2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「現代音楽」の記事

2019年4月15日 (月)

Vijay IyerとCraig Tabornという才人2人によるフリー・ジャズと現代音楽のハイブリッドって感じの素晴らしい作品。

_20190413-2"The Transitory Poems" Vijay Iyer / Craig Taborn(ECM)

どちらもECMにおいてリーダー・アルバムを持つVijay IyerとCraig Tabornがピアノ・デュオでのライブを行った際の音源である。私なんかの世代でピアノ・デュオと言えば,Herbie HancockとChick Coreaのそれを思い出してしまうが,あっちとは随分と雰囲気が違う。まぁ,HerbieとChickのデュオにおいても,バルトークの「オスティナート」とかをやっていたが,Vijay IyerとCraig Tabornによる演奏は,より現代音楽的なアプローチを感じさせる。主題ではフリー・ジャズと現代音楽のハイブリッドと書いたが,基本的には調性の枠内なので,フリー感はそんなに強いわけではない。しかし,6曲目の"Clear Monolith"と7曲目の"Luminous Brew"はそれぞれフリー・ジャズ界の巨人,Muhal Richard AbramsとCecil Taylorに捧げられているので,やはりフリー的な感覚と言ってもよいかもしれない。

そして2曲目"Sensorium"とラストのメドレーも,2018年に亡くなったJack Whitten(芸術家)とGeri Allenに捧げられており,このライブ全体を彼らへのオマージュとして捉えているとライナーにも書いている。アルバム収録時にはCecil Taylorはまだ存命だったので,オマージュというのは後から生まれてきた感覚だろうが,このアルバムを聞いていると,少なくともこのライブ以前に亡くなった3名に対してはそうした彼らの思いが打ち出されている感覚が強く,決して聞き易い音楽とは言えないこの演奏が,実に心に響いてくる。そして,彼らにとってみれば,よくよく考えてみると,演奏中にCecil Taylorが降りてきたような気が後になってしたのかもしれない。確かに7曲目の冒頭の低音部には私もTaylor的なところを感じた。

Roscoe Mitchellのバンドで共演歴があった彼らにとっても,このライブは特殊な機会,あるいは一期一会的なものだったのかもしれないが,ここで聞かれる集中力は大したもので,私はこの響きに大いに感動したのであった。星★★★★★。やはり才人たちのやることはレベルが違う。

Recorded Live at Frantz Liszt Academy of Music, Budapest on March 12, 2018

Personnel: Vijay Iyer(p),Craig Taborn(p)

2019年1月14日 (月)

久々にMichael Nymanの"The Piano"を聞く。

"The Piano" Michael Nyman(Virgin)

_20190112 昨年暮れのフィギュア・スケートの「グランプリ・ファイナル」を見ていて,女子で優勝した坂本花織が,フリー・スケーティングでこの音楽を使っていて,へぇ~と思っていた私である。

これは映画「ピアノ・レッスン」のサウンドトラックであるが,全編を通じて,Michael Nymanらしい美しいピアノの響きに満ちたアルバムとなっている。Jane Campionが撮った「ピアノ・レッスン」はカンヌでのパルム・ドールに加え,オスカーでも主演,助演女優賞,脚本賞を獲得した作品だが,昔見た時の印象は非常に沈鬱な雰囲気の映画だなぁと思っていた。多分,ストーリー・ラインを振り返ると,今見ても大して印象は変わらないのではないかと思えてしまう。

そんな映画のサウンドトラックだが,映像やストーリーの暗さと連動した曲調もあれば,"The Piano"というタイトルを物語るような,ピアノの美しさが際立つメイン・テーマのような曲もあり,サウンドトラックという枠を越えて聞かれるべき演奏だと思える。

久しぶりに聞いたが,よくできたサウンドトラック・アルバムであった。

余談であるが,本作でオスカーの助演女優賞を取ったAnna Paquinは後に「X-MEN」シリーズに出てくるが,その時は全然認識してなかったなぁ。

2018年12月29日 (土)

2018年の回顧:音楽編(その1:ジャズ以外)

2018_albums_1

今年を回顧する記事の3回目はジャズ以外の音楽にしよう。昨今はよほどのことがないと,新譜を買う場合でも,ストリーミングで試聴して購入するのが常となっているので,以前に比べると,購入枚数は劇的に減っているし,以前なら中古で買ったであろうアルバムも,そんなに回数も聞かないことを考えると,そっちもストリーミングで済ませるようになってしまった。

