2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ロック」の記事

2019年10月16日 (水)

これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。

_20191012-3"So" Peter Gabriel (Virgin)

今や私の手許に残っているPeter Gabrielのアルバムは,これとベスト盤,そしてどこにしまい込んだかわからない"Plays Live"ぐらいではないかと思うが,このアルバムを聞くのも実に久しぶりのことになってしまった。私がこのCDを購入したのは国内盤初出の時のことであるから,もはや30年以上前のことである。ジャケに写る型番を見れば,これが3,200円だったことがわかる。まだその頃はそういう時代だったのだ。それから幾星霜,新しいアルバムや音楽を聞くことに時間を取られて,このアルバムを聞く機会も減っていったのだが,久しぶりに聞いてみたが,これが実に味わい深いというか,改めて素晴らしいアルバムであったことを強く認識させられた私である。

まさに曲よし,歌よし,演奏よしの三拍子揃ったアルバムとはこのことであり,文句のつけようがないではないか。それまでのPeter Gabrielのアルバムに比べると,ポップに傾斜したという批判もあるが,私は「ポップで何が悪い」と強く言いたい。そもそもポップと言っても,ここでの音楽に軟弱さは皆無であり,私にとっては王道のロックだと言いたいぐらいだ。

アルバムとしてはハードな側面と,静謐な側面を絶妙にバランスさせたものであり,私はこの辺りに共同プロデュースを務めたDaniel Lanoisのセンスを感じてしまう。やはりLanoisのプロデュースというだけで,一段作品としてのギアが上がるような気がしてしまうが,本当に実に素晴らしいのである。リリースから30年以上経過しても,私はこの音楽に古さを一切感じなかった。まさにこういうのを名盤と言うのだと改めて思わされたアルバム。いやぁ,実によい。文句なしの星★★★★★。

尚,最後に収められたLaurie Anderson参加の”This Is the Picture(Execellent Birds)"は,当時のCD及びカセットのみのボーナス・トラックというのが時代を感じさせる(笑)。

Personnel: Peter Gabriel(vo, key, synth, p, perc), Kate Bush(vo), Laurie Anderson(synth, vo), David Rhodes(g, vo), Daniel Lanois(g, perc), Nile Rodgers(g), Richard Tee(p), Simon Clark(key, org, b, vo), Tony Levin(b, stick), Larry Klein(b), Bill Laswell(b), Jerry Marotta(ds, b),Manu Katché(ds, perc), Chris Hughes(ds, prog), Stewart Copeland(ds), Wayne Jackson(tp, cor), Mark Rivera(ts, as, bs), Don Mikkelsen(tb), P.P.Arnold(vo), Coral Gordon(vo), Dee Lewis(vo), L. Shankar(vln), Youssou N'Dour(vo), Michael Been(vo), Jim Kerr(vo), Ronnie Bright(b-vo),Djalma Correa(perc), Jimmy Bralower(prog-kick)

2019年10月 1日 (火)

"Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。

_20190929-3 ”Abbey Road 2CD Anniversary Edition" The Beatles(Apple)

実質的なBeatlesのラスト・アルバム"Abbey Road"がリリースされたのは今から50年前の1969年9月26日。それを記念してまたも出ました新エディションということで,もうええやんと思いつつ,またまた買ってしまうのが音楽ファンの性であろう。オリジナル・アルバムについては今更何も言うことがないものであることは論を待たない。そこで,ここでは2枚組版に収められたオリジナルの曲順通りに別テイク,デモ・ヴァージョンを収めたディスク2について書いておこう。

このディスク2を聞いていると,あの傑作"Abbey Road"の制作過程においては多くの試行錯誤が行われたであろうことをうかがわせる。ファンとしてそうした過程にまで関心を待つということは自然なことであることは否定しない。しかし,これを聞いているとオリジナル版に近いレベルのものもあれば,まだまだいけてないねぇと思わせるものもある。いずれにしても完成度は決して高くないものもあったのである。当たり前のことであるが,Beatlesとて数少ないテイクでアルバムを完成させていた訳ではなく,積み重ねが傑作に結実したという側面も受けとめてこれは聞くべきものと思う。

