最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「SSW/フォーク」の記事

2017年2月19日 (日)

ようやく到着:Chris ThileとBrad MehldauデュオのLP。

既にこのブログにも書いた通り,Chris ThileとBrad Mehldauの新作デュオ・アルバムのLPには,Fiona Appleの"Fast as You Can"がボーナス・トラックとして収録されているため,Brad Mehldauのコンプリートを目指す私としては,どうしてもそれを手に入れなければならない。

ということで,Nonesuchのサイトで発注して,現地から発送の通知が来たのが,1/20であった。なかなか現物が届かなくてイライラさせられたが,それがようやく約3週間を要してデリバリーされた。その曲については,まだ聞いていないが,そのうちゆっくり聞かせてもらうようにしよう。

海外からの発送についてはこういうこともあるのは承知しているが,前回,Mehldauのソロ・ライブのLPボックスを仕入れた時は,確か正式発売日よりも前に着いたことを考えると,何だか違いが大き過ぎである(笑)。まぁ,でもちゃんとゲットできたんだからそれはそれでいいのだが。

ということで,次は国内盤CDにしか収録されない"Dark Turn of Mind"のために,国内盤CDのデリバリーを待つ私である。バカにつける薬はないって感じだが,せっかくほぼコンプリートなのだから,頑張るしかないのである。

ついでに行ってしまうと,ジャズ界のおんどれ君ことOndřej Štveráčekの"Sketches"を本人に頼んで,郵送してもらっているところだが,現物が到着する前に,新宿のDUで買えるなんて告知が。まぁ,いいんだけど。

2017年2月18日 (土)

Karen Beth:日本っていうのはいろんなCDが手に入るねぇ。

"New Moon Rising" Karen Beth(Buddah→Sony)

_20170218_2新譜もそこそこ届いている中,突然のようにSSW系の音楽が聞きたくなって,購入したのがこのCDである。このアルバムはJohn Simonがプロデュースした,ウッドストック系のアルバムとして,知っている人はみんな知っているが,基本的にはマイナーである(笑)。そもそもこんなアルバムがCD化されて,カタログに載っているということ自体が凄いことだと思うが,それだけマニアックなまでにこういう音楽に惹かれるリスナーが相応に存在するということであろう(私もそうだが...)。

まぁ,John Simonプロデュースのアルバムってのは,それだけでありがたがられるところがあるが,私はJohn Simonがプロデュースすれば,何でもいいと思っているわけではない。しかし,ツボにはまると本当にどっぷりはまってしまう,そういう魅力を持ったアルバムが多いのは事実である。

私がこのアルバムを聞くのは今回が初めてだが,非常にアコースティック・ギターの響きが魅力的で,女性シンガー・ソングライターとして,声も素直な感じのアルバムだと思えた。私がSSW系の音楽に求めるのはどちらかというと「渋さ」なので,そっち系の音楽に関しては,女性ヴォーカリストの保有枚数は限定的である。だが,これって結構好きな人が多いだろうなぁと思わせるような「聴きやすい」アルバムと思う。かく言う私もこういうのって好きである。このアルバム,私にとってのキモはギターのサウンドなのだ。それがKaren Bethの声とフィットして丁度いい感じを生んでいる。

ジャケの朴訥感など,大いに時代を感じさせてくれるが,初めて聞いてみて,これはいいと思った。こういう音源が簡単に聞けるということは誠にありがたい。日本ってそういう意味ではいい国である。星★★★★☆。

Personnel: Karen Beth(vo, g), Billy Voyers(g), Kal David(g), John Hall(g), Bill Keith(pedal steel), John Simon(key, vib), Harvey Brooks(b), Joey Bell(b), Billy Mundi(ds), Chris Parker(ds), John Hartford(vln), Rick Tivens(vln), Harold Lookofsky(vln), Howard Leshaw(fl)

2017年1月29日 (日)

ダウンロード・オンリーと思ったら,ディスクも出たRachael Yamagataの"Acoustic Happenstance"

"Acoustic Happenstance" Rachael Yamagata(Frankenfish)

