2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ECM」の記事

2018年9月21日 (金)

Barre Phillips,最後(?)のソロ・アルバム。

"End to End" Barre Phillips(ECM)

_20180916Barre Phillips,私にとっては高いハードルとなってきた人である。ベース・ソロでアルバムを作った最初の人はBarre Phillipsらしいが,結構若い頃からECMのアルバムは聞いていても,ベース・ソロというのはさすがに厳しいという感じで敬遠してきたというのが実際のところである。そうしたところもあって,彼のリーダー作は"Mountain Scape"しか保有していない。じゃあ,何枚も保有しているDavid Darlingのチェロ・ソロならいいのか?と聞かれれば,返す言葉もないのだが,まぁはっきり言ってしまえば食わず嫌いである(爆)。

本作のSteve Lakeのライナーによれば,本作はBarre Phillipsからの直々に総帥,Manfred Eicherに連絡があって,最後のソロ・アルバムを作りたいのだが,ECMとしてはどうよ?って聞いてきたらしい。Eicherとしては断る理由もないということで,本作がレコーディングされることになったようである。私も年を重ねて,いろいろな音楽に接してきていて,ベース・ソロだからと言ってビビることはなかったし,現代音楽も結構好んで聴いているので,今回は「最後のベース・ソロ・アルバム」ということとあっては,発注せざるをえまいと思ってしまった私であった。

そして流れてきた音は,決してアブストラクトではないベースの響きを聞かせるものであり,43分余りの時間はあっという間に過ぎていったという感じである。もちろん,聞き易いなんて言うつもりはないし,一般の人にとっては,それはハードルが高い音楽であることは間違いない。しかし,ライナーを書いているのがSteve Lake,そしてライナーの多くの写真を撮っているのがSun Chungってことからしても,それだけでBarre PhillipsのECMにおける立ち位置がわかるってものだ。それだけ「最後のベース・ソロ・アルバム」の意味合いは重いということを表している。Barre Phillips単独名義でのECMでのリーダー作は91年の"Aquarian Rain"以来だと思うが,それでもこうしたレコーディング機会を提供されるBarre Phillips。それをどう捉えて,この音楽に対峙するかが,少なくともECMレーベル好きにとっては重要だろう。

いずれにしても,私はこのアルバムを聞いて,これまで食わず嫌いでいたことを大いに反省した。ミニマルとは全く違いながら,簡潔にして,深遠。何回も聞くようなものではないかもしれないが,聞いておかねばならないと思わせるに十分な音であった。星★★★★☆。私の中でのハードルも若干下がったので,ストリーミングで,過去のBarre Phillipsのベース・ソロも聞いてみることにしよう。

Recorded in March, 2017

Personnel: Barre Phillips(b)

2018年9月19日 (水)

Tord Gustavsenによるピアノ・トリオの新作は期待通りの出来。そして彼の信仰心を感じさせる。

"The Other Side" Tord Gustavsen Trio(ECM)

_20180915_3総帥Manfred Eicherにより,新世代のピアニストも続々と紹介されており,私も結構その世界にはまってはいるが,現在のECMレーベルにおいて,確実に期待できるピアニストとして評価を確立しているのは,私は先日記事をアップしたMarcin Wasilewskiと,このTord Gustavsenだと思っている。

Tord Gusravsenに関しては,全部が全部いいという訳ではないと思っていて,例えば私の中では,"Restored Returned"なんかはちょいと評価が低い(記事はこちら)。しかし,それは例外的なものであって,ほかの作品は極めて高く評価している。そうした中で,この人の魅力はピアノ・トリオだけではないということは,テナー入りの"Extended Circle"でも,ヴォイスの入った"What Was Said"でも実証されている。しかし,やはりピアノ・トリオも聞きたいと思うのがファンの心理であることも事実であった。本作は2007年リリースの"Being There"以来という,実に11年ぶりのピアノ・トリオ作である。

ここでは,Gustavsenのオリジナルに加えて,トラッド,更にはバッハの曲をアダプテーションした演奏が聞けるが,さすがに1月のオスロ,Rainbow Studioでの録音と感じさせるような,静謐で,内省的な音の連続である。これこそがECM,あるいはTord Gustavsenの美学であると言ってもよいかもしれない。まぁ,冬のオスロでじゃかじゃかした演奏はやってられんと言う話もあるが...(笑)。それでも,こうした音楽をやられてしまうと,私のようなリスナーは無条件によいと思ってしまう。それが一般的なリスナーの感覚とは必ずしも合致しないところはあるだおるが,こうしたサウンドには全面的にOK!と言ってしまうのである。

