最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「現代音楽」の記事

2017年2月13日 (月)

ユニークな作りの児玉桃によるECM第2作

"Point and Line" 児玉桃(ECM New Series)

_20170212_3_2日本のピアニスト,児玉桃がECMからアルバム"La Vallée Des Cloches"をリリースした時には,その年のベスト盤の1枚に選出するほど,優れたアルバムだと思った(記事はこちら)。そのレパートリーが非常に私の好みだと思ったが,ピアノの響きに身を委ねたいと思ったことは今でも記憶に新しい。

その児玉桃がECMから第2作となるアルバムをリリースすると知った以上,これは買わないわけにはいかないし,聞かないわけにもいかない(きっぱり)。ということで,デリバリーされたものを早速聞いたのだが,これが非常にユニークな作りではあるが,前作同様に優れたピアノ作品になっていて,嬉しくなってしまった。

今回の作品の特徴はドビュッシーと日本の現代音楽作曲家,細川俊夫の"Etude"が交互に出てくるというのが,まずユニークなところである。まぁ,これがバッハと細川俊夫が交互に出てくれば,私も頭を抱えたかもしれないが,近代作曲家と言ってよいドビュッシーと,細川俊夫ならば,それほど違和感はない。むしろ,ここで想定されているのは,二人の作曲家の作品を並列させながら,それを一つの組曲のように成立させようという試みのように思える。

ライナーに児玉桃も書いているように,ドビュッシーの「エチュード」はその番号にかかわらず,単体でも,組み合わせで弾いてもいいという自由度の高いものであり,このアルバムでもそうした考え方に基づいて配置されている。それらに挟み込まれるのが細川俊夫の「エチュード」ということになる。作曲されたタイミングにはほぼ100年近い違いがある二人の作曲家の作品を相互に連動させて,一枚のアルバムを構成させるというのが本作の狙いとすることは,児玉桃とECMの総帥,Manfred Eicherの合意のもとに行われており,それがいかにもECMらしいと思わせるところであり,そして見事な成果になっていると思う。

私が現代音楽のピアノ作品が好きだということもあるが,今回のこの作品もドビュッシーのエチュードという,ドビュッシー最晩年の作品と,児玉桃自身が初演者となっている曲を含む,細川俊夫作品の意表を突いた組み合わせによって生み出される美しい響きに改めて身を委ねたくなった私である。これはもはや私のツボにはまった音楽である。星★★★★★。

Recorded in January 2016

Personnel:児玉桃(p)

2016年11月20日 (日)

Terry Rileyの"Shri Camel";聞いたのは30数年ぶりか(笑)。

"Shri Camel" Terry Riley(Columbia)

Shri_camelなぜか突然Terry Rileyが聞きたくなって,ネットで本作と"Rainbow in the Curved Air"を注文してしまった(爆)。Rileyについては当ブログでも"Songs for the Ten Voices of the Two Prophets"を取り上げたことがある(記事はこちら)。そこにも書いたが,同じミニマル・ミュージックと言っても,Steve Reichとは大きな違いがある音楽である。

ここで使われているのはYamaha YC-45-D電子オルガンと書いてあって,コンピュータ制御のデジタル・ディレイで変調とわざわざ記載されているが,演奏される音楽は,ループ型の音楽と言うか,催眠効果満点(笑)の音楽となっている。それこそ,昔Rileyがやっていた「徹夜コンサート」でこんな音楽をやられたら,あっという間に眠りに落ちることができるな(爆)。

ここでの音楽は,書かれた音楽ではなく,即興的に演じられたものという感覚があるが,これはオルガンの音色とこのループ的に展開されるメロディゆえのものである。

私がこのアルバムを聞いたのは大学時代以来のことになると思うが,以前も今も,多分感じ方には大きな違いが出ようがないよなぁ,と思わせるようなサウンドであることは間違いないが,何だか懐かしい気分でこれを聞いていた私である。まぁ,このスリーブ・デザインとかを見るとビビるリスナーがいても不思議ではないが,それほどインド的な感じはしない。私にとっては瞑想的もしくは呪術的な感覚はあるが...(笑)。

