2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「ロック」の記事

2019年12月 2日 (月)

凄いメンツが揃ったMarianne Faithfulのライブ盤。

_20191201-2 "Blazing Away" Marianne Faithful(Island)

私がNYCの在住中に購入したアルバム。本作が出たのが1990年だったが,何と渋くも強烈なアルバムなのかと思った記憶がある。

ライブ・レコーディングされたのはブルックリンにあるSt. Anne's Holy Trinity Churchという教会で,冒頭こそ荘厳な雰囲気さえ感じさせるが,そこから徐々にリズムが強化されていくここでの流れにはぞくぞくさせられた。なかなか個性的なアルバムなので,そんなにしょっちゅう聞くアルバムではないのだが,久しぶりに聞いてみて,キャスティングの妙も含めて,プロデューサーのHal Wilnerの慧眼というものを感じさせる出来であった。

タイトル・トラックのみがスタジオ録音という変則的なライブであるが,ここに集まったミュージシャンが今にしてみれば凄い。The BandのGarth HudsonがMarc Ribotと共演って誰が思いつくだろうか?彼らを含む超優秀なバックに支えられて歌うMarrianne Faithfulの声は,ある意味ダミ声のような感じで好き嫌いはわかれるかもしれないが,これはヴォーカルと演奏が一体となったトータルなアルバムとして聞かれるべきものと思っている。

Blazing-awayそれにしても,この教会の美しいステンドグラスの下で繰り広げられる演奏は,視覚的にも素晴らしいものであったであろうと想像させる。このアルバム,映像版もあったのだが,何とマスター・テープを紛失したことにより,DVD化は困難となってしまったという体たらくは,右の写真を見ると惜しいと言わざるをえない。まぁ,Marianne Faithfulも合意の上で,YouTubeにはVHSテープ起こしの映像が上がっているので,見られないことはないのだが,やっぱり惜しい。

私がこれを聞くのも実に久しぶりのことなのだが,曲はMarianne Faithfulの代表的な曲揃いでもあり,実に素晴らしいアルバムであったことを改めて認識させられた傑作。星★★★★★。

Recorded Live at St. Anne's Cathedral on November 25 & 26 and at RPM Studios in September, 1989

Personnel: Marianne Faithful(vo), Douge Bowne(ds), Garth Hudson(key, accor), Mac Rebenack(Dr. John, p, g), Barry Reynolds(g, vo), Marc Ribot(g), Fernando Saunders(b, vo), Lew Soloff(tp, fl-h) with Don Alias(perc), Charlie Dreyton(ds), Kevin Savangar(ds), Gib Wharton(pedal steel)

2019年12月 1日 (日)

何を歌ってもBryan Ferry色に染まってしまうってのが凄い"Taxi"。

_20191201 "Taxi" Bryan Ferry (Virgin)

師走に入って,今年を回顧し始めると,3月に行ったBryan Ferryのライブは楽しかったなぁなんて思っていて,取り出したのがこのアルバムである。Bryan Ferryのオリジナルは1局のみで,基本的にカヴァー・アルバムなのだが,主題の通り,何を歌ってもBryan Ferry色に染まってしまっている。これがミュージシャンの個性ってところであるが,実に心地よく聞けるアルバムである。

レパートリーは多岐に渡っているが,"Will You Still Love Me Tomorrow"や"Amazing Grace"のような曲に混じって,ソウル系の曲も含まれているのだが,ソウルの「黒さ」みたいなのは皆無と言ってよい。それをよしとするか否かがリスナーの趣味ってことになるだろうが,私のようなBryan Ferry好きには全然問題ない(笑)。オリジナルのソウル的な響きを期待するのではなく,Bryan Ferryによる「翻案」を楽しめばいいと思ってしまう。その他の曲もBryan Ferry版のいい意味での「ムード歌謡」みたいなものである。