バッハのアダプテーションでは,宗教的な響きさえ感じさせるが,それはモテットやカンタータの原曲なのだから当たり前なのだが,トラッドや,2曲目に入っているノルウェイの作曲家Lindemanの"Kirken, den er et gammelt hus"も讃美歌みたいなものであるから,ここでのテーマには宗教を感じる。そして,そこに加わるGustavsenのオリジナルが,何の違和感もなくブレンドして,この音世界を作り上げている。

私からすれば,この音楽は決して刺激を求める音楽ではない。そこに不満を感じるリスナーが聞くべきものでもない。これは冬のオスロの気候に思いを馳せながら,信仰の音楽による表出とは何かということを考えるに相応しい作品だと思う。Tord GustavsenはSolveig Slettahjellと"Natt I Betlehem"という素晴らしいホリデイ・アルバムを作り上げているが,この人の根底には宗教感が根差していることを強く感じさせる作品。Marcin Wasilewskiのアルバムと比べれば,私はWasilewskiに軍配を上げるが,これはこれで,私の心を十分に捉えたと言っておこう。星★★★★☆。

Recorded in January, 2018

Personnel: Tord Gustavsen(p), Sigurd Hole(b), Jarle Vespestad(ds)

2018年9月16日 (日)

またも素晴らしい作品をリリースしたMarcin Wasilewski。痺れた。

"Live" Marcin Wasilewski Trio (ECM)

_20180915私はこれまでも,Marcin Wasilewskiのアルバムが出るたびに,最高だ!と連呼してきたように思う。とにかく,ECMレーベル好きとしての心はもとより,ピアノ・トリオの魅力を感じさせるという点では,私にとってはBrad Mehldau,Fred Herschと同じぐらいのポジションを占めていると言っても過言ではない。とにかく私の心を捉えて離さない音楽をECMでリリースし続けてきた。

そんなMarcin Wasilewskiが前作"Spark of Life"から約4年ぶりにリリースしたのが本作で,一部サックスを入れた前作から,従来のピアノ・トリオに戻してのライブ盤である。毎度のことながら,冒頭の"Spark of Life / Sudovian Dance"から,今回も私は心を鷲掴みにされてしまった。

今回のアルバムは,"Faithful"所収の"Night Ttain to You"を除いて,前作"Spark of Life"からのレパートリーである。ライブ盤とは言え,新曲もないのか?って思う部分もないわけではないが,これが彼らのレパートリーを熟成させ,昇華させた音楽を聞かせようという取り組みだと思えば文句はない。ここでの演奏は,オリジナルの演奏よりは長尺になっていて,曲に対するトリオとしての解釈や表現は更に深化していると思う。

とにかく,全編に渡って,静謐さとダイナミズムを両立させた音楽が展開されていながら,美的であることこの上ない。一聴して,私はこれまで聞いたMarcin Wasilewskiのアルバムよりも,このアルバムが一番優れているかもしれないとさえ思えるほどであった。久々に音楽を聞いて「さぶいぼ」が立った気がする。美しさとテンションとスリルを共存させる音楽にはそう簡単に出会える訳ではない。これには心底まいった。これには星★★★★★しかありえない。

こんな音楽を聞かされたら,彼らの再来日,そして真っ当なヴェニュー,更に真っ当なPAでのライブを体験したいと思うのが筋である。間違いなく今年のベスト作候補の一枚となった。まじに最高である。

Recorded Live in Antwerp on August 12, 2016

Personnel: Marcin Wasilewski(p), Slawomir Kurkiewicz(b), Michal Miskiewicz (ds)

2018年9月13日 (木)

ECM豊作の秋ってところか。

先週のNYC弾丸出張から帰国した後,体調をおかしくしたりして,音楽について書いている暇も余裕もない。日本は自然災害にも襲われており,不謹慎な投稿は控えないといかんという気持ちもある。被災された皆さまには,ご無事と早期の復興をお祈りするばかりである。

