最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ジャズ」の記事

2007年12月31日 (月)

私も今年のベスト盤を...

いよいよ大晦日となった。世の中ではいろいろな方が今年のベスト盤をブログ等でも挙げておられるので,私もあやかって今年のベスト盤を考えてみたい。そもそも私が今年何枚のCDを買ったのかもはっきりしないのだが,純粋な新譜はあまり多くなかったような気もするし,そうした私が今年のベスト盤を語る資格があるのかというと疑問ではある。しかし,いろいろなジャンルの音楽を聞いてきて,私のヘビー・ローテーションとなったアルバムをいくつか挙げておきたい。必ずしもこのブログで紹介していないものや発掘ものも含まれているが,まぁそれはご勘弁願いたい。

別格:Michael Brecker "Pilgrimage"

ジャズ:Antonio Sanchez "Migration",Chris Potter Underground "Follow the Red Line: Live at the Village Vanguard",Dave Douglas Keystone "Moonshine"

ロック/フォーク/SSW:Neil Young "Live at Massey Hall 1971",Joe Henry "Civilians"

ソウル/R&B:Mavis Staples "We'll Never Turn Back", Chaka Khan "Funk This",Aretha Franklin "Rare & Unreleased Recordings from the Golden Reign of Queen of Soul"

ブラジル:Eumir Deodato "Ao Vivo No Rio"

そして私にとっての今年のMVPはFred Hersch以外はありえない。新作"Night & the Music"もよかったが,何よりもカザルス・ホールでの彼のライブが私の心を鷲掴みにしたのである。あまりにその演奏がよかったものであるから,今年の後半最も聞いたのは彼のアルバム群ということになってしまった。また,今年最も嬉しかったのはJoni Mitchellへのシーンへの復帰。アルバム"Shine"は悪くはないが,Wayne Shorterの不在は痛く,私が求めるレベルには達していなかったのは残念。しかし,彼女が戻ってきてくれたのは何よりも嬉しかった。また,見られると思っていなかったEgberto Gismontiのライブは今年起こった奇跡の一つ。

(オマケ)映画:「ボーンアルティメイタム」(劇場,飛行機で見たものの中で,一番面白かった。)

(オマケ)書籍:吉田秀一 「悪人」(結局この本が新刊では一番面白かったような...)

ということで,今年になって始めたこのブログであるが,いろいろな方とお知り合いになる機会も与えてくれたし,それなりに私としては満足している。本年は都合359本の記事で打ち止めである。ほぼ毎日よく続いたものだが,来年以降もできる限り同様のペースにて続けていきたいと思う。

それでは皆さん,よいお年をお迎えください。また,来年もご愛顧のほどをよろしくお願い致します。

2007年12月30日 (日)

コレクターはつらいよ(3)

Jazz_for_a_hot "Jazz for a Hot Cold Sunny Cloudy, Day Night on a Train Plane or Automobile, Alone or with Others..." (Warner Brothers)

おそらく世界で最も詳しいBrad MehldauのディスコグラフィをおさえているドイツのJens Linge氏に教えてもらったアルバムである。これは2000年に出たプロモ・アルバムで,何と言ってもこのジャケ,このタイトルであるから,よっぽどのことがない限り行きつくことのなさそうなものである。

しかし,このアルバムの4曲目にはBrad Mehldau Trioによる"Non Album Track"を堂々と謳った"In the Wee Small Hours of the Morning"が収録されている。同曲はライブなどで演奏していたから,アルバムにも入っているものと思っていたが,正式なレコーディングはここに収められたものだけのようである。詳しいクレジットはないので何とも言えないが,メンツはベースがLarry Grenadier,ドラムスがJorge Rossyで間違いないだろう。

幸いこのアルバムは世の中のEコマース・サイトで入手が容易なので助かったが,こういうのが出てくると,本当にコレクターは辛い。

実はLinge氏のサイトでもう一枚注目のアルバムを発見しているのだが,これがなかなかの曲者で,フランス版オークション・サイトのようなところでブツは大量に出ているのだが,サイトは全部フランス語(仏→英の翻訳ツールを使っても,理解するのに時間が掛かって大変である)だし,発送もフランス国内のみばかりなのである。うーん,これは困った。それについては機会を改めて報告したいと思う。

