2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「新譜」の記事

2017年4月30日 (日)

またも出た。Dayna Stephensの豪華メンツによるバラッド・アルバム。

"Gratitude" Dayna Stephens(Contageous Music)

_20170426Dayna StephensがBrad Mehldauらのメンツを集めて,バラッド・アルバムをリリースしたのがほぼ3年前ということになるが,あれはスペシャル・プロジェクトだったんだろうなぁと思っていたら,なんと,同じメンツを集めてのアルバムが新たにリリースされた。詳しいレコーディング・データはないが,プロデューサーも同じ,レコーディング・スタジオも同じ,エンジニアも同じということで,前作の残りテイク集ということになるのかもしれない。そうでなければ,これだけのメンツを集めるというのはなかなか考えにくい。

今回も選曲は凝っていて,Aaron ParksやPat MethnyにBilly Strayhornが同居して,非常にユニークなものになっていると言える。いずれにしても,味わい深い演奏という表現が適切であり,これはなかなかいい。バラッド・アルバムとは言っても,相応のダイナミズムも感じられ,ちょっと聞いた感じでは,前作"Peace"よりもいいように感じられる部分もあると思う。

Pat Metheny作の"We Had a Sister"ではDayna StephensがEWIを吹いており,いいアクセントになっているのも評価したい。ということで,これはメンツ買いはもちろん,メンツ買いでなくても満足できるアルバム。星★★★★☆。

Personnel: Dayna Stephens(ts, bs, EWI, synth, b), Julian Lage(g), Brad Mehldau(p, tack-p), Larry Grenadier(b), Eric Harland(ds)

2017年4月26日 (水)

John Mayerの約4年ぶりの新譜。不思議なリリース形態である。

"The Search for Everything" John Mayer(Columbia)

_20170423_2_2John Mayerの"Paradise Valley"に続く新作である。前作が2013年のリリースであるから,約4年ぶりということになるが,その間に来日したり,ほかのミュージシャンのアルバムに客演したりしているから,久しぶりという感覚はあまりしなかった。 

その感覚のもう一つの要因は,本作に収められている12曲のうち,8曲は既に"The Search for Everyting:Wave One/Wave Two"として,ネット上でEP扱いながらリリースされていたからにほかならないが,昔に比べると,John Mayerは渋い路線になったなぁと思わせることは本作でも同じである。

いずれにしても,12曲中8曲を先にリリースして,フル・アルバムをリリースという形態は非常にユニークなものではあるが,予告編としてのEPとして,期待を盛り上げるやり方ってのはあるだろうなぁと思わせた。しかし,2/3もさらしてしまっては,フル・アルバムの売れ行きが心配になるのは余計なお世話か(笑)。

本作の音を感覚的に捉えると,前作のフォーク路線というよりは,"Continuum"のソウル的路線に若干近いように思えるが,いずれにしても,バリバリとギターを弾きまくるという感じではなく,レイドバックした感覚が勝っている。私としてはよりロック的なアプローチのJohn Mayerを聞きたい気もするが,アラフォーにしてはどんどん枯れた味わいを増しているのはどうしてなんだろうかと思ってしまう。しかも基本のメンツはPino PaladinoとSteve Jordanとのトリオなのである。

まぁ,それでもやはりこの人の歌やギターには相応の魅力はあるわけで,今回もそれなりに楽しんだ私である。星★★★★。しかし,このジャケはなぁ...。

Personnel: John Mayer(vo, g), Pino Paladino(b), Steve Jordan(ds, perc), Larry Goldings(key, org), James Fauntieroy(key), Greg Leitz(pedal steel, dobro), Mike Elizondo(b), Jim Keltner(ds), Aaron Sterling(perc), Davide Rossi(strings), Gary Grant(tp), Chuck Findley(tp), Andy Martin(tb), Daniel Higgins(sax), Al Jardine(vo), Matt Jardine(vo), Tiffany Palmer(vo)