今の時代にこうした音楽がフィットしているかどうかはわからないが,何も考えたくない時に,バックに小音量で流れていると,結構はまるかもしれないなぁと感じさせ,まぁこういう音楽もありってことで。それにしても,私も気まぐれと言うべきか,よくやるわ。

Personnel: Terry Riley(org)

2016年11月 4日 (金)

ほぼ同時代の人々の曲を演奏するZsófia Borosが今回も素晴らしい。

"Local Objects" Zsófia Boros (ECM New Series)

Zsfia_boros彼女のECM New Seriesにおける第1作"En Otra Parte"を聞いた時にも,一聴して虜になってしまった私である(記事はこちら)が,今回の新作も非常にいい出来である。

そもそも前作もそのレパートリーの幅広さが目立っていた彼女であるが,今回もほぼ同時代の作曲家,ミュージシャンの作品を取り上げていて,かつ,それが様々な国の人たちであるところから,"Local Objects"というタイトルがつけられたものと想像する。Mathias Duplessyはフランス,Egberto GsimontiとGaroto(Anibal Augusto Sardinha)がブラジル,Carlo Domeniconiがイタリア,Jorge Cardosoがアルゼンチン,Al Di Meolaはアメリカ,Franghiz Ali-Zadahがアゼルバイジャン,Alex Pinterがオーストリアと言った具合なのだ。そして,故人はGarotoだけということで,半端ではない選曲と言ってよいだろう。

彼女が弾いているのはクラシック・ギターであるから,サウンド的には決してジャズ的ではない。一応,今回は現代音楽にカテゴライズしたが,現代音楽が持つ難解さ,訳の分からなさ(笑)は皆無であり,ギターの美しい音色と,メロディ・ラインを楽しめばいいということになる。私が自分でもギターを弾くこともあるが,こういうアルバムを聞いていると,一発でまいってしまうのである。我ながら単純だと思いつつ,いいものはいいのである。

やはり,ECMというのはクロス・ボーダー,クロス・カテゴリーの音楽が似合うレーベルだと改めて痛感させられたが,とにもかくにも,この選曲あってのアルバムであることには間違いない。前作を聞いた時のような衝撃は薄れたとしても,十分に星★★★★☆には値する作品と思う。Kate Mooreもよかったし,本当にManfred Eicherの目配りに感心させられてしまった。

Recorded in November 2015

Personnel: Zsófia Boros(g)

2016年10月11日 (火)

全然知らなったが,Kate Mooreピアノ作品がいいねぇ。

"Dances and Canons(Kate Moore)" Saskia Lankhoorn (ECM New Series)

_20161009_2私が結構なECM好きなのはこのブログにも書いている通りだが,ECM New Seriesまでは追いきれないというのが実態である。Andras SchiffとかSteve Reichのようなビッグネームであれば,当然追いかけるだろうが,それ以外の人まではなかなか手が届かない。しかし,このブログで取り上げた児玉桃やZsófia Borosのように,ノーマークでも素晴らしい作品が出てくるから決して無視できないのがECM New Seriesである。

そして,2014年にリリースされたこのアルバムを今頃になって聞いた私であるが,これがまさに私の好物と言ってよい作品である。曲によって,ソロ,2台,4台,そしてMultipleと書いているので,何台かわからない多重録音まで含めたピアノ作品であるが,まさにミニマル的な響きに溢れた美しい音楽である。

作曲したKate Mooreはイギリス生まれのオーストラリア人で,現在の活動拠点はオランダというインターナショナルな人である。かたやピアノを弾くSaskia LankhoornはKate Mooreと同い年のオランダ人ということで,オランダでの接点を持つと考えていいお二人であるが,LankhoornのWebサイトには,Mooreが作曲とコンセプトで,LankhoornはピアノとRelaizationと書いているが,なかなか面白いことを言うなぁと思えた。