まさにこの人にしか出せない世界。来年の2月には1974年のRoyal Albert Hallでの初ソロ・ツアーの音源がリリースされる予定だが,また買っちゃうよなぁ(笑)。この人の音楽は新味はなくとも本当に安心して聞いていられる,ってことで星★★★★。

ところで,すっかり失念していたのだが,私はこのアルバムに関して2年前ぐらいに記事を書いていて,ほとんどトーンが変わらないってのが笑える(記事はこちら)。

Personnel: Bryan Ferry(vo, p, synth, org), Carleen Anderson(vo), Robin Trower(g), Neil Hubbard(g), David Williams(g), Michael Brook(g), Greg Phillinganes(vib, synth), Chris Stainton(org), David Sancious(org), Flaco Jimenez(accor), Nathan East(b), Steve Pearce(b), Steve Ferrone(ds), Andy Newmark(ds), Mike Giles(ds), Luis Jardim(perc), Maceo Parker(as), Andy Mackey(as), Mel Collins(ts), Richard T. Norris(prog)

2019年11月 8日 (金)

Alabama Shakesのという注釈不要と思わせるBrittany Howardのソロ・アルバム。これが実に素晴らしい。

_20191105 "Jamie" Brittany Howard(ATO)

本作をリリースしたBrittany Howardは,Alabama Shakesのヴォーカリストである。Alabama Shakesというバンドは,この時代においても私のような年代のリスナーにさえ強烈にロックを感じさせてくれる稀有なバンドであり,私は彼らのアルバムに賞賛を惜しまなかった(記事はこちら)。Alabama Shakesのアルバムはその"Sound & Color"からリリースされないままだが,そこへBrittany Howardのアルバムが出るからには聞かない訳にはいかない。とか何とか言いながら,ストリーミングでやり過ごしていたのだが,やっぱりこれは保有に値するということで,現物を発注したものである。

ここでの音楽を聞いていて,私が何となく想起したのがMe'shell N'degeocelloであったが,ロックとソウルの中間をうまく行き来する感じって言うのが最初の感覚であった。だが,繰り返し聞けば聞けるほど展開される音楽は実に濃密な魅力に溢れる感じがしてくるのである。端的に言えばチャラチャラとしたところ皆無。音楽に真剣に対峙したいリスナーにこそ勧めたい深みのあるアルバムに仕上がっている。

Alabama Shakesのバンド・メイトのZac Cockrellに加えて,Robert GlasperやNate Smithが参加していることから,このBrittany Howardという人の立ち位置が見えるような気がする。GlasperもNate Smithも,軽々とジャンルを越境してしまう人たちだが,ここでの演奏,歌唱もジャンル超越型であることは前述の通りである。それが単にジャンルという枠だけで捉えてはもったいない音楽になっているのが強烈なのである。

一聴ローファイなサウンドから聞き取れる音楽のディープな魅力は私の筆力,表現力の及ばないところではあるが,それでも実にレベルの高い音楽であることは明らかなのだ。実に素晴らしい。Brittany Howard,31歳にしてこの成熟度は末恐ろしいとさえ感じさせる。いずれにしても,今年聞いた中でも屈指のロック・アルバムの一枚と思いつつ,響きは完全にソウルだ。星★★★★★。

Personnel: Brittany Howard(vo, g, key, b, ds, perc), Zac Cockrell(b), Robert Glasper(key, celeste), Paul Horton(key), Nate Smith(ds, perc, vib), Lloyd Buchanan(org), Larry Goldings(key), Lavinia Meuer(harp), Rob Moose(strings)

2019年10月16日 (水)

これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。

_20191012-3"So" Peter Gabriel (Virgin)