2017年4月25日 (火)

知らぬ間にリリースされていたJeff Lorber Fusionの新作を聞く。

"Prototype" Jeff Lorber Fusion(Shanachie)

Jlf_prototype昨年,久々に来日ライブを行い,ファンに随喜の涙を流させた(笑)Jeff Lorber Fusionであるが,昨年のライブにも同行していたAndy Snitzerを新メンバーに加えた新作をリリースしたので,早速の購入である。私はたまたまFacebookページで本作のリリースを知ったのだが,どうせならもっと告知をすればいいのになんて思ってしまった。まぁ,知らないのは私だけか。

Jeff Lorber Fusionは2010年の"Now Is the Time"で復活以降,順調なペースで新作をリリースし続けているが,彼らの演奏には突出したところはなくても,絶対的安定感があるところは,本作でも全く変わらない。

私はCDがデリバリーする前,Apple Musicで本作を聞いていたのだが,ややスムーズ色が強いかなとも感じたのだが,改めてアルバムを聞いてみると,そういう曲もあるが,ちゃんとタイトなフュージョンもやっていて,やはりバランスが取れている。新メンバーとしてのAndy Snitzerはライブの時から違和感なくやっていたので,今回も問題はないが,アルトを吹くとちょっとSanbornっぽくなっちゃうなぁというのは,まぁ昔からだから仕方ない。

今回の新作を聞いて,改めて思ったのが,Jeff Lorberのキーボード・プレイのカッコよさである。エレピで聞かせるソロのフレージングは,いつものパターンと言ってしまえばそれまでだが,これこそフュージョン,もしくはフュージョンにおけるキーボード・ソロかくあるべしと思わせるに十分なものであり,私が彼らの音楽に惹かれる大きな理由の一つはこれだなと改めて思う。

本作もいつも通り,ゲストは迎えているが,ほぼ固定的なメンツでやっているので,ライブにおいても,これに準じた編成が組まれると思うが,昨年のライブが楽しかったので,また新作を引っ下げて,来日して欲しいと思うのは私だけではあるまい。特に来日に同行したGary Novakは本作では全面参加である。ってことはほぼレギュラーだな。ということで,今回も抜群の安定感に対し,星★★★★。ちょいとしたおまけでジャケの内側に使われている写真もアップしておこう。

Personnel: Jeff Lorber(p, el-p, key, g), Jimmy Haslip(b), Andy Snitzer(ts, as, ss), Gary Novak(ds), Michael Thompson(g), Larry Koonse(g), Paul Jackson, Jr.(g), Chuck Loeb(g), Jarius Mozee(g), Dave Mann(horn)

Jlf

2017年4月24日 (月)

ECMからリリースされたDominic Millerのアルバム。

"Silent Light" Dominic Miller (ECM)

_20170423このアルバムのリリースが告知された時,「へぇ~,Dominic MillerがECMなんだ」と思ったのが正直なところである。私の中では,Dominic Millerと言えば,長年,Stingのバックを務めてきたイメージが強いが,そんな彼がECMからアルバムをリリースするというのは正直意外であった。だが,ECMは最近はそうでもないが,初期のアルバムにはギタリストのアルバムが多数あったし,Manfred EicherがDominic Millerの演奏に,レーベルとのフィット感を見出だしたということであろう。

そして,このアルバムであるが,難しいところはなく,極めて聞き易く,その一方で美的な感覚もあるアルバムとなっている。こういう音楽は昼間に聞くよりも,夜が更けてから,タイトル通り,"Silent Light"に照らされながら,静かに聞くのがぴったりという感じの曲が並んでいる。曲はStingの"Fields of Gold"を除いて,Dominic Millerのオリジナルであるが,"Baden"なんて曲からして,Baden Powellに因んだものと思わせるボサノバ・タッチを聞かせるところもあり,,これはECMファンならずとも,訴求力の高いアルバムだと思わせる。

