2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「新譜」の記事

2017年11月22日 (水)

Brian Bladeの新作は静謐な響きが顕著になっている。

"Body and Shadow" Brian Blade and the Fellowship Band (Blue Note)

_20171121前作"Landmarks"がリリースされた時にも高く評価した私である(記事はこちら)であるが,それから約3年半,彼らの新作がリリースされた。ほぼ不動のメンツを貫く彼らであるが,今回はギタリストが交代し,2ギターから1ギターになっているのがまずは変化である。そして,この時代にと言ってはなんだが,収録時間が31分そこそこというのがLP時代への回帰のようなものすら感じさせる。

前作でも渋い演奏を聞かせた彼らだが,アメリカーナな感覚は今回も引き継がれるとともに,ゴスペル・テイストも残存していて,おぉ,やっぱりFellowship Bandだと感じさせる。賑々しい感覚はないのだが,成熟した音楽というのはこういうものだと思わせるに十分である。逆に言えば,ジャズに求められるような熱い感覚とは異なるものであるが,私にとっては,この人たちはもちろんジャズのフォーマットではあっても,実際のところはより広範な音楽性を示す人たちだと思えるので,全く問題を感じない。

だが,これまで以上に静謐ささえ感じさせる展開には戸惑うリスナーがいても仕方ないと思えるほど,サウンドは地味な感じがする。そのあたりが本作の評価の分かれ目になると思うが,Brian BladeとJon Cowherdによる曲は魅力的な響きを持つものであることは疑いない。

そこにCowherdのソロと,バンドの形態で2度差し挟まれるゴスペル・チューン"Have Thine Own Way, Lord"が持つ意味合いを考え過ぎる必要はないのかもしれないが,ある意味LPのA面のエンディングとB面のオープニングを同一曲の異なるバージョンで飾るのは,まるでEaglesの"Hotel California"における"Wasted Time"のような感じもする。

いずれにしても,タイトル・トラックが"Noon","Morning","Night"の3曲のバージョンで収められるのは,コンセプト・アルバムという気もするが,レーベルのプレス・リリースによれば"a succinct nine-track meditation on lightness/darkness that arrives like a balm for the soul, ebbing and flowing with grace, subtlety and no shortness of beauty"ってことらしい。なかなかに哲学的である。

本作は一聴地味に聞こえるが,狙いを持ってこういうサウンドにしているということだろうと思える。Fellowshipの最高作だとは思わないが,味わいと滋味に溢れた充実作である。星★★★★☆。

Personnel: Brian Blade(ds), Jon Cowherd(p, harmonium, mellotron), Chris Thomas(b), Melvin Butler(ts), Myron Walden(as, b-cl), Dave Devine(g)

2017年11月20日 (月)

Joe Henryによる一発録りアルバムがこれまた素晴らしい。

"Thrum" Joe Henry(e.a.r.)

Joehenrythrumこのアルバムがリリースされたことに全然気がつかずにいたのだが,某サイトで情報をゲットして即発注した私である。国内の流通はあまりよくなかったようなので,海外のサイトから飛ばしたが,私が出張中にデリバリーされていたものである。

最近はCD購入のペースが落ちている私でも,無条件に発注するミュージシャンは少なからず存在するが,Joe Henryもそうしたミュージシャンの一人である。前にも書いたことがあるが,彼のプロデュースするアルバムも概ね素晴らしいので,たまに失敗はあるものの無条件発注対象だが,本人のアルバムとなると尚更なのである。

そして,今回,スタジオで一発録り,かつその場でミックスされた演奏は,いつもながらのJoe Henryのアルバムのように響くが,比較的穏やかなサウンドに詩的かつ直接的にではないが,政治的なメッセージを込めているのが特徴的である。それにしてもこの味わい深さは素晴らしく,やはりこの人は信頼に値する人だということを改めて感じさせるに十分なアルバムである。