そうしたことを踏まえて,オリジナル・アルバムを聞けば,新たな感慨も生まれるに違いないが,私がBeatlesのアルバムを買うのもこれが最後かもなぁ。アルバムとしては全部揃っているのに,まだ買ってんの?って声が家人から飛んでくるしねぇ(爆)。まぁ,それでもミックス違いの効果は確認しなければね。

2019年9月27日 (金)

Woodstock Boxついに来る。こりゃ~重い(苦笑)。

Woodstock-box 発売後,いつまで経ってもデリバリーされず,ついにはRhinoに問合せのメールを入れたら,あっという間に到着したのがWoodstock Boxである。とにかく重い。そもそも木箱が嵩張る(苦笑)。いつ聞くの?って聞かれれば,そのうちとしか言えないが,よくもまぁこんなもんを買うわってところ。散らかっているのがバレバレの私の部屋に置かれたボックス,一体どこに収納すればいいのやら(爆)。

2019年8月13日 (火)

The Bird and the Bee,4年ぶりの新作は何とVan Halenトリビュート。

_20190811-2 "Interpreting the Masters Vol.2: A Tribute to Van Halen" The Bird and the Bee (No Expectations/Release Me)

ポップな感覚で素晴らしい音源を出し続けるThe Bird and the Beeであるが,メンバーのGreg Kurstinのプロデューサー業が忙しいせいなのか,どうなのかよくわからないが,彼ら自身のアルバムは結構リリースのインターバルが長く,本作も前作の"Recreational Love"以来,約4年ぶりとなる。もともとストリーミングとLPでのリリースであり,CDでリリースされるのは日本だけらしい。

そして,驚いたのが今回の新作がVan Halenへのトリビュートだったことである。Vol.1がHall & Oatesトリビュートだったっていうのは心地よいポップを提供するThe Bird and the Beeとしては鉄板の選択だろうが,彼らがなんでVan Halenなのかとも思ってしまう。しかもVan HalenはVan Halenでも,あくまでもDavid Lee Roth入りのVan Halenというのがポイントだろう。確かにDavid Lee Roth在籍時のVan Halenはハード・ロックのフレイヴァーの中に,実にポップな曲調も聞かせていたのは事実だろう。"Jump"なんてその最たる事例だろうが,そういうところにThe Bird and the Beeの2人が強いシンパシーを感じたとしても不思議ではない。

ここでは彼らしいポップな感覚を失うことなく,オリジナルに結構忠実に対応しているのが面白い。逆に当時のVan Halenの音楽のポップな感覚と,現在のThe Bird and the Beeのよりコンテンポラリーなポップ感覚がシンクロしたというところだろうか。実に楽しい。これぞ正しいロックとポップの融合って気がした。このアルバムを聞いて,改めてVan Halenのアルバムを聞きたくなるという効能は間違いなくあるだろう。星★★★★☆。いやぁ,楽しいですわ。

Personnel: The Bird and the Bee【Inara George(vo), Greg Kurstin(p, key, b, ds)】, Beck Hansen(vo), Gabe Noel(b), Justin Meldel-Johnson(b), Omar Hakim(ds), Joey Waronker(ds), David Ralicke(bs, bass-sax, tb), Alex Lilly(vo), Samantha Sidley(vo), Wendy Wang(vo)

2019年8月 8日 (木)

黙殺されがちなFleetwood Macのアルバムだが,実は結構好きな”Behind the Mask”。

_20190804-2 "Behind the Mask" Fleetwood Mac(Warner Brothers)

Fleetwood Macっていうのは不思議なバンドである。もともとはブルーズ・バンドとしてスタートして,メンバー・チェンジが行われる度にポップ度が高まるという歴史を歩んできたが,そのピークが"Rumors"から"Tango in the Night"あたりだったのは衆目の一致するところだろう。そして,その屋台骨を支えたと言ってもよいLindsay Buckinghamが一旦脱退した後にリリースされたのが本作である。Lindsay Buckinghamの脱退は,当時のファンにとっては大きなショックを与えた訳だが,私のように実は一番好きなのがChristine McVieという人間にとっては,それほどショッキングな出来事ではなかったと言ってもよい。

