぇ。急速調のソロ・フレーズを聞かせても,決して「火を吹く」感じにはならないのである。こういうところが,ゴリゴリのジャズを好む向きからは大して評価されないところではないかと思うが,そこは音楽に何を求めるかによって,この音楽に対する受容度は変わるはずだ。この軽快感,洒脱感,そして適度なリラクゼーションを聞かされれば,ついつい酒が進むって話になってしまう(飲むための言い訳)。

また,それを支えるJim Hallが,この人にしかこういう音は出せんだろうというような伴奏ぶりである。それでもそこはかとないテンションを感じさせるのが,この人のギターの特徴と言ってもよいかもしれない。だからと言って,1963年に例えばJohn Coltraneが繰り広げていた音楽とは対極と言ってもよい音楽かもしれないが,こういうのもたまに聞くにはいいし,リラックスしたい時には丁度よいのである。いずれにしてもリリカルだよねぇ。星★★★★。

Recorded Live at the Half-note on December 5-7, 1963

Personnel: Art Farmer(fl-h), Jim Hall(g), Steve Swallow(b), Walter Perkins(ds)

« 今年最初の音楽鑑賞はEgberto Gismonti。 | トップページ | Michael Franksで更にくつろぐ。 »

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年最初の音楽鑑賞はEgberto Gismonti。 | トップページ | Michael Franksで更にくつろぐ。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作