2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「クラシック」の記事

2017年2月13日 (月)

ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作

"Point and Line" 児玉桃(ECM New Series)

_20170212_3_2日本のピアニスト,児玉桃がECMからアルバム"La Vallée Des Cloches"をリリースした時には,その年のベスト盤の1枚に選出するほど,優れたアルバムだと思った(記事はこちら)。そのレパートリーが非常に私の好みだと思ったが,ピアノの響きに身を委ねたいと思ったことは今でも記憶に新しい。

その児玉桃がECMから第2作となるアルバムをリリースすると知った以上,これは買わないわけにはいかないし,聞かないわけにもいかない(きっぱり)。ということで,デリバリーされたものを早速聞いたのだが,これが非常にユニークな作りではあるが,前作同様に優れたピアノ作品になっていて,嬉しくなってしまった。

今回の作品の特徴はドビュッシーと日本の現代音楽作曲家,細川俊夫の"Etude"が交互に出てくるというのが,まずユニークなところである。まぁ,これがバッハと細川俊夫が交互に出てくれば,私も頭を抱えたかもしれないが,近代作曲家と言ってよいドビュッシーと,細川俊夫ならば,それほど違和感はない。むしろ,ここで想定されているのは,二人の作曲家の作品を並列させながら,それを一つの組曲のように成立させようという試みのように思える。

ライナーに児玉桃も書いているように,ドビュッシーの「エチュード」はその番号にかかわらず,単体でも,組み合わせで弾いてもいいという自由度の高いものであり,このアルバムでもそうした考え方に基づいて配置されている。それらに挟み込まれるのが細川俊夫の「エチュード」ということになる。作曲されたタイミングにはほぼ100年近い違いがある二人の作曲家の作品を相互に連動させて,一枚のアルバムを構成させるというのが本作の狙いとすることは,児玉桃とECMの総帥,Manfred Eicherの合意のもとに行われており,それがいかにもECMらしいと思わせるところであり,そして見事な成果になっていると思う。

私が現代音楽のピアノ作品が好きだということもあるが,今回のこの作品もドビュッシーのエチュードという,ドビュッシー最晩年の作品と,児玉桃自身が初演者となっている曲を含む,細川俊夫作品の意表を突いた組み合わせによって生み出される美しい響きに改めて身を委ねたくなった私である。これはもはや私のツボにはまった音楽である。星★★★★★。

Recorded in January 2016

Personnel:児玉桃(p)

2017年1月22日 (日)

Polliniの新譜を買ったのはいつ以来か?

"Chopin: Late Works" Marizio Pollini (Deutsche Grammophon)

_20170121久しぶりのクラシック・ネタである。私がMaurizio Polliniの新譜を最後に買ったのは「平均律」のはずなので,Polliniの新譜を買うのは7~8年ぶりってことになる。その間にもPolliniは新譜を出していて,ショパンに関しても「24の前奏曲集」があったし,そのほかにもいろいろ出ていたはずだが,昔の私なら,間違いなく買っていたであろうそうしたディスクを購入しなくなってしまった。まぁ,Polliniも巨匠なので,もちろん私を失望させるような演奏はしないだろうが,今やPolliniも75歳となり,昔感じれられたような一種のシャープさとは異なる感覚になってくるのは当然のことと思う。そもそもクラシックに限らず,CDの購入枚数が激減している状況であるし,このアルバムとてApple Musicで聞けてしまうのだから,何もCDで買う必要はなかったが,ついついポチってしまった(苦笑)。

そして,ようやくデリバリーされたCDを聞いてみると,非常に残響の効いた録音のように聞こえる。ミュンヘンのヘラクレスザールにおける録音で,スタジオ録音というよりも,コンサート・ホールで聞いているような気分になってしまう。長年,Polliniはヘラクレスザールでの録音を行っているから,録音環境ではなく,成熟度が増したと考えるのがいいのだろうが,いずれにしても非常に美しい演奏であることは間違いない。とにかく,ここには聞いていて,何じゃこれは思わせる要素は何もない。もちろん,それはいいことなわけだが,極めて真っ当な解釈及び演奏は,今までの名ピアニストの演奏でも聞いていてもいいのではないかと思えるのも事実であり,敢えて今,Polliniの演奏でこれらを聞かなくても,Samson Françoisで聞いていてもいいような気がしてしまうのが,私の方の変化ってことなのかもしれない。