録音及びミキシングの方式としてしてはかなりチャレンジングなことをやっているにもかかわらず,全然そういう風に感じさせないのは凄いことだと思うが,この音に身を委ねていれば,私は出張で疲れた身体を癒すことができると感じてしまう。そんなアルバムである。先日出たばかりのJoe HenryプロデュースによるLizz Wrightの"Grace"も本年屈指のアルバムの一枚だと思ったが,それと比肩しうる傑作。星★★★★★。素晴らしい。

Recorded on February 21, 22, March 29 and 30, 2017

Personnel: Joe Henry(vo, g), Jay Bellrose(ds, perc), Levon Henry(reeds, whistle), David Piltch(b), John Smith(g, vo), Patrick Warren(p, org, key), Ana Brosius(pedal steel), Joey Ryan(vo) with the Section Quartet: Eric Gorfian(vln), Daphne Chin(vln), Leah Latz(vla), Richard Dodd(cello)

2017年11月 5日 (日)

Jerry Bergonziの新譜だが,彼にはラッパは不要だろう。

"Dog Star" Jerry Bergonzi(Savant)

_20171103_2Jerry BergonziはSavantレーベルからアルバムを結構リリースしているが,私も全部追っかけている訳ではない。だが,今回はCarl Wintherとの共演ということもあり,久々の購入となった。私はJerry Bergonziの近年のアルバムでは,Carl Winthterと共演した2枚は結構高く評価したつもりである(記事はこちらこちら)。そういうこともあり,今回のアルバムにも期待したのは言うまでもない。

だが,このアルバム,BergonziとWintherのコンビネーションには文句はないのだが,どうにもラッパのPhil Grenadierが邪魔である(きっぱり)。思うに,私はこれまでJerry Bergonziのアルバムで購入したのは基本的にワンホーンのアルバムであって,それこそが最もBergonziの魅力が発露されると思っている。だが,今回はWintherとの共演ということで購入したものの,やっぱりこれは違和感がある。ラッパが入ってどうにもゆるさが増しているように感じるのである。一部の曲ではワンホーンでやっているものの,ラッパが入ることによる減速感はいかんともしがたい。やはりJerry Bergonziのアルバムにはもっと高揚感が欲しい。Carl Wintherとの共演は,Bergonziの音楽に新しい力を与えると思っているが,それがラッパが加わることで帳消しにされてしまったと言っては言い過ぎだろうか?

だが,何度か聞いてみても,このアルバムにはこれまでのBergonziのアルバムに感じたような魅力は感じられないのである。ということでちょっとがっかりということで星★★☆。お願いだから次はワンホーンでやってくれと思っている私である。実はこのアルバムを聞いた後にMichael Breckerの”Time Is of the Essence"を聞いたのだが,そっちがはるかに強力に思えるのはワンホーンの力って気がした。まぁ,あっちはメンツもすごいけどね(苦笑)。

Recorded in March 2015

Personnel: Jerry Bergonzi(ts), Phil Grenadier(tp), Carl Winther(p), Johnny Aman(b), Anders Mogensen(ds)

2017年11月 4日 (土)

Blue Note All Starsはかなりカッコいい。でもLionel Louekeはなぁ...。

"Our Point of View" Blue Note All Stars(Blue Note)

_20171103ブルーノート・レーベルに所属するミュージシャンが集まって,吹き込んだアルバムだが,コンテンポラリーな感覚に満ちていて,これはかなり楽しめる。ブルーノート・レーベルもDon Wasが社長に収まって以来,コンベンショナルなジャズ・レーベルに留まらない存在になってきたが,そうした方向性がこのオールスターズの演奏にも表れていると言ってよいだろう。

メンバーのオリジナルに加えて,Wayne Shorterの"Witch Hunt"と"Masquelero"が収められているところに,Wayne Shoterの彼らにとっての位置づけが表れているようだが,後者にはWayne本人とHerbie Hancockが客演して華を添えている。