その一方で,ECMレーベルを好む人間にとっては,この秋口は非常に芳醇な季節となること必定である。私が現在のECMにおけるピアノの2トップと思っているTord GusravsenとMarcin Wasilewskiの各々のトリオ・アルバムがリリースされたのである。まだ両方ともちゃんと聞けていないが,一聴でもどちらも素晴らしい出来と思えるものとなっていると思える。特にMarcin Wasilewskiのアルバムは印象が強烈で,今から記事にするのが楽しみである。それにしても,凄い人たちである。

2018年8月26日 (日)

ECMレーベルの未聴アルバムの中から,今日はJulia Hülsmann with Theo Bleckmann。

"A Clear Midnigh: Kurt Weill and America" Julia Hülsmann Quartet with Theo Bleckmann(ECM)

_20180826イベントやら飲み会やらで,またも更新が滞ってしまったが,ECMの未聴盤の山から今日はこれである。Julia Hülsmannについては,その後リリースされた"Sooner And Later"は既にブログにアップしている(記事はこちら)のに,このアルバムがなぜ放置されたのかよくわからない。そこにも,彼女の"Imprint"が見つからないなんて書いているが,それは結局見つかった(爆)。それらを踏まえれば,単に自分の中での彼女のアルバムを聞く優先順位が上がってこないだけのことだろうが,この人のアルバム,聞いてみると非常にいいアルバムが多いのが常なので,彼女には誠に申し訳ないと言わざるをえない。

このアルバムは,そのJulia HülsmannがヴォーカルのTheo Bleckmannを迎えて,Kurt Weillの曲を中心に演奏するというアルバムである。Theo BleckmannはBen Monderなどのバックで,サウンドとしてのヴォイスを提供している印象が強いが,彼もその後ECMからリーダー作をリリースしているが,それも記事にしていないなぁ(苦笑)。いずれにしても,ここではTheo BleckmannがWeillの曲を歌うとどうなるかってのが一番の注目ポイントだろう。

しかし,聞いてみて,冒頭の曲を"Mack the Knife"だと認識できるのか?と言いたくなるようなアレンジである。そして,いかにもECM的な音場で展開される音楽は,やっぱり好みだなぁと思う。サウンド的に言えば,通常のトリオではなく,ラッパを加えたことがいいアクセントになっていて,これが落ち着ける音楽である。まさに刺激を求めるためではなく,心の安定を得るために使いたいと思ってしまう。

いずれにしても,これも3年以上放置したことについては,反省しなければならない。やっぱりCDは買ったタイミングで,タイムリーに聞くということが大事だなぁと思ってしまった。非常に渋いアルバムなので,万人受けするとは思えないが,これはいい作品であった。星★★★★☆。

Recorded in June 2014

Personnel: Julia Hülsmann(p), Theo Bleckmann(vo), Tom Arthurs(tp, fl-h), Marc Muellbauer(b), Heinrich Köbberling(ds)

2018年8月22日 (水)

ECMレーベルの未聴アルバムの中から,今日はMathias Eickである。

"The Door" Mathias Eick(ECM)

_20180819買ったまま,全然聞いていなかったECMレーベルのアルバムから,今日はこれである。本作を購入したのはSHM-CDで国内盤が比較的廉価で出た時のことであるから,多分3年以上前のことである。それだけ放置する私も私だが,聞かずにおいたことを後悔してしまった。これが実にECMらしいアルバムである。

本作がそもそもリリースされたのは2008年のことだと思うが,出た時になんで買わなかったのかは全く記憶にない。普通ならば,買っていてよさそうなアルバムなのだが,まぁ,買いそびれたってことだろう。これがMathias EickのECMでの初リーダー作であるが,その後ECMから出た"Skala"は買っているが,近作の"Midwest"と"Ravensburg"は入手していないから,こうなると"Skala"もちゃんと聞いたか怪しいと思いたくなってしまうようなサウンドがここにはあると言ってよい。実に私好みなのだ(爆)。

静謐にしてクールな音場は,夏の暑さを忘れさせる効果も十分だと言いたくなるような響きである。さすがノルウェイのミュージシャンって気がする。と言っても,この人の音は,今までもLars DanielssonやManu Katche,そしてJacob Youngなどのアルバムでも聞いているはずであるから,こういう音楽をやるんだろうということは想像できたのかもしれないが,ここでの音楽は,リズミックな展開がなくても,ダイナミズムが足りないように感じられたとしても,そんなことは関係なしに,美的音楽として楽しめてしまうところがいいのである。