それにしても,これぞECM的な響きというピアノのサウンドで捉えられたKate Mooreの音楽は,この手の音楽好きには間違いなくフィットすることが保証できる。昨日取り上げたJoyous Lakeもそうだが,どうして私はこういう作品を見逃しているのかと,自分の無知を激しく反省してしまうのである。ECMの大家,工藤さんはリリースから間もなくこのアルバムを取り上げていらっしゃったが,それに気づくのも遅過ぎた。New Seriesだからと言って目配りを怠ってはならないと思わされた一枚である。リアルタイムで聞いていたら,間違いなく,私は2014年のベストに選んでいたのではないかと思われる。まぁ,2014年には児玉桃をベストの1枚に選んでいるから,どっちにするか大いに迷ったに違いない。ちょっとMicheal Nymanの"The Piano"を感じさせる部分もあるが,この美しさには脱帽の星★★★★★。

これらの曲をライブでやった時の模様な下のような感じだったみたいである。おしゃれだねぇ。見てみたいもんだ。

Recorded in April, 2013

Personeel: Saskia Lankhoorn(p)

Dances_and_canons

2016年4月 3日 (日)

ECMからリリースされた菊地雅章のソロ・ライブが素晴らしい。

"Black Orpheus" 菊地雅章(ECM)

Kikuchi_2まず記事の訂正から。私はこの記事をアップした時に,このアルバムのライナーにクレジット表記がないように書いてしまいましたが,私が見逃していただけでした(酔っぱらっていたわけではないはず...)。大変失礼しました。つきましては,ライナーの記述内容を踏まえ,記事の内容を若干修正させて頂きます。

菊地雅章が亡くなったのは去年の7月のことであったが,彼が2012年10月に東京文化会館で開いたソロ・リサイタルの模様が,ECMレーベルからリリースされ,早くもデリバリーされた。ECMの新譜では未聴のアルバムがまだ残っているのだが,まずはこれを聞くことにした。

このアルバム,スリーブにはAn ECM Productionとあるので,Manfred Eicherがプロデュースしたものではない。Manfred Eicherがどこかでこの音源を見つけてきたか,持ち込まれたものをそのままリリースしたということなのだろう。だが,Eicherがそういう行動を取ったとしても頷けてしまうような,これが素晴らしい音源である。しかし,Eicher自身とJan Erik Kongshaugのミキシングによって,完全にECMの音になっている。YouTubeで見られるこの時の演奏と比べれば,その違いは明らかである。

菊地本人が"Floating Sound and Harmonies"と呼ぶ内省的かつ詩的な即興は,もはや現代音楽的だと言ってもよい。超スロー・テンポで演じられるタイトル・トラックの「黒いオルフェ」の放つ音の深みを聞けば,身じろぎもせずにこの音楽に対峙しなければならないと思わされてしまう。Keith Jarrettも近年,現代音楽的なソロを聞かせることがあるが,私は菊地がここで聞かせる音楽により感動をおぼえる。そして,このリサイタルを聞きに行かなかったことを後悔した。

これは素晴らしい音楽だが,必ずしも多くのリスナーに訴求するものではないだろう。しかし,ここで聞かれるピアノの響きには,耳をそばだてる人も多いはずである。超一流のピアノ作品というのはこういうものだと感じさせる感動的な一作。よくぞリリースしてくれましたとECMレーベルに感謝したくなる作品。凄い。そして素晴らしい。そして改めて菊地雅章という才能を失ったことを惜しいと感じさせる傑作。アンコールの"Little Abi"まで一瞬たりともこちらも気が抜けないし,そういう演奏をした菊地雅章の集中力には脱帽するしかない。星★★★★★。

これならば,Peter Serkinが弾く現代音楽のアルバムと同じぐらいプレイバックしたくなること必定である。

Recorded Live at 東京文化会館小ホール on October 26, 2012

Personnel: 菊地雅章(p)

2016年1月 8日 (金)

Pierre Boulezまでも...。

Image_2

先日,Paul Bleyの訃報に接したばかりの私だが,今度はPierre Boulezの訃報である。現代音楽の作曲家としてだけでなく,指揮者としても一流であったBoulezも90歳ということだったので,天寿を全うしたとも言えるが,Paul Bleyに続き,音楽界は偉大なスタイリストを失ったことになる。

私が指揮者としてのBoulezの仕事に接したのはNYPO LSOとやった「幻想交響曲」であったか。その演奏における「断頭台への行進」のテンポに驚かされた時のことは,いまでも忘れられない。その時の記憶を蘇らせるべく,「幻想交響曲」を聞いて追悼することとしたい。R.I.P.