このアルバムがECMレーベルにとって,珍しいなぁと思わせるのが,StingとPaul Simonがライナーにコメントを寄せていることだろう。それがDominic Millerのこれまでのキャリアを示していることにもなるが,その一方で面白いのが,Dominic Millerが最初はEgberto Gismontiの"Solo"とPat Metheny Groupの"Off Ramp"の中間を行くような音楽を最初は作りたいと思っていたらしいことである。ライナーによれば,EicherとMillerでいろいろなメンバー構成を考えていたらしいのだが,スケジュールが折り合わないとかの理由により,結局,ソロ+αのような構成に行きついたということだが,静謐な中に,オーバーダビングも含めて,トリオ編成で演奏される"Chaos Theory"を聞くと,現在,トリオ編成で来日している演奏も気になってくるところだが,私はスケジュールが合わず,見に行けないのが残念である。

いずれにしても,しびれるような美学という感じではないが,多くの人に抵抗なく受け入れられることが可能であろうと思わせる佳作。星★★★★。

Recorded in March 2016

Personnel: Dominic Miller(g, el-b), Miles Bould(perc, ds)

2017年4月16日 (日)

武道館ライブを思い出させるTedeschi Trucks Bandの新作ライブ盤。

"Live from the Fox Oakland" Tedeschi Trucks Band(Fantasy)

Ttb_oaklandTedeschi Trucks Bandの新作はまたもライブ盤である。ほぼ年1作のペースでアルバムをリリースしているが,"Everybody's Talkin'"というライブ盤もあったので,バンドとして5作目にして2作目のライブというのは,どこかライブ盤が多いAllman Brothers Bandを彷彿とさせる。

この人たちのライブは,昨年の武道館でもそうだった(記事はこちら)が,非常に楽しめるものであり,ジャム・バンド的な要素もあるから,アルバムもライブ盤を出したくなるのかなぁって気もするが,今回も安心して聞ける。まぁ,いつも通りということではあり,どれを聞いても同じだという感覚は今回も残っているのだが,それでもLeonard Cohenの"Bird on the Wire"とか,George Harrisonの"Within You Without You"なんかもやっていているし,"I Want More"のアウトロには,Santanaの"Soul Sacrifice"なんかを入れているのが面白い。更には,Miles Davisの"Jack Johnson"ボックスに入っていた"Ali"なんてのもやっている。

ここでも,演奏は快調そのもの。1曲当たりの演奏時間が長いのも,ジャム・バンド的彼らの体質を反映したものと言えるだろう。やはり,彼らの演奏を聞いていて,私の耳を捉えて離さないのはDerek Trucksのスライドの技である。ここでも弾きまくっていて,彼のギターを聞いているだけでも満足度が高い。バンドがタイトにまとまっていたのは,武道館同様であるが,ツアーを重ねて更にまとまりが増しているように感じる。

まぁ,正直言うと,Susan姉さんの声にはちょっと飽きてきたかなぁって気がしないでもなくて,強力な男性ヴォーカリストとのバンドを,Derek Trucksには組んで欲しいような気がしないでもないが,仲よきことは美しきことなりってことで,まぁ許す(爆)。ということで,いつも彼らには甘いなぁと思いつつ星★★★★☆としてしまおう。

本作が録音されたFox Theaterってのはキャパ2,800人のホールらしいが,下の写真のように,見るからにいい感じである。彼らにはこれぐらいの箱の方がフィットしていると思うのは私だけではないだろう。映像は未見だが,そのうちよくチェックしてみよう。

Recorded Live at Fox Theater, Oakland on September 9, 2016

Personnel: Susan Tedeschi(vo, g), Derek Trucks(g), Kofi Burbridge(p, key, org, fl), J.J. Johnson(ds, perc), Tyler "Falcon" Greenwell(ds, perc), Tim Lefebvre(b), Mike Mattison(vo), Mark Rivers(vo), Alecia Chakour(vo), Kebbi Williams(sax), Elizabeth Lea(tb), Ephraim Owens(tp), Alam Khan(sarod)