2007年12月26日 (水)

Dave Douglas:年末になって現れた素晴らしい作品

Dave_douglas "Moonshine" Dave Douglas Keystone (Greenleaf Music)

年末近くになって,突如発売されたDave Douglas Keystoneの新譜である。Dave Douglasはかなり多作の人と言ってよいが,この新作はかなりカッコいい作品となっている。

ライナーによると,この作品はFatty ArbuckleとBuster Keatonの無声コメディ映画にインスパイアされたものらしいが,作品そのものはヘビーなビートの利いた作品であり,何がそうしたインスピレーションの源になっているのかははっきり言って私にはよくわからない世界である。しかし,これはかなりイケテいる。

メンツもなかなか優秀な人材を集めているが,その中で絶妙なアクセントになっているのがDJ Oliveによるターンテーブルとラップトップである。それにAdam BenjaminのRhodesが素晴らしいバックエンドのサウンドを作り出し,Brad JonesとGene Lakeの強力なビートに乗って,DouglasとStricklandが吹きまくる(特にDouglasの吹きっぷりが突出している)。こういう路線のサウンドはWallace Roneyもやっていたように思えるが,出来は本作の方がはるかによい。最近の注目株であるMarcus StricklandはJeff "Tain" Watts盤でのストレートな乗りとは一線を画したサウンドであるが,なんでも器用にこなすものであると感心してしまう。

それにしてもである。このサウンドはハイブラウなエレクトリック・サウンド好きには結構たまらんものがある。今年最後の最後になって,現れた素晴らしいアルバム。星★★★★☆。このバンド,今後真剣に追いかけざるをえない。

Recorded Live at the Mermaid Arts Centre, Bray Jazz Festival, Ireland, on May 4, 2007

Personnel: Dave Douglas(tp), Marcus Strickland(reeds), Adam Benjamin(el-p), Brad Jones(b), Gene Lake(ds), DJ Olive(turntable, laptop)

2007年12月25日 (火)

追悼,Oscar Peterson

Peterson_2 12/23,Oscar Petersonが82歳で亡くなったそうだ。近年は演奏もキャンセルされることが多くなり,その健康が危ぶまれていたが,ついに不帰の人となってしまった。

私はPetersonのファンというわけではないし,CDも大して持っているわけではない。しかし,Verve,MPS,Pablo,Telarc等のレーベルを通じて発表された彼の作品の数々はスイングするとはこういうことだということを教えてくれたのではないかと思う。 

Petersonを追悼するにはしんみりするより,彼の粋でスインギーなピアノが楽しめる゛We Get Requests゛こそが相応しい。これでこのブログでも取り上げたVery Tall Band(Peterson,Milt Jackson,Ray Brown:「Peterson/Jackson/Brownで悪いはずがない」)の全員が亡くなってしまったことになる。何とも複雑な気分のクリスマスである。

謹んでご冥福を祈りたい。合掌。

2007年12月24日 (月)

Brian Bladeの初リーダー作はとんでもない傑作である

Brian_blade_2 "Fellowship" Brian Blade(Blue Note)

現在のジャズ・シーンを牽引するドラマーの一人であるBrian Bladeの初リーダー作であるが,これが何とも素晴らしい出来である。

Blue Noteレーベルでありながら,プロデューサーがU2やBob Dylan等でおなじみのDaniel Lanoisというのは異色ながら,全くコンベンショナルではないモダン・ジャズとしてこれほどの作品に仕上げてくるところがさすがLanoisと言わざるをえない。このアルバムが発売された1998年当時,ドラマーがリーダーのアルバムの中でも私は屈指のものと評価していたが,その感覚は今でも変わらない。初発から間もなく10年になるが,音が全く古びていないのも大したものである。

このアルバムで驚かされるのはBrian Bladeの作曲能力である。全8曲中7曲がBladeのオリジナルであるがこれらが大変魅力的である。ドラマーとして優秀なのはわかっていても,ここまでの才能があるとは当時は思わなかっただけに余計に驚かされた記憶があるが,ルーツ・ミュージック的な要素も示しながらクールな雰囲気の中にも展開される熱い演奏がまた隙がない。