今や私の手許に残っているPeter Gabrielのアルバムは,これとベスト盤,そしてどこにしまい込んだかわからない"Plays Live"ぐらいではないかと思うが,このアルバムを聞くのも実に久しぶりのことになってしまった。私がこのCDを購入したのは国内盤初出の時のことであるから,もはや30年以上前のことである。ジャケに写る型番を見れば,これが3,200円だったことがわかる。まだその頃はそういう時代だったのだ。それから幾星霜,新しいアルバムや音楽を聞くことに時間を取られて,このアルバムを聞く機会も減っていったのだが,久しぶりに聞いてみたが,これが実に味わい深いというか,改めて素晴らしいアルバムであったことを強く認識させられた私である。

まさに曲よし,歌よし,演奏よしの三拍子揃ったアルバムとはこのことであり,文句のつけようがないではないか。それまでのPeter Gabrielのアルバムに比べると,ポップに傾斜したという批判もあるが,私は「ポップで何が悪い」と強く言いたい。そもそもポップと言っても,ここでの音楽に軟弱さは皆無であり,私にとっては王道のロックだと言いたいぐらいだ。

アルバムとしてはハードな側面と,静謐な側面を絶妙にバランスさせたものであり,私はこの辺りに共同プロデュースを務めたDaniel Lanoisのセンスを感じてしまう。やはりLanoisのプロデュースというだけで,一段作品としてのギアが上がるような気がしてしまうが,本当に実に素晴らしいのである。リリースから30年以上経過しても,私はこの音楽に古さを一切感じなかった。まさにこういうのを名盤と言うのだと改めて思わされたアルバム。いやぁ,実によい。文句なしの星★★★★★。

尚,最後に収められたLaurie Anderson参加の”This Is the Picture(Execellent Birds)"は,当時のCD及びカセットのみのボーナス・トラックというのが時代を感じさせる(笑)。

Personnel: Peter Gabriel(vo, key, synth, p, perc), Kate Bush(vo), Laurie Anderson(synth, vo), David Rhodes(g, vo), Daniel Lanois(g, perc), Nile Rodgers(g), Richard Tee(p), Simon Clark(key, org, b, vo), Tony Levin(b, stick), Larry Klein(b), Bill Laswell(b), Jerry Marotta(ds, b),Manu Katché(ds, perc), Chris Hughes(ds, prog), Stewart Copeland(ds), Wayne Jackson(tp, cor), Mark Rivera(ts, as, bs), Don Mikkelsen(tb), P.P.Arnold(vo), Coral Gordon(vo), Dee Lewis(vo), L. Shankar(vln), Youssou N'Dour(vo), Michael Been(vo), Jim Kerr(vo), Ronnie Bright(b-vo),Djalma Correa(perc), Jimmy Bralower(prog-kick)

2019年10月 1日 (火)

"Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。

_20190929-3 ”Abbey Road 2CD Anniversary Edition" The Beatles(Apple)

実質的なBeatlesのラスト・アルバム"Abbey Road"がリリースされたのは今から50年前の1969年9月26日。それを記念してまたも出ました新エディションということで,もうええやんと思いつつ,またまた買ってしまうのが音楽ファンの性であろう。オリジナル・アルバムについては今更何も言うことがないものであることは論を待たない。そこで,ここでは2枚組版に収められたオリジナルの曲順通りに別テイク,デモ・ヴァージョンを収めたディスク2について書いておこう。

このディスク2を聞いていると,あの傑作"Abbey Road"の制作過程においては多くの試行錯誤が行われたであろうことをうかがわせる。ファンとしてそうした過程にまで関心を待つということは自然なことであることは否定しない。しかし,これを聞いているとオリジナル版に近いレベルのものもあれば,まだまだいけてないねぇと思わせるものもある。いずれにしても完成度は決して高くないものもあったのである。当たり前のことであるが,Beatlesとて数少ないテイクでアルバムを完成させていた訳ではなく,積み重ねが傑作に結実したという側面も受けとめてこれは聞くべきものと思う。