全体に現代的な響きを持ちながら,非常にカッコいい演奏だと言ってよいが,私にとっては私が苦手とするLionel Louekeの存在が気になってしまうのは仕方がない。ほかの曲では控えめにしていても,Louekeのオリジナル"Freedom Dance"になると,途端に私がどうしても好きになれない彼のアフリカン・フレイヴァーが出てきて,あぁ,やっぱりねぇ...となってしまうのは実にもったいない。

しかし,そのほかについては,Marcus StricklandとAmbrose Akinmusireという実力十分なフロントも,Robert GlasperのRhodesやピアノも非常にいいと思える。Derrick Hodgeがアコースティック・ベースも十分にうまいというのは発見であったし,Kendrick Scottもいつも通りの素晴らしさである。知名度としてはまだビッグネームとはいかないかもしれないが,やはりいいメンツをレーベルに抱えているのは大したものだと言える。まさに精鋭である

だからこそ,私はLouekeの"Freedom Dance"がアルバムの流れを分断しているようで,納得がいかないのである。これさえなければ満点をつけてもよかったが,半星引いて星★★★★☆とせざるをない。各々のメンツを立てる必要はあるかもしれないが,制作という観点では,やりようがあったのではないかと思うし,Louekeも我を抑えるべきではなかったか。ということで,私のLionel Louekeアレルギーも相当なレベルだと思ってしまった(苦笑)。これはもはや相性を通り越して,生理的なレベルだな(爆)。

Personnel: Ambrose Akinmusire(tp), Marcus Strickland(ts), Robert Glasper(p, el-p), Lionel Louke(g, vo), Derrick Hodge(b), Kendrick Scott(ds), Wayne Shorter(ss), Herbie Hancock(p)

2017年10月30日 (月)

High NoteからのWoody Shawの未発表ライブ音源の第2弾なのだが...。

"The Tour Volume Two" Woody Shaw / Louis Hayes(High Note)

_20171029High Noteレーベルからの未発表ライブ音源第2弾である。1曲が77年の録音である以外は,76年春先の音源が集められている。第1集がシュツットガルトでの演奏でまとめられているのに対し,同時期のハンブルク,グラーツ,ブレーメン,ブルクハウゼン,ベルギー,そして77年はミュンヘンという欧州楽旅の模様を収めた音源であるが,メンツは第1集とほぼ同じなので,今回も期待を込めて購入したが,結果はやや微妙である。

Woody Shawについて記事を書く時には,彼が別の時代に生きていたら,もっとジャズ界でも認められる存在となっていたことは間違いないと思う。それだけの熱量をこの音源は持っている。しかし,音源として致命的なのはライブ音源なのにフェードアウトされる曲があるということである。そして,演奏があまりにも荒い。興奮度は高まるかもしれないが,さすがにこれは荒っぽすぎると言わざるをえないのは残念である。第1集も久しく聞いていないが,録音ももう少しよかったような気がするのだが,音も聞けるレベルではあるものの,決してクリアな音とは言えない。

確かにエキサイティングな演奏であると言えばその通りであろう。そして,Woody Shawのフレージングは見事なものだ。だが,私はこのアルバムを聞いていてちょっとさめてしまったというのが正直なところである。それはバンド演奏としての瑕疵が多いように感じるからだが,こうなると,高く評価した第1集ももう一度冷静に聞き直してみる必要があるのではないかとさえ感じる。

おそらくそう感じさせるのは,私はLouis Hayesのバスドラのうるささゆえではないかと思っているが,現場で聞いていれば燃えてしまう演奏でも,こうやって聞いてみると,やり過ぎ感が強いと思わせる典型のように思う。決して嫌いではないが,どうにも違和感があって没入できないこともあり,星★★★ぐらいでがいいところ。

Recorded Live at Various Locations on March 4, 11, 21, 26 & April 5, 1976 and in April 1977

Personnel: Woody Shaw(tp), Junior Cook(ts except on track 4), Rene McLean(ts on track 4 only), Ronnie Matthews(p), Stafford James(b), Louis Hayes(ds)

2017年10月29日 (日)

