2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2017年4月27日 (木)

夜遅くにECMのアルバムを聞いて思ったこと。

私はそこそこのECMレーベルの音楽好きだということは,このブログにECMというカテゴリーがあることや,記事,あるいは推薦盤の多さからわかって頂ける読者の方が多いと思う。だが,近年のECMレーベルは,もの凄い数の新譜がリリースされており,正直言って全部追えるわけではない。特に,ECM New Seriesの一部は,私にとっては全くの関心外なのだ。逆に言えば,ブログのお知り合いの910さんが,ECMレーベルの全ての新譜をフォローされていることがいかに大変かということの裏返しと言ってもよい。

これだけ新譜のリリースが多いと,繰り返しプレイバックをする機会にはなかなか恵まれないということにもなるのだが,それと同時に,ある程度CDやレコードの保有枚数が増えれば,「いつ聞くねん?」という質問には正直答えにくいのが実態だ。だから,私もECMレーベルのアルバムに関して相当数を保有していたとしても,繰り返し聞くことはまれになるのも当然なのだ。

しかし,夜遅くにたまたまECMのアルバムをプレイバックしていて,一聴してECMの音だとわかったとしても,「誰の」,「どの」アルバムかまで言い当てられるかと聞かれれば,全く自信がなくなってしまった。もちろん,CDプレイヤーにのせる前に,自分でアルバムを選んでいるのだから,誰のアルバムかはわかって聞いているのだが,やはり聞き方が足りない。もちろん,ECMでも「ケルン」とか「クリスタル・サイレンス」とか,一発でわかるものもないわけではないが,例えば,ジョンアバのアルバムが鳴っていて,ジョンアバのギターとわかっても,それがどれだかわからないなんてのは十分あり得るわけだ。

中学生とか,高校生の頃,月1枚LPを買うのが精一杯だった頃を思えば,こういうのは絶対よくないと思わざるをえず,極力手持ちのアルバムの魅力を再確認すべきなのだろうと思ってしまったのも事実である。特にECMのアルバムであれば,深夜にプレイバックしても,顰蹙を買うようなアルバムは,従来からも,最近も比較的少ないと思うので,温故知新モードもいいかもしれないなぁと思ってしまった。

_20170423_3_2ということで,これも全くのきまぐれながら,温故知新を続けてもいいなぁと思っているのだが,私にこんなことを感じさせた罪なアルバム(笑)はMisha Asperinの"North Story"である。よくよく見れば,Tore Brunborgがテナーを吹いているし,ベースはTerje Geweltだ。このアルバムがリリースされた頃は全く意識していなかったようなミュージシャンの名前に,このアルバムのライナーで改めて出会って,好きだ,好きだと言いながら,何にもわかってないじゃん,と大いに反省した私であった。アルバムのジャケの印象すらほとんど記憶になかったのだから,何をかいわんやである。まぁ,ECMは似たようなジャケのアルバムも存在するので,仕方ないんだと開き直ることも可能だが...(笑)

いずれにしても,気まぐれとは恐ろしいとは思うが,気まぐれゆえに再発見することもあるということで,ECMの古いアルバムや,ちゃんと聞いていないアルバムを聞く気満々になった私であった。ところで,最近はMisha Asperinの名前は,あまり聞かなくなったが,何をしてるんだろうねぇ。

さて,次は何を聞く?(爆) 実に悩ましいところだ。

2017年4月18日 (火)

Allan Holdsworthを偲んで,彼の東京ライブを聞く。

"All Night Wrong" Allan Holdsworth (Sony→Favored Nations)

_20170417Allan Holdsworthが亡くなった。私が彼のライブをビルボードライブ東京で見たのが2014年9月30日のことだったが,その時,"Farewell Tour"と称していたので,ライブ活動からは引退するものと思っていた。しかし,今年の7月にはNYCのIridiumにAllan Holdsworth Band featuring Virgil Donati, Steve Hunt & Evan Marienで出演すると告知されていたので,ライブに復帰するんだと思っていた矢先の訃報である。

ビルボードで見た時も,ブログに記事をアップして「引退するほど腕は衰えていなかったが。とにかく指はよく広がっていたなぁ。」と書いている(記事はこちら)ぐらいで,演奏そのものはハードなままであった。そんなAllan Holdsworthの突然の訃報に接し,今日は別の記事をアップするつもりでストックしていたのだが,予定変更である。