そうしたことを踏まえて,オリジナル・アルバムを聞けば,新たな感慨も生まれるに違いないが,私がBeatlesのアルバムを買うのもこれが最後かもなぁ。アルバムとしては全部揃っているのに,まだ買ってんの?って声が家人から飛んでくるしねぇ(爆)。まぁ,それでもミックス違いの効果は確認しなければね。

2019年9月27日 (金)

Woodstock Boxついに来る。こりゃ~重い(苦笑)。

Woodstock-box 発売後,いつまで経ってもデリバリーされず,ついにはRhinoに問合せのメールを入れたら,あっという間に到着したのがWoodstock Boxである。とにかく重い。そもそも木箱が嵩張る(苦笑)。いつ聞くの?って聞かれれば,そのうちとしか言えないが,よくもまぁこんなもんを買うわってところ。散らかっているのがバレバレの私の部屋に置かれたボックス,一体どこに収納すればいいのやら(爆)。

2019年8月13日 (火)

The Bird and the Bee,4年ぶりの新作は何とVan Halenトリビュート。

_20190811-2 "Interpreting the Masters Vol.2: A Tribute to Van Halen" The Bird and the Bee (No Expectations/Release Me)

ポップな感覚で素晴らしい音源を出し続けるThe Bird and the Beeであるが,メンバーのGreg Kurstinのプロデューサー業が忙しいせいなのか,どうなのかよくわからないが,彼ら自身のアルバムは結構リリースのインターバルが長く,本作も前作の"Recreational Love"以来,約4年ぶりとなる。もともとストリーミングとLPでのリリースであり,CDでリリースされるのは日本だけらしい。

そして,驚いたのが今回の新作がVan Halenへのトリビュートだったことである。Vol.1がHall & Oatesトリビュートだったっていうのは心地よいポップを提供するThe Bird and the Beeとしては鉄板の選択だろうが,彼らがなんでVan Halenなのかとも思ってしまう。しかもVan HalenはVan Halenでも,あくまでもDavid Lee Roth入りのVan Halenというのがポイントだろう。確かにDavid Lee Roth在籍時のVan Halenはハード・ロックのフレイヴァーの中に,実にポップな曲調も聞かせていたのは事実だろう。"Jump"なんてその最たる事例だろうが,そういうところにThe Bird and the Beeの2人が強いシンパシーを感じたとしても不思議ではない。

ここでは彼らしいポップな感覚を失うことなく,オリジナルに結構忠実に対応しているのが面白い。逆に当時のVan Halenの音楽のポップな感覚と,現在のThe Bird and the Beeのよりコンテンポラリーなポップ感覚がシンクロしたというところだろうか。実に楽しい。これぞ正しいロックとポップの融合って気がした。このアルバムを聞いて,改めてVan Halenのアルバムを聞きたくなるという効能は間違いなくあるだろう。星★★★★☆。いやぁ,楽しいですわ。

Personnel: The Bird and the Bee【Inara George(vo), Greg Kurstin(p, key, b, ds)】, Beck Hansen(vo), Gabe Noel(b), Justin Meldel-Johnson(b), Omar Hakim(ds), Joey Waronker(ds), David Ralicke(bs, bass-sax, tb), Alex Lilly(vo), Samantha Sidley(vo), Wendy Wang(vo)

2019年8月 8日 (木)

黙殺されがちなFleetwood Macのアルバムだが,実は結構好きな”Behind the Mask”。

_20190804-2 "Behind the Mask" Fleetwood Mac(Warner Brothers)

Fleetwood Macっていうのは不思議なバンドである。もともとはブルーズ・バンドとしてスタートして,メンバー・チェンジが行われる度にポップ度が高まるという歴史を歩んできたが,そのピークが"Rumors"から"Tango in the Night"あたりだったのは衆目の一致するところだろう。そして,その屋台骨を支えたと言ってもよいLindsay Buckinghamが一旦脱退した後にリリースされたのが本作である。Lindsay Buckinghamの脱退は,当時のファンにとっては大きなショックを与えた訳だが,私のように実は一番好きなのがChristine McVieという人間にとっては,それほどショッキングな出来事ではなかったと言ってもよい。