Tangerine Dreamの新作:亡きEdgar Froeseが遺したもの。

"Quantum Gate" Tangerine Dream(Eastgate)

_20171028私の中ではTangerine Dreamはあまりにも孤高の世界(と言うか,リスナーを突き放す感覚さえある)に行ってしまっている"Zeit"のイメージがある(記事はこちら)のだが,その後のVirginレーベル時代にもう少しわかりやすくなったと思っている。その後のTangerine Dreamの音楽はフォローしていない(私が保有しているのはライブ盤"Encore"だけのはず)が,Tangerine Dreamの音楽的支柱,Edgar Froeseが2015年に亡くなり,Tangerine Dreamの音楽がどうなるのかは興味深いところである。

本作はEdgar Froese在命中の音源を,残されたメンバーで完成させたものと考えられるが,一聴してTangerine Dreamの音楽はこんなに聞き易かったかと思ってしまったのは"Zeit"ゆえであるが(苦笑),それにしてもこれは聞いていて心地よい音楽である。ビートも結構はっきりしているし,私はこれを決してアンビエント・ミュージックだとは思わないが,リスナーとの間に決して壁を立てるような音楽ではなく,リピート・モードでずっとプレイバックされていても,何の問題も感じないであろう。それがアンビエントの基本だって言われればその通りだが。

私が本作を購入したのはPledge Music経由であるが,実はジャケット・デザインと同じTシャツが欲しくて,音源も残された3人のメンバーのサイン入りというCDをゲットしたわけだが,ここに収められた音楽を聞くと,改めてTangerine Dreamが展開していた音楽を聞きたくなってしまった。

私の中ではエレクトロニカのジャンルでは,ポップな感覚のあるKraftwerkと,よりハイブラウなTangerine Dreamという感覚だったのだが,このアルバムを聞いて,Tangerine Dreamはアンビエント度は増しながら,気持ちのよい音を出し続けるバンドだなぁなんて思ってしまった。まぁ,私が不勉強なだけとは言え,いいものを聞かせてもらった。身体を揺らしたくなる感覚に溢れていたと言っては,私の変態がバレバレか。いずれにしても,今は亡きEdgar Froeseの遺志は十分に引き継がれたと思う。甘いの承知で,星★★★★★としてしまおう。

ということで,本作から"Tear Down the Gray Skies"がYouTubeにアップされているので,貼り付けておこう。

Recorded between August 2014 and June 2017

Personnel: Edgar Froese(synth), Thorsten Quaeschning(synth, g), Ulrich Schnauss(synth), 山根星子(vln)

2017年10月23日 (月)

たまったCDを聞かねばってことで,きょうはダニグリの新作。

"Remembrance" Danny Grissett(Savant)

_20171022出張に行っている間にも,いろいろCDがデリバリーされていて,それらをさっさと片付けねばならない。最近はApple Musicのおかげで,新譜についてはほとんど試聴できるようになってから,購入するCDの枚数はかなり減った私だが,無条件に発注してしまうものもある。このダニグリもそんな一枚である。

今回,Criss CrossからSavantレーベルに移籍しての第一作だが,本人にそれによる気負いのようなものは全くないようである。だって,前作"The In Between"とフロントのWalter Smith IIIがDayna Stephensに代わった以外のリズムのメンツも一緒だし,レーベルが変わったからと言って,目新しいことをやらねばならないという意識はダニグリにはないと思える。だが,それは決して悪いことではないし,自分の音楽に対する自信の表れだと言ってもよいだろう。Dayna Stephensにしても,Brad Mehldauたちとバラッド集を出してしまうような人なので,まぁ,ダニグリとやることには違和感ないしねぇ。どちらかと言えばソフトなサックスのトーンもここでの音楽に合っていると思う。