Fox_oakland

2017年4月 4日 (火)

Bill Evansの未発表音源をApple Musicで聞く。

"On a Monday Evening" Bill Evans(Concord)

On_a_monday_morningBill Evansが亡くなってもう37年になるが,世界(そして特に日本)での人気ぶりには全く衰えるところがないのには驚かされる。昨年もResonanceから強烈な未発表音源がリリースされたが,今回はライブである。この調子でいくと,まだまだ未発表音源は出てきそうだが,今回はまずはApple Musicで聞いた。

今回のアルバムの注目ポイントは,ドラムスがEliot Zigmundってことだろう。アルバム"You Must Believe in Spring"を聞いたリスナーであれば,Zigmundというドラマーが結構Bill Evansにはフィットしていたことと感じることが多いと思うが,ライブ音源は少ないだけに,今回も気になるところではある。しかし,私は以前,このトリオによるスイスにおけるライブ音源をきいている(記事はこちら)ので,新しいとか稀少とかと言えば,必ずしもそうではない。昔だったら,リリース即購入となっていただろうが,今やApple Musicで試聴して,欲しければ買えばいいというスタンスになっているのだから,私も変わったものだ。ちなみに,上述のスイスの音源もApple Musicで聞けるのだから,いい時代である(笑)。

それはさておき,ここでも安心,安定のBill Evans節が聞けて,満足度は高い。しかし,"Time Remembered"や"All of You"のEddie Gomezのアルコ・ソロは正直取っていただけない。私はアンチEddie Gomezのような人間なので,ただでさえベースの音が気に入らないところにこのアルコの音では何をかいわんやである。しかし,Evansのピアノを聞いている分には,問題ははない。だからこそ惜しいとも言えるのだが(苦笑)。Eliot Zigmundは助演に徹していながら,"All of You"で聞かせる4小節交換なんか,結構いい線行っていると思わせる。そして,最後を"Some Other Time"で締めるところは泣かせるねぇ。

デジタル音源がこれだけ普及してしまうと,現物を買うか買わないかはBill Evansだけに大いに迷う部分もあるが,これはデジタルで聞いていればいいかなぁって感じである。前述のスイスのライブも久しく聞いていないので,また聞いてみようかと思わせる効果は間違いなくあったが(笑)。ということで,星★★★★には十分相当すると思う。

Recorded Live at University of Winconsin on November 25,1976

Personnel: Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Eliot Zigmund(ds)

2017年4月 2日 (日)

Julia Hülsmann:ECMらしい静謐なピアノ・トリオ

"Sooner And Later" Julia Hülsmann Trio(ECM)

_20170401私はこの人のアルバムは購入しているものの,昨今のECMのリリース・ラッシュに圧倒され,購入後積んどく状態になっているものがある。2011年リリースの"Imprint"なんて,ジャケは印象に残っているのだが,どうしても見つからない。ってことは購入していないのか?(爆)

というような状態で,このブログにもこの人のアルバムは"The End of a Summer"をアップしているだけである(記事はこちら)。ということで,本ブログでは久々のJulia Hülsmannということになるが,いかにもECMらしい静謐系ピアノ・トリオの音には,このレーベルの音楽を愛好するリスナーなら嬉しくなってしまうこと必定である。

やはりこの系統の音楽はECMの代表みたいなところがあって,昨今,ピアノ・トリオのアルバムが続々とリリースされるECMレーベルでは,大体こういう感じが多い。そして大概,私の場合はやられてしまうのである。もはや中毒性の音楽と言ってもよい。美的な音楽であり,基本的には静謐なサウンドであるが,本作においてはビートを効かせた曲もあって,難解なところは何もない。だからこそ,ほかのECMレーベルの作品よりも,一般的なリスナーにも訴求するのではないかと思える。