_20170128このアルバムについては既に記事にした(記事はこちら)が,私はPledgeMusicで彼女の新作"Tightrope Walker"と抱き合わせで発注したものである。そこではダウンロード・オンリーとなっていたのだが,彼女のサイトではサイン入り現物が売られていて,無駄使いだとは思いつつ発注してしまった私である。正直言って,郵送コストは結構かかるし,ちょいと痛い出費だったのだが,まぁファンの弱みってことで。

Acoustic_happenstanceオリジナル"Happenstance"で完全にこの人の音楽にはまった私としては,アコースティックでやってもいいものはいいとあらかじめ感じさせる演奏である。ちょっとジャケ(上の画像)は...って感じもするが,まぁいいや。ダウンロード版のジャケ(下の画像)の方が私は好みかなぁ。

2017年1月28日 (土)

Chris ThileとBrad Mehldauのデュオ作をダウンロード音源で聞く。

"Chris Thile & Brad Mehldau"(Nonesuch)

Chris_thile_brad_mehldau_2注目の新作がリリースされた。Brad Mehldauのコンプリートを目指す私は,ボーナス・トラック入りのLPを米国から取り寄せ中であるが,現物が届く前に,まずはMP3音源で本作を聞いた。事前に,"Scarlet Town"と"Independence Day"の音源はNonesuchから届いていたが,ようやく全編を通して聞けることとなった。

Brad Mehldauはこれまでもライブの場で,Joe Henryと演奏したり,John Mayerと共演したりと越境タイプの演奏はしてきたし,アルバムで見ても,Willie NelsonやVinicius Cantuaria等との共演もある。Punch Brothersのマンドリン奏者であるChris Thileとの共演も,そうした越境型活動の一つであるが,彼らが初めて共演したのは2011年に遡り,更にデュオのライブ・ツアーを行ったのが2014年の頃のはずである。私はブート音源や,YouTube映像などで彼らの演奏はチェックはしてきたが,ついにアルバムのリリースとなった。マンドリンとピアノのデュオ作っていうのは記憶にないが,何曲かでヴォーカルも入り,これはジャズ的な響きというよりも,SSW・フォーク系の響きが強い。レパートリーも彼らのオリジナルに加えて,Gillian Welch,Eliott Smith,Joni Mitchell,そしてBob Dylan等をやっていることもそうした印象を与える要因だと思う。

結論から言えば,これは非常に味わい深いアルバムで,音楽的な観点でも非常によくできたアルバムだと思える。特に私がJoni Mitchellのファンだということもあり,彼女の"Marcie"の演奏には思わず耳をそば立てた。強烈な緊張感や美学を感じさせるというよりも,ルーツ・ミュージックやアメリカ音楽の素晴らしさを再認識させてくれる音楽であり,気軽に聞くこともできれば,Brad Mehldauのピアノに注目して聞くこともできるアルバムとなっている。私はもともとアメリカン・ロック,特に渋いシンガー・ソングライターの音楽も好きな人間なので,こういうアルバムを聞いていると,その手の音楽が改めて聞きたくなってしまうというところもあった。

だからと言って,本作が過去を振り返ることを目的としたアルバムではない。ジャンルを超越して,音楽を作り出すことの素晴らしさをつくづく感じさせる作品となった。私はBrad Mehldauには甘いのは承知だが,こういう味わい深さを感じさせてくれたことを評価しなければならないと思うので,星★★★★★としてしまおう。映像等でもわかっていたが,Brad Mehldauがコーラスを付けているのは,まぁご愛敬ってことで(笑)。

尚,3月にリリース予定の国内盤CDにもボートラが付くので,CDは私はそちらを購入予定。コレクターは大変だ(苦笑)。

Recorded on December 30, 2015, and January 2–3, 2016

Personnel: Chris Thile(mandolin, vo), Brad Mehldau(p, vo)

2016年12月28日 (水)

Bob Martinの次はJohn Hartfordである(笑)。

"Morning Bugle" John Hartford (Warner Brothers→Rounder)