そして,常々私がダニグリに抱いている「ノーブル」というイメージは今回も全然崩れていない。本当に上品な演奏をする人である。この人の音楽においては「コテコテ」なんて言葉は全く無縁である。とにかく端正である。それは冒頭の"Woody'n You"から最後の"Detour Ahead"まで一貫している。ある意味,熱くならないところに不満を覚えるリスナーもいるかもしれないが,私にはこの上品な感じも捨てがたい魅力に映るのである。やはりこの人の音楽は非常に質が高いと今回も思わせるに十分な作品であった。ちょいと甘いかなと思いつつ,星★★★★☆。

Recorded on April 19, 2017

Personnel: Danny Grissett(p, el-p), Dayna Stephens(ts,ss),Vicente Archer(b), Billl Stewart(ds)

2017年10月 9日 (月)

Lizz Wrightの新作がまたまた素晴らしい。

"Grace" Lizz Wright(Concord)

_20171007_2Lizz Wrightが新作を出すと聞いてはついつい期待が高まってしまうほど,私は彼女を評価している。前作"Freedom & Surrender"も高く評価し,その年のジャズ以外でのベストにも選んでいるし,しかも今回はプロデューサーにJoe Henryを迎えるとあっては,更に期待が高まる。そして,こちらの期待値を軽々と越してしまったと言ってしまおう。

前作がソウル・フレイヴァーが強いものだったとすれば,今回はアメリカーナ&ゴスペルである。それをLizz Wrightのディープな声で聴かされてはこれはまいるしかない。今回の作品を聞いて,私にとってはLizz WrightはCassandra Wilsonを越える存在になってしまったと言っても過言ではない。それほど素晴らしいのである。

タイトル・トラックは同じくJoe HenryがプロデュースしたRose Cousinsのアルバムから取られているのが面白い(そのアルバムに関する記事はこちら)が,冒頭の曲もJoe HenryがプロデュースしたBirds of Chicagoというバンドの曲らしい。類は友を呼ぶって感じもするが,2曲目はNina Simoneも歌った曲だし,そのほかにも,Allen Toussant,Ray Charles,Bob Dylan,k.d. Lang等が並んでは,まじで痺れてしまう。そこにフォーク・タッチの「アラバマに星落ちて」が入ったりすると,しみじみとした感覚も与える。そして最後に収められたLizz Wrightの唯一のオリジナル"All the Way Here"が実にいい曲なのである。これは本当に嬉しくなるような傑作である。

2年前に来日した時のCotton Clubでのライブは客入りも芳しくなかったが,日本でのポピュラリティがその程度に留まっているのが何とももったいないと言わざるをえない歌手である。この人の音楽は非常に質も高いし,多くの人に訴求する力を持っていると確信し,喜んで星★★★★★とする。Joe Henryのプロデュース含めて最高である。

Personnel: Lizz Wright(vo), Jay Bellerose(ds, perc), David Piltch(b), Chris Bruce(g), Marvin Sewell(g), Kenny Banks(p, org) with Patrick Warren(key), Marc Ribot(g, vo), Valorie Mack, Cathy Rollins, Artia Lockeff(soprano), Angela Jenifer, Sheree-Monique, K. Heshima Whito(alto), Ted Jenifer, Kevin O'Hara(tenor)

2017年10月 6日 (金)

これまた激しいJohn McLaughlinの新作ライブ。

"Live at Ronnie Scott's" John McLaughlin & the 4th Dimension(Abstract Logix)

Jm_at_ronnie_scotts私はなんだかんだと言って,John McLaughlinのアルバムを相当数保有していて,持っていないリーダー作の方が少数である。なので新譜が出るとほぼ間違いなく買ってしまうのだが,これは4th Dimensionによる新作。前作"Black Light"をはさんで,"The Boston Record"もライブ盤だったので,結構な頻度でのライブ盤のリリースと言ってよい。それは彼らがライブ・バンドであることの証でもあると思う。

だが,John McLaughlin,今年で75歳になったとは信じられない音を出している。昨日のBruce Cockburn,72歳で驚いてはいかん。それをはるかに凌駕する恐るべき老人である。一体何を食って生きているのか?(笑)