これは私のツボに完全にはまった。いやはやそれにしてもこれはよかった。ってことで,反省も込めて星★★★★★にしてしまおう。

でもよくよく考えれば,私はMathias Eickの生をJacob Youngと来た時に神田のTUCで見ていたんだねぇ。その時は彼のことは全く意識していなかったが,もう10年以上前のことだからすっかり忘れていた。って言うか,もう10年以上経っているのかと認識してびっくり。歳はとりたくないねぇ(苦笑)。

Recorded in September 2007

Personnel: Mathias Eick(tp, g, vib), Jon Balke(p, rhodes), Audun Erlien(el-b, b), Audun Kleive(ds, perc), Stian Carstensen(pedal steel)

2018年8月20日 (月)

夏休みの終わりにCDを整理していて...

主題の通りなのだが,ここ暫くCDの整理ということをしてこなかったため,部屋がCDの「積んどく状態」になって久しかった。その中でも,特にECMレーベルのアルバムはうず高く積み上げられる状態が続いていた。

これはECMのリリース・ラッシュのせいだという話もあれば,私が音楽を聞く時間が少なくなって,「取り敢えず購入したものの聞いていない」ことが増えたということもあるだろう。そうした中で積みあがっていたECMのCDは多分100枚弱ってところだったと思うが,中には封さえ切っていないものもあり,何だかなぁと思ってしまった。

今やECMのアルバムもストリーミングで聞けるので,私としては買う前に試聴して買うのが基本であるから,購入枚数は減っているはずである。それでもストリーミング開始前に買ったものも含めてどんどん積み上がっていった結果,もはや収拾がつかないとさえ思えるレベルになってしまったので,ついに整理に入った訳だ。

もちろん,全部が全部聞いていない訳ではなく,ちゃんと当ブログに記事をアップしているものも棚に収めていなかっただけの話である。その棚に収めるのも,場所がないので,私は長年,フラッシュディスクランチのソフトケースを使っているのだが,それに入れ替える暇がなかったというのが実態なのである。

Cd今回,何とかECMのアルバムはソフトケースへの入れ替えを終えたのだが,今度はECMをまとめて収納しているラックが枚数の限界に達しつつあることが明らかになり,さぁ困った。これ以上ラックは増やせないしなぁ。だからと言って,ECMって言っても,全部が全部聞きたいものばかりではないしなぁ。う~む...。

いずれにしても,せっかく購入しても聞かずに放置ってのはさすがにミュージシャンに失礼ってことで,ちゃんと聞こうと思った夏休みの終わりであった(苦笑)。それよりも断捨離が先かもなぁ(爆)。

2018年5月14日 (月)

Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough"

"If You Look Far Enough" Arild Andersen / Ralph Towner / Nana Vasconcelos (ECM)

_20180513_2このアルバム,名義としてはArild Andersenのリーダー作ということになるが,私はこのアルバムを,Ralph Townerのところに格納している。それぐらい,Ralph Townerの活躍ぶりが目立つセッション・アルバムである。

最近はめっきり減ったが,昔のECMレーベルにはこういうレーベル所属のミュージシャンの組合せによるセッション・アルバム的なものが結構存在した。これもそうした一枚だが,他のミュージシャンのアルバムで,かなりの割合でRalph Townerが参加しているのは,ECMでは,私が認識する限りはこれとJan Garbarekの"Dis"ぐらいしかないのではないか。だからこそ,Ralph Townerファンの私にとっては極めて重要なアルバムと言ってよい。まぁ,途中はAndersenとNanaのデュエットが続くが,アルバム構成上そうなったと思えば,全然問題ない。

本作はプロデューサーとしてArild Andersenがクレジットされているが,Manfred Eicherはミキシングに関わっていて,これがまた,全編いい音で捉えられているって感じである。やはりRalph Townerの12弦ギターの響きはここでも超絶魅力的。

冒頭の"If You Look"と"Far Enough"は1988年にノルウェイの映画音楽として録音されていたもののようで,それを改めてここに入れたようであるが,この2曲はアンビエントな雰囲気が漂っていて,ちょっと感じが違うが,アルバムのバランスは崩していない。そもそもエピローグのようにさえ響く"Far Enough"に続いて最後に収められるのがPaul Simonのアルバム,"One Trick Pony"から"Jonah"というのは意外。それをAndersenがベース・ソロでダメ押しのエピローグ(笑),いや,むしろアンコールのように演じてアルバムは幕を閉じる。