Hartford_morning_bugleBob Martinに続いて取り上げるのがJohn Hartfordである。これもBob Martin同様1972年ごろの録音であるが,毛色はだいぶ違う。John Hartfordはブルーグラス系のバンジョー奏者なので,一般的なシンガー・ソングライターのアルバムとは響きが異なるが,カテゴリーとしては今回はSSW/フォークにしてある。

このアルバム,私が保有しているのはRounderレーベルからの再発盤であるが,今や日本でもこれが廉価盤で簡単に購入できるというのが凄い。だが,聞いてもらえばわかるが,一体どれぐらい売れるのやらと思えるようなアルバムである。しかし,バックを支えるメンツは強力で,ギターは名手Norman Blake,そしてベースはなんとDave Hollandが弾いているのだ。しかもプロデュースがJohn Simonと来ては,その筋の方はピクピク反応してしまうこと必定だろう。

この頃のこの手のアルバムではジャズ系のミュージシャンがバックを務めることは,決して珍しいことではない。例えば,Eric Justin Kazの"If You're Lonely"ではGrady Tate, George  Duvivier, Richard Davisなどが参加している。しかし,現在のDave Holland,あるいはMilesのバンドで激しくやっていたDave Hollandと比較すると,このアルバムが異色なものに思えることは仕方ない。

いずれにしても,基本バンジョー,ギター,ベースに歌という編成での演奏なので,刺激なところはないのだが,これもBob Martin同様,結構いい曲が揃っているし,Dave Hollandのプレイぶりも非常に面白い。どんな音楽をやっても,この頃からちゃんとベースが主張している。

今の時代に,こうした音楽がどのように捉えられるのかは全く疑問であるが,それでも,たまにこういうのを聞いていると本当に和むのである。私もやっぱり年だなぁと思う年末である(苦笑)。星★★★★☆。

Personnel: John Hartford(vo, banjo, fiddle, g), Norman Blake(g, mandolin), Dave Holland(b)

2016年12月27日 (火)

Bob Martin:せわしない時期だからこそこういう音楽も。

"Midwest Farm Disaster" Bob Martin(RCA→Riversong)

Bob_martinBob Martinって言っても,今や知っている人の方が少なかろうが,あの「ブラックホークの99枚」に選出されているアルバムであるから,その筋の方はみんな知っている(笑)。

師走のせわしない時期に,家の片づけをしながら,突然聞きたくなったアルバムだが,オリジナルは1972年にリリースされ,CDは2007~8年ごろリリースされたもので,今でもCD Babyなどで購入可能である。まぁ,典型的SSWというか,フォーク・シンガーのアルバムである。

このジャケだし,まぁ売れるものではないと思うが,この人の書く曲は結構魅力的なものが多いのだが,残念ながら声は私の好みとは必ずしも合致しない。私はもう少し渋い声のシンガーの方が好きかもなぁと思う。

それでも,いい年をこいたおっさんが"Good Old Days"に思いを馳せながら,懐古的な気分に浸るためのものだと思ってもらえばいいのである。こういう音楽を聞いて和みたいと思うのも,私,あるいは私の年代ってことで開き直らせてもらおう。

このCDそのものはおそらく音源はLP起こしだし,ジャケも一枚っぺらで,歌詞なんて読めないような微細なサイズであるが,音が聞けるだけでもよしとしないといけないだろうなぁと思う。同じ「ブラックホークの99枚」でも,私の好みのアルバムと比べると一段落ちる印象だが,それでも決して悪いアルバムではない。星★★★★

Personnel: Bob Martin(vo, g, hca), David Briggs(key), Norbert Putnam(b), Kenny Butrey(ds), Bill Sanford(dobro, g), and others

2016年11月29日 (火)

購入せずにはいられなかったLeonard Cohenの遺作。

"You Want It Darker" Leonard Cohen (Columbia)

Leonard_cohenLeonard Cohenが本作をリリースして3週間も経たずにこの世を去ったことには,心底驚かされたが,その訃報に接したときに,私はこのブログにも記事をアップし,「そのタイトル・トラックを聞いていると,バックのコーラスが宗教的な響きさえ感じさせる」と書いたが,これはまさに死期を悟ったCohenが最後に残した「白鳥の歌」と考えざるをえない。そうしたことを考えると,歌詞を吟味しつつ,襟を正してこのアルバムを聞かなければならないという義務感さえ芽生えてしまい,遅ればせながらの購入となった。

上述したような宗教的な響きは,タイトル・トラックの歌詞にも表れており,そこには次のようなフレーズがある。

”Hineni, Hineni, I'm Ready, My Lord."