今回はロンドンのRonnie Scott'sにおけるライブであるが,注目はMahavishnu Orchestraナンバーの再演であろう。全9曲中4曲がMahavishnuの曲である。そのほかはほぼ"Black Light"からのレパートリーであるが,ここで聞かれる演奏の激しさから,McLaughlinを知らない人間に彼の年齢を推量せよと言っても多分無理だろう。メンバーにもソロ・スペースは与えているが,やはりこのバンドはMcLaughlinのバンドである。とにかくギター弾きまくり。11月以降の米国ツアーがJohn McLaughlinにとっては最後のアメリカでのパフォーマンスだという説があるが,引退を考えるような演奏では決してない。

相変わらずRanjit Barotのドラムスと口タブラみたいなの(Konokolというのがこれだそうだ)は好きになれないが,うるさいながら,これまでのアルバムよりは真っ当に聞こえるのは救いである。そうした点もあり,彼らのアルバムの中でも高く評価したいアルバムである。星★★★★☆。

ワンパターンと言われれば,その通り。しかし,それが何か問題でも?と言いたくなる激烈作。燃えますわ。

Recorded Live at Ronni Scott's, London, in March 2017

Personnel: John McLaughlin(g), Gary Husband(key, ds), Etienne M'Bappe(b), Ranjit Barot(ds, Konokol)

2017年10月 5日 (木)

Bruce Cockburn,72歳。音楽やるのに年齢は関係ないねぇ。

"Bone on Bone" Bruce Cockburn(True North)

Bone_on_bone私は昔から渋いシンガー・ソングライターのアルバムを偏愛していると言ってもよいが,今回取り上げるBruce Cockburnもその系統に入る人である。数は少ないが,このブログでも彼のアルバムを取り上げたことがある。

Bruce Cockburnはカナダのシンガー・ソングライターである。カナダと言えば,Neil Young,Joni MitchellやThe Bandの面々が思い浮かぶが,彼らは別格として,そのほかにもGordon Lightfootとか,Murray McLauchlanとかもいる。結構私の趣味に合致するシンガー・ソングライターが多いのである。

その中で,Bruce Cockburnはそのギターの腕,更にはその渋い声で,私に訴求してくる人なのだが,前作"Small Source of Comfort"は購入していないから,大したファンとは言えないかもしれない。しかし,今回はCockburnの自叙伝”Rumours of Glory: A Memoir"のコンパニオン・ディスク・ボックス(8CD+DVD)との併せ買いという大人買いをしてしまった。このボックス,シリアル・ナンバー付き3,000セット限定,Cockburnのサイン入りというもので,どれぐらいの人がこのボックスに関心を示すかはわからないとしても,せっかくなので購入と相成った(ちなみに私のは190/3,000)。物好きと言われれば,反論の余地はないし,大体いつ聞くの?って感じであるが,まぁ老後の楽しみってことで(爆)。

それでもって,今回のアルバムであるが,相変わらずのギターの腕前に加え,佳曲が揃い,そしていつものように渋い出来である。今の時代にこういう音楽が,特に若い聴衆にアピールするとは思えないが,それでも私のような好き者にとっては,やはりこういう音楽が落ち着くし,ついついいいねぇと独り言ちてしまうのである。

確かに音楽としては渋いが,それでもこれが72歳の老人から生み出された音楽と考えれば,まだまだ若々しいと言えるのではないか。年齢不詳のミュージシャンは多いが,クリエイティビティを失わなければ,若さは保たれるということか。いずれにしても,まだまだ現役で頑張って欲しい人である。星★★★★☆。

Personnel: Brice Cockburn(vo, g, hca, perc, bones), John Dymond(b), Roberto Occhipinti(b), Gary Craig(ds, perc), Colin Linden(g, mandolin, vo) John Whynot(org), John Aaron Cockburn(accor), Ron Miles(cor), Brandon Robert Young(vo), Ruby Amanfu(vo), Mary Gautier(vo), The San Francisco Lighthouse Chorus(vo)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)