逆にこれを聞いて,改めてSamson Françoisのショパン・レコーディングを聞き直したくなったってのが私の天邪鬼なところである。Polliniの演奏は本当に王道というか,こう弾きましょうって感じの演奏とも言えそうな演奏である。星★★★★。

Recorded in 2015 & 2016

Personnel: Marizio Pollini(p)

2016年11月22日 (火)

音楽シーズン到来!って感じで,続々とセット物が届く(うれしい悲鳴)。

A_multitude_of_angels秋が深まると,音楽シーズンだよねぇって思ってしまう。続々と届く新譜は,セット物が多く,全部聞き通すのにはそれなりの時間と体力が必要である。だが,これだけ期待させてくれるものであれば,大歓迎である。

手許に届いていて,まだ全部聞けていないものとして,Keith Jarrettの"A Multitude of Angels"(4枚組),Otis Reddingの"Live at the Whisky a Go Go: The Complete Recordings"(3枚組),そしてKyung Wha Chungによるバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」(2枚組)ってな具合である。この後にはAndras Schiffのベートーヴェンのピアノ・ソナタ集成ボックス(11枚組)ってのも控えている。Schiffのボックスはこれまで単体で出ていたものをボックス化するものだが,これまでは値段がネックになって買っていなかったもの。ようやくボックス化,廉価化で,聞けるようになるのは大変ありがたいし,デリバリーが待ち遠しい。

デリバリー済みのものについては,全部聞いてから改めて記事にしようと思うが,Keithの4枚組は病に倒れる前の4か所でのソロ・ライブで,現在のスタイルとは異なり,長大なソロ演奏を2曲(+アンコール)演奏するという当時としてはお馴染みのスタイルであるが,まだ半分しか聞いていないが,これが凄い。ECMの総帥,Manfred EicherがこのボックスにECM2500/03というきり番をつけたことには間違いなく意味があると思える作品である。そして,Otis ReddingもKyung Wha Chungも強烈な出来である。年の瀬が近づき,今年のベスト盤を考えなければならない時期に来て,これらの作品は,私に大きなインパクトを与えていると言わざるを得ない。

やっぱり秋は音楽シーズンなのである。全部聞くのが楽しみである。たまりませんなぁ(笑)。

2016年2月25日 (木)

RCAからリリースされたManfred Eicherプロデュース,Keith Jarrett伴奏によるヘンデルのリコーダー・ソナタ

"Handel: Recorder Sonatas" Michala Petri & Keith Jarrett(RCA)

Michala_petri随分前のことになるが,このブログでKeith Jarrettが弾くヘンデルの鍵盤組曲をほめたことがある(記事はこちら)。そこに聞かれるのは軽快な感じのヘンデルであって,こういうのってなかなかいいよねぇと思っているのだが,そのアルバムを聞く契機になったのが実は本日ご紹介のアルバムであることはそっちの記事にも書いた。

そもそも私はヘンデルの音楽がかなり好きなクチなので,大概はOKみたいになってしまうのだが,ここでの演奏の心地よさは抜群である。Keith Jarrettのハープシコードが出しゃばらないで,楚々とした伴奏に徹しているのも心地よい。そして,ここでも感じられる軽快さは,デンマーク出身のMichala Petriがモダン・リコーダーを吹いているからという気がしないでもない。いずれにしても,クラシック音楽のファンでなくても,この心地よさは理解してもらえるはずである。

このアルバムを私が改めて(かつ唐突に)取り上げるのは,(前々からわかっていたことなのだが,)RCAレーベルへの吹き込みであるにも関わらず,ECMの総帥,Manfred Eicherがプロデュースしているからである。EicherがECM以外でどれぐらいプロデュース経験があるのかはわからないのだが,今ならECM New Seriesで出しているはずのこうしたレコーディングが,RCAから出たのは非常に不思議な感じがする。そもそも,このアルバムがリリースされた時にもNew Seriesはあったはずである。もちろん,Michala Petriが当時RCA専属だった(であろう)からという理由もあるかもしれないが,それでも敢えてEicherがプロデュースしたということは,Eicherが彼女を相当高く評価していたからだと考えるべきではないかと思えてくるのだ。そして,録音されたのはKeith Jarrettの個人スタジオであることを考えれば,Keith経由で彼女を知ったEicherがプロデュースも買って出たってところか。

