2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

Nyc_nye

皆さん,あけましておめでとうございます。

今年がどんな年になるのか,全く想像もつかないところですが,還暦が迫ってくる中,「もはや中年ではない」って気もしていて,ブログのタイトルも変え時かなぁなんて思っています。いずれにしても,今年もマイペースで音楽を中心に雑感をつづっていきたいと思います。

加齢により,体力も落ちてきているので,海外出張は控えめにしたいところですが,そうもいかないのかなぁ...。それでも,心の故郷,NYCに出張したら,ライブ通いしちゃうんでしょうが,今年はNYCに行くチャンスがあるのかどうか。

ともあれ,本年もよろしくお願いします。

2018年12月31日 (月)

皆さん,よいお年をお迎え下さい。

今年も大みそかとなった。とにかく,今年は海外出張が多く,大いに体力を使った訳だが,何とか乗り切ったってところか。しかし,ブログの更新頻度は以前より確実に低下してしまった。まぁ,今年ぐらい海外出張続きだと,仕方がないところもあるが,その割に現地でのライブの模様とかはアップしているのだから,気楽なものである。

ともあれ,仕事にも若干変化があり,いろいろあった一年であったが,来年はどうなるのかにも思いを馳せつつ,本ブログの2018年を締めくくりたい。皆さまのアクセスに感謝します。

それでは皆さま,よいお年をお迎え下さい。

2018年12月16日 (日)

帰国前のロンドンにて。

7693cfebc9a7466e853cad989a00c6fc

スイスからロンドンに移動し,ひと仕事こなして帰国の途についた私である。

ロンドンからの帰国便は夜出発なので,土曜日の昼はフリーってことで,久々にTate Modernに行ってきた。

ロンドンは悪天候で,アプローチのあまりよくないTate Modern訪問は結構きつい道のりであった。まぁ,それでも絵画,彫刻,インスタレーションと強烈なコレクションは壮観であった。

そして実に面白かったのがChristian Marclayの”The Clock“。これって映像のコラージュなのだが,実際の時刻とシンクロした映像が映されるのだ。私が見ていたのは14時過ぎだったが,”Hook“とか,”The Taking of Pelham 123“とか,”3:10 to Yuma“が組み合わされて,例えば14:17ならそういう映像が組み合わされるというユニークな作品であった。全部見るには24時間って凄いよねぇ。

ってことでTate Modernの造形がわかる写真と”The Clock“のポスターをアップしておこう。それにしても寒かった。

820f4ad126ff4b71a4b320c3dcd438ef

2018年12月14日 (金)

バーゼルの風情

92c75d1798ed4e51a86a1fa092075dfb

スイスのバーゼルでの仕事が終わり,これからロンドンに移動し,もう一仕事である。

バーゼルという街は初めて来たが,国際決済銀行の本部があるとは思えない,こじんまりとした街であった。ある意味,非常に落ち着いた雰囲気があって,きっと住みやすいところだと思わせる。

空港に着いた時は,スイス側とドイツ/フランス側の出口が分かれていることに気づかず,難儀してしまった。

いずれにしても,仕事で来ているので,街の様子を見聞する余裕はなかったが,それでも昨日のランチタイムに会場を抜け出し,1時間ほど散歩できてよかった。ってことで,写真はライン川を渡って向かった大聖堂への道すがら。公開時間ではなかったので,聖堂内に入れなかったのはつくづく残念。それにしても,写真からも想像できるような底冷えのする街を歩くのも風情があったってことで…。

2018年12月12日 (水)

この記事がアップされる頃には...

前にも同じような記事をアップしたことがあるが,またも海外出張である。今年は本当に海外が多くて,師走になってまで行くことになることになるとは思わなかった。

それでもって,今回の出張先はスイスのバーゼル。スイスに仕事で行くのはジュネーヴ以来,2回目だなぁ。ということで,バーゼルの街並みの写真をアップしておくが,仕事での短期の滞在ゆえ,美しい街並みを愛でる余裕はないかなぁ。それでも大聖堂だけは是非行ってみたいものだ。

それにしても,この観覧車は...。私から言わせれば,町の景観を台無しにしているように思うが...。

Basel

2018年11月26日 (月)

中年音楽狂 in ソウル

6661b270f58f467f8d7a3db345924325

10カ月ぶりぐらいで韓国に来たのだが,厳寒のソウルを想像して来たにもかかわらず,天候は極めてマイルドなのが驚き。先週の土曜日はかなりの降雪量だったらしいが、私が到着した日曜日は夜でもコートはいらないぐらいだった。

そうは言っても,朝夕の寒暖の差は激しく,今朝,仕事でホテルを出る頃の気温は0℃ぐらいだったから,結構体調管理が難しい。

今回は3泊4日の出張で,明日の午後には釜山へ移動だが,釜山はさらに暖かいらしいから,更にコートいらずのはずである。

今回はあるイベントでのプレゼンが主目的であったが,現地ではガンガンにスケジューリングされてて,プレゼン,取材,プレゼン、プレゼンみたいになっているが,まぁいいや。それに加えて,会食×3だからねぇ。胃腸の管理も大変なのだ。この国の人たちの人使いが荒いのは昔から変わらないが,私の加齢による体力低下も効いてくるって感じである。

