2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「シャンソン」の記事

2019年5月 3日 (金)

改めてYves Montandのライブ盤を聞き,DVDを観て感動を新たにする。

_20190430-2”Olympia 81" Yves Montand(Philips)

私がこのブログを始めた年にこのアルバムについては書いている。それから12年を経過して,このアルバムについて改めて書くことにしよう。12年前にも書いた(その時の記事はこちら)が,私はラッキーにも82年にYves Montandが来日した時のライブを体験することができた。確か年齢上限がついた若年層向けのライブをYves Montandがやってくれた時のことであったが,これぞ至芸と思ったのを,それから40年近く経った今でも,鮮烈に記憶している。私にとって,人生でも指折りのライブ体験だったことは間違いない事実である。まさに舞台芸術とはこういうものだと思ったが,今でもその時の経験は私にとって貴重なものだったと言いたい。

_20190430CDやLPで音だけ聞いていても楽しめるのだが,Yves Montandの芸を改めて感じるためには映像もあった方がよい。今でもその時の模様は,Yves Montandのワールド・ツアーを記録したDVD等で見ることができるが,フランス製なので,PAL方式での再生ゆえ,基本的にはPCでの鑑賞ってことになる。しかし,PCの画面を通じてでもYves Montandの素晴らしい歌唱,語り,踊りを楽しむことができて,当時の記憶を蘇らせるに十分である。シルエットすら芸術と思わせるこのライブこそ粋の極致である。この当時,Yves Montandは還暦をちょっと過ぎたぐらいだが,まさに脂の乗り切ったタイミングでのツアーには,まさにYves Montandの芸の数々が詰め込まれているのだ。

とにかく,私の人生における感動的な体験の一つを,改めて振り返ると,やはり素晴らしいライブであったと感動を新たにした私である。ここでのYves Montandに対しては星はいくつあっても足りないぐらいである。本当にいい経験をさせてもらった。これこそ人生における宝と言っても過言ではないな。

2007年4月 6日 (金)

私をコンサート会場で泣かせた男:Yves Montand

Yves_montand "Olympia '81" Yves Montand (Philips)

最近は年のせいか(というか元々そうだという話もあるが)随分と涙もろくなってしまい,しょうもない映画でつい涙するというようなことが増えてきたのは否めない。しかし,ライブやらレコードを聞いて,本当に涙した経験はそれほど多くはない。

そんな私を泣かせた数少ないミュージシャンにYves Montandがいる。彼が来日したのはこのアルバムが出た81年だったか,82年だったか記憶は定かではないが,これだけの大物ゆえ,チケットが当時でも無茶苦茶高価であったため,泣く泣く行くのを諦めた記憶がある。しかしさすがYves Montand大人,そうしたチケットを買えない若者のためのコンサートを企画してくれた。このアルバムを聞いて,相当感動していた私にとって,そのチケット(相当安かったはずである。私の記憶では3,000円だったような...)をゲットした大学のサークルの先輩の誘いを断る理由は何もなかった。

そして会場へ駆けつけた私だが,私の人生において最も感動させられたライブの一つとなった。正確には記憶していないが,レパートリーは本アルバムとほぼ同様だったはずである。このアルバムを聞くたびにそのときの感動が蘇ってくるといっては大袈裟かもしれないが,手抜き一切なしの至芸を目の当たりにしたというそのときの模様を追体験するには,今やこのアルバムに頼るしかない。

残念ながらこのアルバムは日本ではずっと廃盤のようなので,私はずっとLPで聞いてきた(今もなお手許に置いているLPを聞くことは極めて限定的であるにもかかわらずだ)が,本国フランスではCDとして再発されているのを知るに及び,慌ててAmazonのフランスのサイトで注文してしまった。これで毎日のようにこの音楽を聞けるようになると思うだけで,また約25年前の感動が押し寄せてきてしまうが,今からこのCDが届くのが待ち遠しい。

奇跡はそんな頻繁に起こるものではないが,あの日の新宿厚生年金会館には間違いなく奇跡が起こったと思うし,このアルバムが録音されたオランピア劇場でも奇跡は起こっていたのだとついオーバー・リアクションしてしまう私である。

私にとって星★★★★★では足りないという音楽はいくつかあるが,このアルバムもその一つである。さぁ皆でフランスAmazonで完全盤をゲットしよう。尚,米国盤も出ているが,24曲収録のハイライト盤である。この盤は36曲完全収録のフランス盤を買うのが正しい姿である。

Amazon検索

2018年おすすめ作