そんなことなので,先日発売されたミュージック・マガジン誌において,今年のベスト・アルバムに選ばれているような作品もほとんど聞けていないような状態で,何が回顧やねん?と言われればその通りである。そんな中で,今年聞いてよかったなぁと思う作品は次のようなものであった。

<ロック/ポップス>Tracy Thorn:"Record"

<ソウル>Bettye Lavette:"Things Have Changed"

<ブルーズ>Buddy Guy:"Blues Is Live & Well"

<ブラジル>Maria Rita: "Amor E Musica"

そのほかにもNeil YoungやRy Cooder,Ray Lamontagneもよかったが,聞いた時の私への訴求度が高かったのは上記の4枚だろうか。その中でも最も驚かされたのがBuddy Guy。録音時に80歳を越えていたとは思えないエネルギーには心底ぶっ飛んだ。また,Bettye Lavetteはカヴァー・アルバムが非常に素晴らしいのは前からわかっていたのだが,今回のBob Dylan集も痺れる出来であった。しかし,印象の強さという点で,今年の私にとってのナンバー1アルバムはBuddy Guyである。しかし,買いそびれているアルバムもあってMe'Shell Ndegéocelloのカヴァー・アルバムもいいなぁと思いつつ,ついついタイミングを逃してしまった。これを機に買うことにするか,あるいはストリーミングで済ませるか悩ましい。

そして,今年は新譜ばかりではないが,現代音楽のピアノをよく聞いた年であった。特にECMから出たものが中心であったが,心を落ち着かせる効果のある,ある意味私にとってのヒーリング・ミュージックのような役割を果たしていたと言っていこう。

Joni_mitchell_isle_of_wight最後に映像に関して言えば,何はなくともJoni Mitchellのワイト島ライブ。いろいろと議論を呼んだこの時の演奏であるが,凛としたJoniの姿を見られただけで感動してしまった私である。Joni Mitchellと言えば,今年生誕75周年のトリビュート・コンサートが開催されたが,若々しいJoniの姿,声にはやはりファンでよかったと思ってしまう。Joniと言えば,Norman Seeffとのフォト・セッションの写真集を発注済みなのだが,まだ到着していない。そちらは今年中に来るか,越年するかわからないが,そちらも楽しみに待つことにしよう。

2018年10月22日 (月)

Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。

"Das Buch der Klänge" Herbert Henck(ECM New Series)

_20181019_3Hans Otteという作曲家については今まで聞いたこともなかったが,Herbert HenckがECMで弾いているんだから,これも買ってしまうのが「性」である。

一体どんな音楽なのかということで,プレイバックした瞬間から,美しい和音に彩られたミニマルな響きに思わず嬉しくなってしまった私である。この音,私の好物なのだ(笑)。Hans Otteという人は作曲家でありながら,同時代の現代作曲家を招聘したコンサート・シリーズも開催していたようだ。そうした点を考えれば,このミニマルな響き具合はどういうことなのかとも思えるが,ネット上の情報によると,この人のほかの曲は結構小難しい中,この作品だけが例外のようにも受け取れる。

だが,例外だったとしても,この美しい響きに身を委ねれていれば,私は満足してしまうのだが,Hans Otte自身,この音楽について,"Rediscovers the listners as a partner of sound and silence, who in the quest for his world, wishes for once to be totally at one with sound"なんて言っているようだから,これってやっぱりECMのコンセプトに合致するよなぁなんて思ってしまう。一部アブストラクトな響きも出てくるが,それも含めて心地よい。

この曲のタイトルは英語にすれば,"The Book of Sounds"である。「響きの書」とはまさに言い得て妙。ECMらしいサウンドと相まって,私はこのアルバムのプレイバック中,結構な至福感に浸っていたことを告白してしまおう。いや~気持ちよかった。星★★★★★だ。

Recorded in September, 1997

Personnel: Herbert Henck(p)

2018年10月13日 (土)

Michael Nyman, アンビエントだ...。

"Decay Music" Michael Nyman(Obscure)

_20181010同じようなことをしょっちゅう書いているような気もするが,つくづく私もいろいろなCDを持っているものだ。保有していることは認識していても,ほとんど聞かない。そんなCDは実はいくらでもある訳だが,これなんか,クロゼットの奥深くに眠っていた訳ではなく,比較的取り出しやすいところに置いておきながら,ほとんど聞いたこともないのではないかと思えるアルバムなのだ。