ここでいう"Hineni"とはヘブライ語で,"Here I Am" (with Spiritual Readiness)という意味らしいので,だとすれば,神に向かって"I'm Ready"と三度つぶやいているようなものであるから,まさにそれは死期を悟った人間の言葉としか思えない。そして,最後に収められた"String Reprise / Treaty"なんて,どう聞いても,Cohenの葬送のための曲もしくはレクイエムとしか思えない響きを有する。Cohenはこの後,もう2枚アルバムを作る予定があると言っていたという話もあるが,おそらくは表向きはそうであっても,本音はこれが「最後のアルバム」とわかった上でのリリースだと思わざるをえないのである。

Cohenの歌いっぷりは相変わらずの訥々としたものなので,音楽的な快楽が得られるものとは思わない。しかし,「ポエトリー・リーディング」として聞いてもいいし,バックの楚々とした伴奏に乗って,音楽的な響きを聞かせる部分もあり,それほど抵抗なく受け入れられるはずである。だが,多くのリスナーにとっては,決して取っつきやすい音楽ではない。上述の通り,これは歌詞をよく読み取りながら,詩的な表現を確認しながら聞くべき音楽である。

そういう意味では,エンタテインメントとは言えない。だが,言葉による表現が優先されるとしても,ここに提示された音楽には深い感動があると思える。ここには死への諦念があったかもしれないし,それでもレガシーとして何かを残すという表現者としての欲求があったのかもしれない。そして,それを実現させた息子のAdam Cohenのプロデューサーとしての役割は,決して過小評価すべきではない。純粋な親子の愛が作品として結晶していると思えるのだ。そうした様子をすべて含めて,このアルバムは受け入れなければならないと思う。リスナーにとっても「厳しい」ものであるが,正直言って,このアルバムを聞いて私は背筋が伸びたと言っておこう。追悼も含めて星★★★★★。

改めて,Leonard Cohenのご冥福を祈りたい。R.I.P.

Personnel: Leonard Cohen(vo), Patrick Leonard(p,key, org, perc, prog), Neil Larsen(org), Michael Chaves(key,b, prog), Bill Bottrell(g), Adam Cohen(g), Zac Rae(g, synth, key, p, octaphone, mandolin), Steve Geitsch(g), Sean Hurley(b), Rob Humphrys(ds), Brian Macleod(ds), Mai Bloomfield(cello), David Davidson(vln), Luanne Homzy(vln), Etienne Gara(vln), Micehlle Hassler(vla), Yoshika Masuda(cello), Tom Henby(bouzouki), Dana Glover(vo), Athena Andreadis(vo), Alison Kraus(vo), Congregation Sharr Hashomayem Choir(cho)

2016年11月12日 (土)

出張続きの中での突然のLeonard Cohenの訃報...。

ここのところ,出張続きで記事も書けない状態が続いていたが,その途中で,まさかのトランプ勝利に,超リベラルな私は落ち込んでいたのだが,更に追い打ちをかけたのが,Leonard Cohenの突然の訃報であった。

Cohenのライブ盤"Live in London"をほめちぎったのはもう6年も前になるのかと思いつつ(記事はこちら),あれはやっぱり素晴らしいアルバムだったと今でも思うが,その後の,かなりの頻度でのアルバム・リリースは,Cohenは死期を悟ってのことだったのではないかとうがった見方をしてしまう。つい先日,新作"You Want It Darker"をリリースしたばかりだが,そのタイトル・トラックを聞いていると,バックのコーラスが宗教的な響きさえ感じさせるのは偶然なのか?