改めて聞いてみると,もう少しRalph Townerの出番を増やしてもらった方が,Townerファンの私としては嬉しかったのだが,それはないものねだりってことで。いずれにしても,いいアルバムである。星★★★★。

Recorded in 1988,July 1991 & February 1992

Personnel: Arild Andersen(b), Ralph Towner(g), Nana Vasconcelos(perc), Audun Kleive(snare-ds)

2018年5月11日 (金)

Nik Bärtsch's Roninの新作が出た。

"Awase" Nik Bärtsch's Ronin (ECM)

_20180510私がミニマル・ファンクと呼んでいるNik Bärtsch's Roninの音楽は,常に心地よいグルーブを聞かせてくれて,私は相当彼らの音楽にはまっていると言ってもよい。なんでこの音楽がECMから?って気はするが,彼らのアルバムもMobile名義の1枚を含めると,早くも第6作であり,総帥Manfred Eicherにも気に入られているのは間違いないところだろう。とにかく,彼らの音楽に身を委ねる快感を一度覚えてしまうと,決して抜けられないのである。

今回もいつものようにNik Bärtschのオリジナルは"Modul"に番号を付けた記号的なものであるが,そこに1曲だけ入るリード奏者,Shaのオリジナルが明らかに個性が違っていて,Change of Paceを狙ったんだろうと思わせる部分がある。しかし,基本的にはいつもやっている音楽と変わりはないのだが,それでもいつもよりもファンク度は抑制され,静謐な瞬間や,メロディアスな展開を示す部分に,これまでにない感覚を覚える。

Nik Bärtschのピアノはいつものようにパルス的な打鍵が多いが,本作で特徴的だと思うのがベース・ラインである。それがメロディアスに感じさせる部分があるのは,ピアノと対照的な気もする。リズムもゆったりした感覚があり,いつものファンクとは感じが違う。逆に言えば,本作ではこのベースが効いているということになるだろう。それでも曲によっては,ちゃんと彼ららしいファンクに帰結していくのだが...。

いずれにしても,こうした音楽に反応してしまう私の嗜好にはばっちり合致しており,今回も聞いていて気持ちよくなってしまった私である。こういう音楽ならば,永久に続けられるのではないかなんて皮肉っぽく思ってしまうものの,やはり彼らの音楽が生み出すグルーブの心地よさには抗い難い魅力があると言えよう。今回も私は満足である。星★★★★☆。

Recorded in October 2017

Personnel: Nik Bärtsch(p), Sha(b-cl, as), Thormy Jordi(b), Kaspar Rast(ds)

2018年4月22日 (日)

これはたまらん。Kristijan RandaluのECMデビュー作。

"Absence" Kristijan Randalu(ECM)

_20180421初めて名前を聞く人である。Webサイトによれば,1978年にエストニアで生まれ,ドイツで育ったそうである。ドイツで師事したのがJohn Taylorってことであるが,1曲目からJohn Taylorも彷彿とさせるような美しいピアノを聞かせる。そして,ピアノ,ギター,ドラムスという変則的な編成でありながら,ECMらしい美学に満ちたアルバムである。もちろん,リーダーの弾くピアノが美しいのだが,美感を増幅させるようなBen Monderのギター,そしてMonderらしいアルペジオが効いていて何とも素晴らしいアルバムに仕立てている。これはまさにECM好きがはまること必定のような音楽と言ってよい。一聴して私が思い出したのが往年のRainer Brüninghausと言ったらおわかり頂けるだろうか。あくまでも何となくだが...(苦笑)。

ここでのピアノ・タッチから生み出される美感こそ,このアルバムの魅力であるが,控えめなドラムスも美的感覚を盛り立てるに十分である。アルペジオ的なフレージングが本当にいいよねぇと思わせ,Ben Monderは音響系のバッキングも織り交ぜながら,ここでの音楽の魅力を増幅させる。いやぁ,全然知らない人のアルバムだったが,Ben Monderの名前に惹かれて購入したのは正解であった。こういうのって好きなのである。星★★★★☆。生でこういう音を浴びてみたい。

Recorded in July 2017

Personnel: Kristijan Randalu(p),Ben Monder(g), Markku Ounaskari(ds)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2017年おすすめ作