もともとこのアルバムはEnoが主宰したObscureレーベルからリリースされたもので,基本的には現代音楽として捉えていいものだろう。かつ,これがMichael Nymanのデビュー・アルバムである。冒頭に収められた"1-100"は100種類の和音を延々弾き続けるというものであり,このゆったりしたテンポは,まさにアンビエントと呼ぶに相応しい。ひたすら奏でられる和音は,どうやってもリスナーに睡魔をもたらす。それが心地よいと思えるか,退屈と感じるかで,この音楽に対する感覚は全く違うものになってしまうだろう。因みに私は当然のことながら前者である(きっぱり)。

2曲目のパーカッションのみで演じられる"Bell Set No. 1"になると,ややアブストラクトな感覚が増すが,それでも音量を落とせば,これも完全にアンビエントの世界である。本CDにはボーナス・トラックとして"1-100"の"Faster Decay"が収録されているが,全然高速感はなく,ここでもアンビエントそのものである。こういう音楽って評価が難しいよなぁと思いつつ,環境と一体化した音楽としては確かにそんな感じである(笑)。

後々,Michael Nymanは映画音楽への取り組みを強化していくが,これが彼のもともとの音楽性の一つってことで,興味深いアルバムである。ただ,これって本当に誰が聞くのかと思いつつ,CDは廃盤らしく,とんでもない値段がついているが,ストリーミングで簡単に聞けるので,何も購入する必要もないかもしれないなぁ。星★★★★。

Personnel: Mychael Nyman(p, perc), Nigel Shipway(perc)

2018年9月30日 (日)

ECM New Seriesから今日はMosolovのピアノ曲集。

"Alexandr Mosolov" Herbert Henck (ECM)

_20180923ここのところ,ボックス・セット聞きが続いていたので,ちょっと気分を変えよう。私はECM New Seriesについては長年手を出さずにいた。Steve Reichは基本的にNew Seriesに入ると思うが,最初はNew Seriesが存在していなかったはすであるから,普通にECMの作品としてリリースされていたと記憶する。昔からReichが結構好きだった私は,ECMのReich作品は買っていたものの,そのほかのNew Seriesについては,Andras Schiffが吹き込むようになるまで,ほとんど購入していなかったと言ってもよい。しかし,いつの頃からか,現代音楽のピアノ曲に関しては,ECM New Seriesからリリースされる音楽が素晴らしいと感じるようになって,今では現代音楽のピアノ曲に関しては,せっせと買うようになっているのだから,人間は変われば変わるものである。

そんなECM New Seriesにおいて,ピアノ曲のアルバムを最も吹き込んでいるのは,多分このHerbert Henckだろうと思う。カタログには8枚載っているが,Jean Barraquéのピアノ・ソナタだけは廃盤状態のようである。だが,私はそれ以外のアルバムは保有していて,直近で入手したHenckのアルバムの一枚がこれである。

不勉強にして,ここでHenckが取り上げたAlexandr Mosolovという作曲家については,初めて聞いたが,調べてみると,旧ソ連時代には反体制の疑いをかけられ,相当シビアな生活を強いられた人のようである。1900年に生まれて,ここに収められた曲は1920年代中盤に書かれているので,かなり若い時期の作品となる。だが,その後強制労働に送り込まれてしまったようなので,作曲家としてのキャリアは30年代以降停滞してしまうことになる。だが,20代半ばで書かれた音楽としては,構造がしっかりしたピアノ曲であり,そんなにアバンギャルドな感じはしないが,ロシア的な重量感はあるかなぁって気がする。

どちらかと言うと,私が好む現代音楽のピアノ曲は,もう少し「間」を重視した曲が多いので,本作に収められた曲は,ちょいとタイプが違うように思えるのだが,それでもこうして全く聞いたこともない(そして,自分では決して見つけることのない)ような音楽に出会えるのも,ECM New Seriesゆえってことになるだろう。それはそれでありがたいことである。星★★★★。

Recorded in March 1995

Personnel: Herbert Henck(p)

2018年6月23日 (土)