編成としてはある意味変わっている。サックス2管に2ギター(うち1本はペダル・スティールである)にピアノ・トリオという7人編成(一部でLanoisがギターで加わりオクテットとなる)はかなりユニークであるが,Bladeの曲を演奏するにはこの編成でなければならないだろうなぁと思わせるのが先に言ったLanoisの手腕と言えると思う。とにかくこのアンビエンスというか雰囲気は見事としか言いようがない。その中で各人が展開するソロは素晴らしいし,それをバックで統率するBladeのリーダーシップも立派。私はこのアルバムにははっきり言って文句のつけようがないというのが正直なところである。メンバーも必ずしも超有名どころではないが,彼らの実力はこれまた大したものである。

というように様々な要素を織り込んで考えれば,私はこのアルバムには喜んで星★★★★★を謹呈するものである。尚,彼らの第2作にはJoni Mitchellがゲスト・ボーカルで参加しているが,これもBladeがJoniのバックを務めたゆえのことである。やはり優れた人脈は交錯するということである。

Personnel: Brian Blade(ds), Jon Cowherd(p, el-p), Christopher Thomas(b), Melvin Butler(ts, ss), Myron Walden(as), Jeff Parker(g), Dave Easley(pedal steel), Daniel Lanois(g)

2007年12月22日 (土)

ブルース・フィーリング溢れるRay Bryantのソロ・ライブ

Bryant "Alone at Montreux" Ray Bryant(Atlantic)

何ともブルージーなアルバムである。どこから聞いてもブルース・フィーリングが溢れ出しており,ジャズとブルースの関係性を今一度再認識させるようなアルバムと言っては大袈裟か。

このアルバムはRay Bryantが単身,モントルー・ジャズ・フェスティバルに乗り込んで演奏した際の実況盤であるが,このときの演奏が実はOscar Petersonの「トラ」だったというのだから,人生何があるかわからない。このときの演奏で,Ray Bryantに対する認知度や評価が一気に高まったのは彼にとってもある意味千載一遇のチャンスをものにしたということであるが,Petersonの代役にBryantを立てたプロデューサーの慧眼も評価せねばならないとしても,何よりもこのときの演奏がそれぐらいよいということである。

Bryantはとりわけテクニシャンというわけ(左手なんてシンプルなものである)ではないので,演奏の雰囲気で聞かせる部分の方が強く感じられるが,モントルーの聴衆にはそのフィーリングが受けたか,大した盛り上がり方である。一方で,Bryantの最初のMCからは相当の緊張感が伝わってくる(声が震えているように思えるのは私だけだろうか)のが微笑ましいが,演奏にはそんな緊張感など微塵も感じられない。演奏が進んで,MCも2回目になるとだいぶ緊張がほぐれているように聞こえるから不思議なものである。

もちろん,これがホールでのライブ向けの演奏なのかという疑問もあるし,こういう演奏は一回限りあるいはごくたまにやるからよいという話もある。私なら,こういう演奏はもっと小さなあるいは下世話な雰囲気の場所で聞きたいと思うが,そうした話を抜きにしてもこのアルバムには一定の評価を与えるべきであろう。名盤とか何とかというものではないが,たまに酒でも飲みながら聞くにはよいアルバムである。但し,"Greensleeves"はどう聞いても蛇足だと思うが...。星★★★★。

それにしても,Bryantがその後ソロ・ピアノにこだわらなかったのは正解だと思う。

Recorded Live at Montreux Jazz Festival in 1972

Personnel: Ray Bryant(p)

2007年12月21日 (金)

Phil Woods:何事もやり過ぎはいけません

Philwoodsatthefrankfurt356813991 "At the Frankfurt Jazz Festival" Phil Woods and the European Jazz Machine(Atlantic)