だが,多くのファンにとっては,やはりLindsay Buckinghamの不在は大きかったらしく,このアルバムもあまりいい評価は聞いたことがない。しかし,改めて聞いてみると,本作ってそんなにつまらないアルバムか?って思ってしまう。私にとっては結構曲のクォリティも高いし,いいアルバムではないかと思っている。逆に言うと,私はポップ過ぎるよりも,これぐらいの方がアルバムとして塩梅がいいと言うか,気持ちいいと思ってしまうのである。ある意味ロック的なヘヴィーさも加わっている部分があって,典型的なFleetwood Macって感じではない部分があるのも事実だが,それが決して私は悪い方に機能しているとは思えないのである。

結局のところ,Fleetwood Macは黄金期のメンバーの離合集散を繰り返すことになるが,一時期はLindsay Buckinghamがバンドを訴えるというような関係となってしまったが,現在は和解しているらしい。しかし,よくよく考えると,このLindsay Buckingham抜きのラインアップも結構よかったなと思っている私である。"Skies Are Limit"にしろ,"Love Is Dangerous"にしろ,"Save Me"にしろ,曲もいいと思うなぁ。星★★★★。

Personnel: Stevie Nicks(vo), Christine McVie(vo, key), Billy Burnette(g, vo), Rick Vito(g, vo), John McVie(b), Mick Fleetwood(ds, perc), Linsday Buckingham(g), Asanté (perc), Stephen Croes(key, synth, perc)

2019年7月15日 (月)

”Talk Is Cheap”は素晴らしいアルバムだが,この拡大盤はねぇ...。

Keith-richards-talk-is-cheap ”Talk Is Cheap (Deluxe Version)" Keith Richards(Mindless)

本作のオリジナル・ヴァージョンに関しては,Keith Richardsの初ソロ作にして掛け値なしの傑作という評価は今でも揺らぐものではない。しかし,この拡大盤は正直言って買う価値はなかったと言いたい。

このヴァージョンのキモはボーナス・ディスクに格納された曲群であるが,ジャム・セッションに毛の生えた程度のものをオマケにつけられてもねぇという感覚しかない。ディスカウント目的の併せ買いとして買ったものだったが,これは全くの失敗であった。オリジナル・アルバムには喜んで星★★★★★なのだが,この拡大盤には無星で十分だ。ファンの心理につけ込んだ悪徳商売の代表。私もバカげた買い物をしたものである。くだらない。実にくだらない。

2019年7月 3日 (水)

結局買っちゃったLinda Ronstadtの発掘ライブ。

Live-in-hollywood "Live in Hollywood" Linda Ronstadt(Rhino)

以前,このアルバムをストリーミングで聞いて,非常によい出来だと思ったし,記事には「これなら買ってもいいかなぁと思いつつ,ストリーミングで聞けるのであればそれでもいいかって思うようになってしまった私も変わったものだと思うが,これはそれこそ買ってもよいと思わせるに十分なナイスなアルバム」とまで書いている(その時の記事はこちら)。だったらさっさと買えばいいものを,今頃になってやっぱり買ってしまった。

確かにストリーミングでいろいろな音源を聞けるのはいいのだが,基本的に通勤途上でヘッドフォンで聞く音楽と,しょぼい送致ながら,家のオーディオで聞く音は違うと思ってきたのも事実であるから,やはり保有に値する音楽は購入すべきだと思うようになった。ということで,改めて聞いているのだが,やっぱりこれいいわ。

まさにLinda Ronstadt黄金時代。素晴らしい。YouTubeにその時の映像がRhinoからアップされているので貼り付けておこう。曲は”You're No Good"。

2019年6月23日 (日)