数々のピアノ曲とSufjan Stevensのオリジナルにしびれる「君の名前で僕を呼んで」のサントラ。

"Call Me by Your Name:Original Motion Picture Soundtrack" Various Artists (Madison Gate)

_20180623以前映画に関する記事もアップした「君の名前で僕を呼んで」(記事はこちら)のサントラである。そこには私は「本作は音楽が素晴らしく,久しぶりにサントラ盤が欲しくなってしまうものであった」と書いたが,有言実行である。

まず,この映画を見ていて,そう思ったのは,映画で流れるピアノ曲の美しさであった。特に冒頭に流れるJohn Adamsの"Hallelujah Junction"に痺れてしまって,サントラが欲しいと思ったのだが,そのほかにも坂本龍一の曲も非常にいい感じであった。だが,この本当にこのサントラを欲しいと思わせたのは,Sufjan Stevensがこの映画のために書き下ろした曲の素晴らしさであったと言っても過言ではない。この映画のためにSufjan Stevensが書いたのは"Mystery of Love"と"Visions of Gideon"の2曲だが,これが本当にいい曲なのだ。更に旧作"The Age of Adz"に収録されていた"Futile Devices"のリミックス・ヴァージョンであるが,こんなにいい曲だったか?と思わせるに十分である。

それ以外は映画の時代背景を反映したディスコ調の曲であるが,それらはさておき,私にとってはピアノ曲とSufjan Stevensがあればこのアルバムは成立である。映画と音楽が一体化した優れた事例である。とにかくここでのSufjan Stevensのオリジナルを聞いて頂ければ,わかってもらえると思う。星★★★★☆。せっかくなので,Sufjan Stevensによる書下ろし2曲を貼り付けておこう。 

2018年5月28日 (月)

Morton Feldman:これぞミニマルの極北って感じ。

"Morton Feldman: For Benita Marcus" Marc-André Hamelin(Hyperion)

_20180527今まで私はMorton Feldmanが書いた曲を聞いたことはないと思うが,先日デリバリーされたこの作品を聞いて,これこそミニマルの極致だと感じてしまった。Steve ReichやTerry Rileyがミニマルと言われるのとは異なる意味でのミニマルである。それは音数も決して多くないのだが,延々とピアノ・ピアニシモのような音量で,淡々とピアノが演奏されるのである。

これって一聴しただけで,ピアニストには異常な集中力を求めるのではないかと感じさせるに十分である。作曲者のMorton Feldmanは「静かな音が興味を引く唯一のもの」と語っていたそうだが,まさにその通りだとしか思えない静謐な音楽が延々と続けられる。

ECMレーベルは「沈黙の次に美しい音」というのが売り文句であるが,ここでのMorton Feldmanの音楽はよく聞いていないと,ほぼ沈黙に近いと言っても過言ではない。実を言うと,最初はオーディオ・セットが壊れたと思ったぐらいである。

Morton Feldmanはもともとは図形楽譜を始めたらしいが,解釈の自由度を許容するであろう図形楽譜とは対極的な位置づけにあるように思える。ピアニストはピアノ・ピアニシモでがちがちに締め上げられる感じだし,聞いているこっちもそうなのだ。世の中にはこういうのもあるのねぇと感心した訳だが,鑑賞音楽としてのハードルは相当に高いとは言っておこう。こっちの集中力も続かないので,これは聞き流すのが一番ということで,これはもはやアンビエントだな。ということで,私のような凡人には採点不能だが,決してひどいということではなく,まだその本質を理解できていない。一生掛かっても無理かもしれんが(爆)。

Recorded June 6 & 7, 2016

Personnel: Marc-André Hamelin(p)

2018年2月14日 (水)

Steve Reichの新作が出た。

"Pulse / Quartet" Steve Reich(Nonesuch)

_20180212Steve Reichの作品は結構な頻度でNonesuchレーベルからリリースされているが,今回は近年初演された2曲を,その初演を行った人たちによる演奏で収録したものである。"Pulse"は2016年11月にInternational Contemporary Ensemble,"Quartet"は2014年10月にColin Currie Groupによって,それぞれNYCのカーネギー・ホール,ロンドンのクイーン・エリザベス・ホールで初演されたものとのことである。