2015年12月29日 (火)

2015年の回顧:音楽編(ジャズ以外)

Lizz_wright今年の回顧の3回目はディスク編の1回目。ジャズ以外の音楽で今年よかったと思えるものについて記したい。

今年は例年に増して,ジャズ以外のアルバムの購入枚数が減っていて,ベスト作を選ぶのにも苦労するというのが本音である。クラシックも,ソウルも,ブラジルも購入枚数は非常に限られていて,記事にしたものも非常に少ないからだが,そんな中でジャズ以外のカテゴリーで今年の最高の作品はLizz Wrightの"Freedom & Surrender"だと思っている。先日のライブ編でも私はこの人への称賛を惜しまなかったつもりだが,それに先立ってリリースされた彼女の新作は本当に素晴らしく,それが彼女のライブを見たいと思わせた要因だったのは疑いようのない事実である。彼女はジャズ・ヴォーカリストとも捉えられているので,今回取り上げるのではなく,ジャズ編で取り上げてもよかったのだが,この作品に私はディープなソウルを感じたので,本日取り上げることにした。これは本当に素晴らしいアルバムであり,より多くの人に聞かれるべき作品だと思っている。

Terrilynecarrington2015mosaicproj_2Lizz Wright絡みでもう1枚挙げると,Terri Lyne Carringtonの"The Mosaic Project: Love And Soul"も非常にいいアルバムであった。Robert Glasperの"Black Radio"をよりメロウにするとこのアルバムの音楽になるという感じだが,様々な個性を持つアーティストを集めて,よくぞここまで作り上げたということで,このアルバムも忘れられないものとなった。これもジャズのカテゴリーで捉えることは可能ではあるが,音楽そのものは完全にソウルのカテゴリーである。いずれにしても,Lizz Wrightについては,J.D. SoutherやKendrick Scottのアルバムにもゲストで参加したりしていて,非常に越境型の活動が目立ったわけだが,どこに出てきてもいい仕事をしているところに,この人の高い実力が表れていると思う。

James_taylor_2Lizz Wright関連のアルバムが非常によかったので,私の中での印象がちょっと薄くなってしまったような気がするのがJames Taylorの13年ぶりのオリジナル・アルバム"Before This World"である。記事にも書いた通り,これが彼の最高傑作とは思っていないが,変わらないことの重要性をつくづく感じさせてくれるアルバムだったと思っている。

また,今年聞いた中で印象に残っているのはRachel Sermani,また,記事にはちゃんとできなかったが,China Crisisによる21年ぶりのアルバム,そして誰が聞いても強烈だと思えたのはKendrick Lamarの"To Pimp a Butterfly"あたりである。おっと,忘れちゃいけない。Steve Reichの新作はいつも通り楽しませてもらったが,クラシックのアルバムはほとんど買っていない。来年はもう少しクラシックも聞こうかねぇと思うが,さてどうなることやら。

尚,リリースは2014年後半なので,ここに挙げるのは抵抗があるのだが,Joni Mitchellのコンピレーション,"Love Has Many Faces: A Quartet, A Ballet, Waiting to Be Danced"は無茶苦茶素晴らしい作品であることは改めて書いておきたい。ということで,音楽的な幅を大して確保できていない中でのセレクションでお恥ずかしい限りだが,Lizz Wrightが私にとってのジャズ以外でのMusician of the Yearってことは間違いない。

2015年9月25日 (金)

LPでこんなものを聞いていた:Terry Rileyの"Songs for the Ten Voices of the Two Prophets"