日本にもファンの多かったAllan Holdsworthのことであるから,今日は彼を追悼するために,Holdsworthが公式には初めて吹き込んだライブ盤である本作をチョイスした。前にも書いたが,私はHoldsworthの熱心な聞き手だったとは言えないが,Bill BrufordやChad Wackermanのアルバム,あるいはU.K.や彼自身のアルバムで接してきてはいた。そんなHoldsworthのキャリア初のライブ盤が,亡くなった今となっては,日本で吹き込まれたことが非常に誇らしく思える。そして,いかにもAllan Holdsworthらしいフレーズ,音がこのアルバムには溢れている。とにかくよく指が動くものだと感心してしまうが,誰が聞いてもAllan Holdsworthとわかってしまう,まさに唯一無二の個性であったと言いたい。

私が彼のライブに接したのは前述のビルボードライブのみであったが,1度だけでもライブに接するチャンスがあったことを今はラッキーだったと思いたい。私は決して彼のいい聞き手ではなかったかもしれないが,それでもAllan Holdsworthが稀代のスタイリストであったということは理解しているつもりである。ライブへの復帰を決めながら,ステージに立たずに去ったAllan Holdsworth。惜しい人を亡くしたものである。

R.I.P.

Recorded Live at 六本木ピットイン on May 5, 2002

Personnel: Allan Holdsworth(g), Jimmy Johnson(b), Chad Wackerman(ds)

2017年4月13日 (木)

Tommy LiPumaを偲んで,Michael Franksを聞く

Tommy_lipuma

"Sleeping Gypsy" Michael Franks(Warner Brothers)

_20170409_4先日,名プロデューサーとして知られるTommy LiPumaが亡くなった。LiPumaと言えば,George Bensonの"Breezin'"やBob JamesとDavid Sanbornの"Double Vision"など,幾多のアルバムをプロデュースしたが,私にとってLiPumaと一番結びつくのはMichael Franksのアルバムではないかと思う。前作"Art of Tea"に続いてプロデュースしたこのアルバムは,Michael Franksにとっても,"Signature Songs"の集まりのようで,代表作の1枚となっていることは間違いのない事実だろう。

Tommy LiPumaには本作でもそうだが,都会的なイメージが強い。本来フォーク的な響きを持っていたEverything But the Girlをシティ・ポップ的に変貌させた"The Language of Life"もTommy LiPumaのプロデュースだったことを考えれば猶更である。都会的なサウンドに,適切なブラジル的なフレイヴァーを加えた本作も,まさにTommy LiPumaあっての作品だと言ってよいように思う。そして,誰が聞いても魅力的なMichael BreckerとDavid Sanbornのサックス・ソロ。これぞセンスのよさ炸裂である。

一方,Dave Masonの"Alone Together"なんかもプロデュースをしているところからして,非常に間口の広い人だったとも言えるが,やはり信頼に値する名プロデューサーだったことは間違いない。

Tommy LiPumaは亡くなったが,彼が残したアルバムは不滅の魅力を放つものであることは言うまでもない。R.I.P.

Tommy LiPumaのことばかり書いて,アルバムについてほとんど触れていないが,今聞いてもやっぱりこれはいいわ。何度でもリピートできるのが,本作の魅力の証左。LiPumaへのリスペクトも込めて星★★★★★。

Personnel: Michael Franks(vo), Michael Brecker(ts), David Sanborn(as), Joe Sample(p,el-p), Joao Donato(p), Larry Carlton(g), Helio Delmiro(g), Wilton Felder(b), John Guerin(ds), Joao Palma(ds), Ray Armando(perc)

2017年4月 9日 (日)

目黒川の桜:随分満開になるのに時間はかかったが,今年もこの季節。

2_3

桜の季節になると,目黒川と言えば,中目黒界隈の無茶苦茶な人出が話題になるが,何も目黒川の桜は中目黒だけが美しいのではない。中目黒から,五反田,大崎方面に歩いてくれば,非常に美しい桜並木が毎年楽しめる。

今年は当初の東京の満開予定は4/1だったのだが,寒の戻りで,開花が随分遅れたこともあり,私の家の地元の目黒川の桜はこの週末にようやく満開となったという感じである。相変わらず綺麗なものだと思うが,見ごろも今日あたりから数日が最後かなって気がする。もちろん,葉桜は葉桜で風情はあるのだが,この桜並木には本当に毎年癒される。

ということで,近所で撮影した桜の写真の露出等をいじったものをアップするが,少しでも皆さんの目の保養になれば幸いである。

1_2

2017年3月31日 (金)

遅ればせながら追悼,Leon Ware...。

Leon_ware

ある雑誌を読んでいて知ったのだが,2/23にLeon Wareが亡くなったようだ。私がアルバム単位で初めて彼の音楽に触れたのは,"Moon Riding"でのことであったが,そのメロウさに驚かされ,そして遺作となったであろう"Sigh"ではセクシーさに参ってしまった私であった。

まさに「メロウ大王」の名に相応しかった彼も年齢には勝てなかったということであるが,そのキャリアを通じて,優れた楽曲を残し,人々の記憶に残ることは間違いない。

R.I.P.