いずれにしても,現在であれば,間違いなくECM New Seriesから出ても何の不思議もない演奏である。そして,すこぶる出来がよく,ここでのKeith Jarrettの伴奏のうまさは特筆ものである。彼とヘンデルは相性がいいのかもなぁと改めて思った一枚である。私のヘンデル好きともマッチしてこれはかなり好きだなぁってことで,星★★★★☆。

Recorded on June 1-3, 1990

Personnel: Michala Petri(recorder), Keith Jarrett(harpsichord)

2016年1月24日 (日)

忙しい時にはこういう音楽も必要ってことで,「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」

Anna_magdalena_bach"J.S. Bach: Clavierbüchlein für Anna Magdalena Bach" Nicholas McGegan, Lorraine Hunt, David Bowles(Harmonia Mundi France)

最近,仕事やら付き合いで音楽をじっくり聞いている余裕がないのだが,そうした時には古楽が聞きたくなる私である。今日聞いていたのが,フランスHarmonia Mundiから出たこの小曲集である。どうしてこのアルバムを買ったのかは全く記憶にないのだが,91年リリースだから,おそらく在米中に買ったものと思われる。それから四半世紀を経過しているが,当時も何らかの理由でこういう音を身体が求めていたのかもしれない。

Nichols McGeganは英国の指揮者,チェンバロ奏者であるが,古楽(今や古楽だけではないが)の世界には英国にはJohn Eliot Gardinerという大物がいるから,Gardinerに隠れてしまうと,その影は決して濃いものとは言えない人のように思える。だが,こういう小曲集の場合,そんなことはどうでもよいし,Gardinerとは違って,正調古楽に徹している姿勢もいいのではないかと思う。

いずれにしても,妙に忙しい最近の生活に,74分間の潤いを与えてくれる音楽であった。やっぱり古楽はいいねぇ。一方で,こういう音楽が元々George Lucasが作ったSkywalker Soundで録音されているってのは無茶苦茶面白いよねぇ。

Recorded in September and November 1990

Personell: Nicholas McGegan(harpsichord, clavichord), Lorraine Hunt(vo), David Bowles(cello)

2016年1月18日 (月)

気まぐれで聞いたスカルラッティ

Leonhardt_scarlatti"Domenico Scarlatti: Harpsichord Sonatas" Gustav Leonhardt (Seon)

年が明けてからも海外出張やら国内出張やらで,ほとんどオフィスにいないような状態なのだが,さすがに週末は家で過ごさないといろいろ厄介な問題も発生しかねない(苦笑)ということで,家で聞いていたのがスカルラッティのチェンバロのためのソナタである。スカルラッティのソナタはピアノで弾かれることも多いが,これはSeonボックスの1枚であるLeonhardt盤である。

なんでこれを聞いていたかというと,完全なきまぐれなのだが,Seonのボックスも買ったまま,聞いたものはまだ10/85ぐらいなので,ちゃんと聞かねばってことで選んだのが本作だったのである。やはり古楽は落ち着いて聞けるが,私はスカルラッティは短調より長調の曲の方が好きかなぁなんて漠然と思っていた。今日はチェンバロの響きを楽しんでいた私だが,突然のように猛烈にスカルラッティの「スターバト・マーテル」が聞きたくなってしまった私。これぞ更なる気まぐれってやつである。

こうした気まぐれが起こるのは,CDを買ってないからだという話もあるが,まぁそれはそれでってことで。

Recorded in September 1978

Personnel: Gustav Leonhardt(cembalo)

2016年1月 8日 (金)

Pierre Boulezまでも...。

Image_2

先日,Paul Bleyの訃報に接したばかりの私だが,今度はPierre Boulezの訃報である。現代音楽の作曲家としてだけでなく,指揮者としても一流であったBoulezも90歳ということだったので,天寿を全うしたとも言えるが,Paul Bleyに続き,音楽界は偉大なスタイリストを失ったことになる。

私が指揮者としてのBoulezの仕事に接したのはNYPO LSOとやった「幻想交響曲」であったか。その演奏における「断頭台への行進」のテンポに驚かされた時のことは,いまでも忘れられない。その時の記憶を蘇らせるべく,「幻想交響曲」を聞いて追悼することとしたい。R.I.P.

