2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ECM」の記事

2017年6月14日 (水)

ある意味,これがVanguardでのライブというのが信じがたい"Small Town"

"Small Town" Bill Frisell & Thomas Morgan(ECM)

Small_town今年になってから,私はBill FrisellはCharles Lloydとのライブで,そしてThomas MorganはJokob Broとのライブで,その生演奏に接している。ビルフリについては長年の経験則からして,だいたいどういう音だろうというのは想像がつくし,Thomas Morganのあの超内省的な感じ(本当に内気な青年って感じなのである)からすれば,インティメートな音場になることはわかっていた。

しかし,本作が録音されたのは,モダン・ジャズの聖地と言ってよい,あのVillage Vanguardである。あまりこうした演奏には接するチャンスがある場所だとは思えないのだが,そういう場所でこういう演奏が行われたということがまず驚きである。

だが,このアルバムを聞いていると,彼らの演奏にはマジカルな部分があって,聴衆を誘因する特殊なケミストリーを発生させているようにさえ思える。ギターとベースというデュオというセッティングにおいて,非常に特異な個性に満ちた演奏と言うことができるアルバムだと思える。だって,Jim Hall~Red MitchellやJim Hall~Ron Carterとは違うし,Charlie Haden~Christian Escoudeとも違う。ではBebo Ferra~Paulino Dalla Portaとはどうかというと,内省的な響きは類似していても,やっぱり違うのである。彼らにしか出せない音。まさにそんな感じだろう。"Subconscious Lee"なんて,まさにツボに入る演奏である。

ビルフリの音は想定通りであるが,ここでのThomas Morganのベースの音がなんと魅力的に録音されていることよ。レコーディング・エンジニアの記載がないが,これをミキシングだけでこの音に仕上げたとすれば,それはそれで凄いことである。

前半はJakob Broにも通じる幽玄な世界が展開されるが,中盤から後半にはやや最近のビルフリに感じられるアメリカーナな感覚もあり,全体としてはバランスの取れたアルバムと言ってよいだろう。だって,やっているのがCarter FamilyやらFats DominoではいくらビルフリとThomas Morganでも多少はそうなるわねぇ(苦笑)。そして最後はなんと"Goldfinger"である。Shirley Basseyのオリジナルとは全く違う世界が展開する。万人には勧めにくいが,この世界,はまるとなかなか抜けられない。そういう世界である。星★★★★☆。

Jakob_bro_i_mosaicいかにThomas Morganが内気っぽいかを見て頂くため,Jakob Broとのライブ時の写真を再掲しておこう。いつも通り,私の顔はモザイク付きである。

Recorded Live at the Village Vanguard in March 2016

Personnel: Bill Frisell(g), Thomas Morgan(b)

2017年6月 7日 (水)

ピアニスト,Egberto Gismontiのもの凄さ。

"Alma" Egberto Gismonti(Carmo)

_20170606ECM系列のCarmoレーベルからリリースされた作品だが,もともとはEMIから出ていたCDにボーナス・トラックを追加したものらしい。但し,オリジナルにあった"Infancia"という曲が省かれているようである。

Gismontiと言えば,まずはギターのイメージが強いが,ピアノもうまいことはわかっている。しかし,本作は1枚をピアノで通しており,そしてその手腕は見事としか言いようがない。はっきり言ってしまえば,普通のピアニストでは勝てないレベルである。全編を通して,開いた口がふさがらないぐらいうまい。強靭なタッチ,優れたインプロヴィゼーション能力はある意味Keith Jarrett級と言ってもよい。マルチなタレントを持つミュージシャンは何をやらせても上手いということはわかっているし,去年のライブでもピアノから繰り出されるメロディに圧倒された私だったが,久々にこのアルバムを聞いて,やっぱりすげぇやって思ってしまった。そんな月並みな表現しか出てこないほど圧倒的なピアノである。改めての驚きも含めて星★★★★★。

Recorded in 1987 & 1993

Personnel: Egberto Gismonti (p)

2017年5月30日 (火)

中古でゲットしたGary Peacock盤から,まずは"December Poems"。

"December Poems" Gary Peacock(ECM)

_20170528_6昨日のDavid Tornに続いて,これも中古でゲットしたもの。そもそもECMにはGary Peacockのアルバムがあるにもかかわらず,一部の作品は廃盤化してしまい,結構入手が難しくなっていた。しかし,今回の新宿DUにおけるECM中古盤特集では,基本的に押さえたいと思っていたPeacockのアルバムが全部手に入ってしまった。逆に言うと,なんでGary Peacockのアルバムの入手が難しくなってしまったのか不思議でならないのだが,この作品も,Gary Peacockの多重録音含めたソロ演奏が中心なので,もちろん売れる作品でないことはわかる。しかし,聞いてみると,これがよいのである。