この偉大なる詩人の死を惜しみ,その曲を貼り付けておこう。ショッキングなことは続くものだ...。

2016年10月17日 (月)

久しぶりに聞いてもやっぱりよかったJesse Colin Young

"Together" Jesse Colin Young(Raccoon/Warner Brothers)

Together私が昔からアメリカン・ロック,特にシンガー・ソングライター系の渋いアルバムを好んで聞いてきたことは,このブログにも書いているが,これは久々に棚から引っ張り出して聞いたアルバムである。

Jesse Colin Youngと言えばYoungbloodsのと言われることも多いのだが,私は不勉強にしてYoungbloodsのアルバムは聞いたことがないはずだ。ではこのアルバム,なんで持っているのかと言えば,私の音楽的な嗜好に強い影響を与えた従兄に聞かせてもらって気に入り,最終的には神戸にあった中古盤屋(三宮と元町の間当たりだったか)でゲットしたはずのものである。

そして,久しぶりに聞いてみて,やっぱりこれはいいわ。Jesse Colin Youngの声が非常に魅力的なのである。James Taylorがいなければ,もっとこの人は人気が出ていたのではないかと思いたくなるようなソフト・ヴォイスである。バッキングも軽い感覚で,渋さには欠けるが,非常に気楽に聞けるタイプのSSWアルバムだと思う。日曜日の昼下がり,ビールでも飲みながら聞いているとなごめること確実である。星★★★★☆。この手作り感いっぱいの牧歌的なジャケと言い,この音と言い,やっぱりいいねぇ。

Personnel: Jesse Young(vo, g, b, ts, as), Scott Lawrence(p), Jeffery Myer(ds), Richard Eqrthquake Anderson(hca), Peter Childs(dobro), Eddie Ottenstein(g), Jerry Corbitt(vo), Suzi Young(vo), Ron Stallings(horn), John Wilmeth(horn)

2016年10月 3日 (月)

待望のRachael Yamagataの新作

"Tightrope Walker" Rachael Yamagata(Frankenfish)

_20161002私はデビュー作以降,ずっとRachael Yamagataを推してきたが,彼女の新作については,PleadgeMusicで告知が出た時にすかさずオーダーをして,それから随分と長いこと待たされてきた。その新作がようやく到着したのが先月のことであったが,記事にする余裕がなく,今になってしまった。

彼女の音楽は内省的な響きを持ちながら,素晴らしいメロディ・ラインと,魅力的な声を聞かせることだと思っているが,今回も彼女のそうした特長は健在であり,またも何度でも聞きたくなるアルバムを届けてくれたと言える。

ここまでリリースに時間が掛かったのは,本人のこれまでのコメントによれば,レーベルとの契約に時間を要したためだと考えられるが,待つ甲斐はあったというものである。これは私が彼女のファンであることを差し引いても,このアルバムはよい。正直言って,彼女は日本ではメジャーな存在ではないかもしれないが,私にとっては当代屈指のシンガー・ソングライターの一人である。今回も聞いてもらえばわかる魅力満載のアルバムである。彼女には甘いのを承知で星★★★★★としてしまおう。

尚,ジャケ写真は,私はPleadgeMusicで発注したサイン入りのもの。やっぱり我ながらミーハーだ(爆)。ちなみに,ブックレットにはPleadge Friendsとして私の名前も載っていたのにはびっくりした。極小フォントなので,老眼にはきつかったが(笑)。

Personnel: Rachael Yamagata(vo, g, p, synth, synth-b, glockenspeil, perc), Kevin Salem(g, hca), Pete Hanlon(g, perc), Zach Djanchian(g, p, banjo, sax), Owen Biddle(g, b, synth), Michael Chaves(g, ukulele), Clive Barnes(g), John Alagia(melotron, org, b, vo), Jon Solo(p), Brandon Morrison(b), Ben Perowski(ds), Lee Falco(ds), Matt Chamberlain(ds), Victor Indrizzo(ds, perc), Russel Simins(ds, perc), Randy Cooke(ds), Aaron Corness(ds, perc), Manuel Quintana(ds, perc), Oli Kraus(cello), Jamie Hartman(vo), Paloma Gil(spoken words),

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)