例えば,"Soon"のような曲では,シンセサイザーかエレピを使うと,更に面白い効果が得られるようにも感じられるが,そこは総帥Manfred Eicherが許さないってところか(笑)。いずれにしても,昨今のECMのピアノ・トリオにははずれは少ないが,本作にも大いに満足させられた私である。Benedikt Jahnelといい,このトリオといい,いいねぇ。ってことで,評価もついつい甘くなり星★★★★☆。

Recorded in September 2016

Personnel: Julia Hülsmann(p), Marc Muelbauer(b), Heinrich Köbberling(ds)

2017年3月22日 (水)

NYCに乗り込んだJulian & Roman Wasserfuhr兄弟

"Landed in Brooklyn" Julian & Roman Wasserfuhr (ACT)

_20170320前々作"Gravity",前作"Running"と非常にいいところを聞かせたJulian & Roman Wasserfuhr兄弟が約3年半ぶりにリリースする新作はNYCに乗り込んでのレコーディングである。

私は彼らの音楽をロマンティシズム溢れると表現しているが,そんな彼らが今回共演者に選んだのがDonny McCaslin,Tim Lefebvre,そしてジャズ界のプーチン(笑)ことNate Woodというどちらかというと,ハイブラウなファンクもこなす面々というのがまず意外であった。一体どういう演奏になるのかというのが,まずこのアルバムの情報を知った時の私の感覚であった。

だが,誰が共演だろうが,彼らの演奏はそんなに変わったって感じはしないが,ロマンティシズムは抑制気味に思えるが,むしろジャズ的な感覚は強くなっているように感じるのは,メンツゆえって感じがしないでもない。だが,ロマンティシズムというより,メロディアスという感覚を横溢させており,私としては1曲目の"Bernie's Tune"からして,おぉ,今回もいいねぇと思わせるに十分なものであった。"Bernie's Tune"と言っても,Gerry Mulliganがやったのとは同名異曲であり,これは兄弟によるオリジナルであるが,なかなかの佳曲である。

アルバム全体を通してもメロディアスな曲が並んでいるが,その中でこの人たちらしいのが,ロックに対するシンパシーを感じさせる選曲があるところである。今回はドイツのロック・バンド,Tokio Hotelの"Durch den Monsun"とStingの"Seven Days"が入っている。後者の途中に出てくるソロは,まるでPat Methenyのギター・シンセのような感じなのが面白いが,マリンバの使用も含めて,そこはかとなくPat Methenyの影響を感じさせるところがあるのはある意味微笑ましいが,そういう世代なんだろうなぁと思う。

どうやったら,こんな音が出るのかと思って,クレジットを眺めるとRoman WasserfuhrがSeaboardを弾いているとある。Seaboardってなんだと思って調べてみると,「革命的であり、タッチセンシティブ・インターフェースとパワー、そしてカスタムビルドのシンセサイザーをシームレスに統合し、MIDIコントローラー上前例のない表現力の可能性を開きます。」,あるいは「フィーリングとレスポンス。センサーが搭載されたSeaboard RISEKeywaveサーフェスによって、タッチでサウンドを形成することができます。シリコン製サーフェスを継続的にプレスして左右に指をスライド、Keywaveまたはリボンに沿って上へスライドすれば、それぞれの動きに合わせてサウンドがモジュレート。全てのシーボード・インターフェース上でアコースティック楽器や電子楽器を表現豊かに奏でることが可能です。」なんて書いてある。わかったようでわからん説明だが,映像があったので貼り付けておこう。これを見ると世の中進化してるねぇ(笑)。

閑話休題。そうした新しいテクノロジーも導入しながら,彼らのよさというのは不変であり,今回も大いに楽しませてもらった。何度聞いてもドイツっぽくないサウンドだが,私は彼らの音楽は大いに支持したいと思う。ということで,今回も星★★★★☆としてしまおう。共演者も,彼ららしいイケイケ感を抑制した好演で応えていると思う。