本作には2曲でJan Garbarekが参加しているものの,そのほかの4曲はPeacockだけによるものとなると,やはりフォーマットとしてはチャレンジングである。私も,やはり身構えてしまうのは当然で,だからこそこれまで購入してこなかったという話もある。しかし,思い込みはいかん。Gary Peacockのベースの音は極めて魅力的に録られており,小音量で聞いても,そのクォリティの高さは明らかなのである。

曲名からしても,「冬」を意識したアルバムを,初夏の今頃聞いている私も考えものだが,これから暑くなっていく時期に,涼やかさを求めるのにも使えるのではないかとさえ思ってしまう。だが,クール一辺倒というわけでもなく,リズミックなパターンや,Garbarekとのデュオにおいては2者が絡み合い,渡り合う感覚も生み出しているので,季節にとらわれる必要はない。こうして聞いてみると,ECM好きならば,どんな時に聞いても抵抗感なく受け入れてしまうような作品と言えよう。

それにしても,Gary Peacockのベースの音の素晴らしいことよ。それだけでも聞く価値はあると言っておこう。星★★★★☆。

Recorded in December 1977

Personnel: Gary Peacock(b), Jan Garbarek(ss, ts)

 

2017年5月29日 (月)

今度は中古でゲットしたECM盤ということで,まずはDavid Torn。

"Best Laid Plans" David Torn(ECM)

Best_laid_plansこのブログにアップする記事のかなりの比率をECMレーベルの作品が占めているのは,読者の皆さんならご承知のことと思うが,そうは言っても,私も保有しているECMの作品は多分半分もいかないぐらいではないかと思う(正確に数えたことはない)。だから,後付けで買おうと思っていても,いつの間にやら廃盤になってしまっているアルバムも結構ある。今回仕入れた本作とか,これと一緒に買ったGary Peacockのアルバム(それらは追ってアップしたい)などはなかなかお目にかからない。

今回,新宿のDUでECM中古盤特集の告知があって,気になっていたのだが,全然行く暇がなかった。そこには確かにこのアルバムの写真が掲載されていたから,おぉっと思ってはいても,行けないのでは仕方がない。もう売れていても仕方ないなぁという気持ちで行ったら,まだあった(笑)。やはりECMは特定の筋のリスナー向けなのかなぁなんて思ってしまったが,まぁ,買えたからよしとしよう。ちょっと値段は高かったが...。でも目玉が飛び出るほどではない。

そもそもDavidはECMレーベルっぽくない人である。ECMの"Cloud About Mercury"は異色中の異色と言ってもよいメンツによるものだし(記事はこちら),その後のアルバムもかなりハードルが高い。それでも本作については,これまたECMらしくないジャケからもずっと気になっていたのである。そして,パーカッションとのデュオってのも気になる。

結論から言えば,私が聞いたECMのDavid Tornの作品ではこれが一番好きかもしれないってところである。ロック的なタッチを交えつつ,ハイブラウな雰囲気を醸し出すところは,これがDavid Tornの本質だろうと思ってしまう。正直言ってしまえば,David Tornについては,ECM以外でリリースされた"Polytown"(記事はこちら)や"Levin Torn White"(記事はこちら)の方が好きなのだが,ここでの音はどちらかと言うとそっち系の音だと思えることが大きな要素である。ということで,これは間違いなく買って正解というところである。星★★★★。

Recorded in July, 1984

Personnel: David Torn(g), Geoffrey Gordon(perc)

2017年5月17日 (水)

Wolfert Brederode Trio@武蔵野スイングホール参戦記

_20170516_2

ECMからリリースした"Black Ice"も素晴らしかったWolfert Brederodeのトリオを見るために,会社から結構遠いのだが,武蔵境にある武蔵野スイングホールに行ってきた。

アルバムそのものも素晴らしく,このブログにも「美しくも青白く光る炎のような音楽であり,いかにもECM的なアルバム。」と書いた(記事はこちら)。そして,ライブで展開された音楽も,ほぼアルバムのイメージを踏襲したものであり,新曲もやったが,基本的には"Black Ice"からのレパートリーを演奏していた。