1曲目の"Pulse"は弦にフルート,クラリネット,ピアノという室内楽的な編成,そして2曲目の"Quartet"はピアノ2台,ヴァイブラフォン2台といういかにもReichらしい編成によるもの。編成そのものはReichらしいのだが,特に"Pulse"の方はミニマル感はいつもよりも控えめって気がする。もちろん,どちらもミニマルであることは否定しないが,メロディ・ラインがより明確なのが今回の特徴ってところではないかと思える。ミニマル的な響きは,通奏低音的に流れるバックエンドの響きの方に感じられる。

また,"Quartet"はピアノとヴァイブの組合せということもあって,ついついChick CoreaとGary Burtonのデュオを想起してしまう。ユニゾンに聞かれる美的感覚はCorea~Burtonと相通じるものがあるが,ここはReichなので,彼らの音楽ほどのスリルを求めてはならない。でも美しいものは美しいのである。

本作は,2曲合わせても31分強という収録時間ではあるが,いまだSteve Reichが新作を書き続けていることに触れられるだけでもよしとしなければならないだろう。一聴して,万人向けなのは"Quartet"だと思うが,何度か繰り返し聞いていくうちに,各々の曲の要素が自ずと明らかになってくるように思える。ということで,"Pulse"が星★★★★,"Quartet"を星★★★★★として,間を取って星★★★★☆。

Recorded on May 28, 2017 & May 30, 2016

Personnel: International Contemporary Ensemble<Josh Modney, Gabby Dioz, Michi Wiancko, Pauline Kim(vln), Kyle Armbrust, Wendy Richman(vla), Claire Chase, Alice Teyssler(fl), Joshua Rubin, Campbell MacDonald(cl), Jacob Greenberg(p), Greg Chudzik(b),Colin Currie Group<Colin Currie, Sam Walton(vib), Phillip Moore, Simon Crawford-Phillips(p)>

2018年2月13日 (火)

久しぶりにショップに行って仕入れた一枚:Peter Serkin

"Works by Igor Stravinsky, Stefan Wolpe, Peter Lieberson" Peter Serkin (New World)

Serkin昨今は,CDの購入もほとんどネットで行うようになり,そもそも中古盤を漁りに行くことも,Apple Musicで聞けばいいやと思うようになると,ほとんどなくなってしまっている私である。しかし,先日,横浜に行くことがあって,ちょいと用事の帰り道にショップに立ち寄ってみた。新譜にはあまり魅力的なものもなく,中古盤も5枚買えば1枚あたり200円オフと聞けば,以前の私なら絶対そのディスカウントのために意地でも5枚以上買っていただろうが,全然購買意欲がわかない。これは気になる中古盤があまりなかった(それでもMitchell FormanとかMetroとかは結構迷った)ということもあるが,私の生活/行動パターンが変わったからだと思わざるをえない。

そんな中,拾ってきたのがこの作品である。私はPeter Serkinの弾く現代音楽のアルバムを長年愛聴しているが,このアルバムは保有していなかったので,ちょっと高めではあったが購入したものである。SerkinはLiebersonの作品は結構吹き込んでいるが,Stravinskyは記憶にない。Wolpeはドイツの作曲家らしく,オペラも書いているそうだ。ナチスの迫害を逃れて,ドイツから脱出した人のようであるが,私にとっては初めての作曲家である。

この3人の作曲家の曲を並べてみると,Stravinskyは現代音楽的な響きというよりも,はるかにクラシカルに真っ当な音楽に聞こえる。逆に言えば,現代音楽的なプログラムとして据えるにはやや無理があるチョイスと言えるかもしれない。私はSerkinの古典音楽演奏も好きだが,どちらかを取れと言われれば,現代音楽を取るだろう。よって,私にとってはもう少しエッジが立った感じで統一してくれた方が好みである。また,Stravinskyの曲が,やや残響過剰に思えてしまうことも,Peter Serkinのピアノ・タッチと合わないような感覚もあった。録音全体に言えるが,もう少しクリアな音で録って欲しかったって気がする。

しかし,やはりこういう曲を弾かせると,Peter Serkinのピアノは非常に私への訴求力は高い。演奏自体は悪くないと思えるので,やっぱり私はこういうのが好きなのねぇってことで,星★★★★。

それにしても,これと一緒に買ったのがNeil Youngの新譜の"The Visitor"ってところには,CDを買う枚数は減っても,私の変態度は変わらんということを示しているなぁ(爆)。

Recorded in December 1985

Personnel: Peter Serkin(p)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2018年おすすめ作