2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

2018年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ジャケは?だが,サウンドはいけているTribal Tech第2作。 | トップページ | やっぱりWayne Krantzの真骨頂はライブにありだと思わせた新作CD。 »

2020年1月25日 (土)

最強にして最凶だったWayne Krantz~Keith Carlock~Tim Lefebvre。

Kcl-at-cotton-club

私は長年のファンとして,Wayne Krantzが日本に来れば必ずライブに行くようにしている。しかも今回はKeith Carlock,そしてTim Lefebvreとのトリオという,Wayne Krantzにとっての理想とでも言うべき編成である。更にはブログのお知り合いのSuzuckさんも参戦するとあっては,1stセットから通しで行くだろうってことで行ってきた。

_20200124 思えばこのトリオで日本に来たのはもはや10年前に遡るってことだが,私は幸いにして,NYCの出張中にもこの編成だけでなく,ほかのメンツでの演奏も55 Barで聞いているが,それでもこのメンツはやはり格別なのだ。

いきなりのフィードバック炸裂から始まった1stセットであったが,それ以降はどう聞いてもWayne Krantzの音楽そのものであった。いずれにしても,彼らが生み出したグルーブは本当に最高だったと言わざるをえない。Krantzのギターだけ見ていても楽しいのだが,そこにTim Lefebvreのヴィヴィッドな反応,そしてKeith Carlockの爆発的なグルーブが加われば,これこそ最強にして最凶なのだ。はっきり言ってしまえば,これで身体が揺れない奴はモグリだ。そこまで私に言わしめる強烈な演奏だったと言ってよい。私も加齢により,ライブでも随分おとなしくなったと思っているが,この演奏の前では箍が外れたとしか言いようがない。

どうしてこんなライブがフルハウスにならないのかと思ってしまうが,1stが6割,2ndが7.5割ぐらいの集客ってのがWayne Krantzの日本での立ち位置あるいは限界なのかと思わざるをえないが,55 Barに出演するときの人気ぶりを考えると,私としては「なんでやねん?」と言いたくもなる。しかし,Krantzの音楽はCotton Clubのようなこじゃれたヴェニューよりも,55 Barのような場末感を出す場こそ相応しいのだと実は思っていた私である。だが,そんなことはどうでもいいと思えるような演奏を聞かせてくれた3人であった。

Wayne-and-i-cotton-club-mosaic 残念ながら,今回はニュー・アルバムも出たばかりなのに,サイン会も開催しなかった彼らだが,私はWayne Krantzのお知り合いのIさんのご厚意で,終演後バックステージにお邪魔することができたのは本当に幸運であった。「お~,お前は覚えているぞ」みたいに言われても,「ほんまか?」とは思いつつも,私が保有するWayne KrantzのCDにはほぼ全て彼のサインが入っているぐらいだから,まぁそういうことにしておこう。でもやっぱり好きなのよねぇ,Wayne Krantz。Iさん,本当にありがとうございました。ってことで,当日の戦利品といつものように「Wayne と私(モザイク付き)」ってことで。上の写真はCotton Clubから拝借。

それにしても,Keith Carlockのドラムスは今回も歌っていた。まさにあれこそ彼の真骨頂だな。

Live at Cotton Club東京 on January 23, 2020,1st/2ndセット

Personnel: Wayne Krantz(g, vo), Tim Lefebvre(b), Keith Carlock(ds)

« ジャケは?だが,サウンドはいけているTribal Tech第2作。 | トップページ | やっぱりWayne Krantzの真骨頂はライブにありだと思わせた新作CD。 »

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2020年の記事)」カテゴリの記事

コメント

当日はお疲れさまでした。
これを3日間浴びた後は、普通の音楽ではtripできない体になってしまうのが難点です。
お蔭様でw2日目のセカンドはsold outになりました。

Iさん,こんにちは。当日はお世話さまでした。

確かに3連チャンしたら中毒症状間違いなしです(笑)。自由席Sold Outはよかったです。彼の音楽は55 Barのようなヴェニューの方がフィットすると思いますが,NYCではいつもフルフルなのと比較すると,もっと知られるべき,聞かれるべきですね。とにかく興奮の一夜でした。

改めてありがとうございました。

閣下、先日はお世話になりました!

エッジ切れまくりの短いリフ、爆音、ノイジーなハードコアなサウンドに圧倒されました!。
新譜のリリース・ツアー?に来ているのであろうに、たぶん、一度も新譜の話もせずに、曲名も告げず、ひたすら猛烈にテクニカルに、創造性豊かに、恍惚とした表情で弾きまくったギターの鬼に、またまた、恋してしまいましたよ。

サインもありがとうございます。
Iさま、私のCDのサインもお世話になったようで、、
大変、ありがとうございました。m(_ _)m

https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-094e90.html

Suzuckさん、どういたしまして、お安い御用です。
当夜は、テーブルの隣席がSu Su&中音狂のお二方であろうと推定できていながら確信が無かったのでご挨拶せず、失礼しました。

なお、ライブレポートに書かれていた某女性トランペッターJさんは別バンドで一緒に演奏させて頂いてますので、素晴らしいレポートの存在をお伝えしました。「こんな風に書いて頂けるとは」と感激しておられました。

Iさん,こんばんは。

私は当然のことながら存じ上げませんでしたが,ありがたい出会いでした。Suzuckさんは1stでお帰りの中,私に託されたCDもうまく処理出来てよかったです。

Suzuckさんはスズニカ伯爵夫人と言われた時期もあったなんて思いますが,新潟ジャズ界の大パトロンですからね。私にはできません(きっぱり)。

Suzuckさん,こんばんは。返信の順番が後になってしまいました。申し訳ありません。

こちらこそ先日はありがとうございました。ああいう演奏を眼前で繰り広げられると,興奮しない訳にいかないですよねぇ。1stも2ndも強烈でした。アルバムの記事にも書きましたが,彼らの真骨頂はライブにあるのであって,アルバムとやっていることはライブとちょっと違いますよねぇ。それはそれで楽しめばいいと思いますが,やはりライブですよ。

いずれにしても,3人からサインがもらえたのは実にラッキーでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャケは?だが,サウンドはいけているTribal Tech第2作。 | トップページ | やっぱりWayne Krantzの真骨頂はライブにありだと思わせた新作CD。 »

Amazon検索ツール

2019年おすすめ作