2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2019年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ピアノ・トリオによるClifford Brownトリビュートってのは珍しい | トップページ | "Highway Rider":これはBrad Mehldauの新機軸である(ようやくアップ) »

2010年4月20日 (火)

ようやく入手したGil Evans British Orchestra完全版

Gil_evans_british_2"The British Orchestra: The Complete Concert" Gil Evans (TAA)

以前,このアルバムについてはLPについて書いたことがあるのだが,3曲追加した完全版CDがあることがわかっていて,ここでの演奏に感じられるブリティッシュ・ロック的なフレイバーが好きだった私は,いつか買いたいなぁと思っていた。しかし,結構安くはない値段で流通していたので躊躇していたのだが,やはりこれは聞きたいと思って,海外からゲットしてしまった。日本なら輸入盤CDが2~3枚買える値段だから,決して安くはなかったが,これはこれで仕方があるまい。

このCD版に追加されているのは"Stone Free","Gone","Here Comes the Honeyman"の3曲だが,オクラ入りさせるには勿体ない演奏群であり,ここでもブリティッシュ風味が効いた演奏が聞けて私は嬉しくなってしまったのである。特に"Gone"なんて相当熱い。私は聞いていて思わず燃えてしまったではないか。

前回,LP版をレビューしたとき,当時の状況からしてドラムスはSimon Phillipsのはずだと書いたが,今回入手したCDにはドラムスはJohn Marshallだと書いてある。そうなのかなぁと思いつつも,John Marshallならありえるなぁというところで,今回のメンバー表記はそれに従うことにするが,そんなことでこのアルバムの価値が下がることはない。

まぁ,ここでの演奏は,当時のMonday Night Orchestraと違って,Lew Soloffのようにバックで即興リフをコントロールする番頭格がいないこともあり,その辺りもいつもと響きが違って聞こえる理由かもしれない。しかし,John SurmanやJohn Taylor等の参加が嬉しいことは間違いのない事実であるし,Surmanのソロなんて相当にいけている。更にMNOにも参加していた英国出身のChris Hunterにとっても,母国への凱旋のようなところもあったのではないかと思わせるようなソロを聞かせる。

このアルバムを聞いていて,Gil Evansという人が英国のミュージシャンからも大きなリスペクトを寄せられていることがわかって嬉しくなってしまうが,改めて今回聞いてみても,私はこのアルバムは相当にいいと思っている。そのサウンドの要がRay Russellの鋭くかつロック・フレイバーのきいたギターだという思いにはいまだに変化はない。やはりこれはよい。

いずれにしても,ようやく入手できたことの嬉しさもあって,ちょっと甘いが星★★★★★にしてしまおう。

Recorded Live in Bradford, UK on March 18, 1983

Personnel: Gil Evans(p, key), Guy Barker(tp), Miles Evans(tp), Henry Lowthar(tp), Malcom Griffiths(tb), Rick Taylor(tb), Chris Hunter(as, ss, fl), Stan Sultzmann(ts, ss, fl), Don Weller(ts, ss), John Surman(bs, ss, b-cl, key), John Taylor(key), Ray Russell(g), Mo Foster(b), John Marshall(ds)

« ピアノ・トリオによるClifford Brownトリビュートってのは珍しい | トップページ | "Highway Rider":これはBrad Mehldauの新機軸である(ようやくアップ) »

ジャズ(2010年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやく入手したGil Evans British Orchestra完全版:

« ピアノ・トリオによるClifford Brownトリビュートってのは珍しい | トップページ | "Highway Rider":これはBrad Mehldauの新機軸である(ようやくアップ) »

Amazon検索ツール