Riley"Songs for the Ten Voices of the Two Prophets" Terry Riley(Kuckuk)

LP再生環境が整って,LPが聞けるようになったところで,聞いたのがこれである。確かこれは私が大学卒業前に欧州に旅行に行った時に,現地のレコード・ショップで買ってきたもののはずだが,なんでこれを買おうと思ったかははるか記憶の彼方である。だが,Terry Rileyの当時の新作ということがモチベーションとなって買ったはずである。そのほかに買ったのはGardinerの"Messiah"とかBrendel~LevineのベートーベンのP協全集などであったから,選盤としては無茶苦茶だが,いかにも私らしい(きっぱり)。

Riley_2それでもって,このアルバムをそれこそ10年以上ぶりに聞いたと思うが,これは非常に不思議な作品である。タイトル通り,2台のProphetシンセサイザーにより演奏されているのだが,そこにTerry Rileyによる呪文のようなヴォイスがかぶさってくるのである。感覚的にはインドの僧侶によるチャントって感じなので,普通の人が聞いたら,何じゃこれはと思うのが当たり前である。

これを面白いと思えるかどうかは人それぞれであるが,今の耳で聞いてもハードルが高いかなぁって気がする。シンセの音はさておき,Rileyのヴォイスが本当に呪文のようだからである。本作の演奏はライブで録音されているのだが,一体聴衆はどう反応したのかの方が私にとっては興味深かったりするのだ。Terry Rileyと言えばミニマル・ミュージックという考え方が基本だろうが,明らかにSteve Reichのミニマルとは異なる世界である。多分,私にとってはSteve Reichの音楽はバックグラウンドで流していても,仕事や読書の邪魔にはならないが,Rileyのこの作品ではそうはいかないって感じがする。

だからと言ってTerry Rileyの音楽を否定するほど,私はRileyの音楽を聞いていないので,せっかくの機会なので代表作の一つである"In C"の25周年記念ライブ盤でも聞いてみることにしよう。いずれにしても不思議な音楽である。まぁ,裏ジャケに写るRileyの写真を見れば,普通の人ではないというのはわかるけどね(爆)。

Recorded Live on May 10, 1982

Personnel: Terry Riley(vo, synth)

2015年1月28日 (水)

素通りしていたSteve Reichの新作

Reich_radio_rewrite "Radio Rewrite" Steve Reich(Nonesuch)

本作は昨年の9月にリリースされていたようだが,全く私が意識していなかったものである。日頃からReich好きだなんて言っている割には,この体たらく!と言われても仕方がない。まぁ,国内盤はこれからリリースのはずなので,新譜としてもよかろう(と開き直る)。今回は,何と言っても,タイトル・トラックがRadioheadの曲をモチーフにしているということが話題になるだろうが,それに加えて,冒頭にはそのRadioheadのJohnny Greenwoodによる"Electric Counterpoint"が収められていることも注目に値する。

そもそも"Electric Counterpoint"はPat Methenyによって初演されたものであるが,それがギタリストが変わるとどう変化するのかに興味が湧く。やはりロック界からのJohnny Greenwoodだけにギターの音がソリッドな感じが強く,個性の違いは出るものだなぁとついつい思ってしまう。

それに続く"Piano Counterpoint"は旧作"Six Pianos"をVincent Corverという人が,ピアノの多重録音に編曲したものであるが,これがReichらしいピアノのつづれ織りのような音がして,ついついうっとりしてしまった私である。多重録音という意味では"Electric Counterpoint"のピアノ版のような趣もある。

そして,これらの旧作(及び旧作のアレンジ)に加えて発表されたのが,タイトル・トラックである。ライナーによれば,RadioheadはSteve Reichの影響を受けたとのことだが,私が彼らのちゃんとした聞き手ではないということがあったとしても,こうした指摘には「へぇ~」としか言えなかった。元ネタは"Fast"パートが"Jigsaw Falling into Place"("In Rainbows"所収),"Slow"パートが"Everything in Its Right Place"("Kid A"所収)だそうである。これはちゃんとRadioheadの演奏も聞き直してみなければと思ってしまう私である。