このトリオは,ソロ回しなどにはほとんど関心がないというような,リーダーのピアノを中心としながら,ベースとドラムスが絡みつくような演奏を繰り広げるというパターンで,まさに三位一体とでも言うべき演奏方法であったと思う。そこに聞かれるWolfert Brederodeのピアノの美しいことよ。美的で繊細,時にアブストラクト,そして時にダイナミズムも感じさせる非常にいい演奏であった。そして,彼を支えるリズム隊もうまい。ベースの音もよいし,ドラムスの切り込みはかなり鋭い。そうして作り上げられた音場はまさにインタープレイだったのである。

演奏を聞きながら,誰かに影響を受けているのかなぁなんて思いながら,誰ってのが思い浮かばない。ちょっとEnrico Pieranunzi風に聞こえる瞬間もあったが,全体を通して聞いていると,オリジナルなスタイルなんだろうなぁっていうのが結論。

Wolfert Brederodeはこれまでも何度か来日しているようであるが,私が彼の音楽の魅力に接したのは去年が初めてだった。その感覚を忘れず,告知が出た瞬間にチケットをゲットし,今回のライブに行けたのは非常に良かったと思う。ECMらしい音をライブで聞く喜びって感じか。ということで,今回の戦利品も写真をアップしておこう。

Live at 武蔵野スイングホール on May 16, 2017

Personnel: Wolfert Brederode(p), Gulli Gudmundsson(b), Jasper van Hulten(ds)

2017年5月16日 (火)

Avishai CohenによるECM第2作もいい出来である。

"Cross My Palm with Silver" Avishai Cohen(ECM)

_20170514Avisha CohenがECMからアルバム"Into the Silence"をリリースしたことには驚かされたが,ECM的なサウンドになっていたのにも驚かされたのが昨年の早春のことである。それから約1年強のインターバルでアルバムがリリースされることは,Avisha CohenがManfred Eicherの審美眼に適ったってことだろうが,今回もECM的な魅力に満ちたアルバムとなっている。

そもそも私は,ラッパのワンホーンという編成が結構好きなので,それだけでもポイントが高いが,この静謐な中にも,相応のダイナミズムを共存させるAvishai Cohenのトランペットの響きには,心惹かれてしまう。こうした響きは,以前であれば,Thomaz Stankoあたりがこういう音を出していたかなぁなんて気もするが,最近彼のアルバムも聞いていないので,正しいかは自信がない(苦笑)。

それはさておき,ここでのAvishai Cohenのトランペットの響きが何とも魅力的に捉えられている。よくよく見れば,これもAaron Parksの新作同様,フランス南部にあるPernes-les-Fontainesという都市の,Studios Ls Buissonneなるスタジオで,Gerald de HaroとNicolas Baillardのコンビのエンジニアリングによって録音されている。ということは,今後はこのフォーメーションがECMの録音でも増えていくということなのかもしれないが,今回も見事なまでにECM的サウンドである。

Avisha Cohenを支える3人も,出過ぎたところなく,バックアップに徹している感覚もあるが,もし,Nasheet Waitsがバンバン叩いていたら,こういうサウンドにはなりえない。Fred HerschともやっていたWaitsのことである。ちゃんとわかっているってことだろう。全編を聞いても,一貫性が保たれていて,これはやっぱりよくできていると思う。星★★★★☆。

YouTubeに本作の予告編のような映像がアップされていたので,貼り付けておこう。映像で見るとまた別の印象を与えるねぇ。

Recorded in September 2016

Personnel: Avishai Cohen(tp),Yonathan Avishai(p), Barak Mori(b), Nasheet Waits(ds)

2017年5月 9日 (火)

Michael Formanekの"Small Places":これも買ってからほとんど聞いてなかったかもなぁ。

"Small Places" Michael Formanek (ECM)

Small_placesMichael Formanekというベーシストは,Fred Herschとも共演しているので,比較的コンベンショナルなセッティングでも対応可能な人であるが,どちらかと言えば,ハイブラウなバンドでの演奏が多い印象が多い。このECMのアルバムでも,Tim Berne, Craig TabornにGerald Cleaverというかなり尖ったメンツであるから,音の方は推して知るべしであった(笑)。

大体,予想がついてしまうメンツということは,ちゃんとプレイバックしたのかどうかも記憶が曖昧な私だが,いずれにしても,久しぶりにプレイバックしてみて(初めてではないはずだ...),やっぱりねぇという音である。一言で言えば,ハイブラウ。フリーと伝統の狭間を行く音楽。曲は全てリーダーのオリジナル。