2015年3月 2日 (月)

疲れを癒すには丁度よいリュートの調べ

Michael_schffer_2 "French Baroque Lute Suites" Michael Schäffer (Seon)

出張やら何やらで疲労が蓄積している私にとっては,刺激の強い音楽が向かない ことは当然である。こういう時に私が聞きたくなるのはバロック音楽である。昨年購入した85枚組Seonボックスを聞き通すにはまだまだ時間が掛かるが,その中で今回チョイスしたのがこのアルバム。フランスのリュート音楽ってのがそもそも渋いが,出てくる音もまさに心を落ち着かせるに十分な音楽と響きである。たまにはこういうのもないとねってことで,今日はご紹介。いいねぇ。Seon,やっぱり素晴らしいレーベルである。

Recorded in November, 1977

Personnel: Michael Schäffer(Baroque Lute)

2014年12月29日 (月)

2014年の回顧(その3):音楽編(ジャズ以外)

いよいよ年の瀬も押し迫ってきたので,今日は今年のジャズ以外の音楽に関する回顧である。

正直言って,以前よりも,アルバムの購入枚数は減ったという実感が強い私である。これはリアルのショップに出没する頻度が低下したため,新譜や中古盤との接点が減少したからだと言ってもよいと思うが,それでもブログのお知り合いの皆さんの記事や,ネット情報を参考としながら,購入を進めてきた。そうした中で,ジャズ以外の音楽で,私の印象に残ったものを挙げておきたい。実を言えば,ジャズ以外のカテゴリーにおいて,今年聞いたアルバムでは決定的なアルバムというのが簡単に思い浮かばないというのが実態なのだが,そうは言っても記憶に残る作品もそれなりにあったと思う。

Hendra まずはロックであるが,今年何と言っても嬉しかったのはBen Wattが31年振りにリリースした"Hendra"である。この人の持つ瑞々しさは何年経っても健在であった。しかもライブでもサマソニ,そして単独公演と1年に2回も来日していることにも驚かされた。残念ながら,そのライブに行きそこなったのは私には痛恨事であったが,まぁ,それはそれで仕方がない。このアルバムを改めて聞き直しているが,やっぱりこれはいい作品である。

Deacon_blue001 瑞々しさっていう点ではDeacon Blueの"A New House"も同様に優れた作品であった。前作"The Hipsters"からの好調が持続されていて,これも本当によかった。どうも流通がよくないのか,あるいはそもそも日本で人気がないのかよくわからんが,このアルバムがほとんど話題にものぼらないってのはどういうことなのか?この音楽のよさをより多くの人に知って頂くためにも,改めてご紹介しておきたい。尚,写真は私がPledge Musicで取り寄せたサイン入りのアルバムのもので,通常盤にはこういうサインは入っていませんので,念のため。

Billy_childs 次に,これはどのカテゴリーに入れるか悩んだのだが,基本はジャズ的でありながら,Laura Nyroに捧げた大音楽絵巻として,Billy Childsの"Map to the Treasure: Reimagining Laura Nyro"をポップ部門で挙げることにしよう。私はこのアルバムに関する記事において『トリビュート作にありがちなとっ散らかった印象がなく,作品として一本筋が通っていることである。優れたオムニバス映画を見るかのような趣と言うか,多数の登場人物により物語を精妙に作り上げた「トラフィック」や「ナッシュビル」のような映画に通じると言えるかもしれない。そこに通奏低音のように流れているのが,私はBilly ChildsのLaura Nyroの音楽を愛する心だとさえ思ってしまった。』と書いたが,その印象は時間が若干経過した今でも全く変わらない。まさに愛に溢れた作品。

Leon_ware ソウルはLeon WareとD'Angeloが2強ということになるが,全体的な評価としてはD'Angeloが上ということになるだろうが,私の好みからすれば,Leon Wareを取りたい。これは完全に好みの問題であるが,74歳にしてこのスウィートさ加減ってのはまさに驚異的である。心地よいグルーブとはまさにこれのことである。12月になって,Leon WareとD'Angeloの2人のアルバムが出たことは,まさに音楽的なお歳暮であったと言いたい。