発掘音源2枚目はNeil Young。Stray Gatorsとのライブってのがいいねぇ。

_20190622-2_20190622154101"Tascaloosa" Neil Young & Stray Gators(Reprise)

発掘音源の2枚目は兄貴ことNeil Youngである。彼が1972年に"Harvest"をリリースした後のライブ活動の記録ってことになるだろうが,Stray Gatorsとのライブと言えば"Time Fades Away"である。以前から"Time Fades Away 2"的なアルバムを出す,出すと兄貴は言っていたようだが,ついに先日リリースされたのが本作である。

何と言ってもこのアルバムのポイントは曲である。"After the Gold Rush"やら"Heart of Gold"やら"Old Man"やら"Don't Be Denied"をやっていることからしてポイントが高い。やはりこの頃のNeil Youngの音楽は実に魅力的である。ストリーミングで聞いた時は,ちょっと軽く響いたように感じたが,CDで聞くといい感じに響くから不思議である。やはり通勤途上に「ながら」で向き合っているのと,部屋で聞くのでは環境が違うってことだろうなぁと思うが,いずれにしてもこれは実にいい。グランジのゴッドファーザー化したNeil Youngもいいが,往年のファンってやっぱりこの辺を最も好んでしまうのだろうと言わざるをえない。

実に瑞々しいフォーク・ロックとでも言うべきアルバムだが,私の初期の音楽体験にかなり大きな影響を与えたのがCSN&Yの”4Way Street"だったことからしても,そこから45年近く経過しても,こういう音楽に対するシンパシーは全然変わらないってことだ。私も芸がないと思うが,こういうのは星★★★★★しかつけようがないのだ(笑)。それが惚れた弱みってことだ(と開き直る)。久しぶりに"Time Fades Away"のLPでも聞いてみるかね。

Recorded Live at University of Alabama on February 5,1973

Personnel: Neil Young(vo, g, p, hca), Ben Keith(pedal steel, vo), Jack Nitzche(p, vo), Tim Drummond(b), Kenny Buttrey(ds)

2019年6月22日 (土)

発掘音源の嵐。一発目はKing Crimson。

_20190622 "Live in Newcastle" King Crimson(DGM Live)

昨今,いろいろな発掘音源がリリースされており,私のような年寄りは,新しい音楽も聞きたいと思うものの,古い音源に郷愁を感じてしまうことはよくある話だと思う。ということで,最近,私が購入する音源のうち,こうした発掘音源が占める比率が高まっているのだが,今日はそのうち,King Crimsonである。

私はKing Crimsonの遅れてきたファンと言ってよく,昔はYesの方が好きだったということはこのブログにも書いたことがある。しかし,今やYesがヨイヨイ・バンドと化したのと対照的に,King Crimsonは今でも現役感満々の演奏を聞かせていて,それらは近年のライブ盤でも聞くことができる。そうしたKing Crimsonのアルバムの中でも,私は"Lark's Tangues in Aspic"(太陽と戦慄)が一番好きで,その時のラインアップのアルバムに魅力を感じている。なので,後年リリースされたライブ盤も結構持っているし,”Larks’ Tongues in Aspic"15枚組ボックスも保有しているのだから,そのボックスの間隙を埋めるようなこうした音源までフォローしなくてもいいんじゃないの?と言われてしまえばその通りである。しかし,この時期,このメンツ(Jamie Muir入り)というこの音源には抗い難い魅力があり,ついつい買ってしまうのが「性」と言うやつである。

そして,この音源,やはりアグレッシブなKing Crimsonの本質を捉えていて,実に嬉しくなってしまう。ほとんどフリー・ジャズみたいな展開を示す瞬間すらあり,この人たち,完全にロックのカテゴリーを超越してしまっていると思わせるのだ。このアルバムは途中に挿入される"Improv"2曲を覗いて,"Larks' Tongues in Aspic"の通りの曲順で演奏されるが,演奏はほぼ完成レベル。そして"The Talking Drum"における完璧なグルーブを聞けば,興奮しないリスナーはいるまい。残念ながら最後の”Larks’ Tongues in Aspic Part 2"は,ここから盛り上がるというところでフェード・アウトとなるのが実に惜しいが,それでもこの音源は,アルバムが完成に向かっていく姿を捉えていて,かなり貴重と言ってよいと思う。