一言で言えば騒がしい。よく言えば疾走感に溢れている。このアルバムはそのどちらで評価するかによって,好き嫌いが大きく分かれるように思える。

私はPhil Woodsに関しては,ロックのアルバムで歌心を爆発させたソロやオブリガートの印象が非常に強く,彼名義のアルバムなんて殆んど持っていないというのが実情である。このアルバムは私が保有する数少ないWoodsのアルバムの1枚だが,以前はこのアルバムの演奏はもっと気に入っていたように思うのだが,久々にこのアルバムを聞いてみて,残念ながら私には騒がしさばかりが耳についた。

これは私が年を取ったせいもあるだろうが,これははっきり言ってやり過ぎだ。そりゃここまでやれば聴衆が「のる」のは当たり前である。だってこれはある意味「アジ演説(死語だな)」のようなものである。これを「煽情的ジャズ」と呼ばずして何と言おうか。しかし,それもやり過ぎればはっきり言って飽きられる。私も30代までだったらこの演奏で大いに燃えたかもしれないが,今や中年真っ只中の私にとってはちょっと厳しい。騒がしいのがWoodsだけならまだしも,バンドが全員やかましいのでは私にはやはり厳しい。

これだけ騒がしく思える原因として,Gordon Beckのエレピのミキシング・レベルが異様に高いことも影響しているように思えるが,それにしてもである。

やはり今の私には歌心を発揮しているWoodsの方がよい。ということで,現在の心境としては演奏は決して悪くはないが星★★☆。

Recorded Live at the Franfurt Jazz Festival

Personnel: Phil Woods(as), Gordon Beck(p, el-p), Henri Texier(b), Daniel Humair(ds)

2007年12月19日 (水)

MurrayとWeston:ヘビー級デュオ

Healers "The Healers" David Murray and Randy Weston(Black Saint)

David MurrayとRandy Westonのデュオなんて聞いただけで胸焼けがしてきそうな気がしないでもないが,タイトルが"The Healer"なんてものだけに,比較的おとなしめにやってはいるものの,もちろんヒーリング・ミュージックではない(当たり前じゃっ!)。

ご両人とも,いつも通りと言えばいつも通りの演奏である。しかし,1987年頃のDavid Murrayを聞いていたリスナーには,おそらくこのMurrayでは欲求不満になってしまったのではないだろうか。それぐらいにここでのMurrayは抑制がきいているので,フリーキーなトーンはあまり出てこないし,奔馬の如く暴れるということもない。これはおそらく,大ベテラン,Randy Weston翁に合わせたというところもあるだろうが,そのあたりがこのアルバムへの評価の分かれ目ではないだろうか。

私のようにMurrayに入れ込んだことのないリスナーにとっては,Murrayがこういう感じで吹いてくれるなら,もっと彼のアルバムを聞いてもよかったかなと思ってしまうぐらいである。私としてはアルバムの最後を飾るWeston作"Blue Moses"が特に気に入っている。このレコードを聞いたのも本当に久しぶりだったが,これでWestonのピアノがよりビビッドに録音されていれば,もっと良かっただろうと思う。星★★★☆。

いずれにしても,このアルバム,Black Saintらしいと言えば(フリー度控えめながら)まさしくその通りであるが,これほどアバンギャルドな「黒さ」にこだわったレコード・レーベルがイタリアに存在したということ自体が今となっては信じがたい。

Recorded on Septenber 26, 1987

Personnel: David Murray(ts, b-cl), Randy Weston(p)

2007年12月18日 (火)

冬の熱い熱いジャズ

Livesupreme "A Live Supreme" 森山威男(Syrinx Works)

これは森山威男が2003年に行ったコンサート・シリーズの中から,最もヘビーなメンツで,ヘビーな曲に挑んだ演奏を収めた実況盤である。なんてったって「至上の愛」全曲である。それだけでなく,"I Want to Talk About You"に"Impressions"ときては,聞く前からお腹いっぱいと言う気もしないわけではないが,森山とGeorge Garzoneのコンビとあっては,私のような好き者は聞かざるをえない。

やっている曲が曲だけに,当然,私としてもColtraneの世界にどれだけ近づけるかということを考えてしまうのは当然である。ここではGarzoneとAbraham Burtonという2管編成なのだが,特にGarzoneがトレーン的に迫ってくる。それをバックで煽る森山のシャープなドラミング。これはジャズ・ファンなら結構燃えるアルバムと言えると思うし,私の期待通りの出来である。