Antonio_loureiro ブラジル音楽については,大した数を聞いているわけではないが,聞いた瞬間には今年もMaria Ritaで決まりだと思っていた。しかし,そこに突如として割って入ってきたのが,Antonio Loureiroの"In Tokyo"である。日本人ミュージシャンとのセッション・アルバムという性格にもかかわらず,ここまで出来のよさを確保できるのは,Antonio Loureiroの音楽の質そのものが高いからだと思わざるをえない。私のMaria Ritaへの信頼はゆるがないが,今年はAntonio Loureiroを取ることにしよう。こういう作品が日本で作られたことは実に誇らしい。

Photo 最後にクラシックであるが,今年も大して枚数は買っていないが,AbbadoのRCA/Sonyボックス,同じくAbbadoの韓国で集成されたグラモフォンでのマーラー・ボックス,超弩級85枚組のSeonボックス,更にはLazar Bermanのドイツ・グラモフォンへの録音の集成ボックスなど,箱モノで精一杯みたいな感じであった。しかし,枚数が枚数なだけに,まだ全然聞けていないというのが実態なのだ(爆)。そうした中で,Myung-Whun Chungのピアノ小品集は疲れた身体を癒すには最適な音楽であった。だが,音楽的な感覚では児玉桃の"La Vallee Des Cloches"の印象が最も強い。もちろん,年末に出たFrançois-Xavier Roth / Les Sièclesによる「春の祭典」も忘れ難い作品であるが,そっちはレコードアカデミー大賞受賞で一気に世間の注目を浴びること必定なので,ここでは児玉桃を私のベストとしておこう。尚,蛇足ながら,Abbadoのマーラーは,再録よりも70~80年代に吹き込んだものははるかに素晴らしいものであったと言っておきたい。

それにしても,私も相変わらず何でもありだなぁと思いつつ,いい音楽は生活に潤いを与えるものとして,このスタンスは来年以降も変わらないだろうなぁ。

2014年12月11日 (木)

話題沸騰なんだろうなぁ:オリジナル楽器による「春の祭典」

Franois_xavier_roth_les_sicles 「ストラヴィンスキー:春の祭典/ペトルーシュカ」 François-Xavier Roth / Les Siècles(Actes Sud)

この秋口に出たばかりのアルバムであるが,今年度のレコード・アカデミー大賞を受賞してしまった話題沸騰盤である。なんせ,「春の祭典」の初版を,それが初演された当時の(フランス製の)楽器で演奏してしまうという念の入りようであり,確かにほかの「春の祭典」と聞き比べてみると響きが違うことがわかる。

何がどう,どこがどうって言えないのが私のいい加減なところだが,私がこの曲をよく聞く,Colin Davis盤やSimon Rattle盤と比べて,曲のヘヴィーさは一緒でも,演奏の軽やかさが全然違うように思えるのだ(言っていることがやや矛盾しているようにも感じる...)。おそらくは今まで聞いたことがない感覚が,多くのクラシック・リスナーには衝撃を与えるのではないかと思うのだが,そうでなければ,「レコ芸」12月号に掲載されたCDが翌月号発表のレコード・アカデミー賞で大賞を取るなんてなかなか考えられないように思ってしまう。もちろん,出たばかりで,批評家たちの記憶がビビッドだってこともあったかもしれないとしても,これはやはり今までの「春の祭典」と概念が違っていたように思える。

逆に言えば,この演奏を認める人と,認めない人は明確に分かれるのではないか。認めないとすれば,ガチガチにコンベンショナルなクラシックのリスナーのような気がする私である。例えは変かもしれないが,ジャズ界で言えば,Ornette Colemanに対する最初の反応に近いようなものを生むのではないかとも思える。であるから,このアルバムの評価が固まるのは,これからってことになるかもしれないが,それにしても,この聞いたことない感覚って,私には新鮮かつ面白く響いたと言っておこう。これはいい演奏が,いい音で録られて,よい評価を受けるという珍しい事例かもしれない。ということで,クラシックに抵抗のない方は,まぁ騙されたと思って聞いてみて下さいな。この演奏に感じられる軽やかなダイナミズムを評価して,星★★★★★にしてしまおう。

それにしても,ライナーには事細かに,演奏に使われた楽器情報まで書いてあるから,ここでの演奏は,わかった上での確信犯とでも言うべきものでありながら,リスナーとしては,こんな演奏を聞かされたら,大概は評価しちゃうよねぇ(笑)と思わざるをえない傑作と思う。

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)