いずれにしても凄い人たちである。星★★★★★しかあるまい。改めてボックスの音源も聞いてみるか(大変だけど...)。

Recorded Live at Odeon in Newcastle on December 8, 1972

Personnel:Robert Fripp(g, mellotron), David Cross(vln, mellotron), John Wetton(b, vo), Bill Bruford(ds), Jamie Muir(perc, allsorts)

2019年6月 3日 (月)

久々に聞いたWarren Zevonの”Sentimental Hygiene”。こんなにヘヴィなアルバムだったか...。

_20190602 "Sentimental Hygiene" Warren Zevon(Virgin)

先日,このブログでWarren Zevonの"The Envoy"を取り上げた時,今度はVirginレーベルのアルバムも聞き直してみるか,みたいなことを書いた(その時の記事はこちら)。このアルバムは私がまだNYCに在住していた頃に現地で購入したもののはずである。NYCにいた頃は手持ちのCDの数も限られていたので,結構な頻度で聞いていたような気もするが,最近は全然聞いていなかったように思う。そして久々に聞いてみると,かなりヘヴィなテイストを持ったロック・アルバムであった。

そもそも冒頭のタイトル・トラックからして,Neil Youngのギター・ソロがいかにも兄貴な感じの激しさなのだが,アルバムのトーンとしても一貫して激しさを感じさせるものだったのは,何とも意外な気がしてしまった。こんな感じだったっけ?って思うのは,いかにこの音源から離れていたことの裏返しだが,これは純粋なロック・アルバムとしていけていると思ってしまった。よくよく見てみれば,バックはほとんどの曲でR.E.M.のメンバーが支えているから,ロック・テイストが強いのも当たり前なのだが,そんなことに今更気づいている私もどうなのよって感じである。

本作は"The Envoy"後にAsylumレーベルとの契約を打ち切られて,レーベルをVirginに移しての第1作になる。アルバムとしては"The Envoy"から5年も経っているから,Warren Zevonにも再起に向けた意気込みが強く,それがこうしたアルバムのトーンに影響を与えたと言えるのではないかと思える。Warren Zevonの声とかには全然変化はないが,間違いなく激しさは増している。感覚的に言えば,Iggy Popの”Brick by Brick"にさえ近い感覚をおぼえてしまった。それは決して悪い意味ではない。私は”Brick by Brick"も相当好きなので,私の好みってことである。だが,最後の"Leave My Monkey Alone"に関しては,テイストが違い過ぎて,これは...って気がする。この曲だけGeorge Clintonがアレンジを施しているが,そういうことならさもありなんだが,やっぱり浮いている。

いずれにしても,せっかく再起を期するのに,この地味なジャケはどうだったのかねぇと思ってしまう。これじゃ音楽が刺激的でも,購入意欲が上がらない人多数ではなかったのか。ということで,このアルバムが売れたという話もあまり聞いたことがないなぁ。しかし,これはなかなか
いいアルバムだと思う。星★★★★。

Personnel: Warren Zevon(vo, g, p, key), Peter Buck(g), Neil Young(g), Waddy Wachtel(g), Brian Setzer(g), Blackbird McKnight(g), Mike Campbell(g), Rick Richards(g), David Lindley(lap steel, saz), Darius(sitar), Jai Winding(key), Amp Fiddler(key), Jorge Calderon(b, vo), Mike Millls(b), Tony Levin(b), Leland Sklar(b), Flee(b), Bill Berry(ds), Craig Krampf(ds), Bob Dylan(hca), Don Henley(vo), Stan Lynch(vo), Michael Stipe(vo), Jennifer Warnes(vo)

 

より以前の記事一覧

Amazon検索

2018年おすすめ作