Recorded on August 13 & 14,2016

Personnel:Julian Wasserfuhr(tp,fl-h),Roman Wasserfuhr(p, marimba, seaboard), Donny McCaslin(ts), Tim Lefebvre(b), Nate Wood(ds)

2017年3月19日 (日)

アイスランドのピアニストが生み出す素晴らしく美しいピアノの響き

"Philip Glass Piano Works" Víkingur Ólafsson (Deutsche Grammophon)

_20170318先日,出掛けるついでにショップのクラシック売り場に行って,現代音楽のコーナーを漁っていたら(笑),ドイツ・グラモフォンからの名前も聞いたことのないピアニストのアルバムが目に入った。しかもPhilip Glassのピアノ曲集である。試聴はできないものかと,試聴機を探していたら,あった,あったということで,冒頭の1曲聞いただけで「買い」を決めたアルバムである。

Philip Glassと言えば,ミニマル・ミュージックと呼ばれることが多いが,ここではミニマル的ではありながら,美しいピアノ作品となっていて,私はMichael Nymanの作品,"The Piano(「ピアノ・レッスン」と言った方が通りがよいかもしれない)"を思い起こしていた。いずれにしても,疲弊した精神や肉体を癒す効果が非常に感じられる作品。

ここでピアノを弾くVíkingur Ólafssonはアイスランド出身の33歳のピアニストであるが,アイスランドという環境がこうした美しさに貢献しているように思えるのは,オスロのレインボー・スタジオで録音されたECMの作品の美しさみたいなものと同質のようにも感じられる。もちろん,Philip Glassが書いた曲がもともと美しいのだってのは事実だが,この清冽な響きはたまらないねぇ。

2曲にストリング・クァルテットが加わるが,これがまた素晴らしいアクセントになっていて,しばらく私はこのアルバムから離れられそうにない。そんな一作である。非常に気持ちいいので,星★★★★★としてしまおう。まじでたまらん。

Recorded on October 24 & 25, 2016

Personnel: Víkingur Ólafsson(p),Siggi String Quartet(on 7&13)

2017年3月 5日 (日)

多国籍トリオ,Benedikt Jahnel TrioのECM第2作:これは私の好みだなぁ。

"The Invariant" Benedikt Jahnel Trio (ECM)

_20170304この人たちの前作"Equilibrium"が非常によかったので,今回の作品も期待できると思っていたが,予想通りの作品に仕上がっている。

ドイツ~スペイン~カナダのミュージシャンからなるこのトリオの音楽は,基本的には欧州的なテイストを持つものであり,美的で静謐で内省的な演奏を基本としながら,ビートも感じさせる瞬間もあり,非常にバランスの取れた演奏だと感じさせる。

そもそも私はこの手のECMにおけるピアノ・トリオの演奏が好物である。Marcin Wasileuski然り,Tord Gustavsen然りである。最近はGiovanni Guidi等も加わって,ECMのピアノは更にラインアップが強化されているが,このBenedikt JahnelのトリオもManfred Eicherのお眼鏡にかなうだけのことはあると思わせる演奏ぶりである。

とにかく,リーダー,Benedikt Jahnelの書く曲の美しさも見事なものであり,この手のサウンド好きには無条件にOKと言わせるに違いない作品である。もちろん,私もこの作品はもろ手を挙げて推薦したい。こういう音楽を聞くタイミングとしてはいつがいいのかなぁなんて思うが,週末の昼下がりに本でも読みながら聞いていたら,読書も心地よく進むこと間違いなしだろう。甘いの承知で星★★★★★としてしまおう。いいですわ~。

Recorded in March, 2016

Personnel: Benedikt Jahnel(p), Antonio Miguel(b), Owen Howard(ds)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)