こういう音楽の難しいところは,違うアルバムでも,結構同じような演奏に出くわすことがあって,どれがどれだかわからなくなることである(苦笑)。ちゃんと聴き分けができるレベルまでちゃんと聴けよというお叱りを受けそうだが,やはり昔の音楽との接し方とは変わってしまったところがあり,よほどのことがないと,同じアルバムを何度もプレイバックするということは少ない。だから,このアルバムも,例えば,ほかのTim Berneのアルバムと同じように感じてしまうところもあるのが事実だ。

まぁ,こういう音楽もECMの特徴と言ってよいだろうが,その一方で,決して耳に優しい音楽ではないから,この手の音楽が好きなリスナーはさておき,一般のリスナーにはかなり厳しい音源だと言ってもよいだろう。告白してしまえば,私はこの記事を書くためにプレイバックしていて,途中で居眠りしてしまったのだが,よくこれで寝られるねという考え方と,眠りに誘う音楽という考え方のどちらを取るかで,リスナーの音楽的嗜好がわかるかもしれない(爆)。ということで,嫌いではないとしても,これはしょっちゅう聞きたくなるアルバムではないというのが正直なところ。星★★★☆。

尚,Gerald Cleaverが弾いているShruti Boxっていうのは,ドローン効果を生むための楽器らしい。初めて聞いたなぁ(笑)。

Recorded in December 2011

Personnel: Michael Formanek(b), Tim Berne(as), Craig Taborn(p), Gerald Cleaver(ds, shruti box)

2017年5月 8日 (月)

ECMからクリポタの新作がリリース。これが実によい。

"The Dreamer Is the Dream" Chris Potter(ECM)

The_dreamer_is_the_dreamECMレーベルからクリポタの新作がリリースされた。"The Sirens","Imaginery Cities"に続く第3作はクァルテット編成である。振り返ってみれば,ECMからクリポタがアルバムを出すと聞いた時に,Undergroundで聞かせるようなイケイケ感と,ECMのレーベル・カラーが合わないのではないかと思わせたのは,"The Sirens"の記事をアップした時にも書いた(記事はこちら)。しかし,ECMの総帥,Manfred Eicherが評価したのは,激しくブロウするクリポタというよりも,トータルなミュージシャンとしてのクリポタだと思わせた。

今回の新作においても,冒頭の"Heart in Hand"から,非常にメランコリックな響きに満ちている。しかし,James Farberの見事なエンジニアリングもあって,クリポタの本質と言うべき,サックスの音色が捉えられていると思える。2曲目の"Ilimba"においては,こちらが期待するようなクリポタ的なフレージングを聞かせて嬉しくなってしまうし,随所にクリポタらしさも表れている。その一方で"Memory And Desire"のような曲では,室内楽的な響きすら感じさせ,クリポタの音楽性の広さが聞いて取れる。

一聴して,クリポタ的イケイケ感は,それほど強くないとしても,アルバム全体を通して聞いてみると,これは実によくできていると思ってしまうようなアルバムである。この感覚,ここにも参加しているJoe Martinの2009年作"Not by Chance"を思い出させる(記事はこちら)。本作のメンツは"Not by Chance"のピアノをBrad MehldauからDavid Virallesに代えたものだが,一聴しただけでは地味に聞こえるのだが,"Not by Chance"のじわじわ来るよさと同じような感じを思い出させる。

いずれにしても,クリポタのミュージシャンとしてしての質の高さを十二分に捉えたアルバムとして,私は本作を高く評価したい。ECMのアルバム前2作もよくできていたと思うが,静的な部分とダイナミズムを兼ね備えた作品として,私はこれが一番いいように思う。ということで,クリポタにはついつい甘くなり,星★★★★★。

尚,クリポタのクレジットにあるilimbaというのは,カリンバに似たタンザニアの民族楽器らしい。へぇ~(笑)。

Recorded in June 2016

Personnel: Chris Potter(ts, ss, b-cl, cl, fl, ilimba, samples), David Viralles(p, celeste), Joe Martin(b), Marcus Gilmore(ds, perc)

ついでながら,この演奏よりもっと激しいクリポタをご所望の皆さんのために,Snarky Puppyのライブに乱入したクリポタの映像を貼り付けておこう。画像が揺れるのがちょいと気持ち悪いが,これは激しいでっせ(笑)。

2017年5月 7日 (日)

Aaron ParksのECM第2作は何とも美的。

"Find the Way" Aaron Parks (ECM)