ということで,今日はソウルの明洞近辺のイルミネーションの様子をアップしておこう。全然日本とテイストが違うところにお国柄を感じるねぇ。

2018年11月16日 (金)

中年音楽狂の出張最終日。

65a6c68895cb44e39eeb3442673ad796

昨晩はNYC最後の夜なので,いつもの出張なら当然のごとく夜遊びに出るはずだったのだが,午後から降り始めた初雪がかなり激しく,今朝のニュースではセントラル・パークの積雪は15センチとか言っているから,全く半端ではない。そうした状態ではWind Chillもきつく,持参した服では耐えられないような状態になってしまった。ということで,急遽マフラーと手袋を入手したものの,夜遊びは自粛かなぁと思っていた。

昨晩は毎度お馴染み55 BarにはWayne Krantzが出ていたのだが,10月にも見ているので,今回はおとなしくしていようかなぁと思っていた。しかし,夜も更けるに従って,雪はだいぶおさまってきたし、22時過ぎになってやっぱり行くかってことで,久々にBirdlandに出掛けてきた。

今回はJoe Lovano Nonet Plusということで,11人編成のバンドでの出演だったが,今回BirdlandをチョイスしたのはGeorge Garzoneがバンドに加わっていたからである。私はこれまでGarzoneの生の演奏に接したことがなかったので,ちょうどいいやってのもあったし,Birdlandはミッドタウンなので比較的行きやすいということもあった。

それでもって,このバンドだが,特大級のスター・バンドではないが,実力者が揃っていて非常に楽しめるものであった。昔で言えば,Benny Carterのオールスターズに近い感じか。Cleveland出身のLovanoは同郷のTadd Dameronのレパートリーを中心に演奏し,Coltrane的なサウンドを交えていたのも面白かった。

D9ac54af112445858b00b9a4b4223096

そして,今回の私にとっての目玉のGeorge Garzoneはナイスなフレージングを連発して,完全に期待に応えてくれた。私が足を運ぶライブは美的な感じか,コンテンポラリー系が多いが,たまにはこういう感じもいいねぇと思ってしまった。尚,もう一本のテナーとトランペットにはトラが入っていたが,名前を聞き取り損なってしまった。テナーは顔には覚えがあるのだが,名前を思い出せない。ラッパは若いミュージシャンだったが,実力は十分だったと言っておこう。トロンボーンはそもそもWebでもEd Neumeisterという人が告知されてて,ブックレットとは異なった人だったが,この人も上手いものだった。とにかくミュージシャンの質が高いわ。

いずれにしても,ロンドン→NYCと巡った世界一周出張もほぼ終了で,あとは帰国するだけだが,JFKが昨日の積雪の影響で混乱していないことを祈るのみである。

2018年11月15日 (木)

NYはもはや冬。

81e9d392b5274671b74d2dbfb308de4a

今回の出張も今日が最終日。明日には東京に向けて帰国の途につくが,今回の出張はマジで日程がきつい。ロンドン2泊,NY3泊の世界一周というのは,老体には堪える。しかも,NYは冷え込みがきつく,現在の気温は32℉,即ち0℃で,今日の午後は雪の予報である。さっさと仕事を終わらせて,多少の時間的余裕を楽しませてもらおう。

写真は昨夜の食事の帰り道に撮った写真。MetLifeビルの手前のHelmsleyビルがライトアップされていた。ロックフェラー・プラザのクリスマス・ツリーはまだ点灯前で,工事の真っ最中であったが,その代わりにこの写真ってことにしておこう。今回は出張前に睡眠導入剤をもらってきていたのだが,あまり効いたとは言えず,今回も時差に苦しんだ私であった。やっぱり歳だ。

2018年11月13日 (火)

ロンドンでのひとコマ。

9f95edeaaa674ab0975b9eea137de655

ロンドンに昨日到着して,当地での仕事は1日だけ。ということで,訪れたのは新たな金融街,Canary Wharf。

上の写真は訪問先のオフィスからの風景。遠くに見えるのがO2 Arena。昔,このブログにO2 Arenaの写真をアップしたことがあるが,調べてみるともう8年前だ。月日が経つのは早いねぇ。ってことで,そちらも再掲しよう。いずれにしても,昨今はロンドンにもどんどんコンドミニアムが建設されているって感じだなぁ。明日にはNYCに移動かぁ〜。はあ〜。

545aad2fa2e54c67a828f436918dc53e


2018年11月12日 (月)

この記事がアップされる頃は…。

この記事がアップされる頃は,短期間での世界一周出張の一環で,ヒースローに着くか着かないかのタイミングのはずだ、

今回は西回りでロンドン→NYC→東京という過酷な日程である。多分機中滞在時間は35時間,仕事の実働は12時間程度であろう。なんだか無茶苦茶ってきもするが,まぁ仕方ない。

おかげで,今度のDave Grusinがビッグバンドでやるバーンスタイン・トリビュートには行けなくなってしまったが,これも仕方ない。

私の人生で世界一周出張はこれが二度目だが,前回はロンドン→NYC便で熱を出して唸っていたが,NYCに着いたら回復して,ライブに出掛けて行ったのも懐かしい。

ということで今回はは無事過ごせるのかわからないが,何とか無事に乗り切りたいものである。そして25日からは韓国って,なんでやねん?なサラリーマン生活。

より以前の記事一覧

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作