だが,多くのファンにとっては,やはりLindsay Buckinghamの不在は大きかったらしく,このアルバムもあまりいい評価は聞いたことがない。しかし,改めて聞いてみると,本作ってそんなにつまらないアルバムか?って思ってしまう。私にとっては結構曲のクォリティも高いし,いいアルバムではないかと思っている。逆に言うと,私はポップ過ぎるよりも,これぐらいの方がアルバムとして塩梅がいいと言うか,気持ちいいと思ってしまうのである。ある意味ロック的なヘヴィーさも加わっている部分があって,典型的なFleetwood Macって感じではない部分があるのも事実だが,それが決して私は悪い方に機能しているとは思えないのである。

結局のところ,Fleetwood Macは黄金期のメンバーの離合集散を繰り返すことになるが,一時期はLindsay Buckinghamがバンドを訴えるというような関係となってしまったが,現在は和解しているらしい。しかし,よくよく考えると,このLindsay Buckingham抜きのラインアップも結構よかったなと思っている私である。"Skies Are Limit"にしろ,"Love Is Dangerous"にしろ,"Save Me"にしろ,曲もいいと思うなぁ。星★★★★。

Personnel: Stevie Nicks(vo), Christine McVie(vo, key), Billy Burnette(g, vo), Rick Vito(g, vo), John McVie(b), Mick Fleetwood(ds, perc), Linsday Buckingham(g), Asanté (perc), Stephen Croes(key, synth, perc)

2019年7月15日 (月)

”Talk Is Cheap”は素晴らしいアルバムだが,この拡大盤はねぇ...。

Keith-richards-talk-is-cheap ”Talk Is Cheap (Deluxe Version)" Keith Richards(Mindless)

本作のオリジナル・ヴァージョンに関しては,Keith Richardsの初ソロ作にして掛け値なしの傑作という評価は今でも揺らぐものではない。しかし,この拡大盤は正直言って買う価値はなかったと言いたい。

このヴァージョンのキモはボーナス・ディスクに格納された曲群であるが,ジャム・セッションに毛の生えた程度のものをオマケにつけられてもねぇという感覚しかない。ディスカウント目的の併せ買いとして買ったものだったが,これは全くの失敗であった。オリジナル・アルバムには喜んで星★★★★★なのだが,この拡大盤には無星で十分だ。ファンの心理につけ込んだ悪徳商売の代表。私もバカげた買い物をしたものである。くだらない。実にくだらない。

2019年7月 3日 (水)

結局買っちゃったLinda Ronstadtの発掘ライブ。

Live-in-hollywood "Live in Hollywood" Linda Ronstadt(Rhino)

以前,このアルバムをストリーミングで聞いて,非常によい出来だと思ったし,記事には「これなら買ってもいいかなぁと思いつつ,ストリーミングで聞けるのであればそれでもいいかって思うようになってしまった私も変わったものだと思うが,これはそれこそ買ってもよいと思わせるに十分なナイスなアルバム」とまで書いている(その時の記事はこちら)。だったらさっさと買えばいいものを,今頃になってやっぱり買ってしまった。

確かにストリーミングでいろいろな音源を聞けるのはいいのだが,基本的に通勤途上でヘッドフォンで聞く音楽と,しょぼい送致ながら,家のオーディオで聞く音は違うと思ってきたのも事実であるから,やはり保有に値する音楽は購入すべきだと思うようになった。ということで,改めて聞いているのだが,やっぱりこれいいわ。

まさにLinda Ronstadt黄金時代。素晴らしい。YouTubeにその時の映像がRhinoからアップされているので貼り付けておこう。曲は”You're No Good"。

より以前の記事一覧

Amazon検索

2018年おすすめ作