Reichはこの曲に関して,「曲に『ヴァリエーション』をつける意図はなく,曲に秘められたハーモニーや,メロディの断片を引き出し,自作の中に入れ込む」(私の拙訳御免)ことを図ったと書いている。そう言われれば,尚更オリジナルをちゃんと聞かなければならないと感じる。曲はエレクトリック・ベースも入っていることもあって,いつものReichよりもポップな感じがするし,ヴァイブの音を聞いていると,Gary Burtonがこういう曲をやるのもありではないかと思えるような曲調である。いずれにしても,ReichはどうやってもReichなのだが,私にとっては何とも心地よい音楽である。好きな音楽にはついつい点も甘くなり,星★★★★★。やっぱりReichはええですわ~(笑)。

Personnel: Johnny Greenwood(g), Vicky Chow(p), Alarm Will Sound<Alan Pierson(cond), Erin Lesser(fl), Elisabeth Stimpert(cl), Chris Thompson(vib), Matt Smallcomb(vib), John Orfe(p), Michael Harley(p), Courtney Orlando(vln), Caleb Burhans(vln), Nathan Schram(vla), Stefan Freund(cello), Miles Brown(el-b)

2014年10月23日 (木)

Brian Enoが描く「宇宙」。はまり過ぎである。

Apollo "Apollo: Atmospheres & Soundtracks" Brian Eno(Virgin)

Brian Enoという人は正直言って掴みどころのない人である。私の中では"801 Live"やRoxy Musicのロック的なイメージと,アンビエント・ミュージックを推進するイメージが両極化していて,どっちもEnoだってのはわかっていても,よくもまぁこれだけ違う音楽ができるもんだと常々感心している。その一方で,U2やTalking Headsをプロデュースするとロックになっちゃうしねぇ。いずれにしても尖った人である。

そんなEnoによるアンビエント・ミュージックについては,私も何枚か持っていて,昔はこれってどういう人が聞くのか?なんて思っていたのだが,人間変われば変わるものである。まぁ,Tangerine Dreamも似たような感じって話もあるが,身体がこういう音楽を欲する時もあるのだと最近感じる私である。

ここでの音楽は,ある意味「宇宙という静寂空間」そのものだって気もする。この音楽が使われた映画そのものは未見なので何とも言えないが,いかにもって感じの音楽であり,これはまさにぴったりって感じであることに疑問の余地はない。逆に言えば,これって音楽なのか?って声も聞こえてきそうだが,「静寂」を表現するにはこうでなければならなかったっていう気がする。ところが,8曲目の"Silver Morning"から音像が一転し,アンビエント的な要素が一旦希薄化するのだが,これはどういうシーンでこの音楽が使われたのかを理解する必要があるように思える。これはいいか悪いかというよりも,合っているか合っていないかっていう問題のように私には思えるからである。LPで言えばA面に収められていた音楽が,「宇宙の静寂」を示す無機的な感覚が強いのに対し,"Silver Morning"から"Always Returning"までの流れは,ヒューマンな感覚が強まっていることには何らかの意味があったはずである。そういう意味で,私はそれらの曲は,アンビエントというより,ヒーリング・ミュージック的なところを感じたというのが正直なところである。

では私はこの音楽をどう評価するかと言えば,これは鑑賞音楽としてはう~むとなってしまうかもしれないが,バックエンドで流れていれば,これっていいのではないかと思える,そういう音楽である。つまり,音楽を意識しなくていいという観点では,それこそアンビエント・ミュージックなのだということで,私はBrian Enoの狙った通りの反応を示しているのかもなぁって気がする。このアルバムに星を付けることにどれほどの意味があるか全くわからないが,私は結構好きとだけ言っておこう(笑)。

尚,私のブログにはこの音楽にフィットするカテゴリーがないので,「現代音楽」としておくが,全然難解ではないので,念のため。

Musicians: Brian Eno, Roger Eno & Daniel Lanois

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)