Find_the_wayAaron ParksがECMでソロ作"Arborescence"をリリースしてからやく3年半,ついにその第2作がデリバリーされたので,早速聞いてみた。今回はピアノ・トリオ編成であるが,ベースのBen Streetはさておき,ドラムスがBilly Hartというのがやや異色に思える。と同時に,私にとってはちょっとそれが不安要因でもあった。

私がAaron Parksのソロ・アルバムに期待するのは,繊細でリリカルで美的なピアノである。そうした観点では,全編を通じて,期待通りの音が聞こえてくる。ただ,冒頭の"Adrift"に顕著なのだが,Billy Hartがちょっと叩き過ぎという感じがしないわけではない。これがミキシングのせいというわけではないと思うが,繊細なピアノには,もう少し繊細な叩き方があってもよいと思わせる。正直言って,Aaron Parksに合うと思えるのは,パワーもありながら,繊細さも打ち出せるEric HarlandやKendrick Scottあたりでないかと思う。全体を通じて聞けば,Billy Hartも楚々としたドラミングを聞かせているとは思うが,どうしても1曲目の印象が残ってしまうのである。5曲目,"The Storyteller"でも同じような感覚を覚えるのも事実。

しかし,そうした点を除けば,Aaron Parksの書くオリジナルの美しさ,紡ぎだされるソロ・フレーズのリリカルさを含めて大いに楽しめる作品となっている。欧州的なピアノとは違うリリカルさ(明らかに違うのだ)をECMで聞かせるところに,この人の力量を感じるとともに,本当に美的なピアノを弾く人だと改めて感心させられた。前回来日時には,ホーン入りのアルバムを吹き込みたいなんて言っていたが,総帥Manfred Eicherとしても,トリオとしての美学を優先したってところだろう。いずれにしても,この演奏,私の好物と言ってよいサウンドである。星★★★★☆。半星引いたのは上述のBilly Hartに対するちょっとした違和感ゆえ。

尚,本作は,フランス南部にあるPernes-les-Fontainesという都市の,Studios Ls Buissonneなるスタジオで録音され,エンジニアもGerald de HaroとNicolas Baillardという人が務めている。これって私が知る限りでは,ECMでは初めて,あるいは珍しいパターンなのではないかと思うが,それでも完全なECMサウンドになっているのがEicherマジックか(笑)。

このアルバムを聞いて,Aaron Parks Trioでの来日を期待するリスナーは多いはずである。私ももちろんその一人ってことで...。

Recorded in October 2015

Personnel: Aaron Parks(p), Ben Street(b), Billy Hart(ds)

2017年5月 2日 (火)

ジョンアバの"Timeless",若い頃はJan Hammerに反応してたいた私。

"Timeless" John Abercrombie (ECM)

Timeless今回も,ECM掘り起こし(笑)である。

私が高校生の頃だったと思うが,このアルバムについて耳にしたことがあった。まだECMレーベルの音楽になんの関心もない頃だったが,それは偏に,本作に参加しているJan Hammerのおかげである。

私が高校生の頃と言えば,私はジャズを聞き始めた頃で,まだ聞いている音楽の主体はロックであり,Jeff Beckのアルバムにしびれている頃である。具体的には"Blow by Blow"であったり,"Wired"であるわけだが,音楽好きの友人たちと話していて,本作の話になったはずである。なんてたって,"Wired"に参加のJan Hammerが入ったギタリストのアルバムである。若者が気になるのも仕方ない。しかし,当然のことだが,リーダー,ジョンアバも,Jack DeJohnetteも知らない頃である。無知とはある意味恐ろしいねぇ。

そんな本作を実際に耳にするまでは,結構時間が掛かったはずで,多分,ジャズ喫茶でも聞いたことはなく,自分で買って初めて聞いた感じだったのではないか。改めて,今回聞いてみて,冒頭のJam Hammerオリジナルの"Lungs"の冒頭こそは激しくやっているが,サウンド的にはそんな強烈ってわけではない。しかも,そうは言っても編成が編成だけに,少々時代を感じさせる部分があるのは事実である。特にジョンアバのギターのサウンドは,70年代っぽい音になっているのは,今となってはご愛敬。

本作が,ジョンアバにとってのECMでの初リーダー作(キャリア上もかもしれない...)のはずだが,それ以来40年以上,ECMの専属みたいになっているのだから,よほど総帥,Manfred Eicherに気に入られているんだと思う。まぁ,ここで披露されるジョンアバのオリジナルを聞けば,そういうのもうなずけるってところだろう。星★★★★。

Recorded on June 21 & 22, 1974

Personnel: John Abercrombie(g), Jan Hammer(org, synth, p), Jack DeJohnette(ds)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)