もちろん,ライブ・レコーディングということもあり,アンサンブルに破綻が生じそうな瞬間もあるし,演奏に荒さも感じられる。しかし,それを上回る演奏の熱さゆえに,大概のことは許してしまおう。この暑苦しさを許容できるかどうかが,このアルバムを聞く上での分かれ目である。頻繁に聞きたいと思うアルバムではないが,たまにこういう演奏は聞きたくなるはずである。

但し,但しである。そうした熱い演奏を聞きたいと思ったとき,このアルバムを手に取るかと言えば若干疑問がないわけでもない。私ならおそらくColtraneとDolphyのVillage Vanguardのコンプリート・ライブ盤(Dolphyファンこそ必聴のColtraneのVanguardボックス)に行ってしまうだろうと思うからである。それでもやはり一聴の価値のあるアルバムだと思うし,少なくともGarzoneと森山のファンには必聴である。星★★★★。

それにしても,どうせなら"A Love Supreme"の呪文を唱えて欲しかったなぁ。ストイックなファンからは「冒涜だ」と怒られるかもしれないが...。

Recorded Live on September 20, 2003

Personnel: 森山威男(ds),George Garzone(ts,ss),Abraham Burton(ts, as),田中信正(p),井上陽介(b)

2007年12月17日 (月)

どこへ行ったか:今度はGary Thomasだ

Thomas "Seventh Quadrant" Gary Thomas(Enja)

以前,「どこへ行ったかChico Freeman」と書いたことがあるが,Gary Thomasも一体どこへ行ってしまったのかと思わざるをえないミュージシャンである。一時はジャズの未来を支えるかのようない割れ方をされたThomasは本当にどこへ行ってしまったのだろうか?21世紀に入って,これほど名前を聞かなくなってしまったミュージシャンもあまりいない。Milesとも一時共演したのにねぇ。

Gary Thomasがその魅力を最も放っていたのはJMT/Bambooレーベル在籍中であることは衆目の一致するところであろうが,このアルバムはそれ以前の1987年にEnjaレーベルに吹き込んだアルバムである。このアルバム,なかなか魅力的なメンバーを揃えて,ここでもThomasらしいハイブラウな演奏を展開している。特に驚かされるのがRenee Rosnessのかなり強烈なピアノによるバッキングである。Gary Thomasと言えば,大西順子をバックに来日したこともあったと記憶しているが,まるで大西順子のようなタッチでReneeがピアノを弾いているのには驚かされる。また,Thomasと絶妙なユニゾンを聞かせるPaul Bollenbackもいいプレイだと思うが,この人も最近は名前をあまり聞かないが,もっと注目されてよいギタリストではなかろうか(ただし,タイトル曲でのギター・シンセサイザーはあまりに無節操で閉口するが...)。リズムのAnthony CoxとJeff Wattsのコンビがこれまた素晴らしい(ただしWattsのドラムスが録音のせいか音が細いのは勘弁して欲しい)。

ということで,これなら大変素晴らしいアルバムになりそうなものだが,やや全体として一本調子というか,やや力まかせに走ったという感があるのは,プレイヤーの若さゆえということになるかもしれない。本作録音時,Thomasはまだ25歳であるから,それもまた仕方のないところである。その年齢で成熟していたら,むしろその方が怖い。

いずれにしても全編,Thomas君,テナー(及びフルート:結構この音色はいけている)を吹きまくっている。3曲目で現れるThomasとWattsのデュオの瞬間を聞けば,かなりのジャズ・ファンは耳をそばだてるだろうと思うのだが,Thomasのフレージングが何となく軽く響いて今いちなのが残念。Bollenbackとのユニゾンだと結構よく聞こえるのだが...。このあたりがThomasの限界だったということかもしれない。ということで星★★★。

そう言えばThomasも参加したJack DeJohnetteのSpecial Editionなんてバンドもありましたっけね。懐かしいなぁ。

Recorded on April 3 and 4, 1987

Personnel: Gary Thomas(ts, fl), Paul Bollenback(g, g-synth), Renee Rosness(p), Anthony Cox(b), Jeff Watts(ds)

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)