2017年3月18日 (土)

お疲れモードの中年音楽狂

出張,イベント,飲み会続きで,更にはライブもあって,体力的に厳しい私である。音楽は聞いていないわけではないのだが,記事をアップする気力がわいてこない。そういうこともあるってことで,今日は開店休業。年度末でまだまだ飲み会は続くので,結構財布にも厳しい今日この頃。はぁ~。

2017年3月11日 (土)

昨日のEric Harlandは...。

記憶がヴィヴィッドなうちに昨夜帰宅後,記事を書いていたのだが,誤って保存しない状態で画面をクローズしてしまった。ということで,詳しくは改めてアップするとして,いろいろ言いたいことがあるとだけ言っておこう。

2017年2月27日 (月)

遅ればせながらの追悼:Larry Coryell

Larry_coryell
Larry Coryellが2/19に亡くなった。前日までIridiumでライブをやってから,ホテルに戻っての自然死だったらしいが,それにしても突然のことである。YouTubeには死の前日のライブの映像がアップされているので貼り付けておくが,この数時間後に亡くなるなんてことを誰が想像し得ようか?

私がLarry Coryellの音楽に初めて触れたのは,Gary Burtonのアルバム("Duster"あたり?)だったか,リーダー作"Spaces"のどちらかだと思うが,今日は遅ればせながらの追悼のために,CoryellがSteve Khanとデュオでやったライブ盤"Two for the Road"を聞いていた。これもアルバムがリリースされてすぐぐらいに購入したものだったはずだが,冒頭の"Spain"から全編に渡って,素晴らしく緊張感に満ちた演奏を繰り広げ,このアルバムは本当に好きだった。

多作の人だったが,私が接したアルバムはそのうちの少数に過ぎないかもしれない。しかし,今にして思えば,やはりインパクトの強い人であった。死の前日までライブをやっているとは,なんとミュージシャンらしい生き様か。

R.I.P.

2017年2月 2日 (木)

音楽は聞く人によって,印象が変わるって話。

Friday_miles主題だけ見るとなんのこっちゃ?と思われる読者の方もいらっしゃるかもしれないが,会社で同僚と話をしていて,面白いなぁと思ったことがあった。件の同僚とは,毎度おなじみテナーの聖地,新橋のBar D2に行ったことがあるのだが,その時にプレイバックされたのが,正式リリースされる前のブートレッグ状態の"Complete Friday Miles at Filmore"であった。

それを聞いた同僚がカッコいいというので,ブートを保有していた私は,それを「焼いて(笑)」,彼に渡したのである。それから何年か経ち,彼のところに子供が生まれて,その子にこの"Complete Friday Miles at Filmore"を聞かせた時の反応は「こわい!」だったそうである。確かに,ハイブラウで,ハードボイルドで,そして凶暴な演奏であるから,子供がこわがるのも仕方ないとは思えるが,「こわい!」というのが本当に意外であった。

ただ,それだけの話であるが,私も年齢を重ねて,色々な音楽を聞いてきたので,ちょっとやそっとでは驚かないが,やっぱりこういう音源は,子供に何らかの感覚を与えるんだろうなぁ。まぁ,私だって,幼い頃は,「ウルトラQ」の冒頭のサウンド・シークェンス(映像逆回転で,ウルトラQの文字が浮かび上がるあれである)に恐怖を感じていたようにも思える。そんなことを考えれば当然だが,年端も行かぬ子供にMilesを聞かせて,彼/彼女がカッコいいって言ったら,そっちの方が怖いわな~(爆)。

2017年2月 1日 (水)

追悼,John Wetton

John_wetton_2

John Wettonが亡くなってしまった。昨年,Keith Emersonが逝き,Greg Lakeがこの世を去った。その時は追悼記事は書いていない私だが,EL&PとJohn Wettonが在籍したKing Crimson(Greg LakeもCrimsonのオリジナル・メンバーであるから,こういう書き方をさせてもらう)では,私の中で占める位置が違う。もちろん,EmersonもLakeも偉人であることは事実であるが,John Wettonがいた頃のKing Crimsonは歴代のCrimsonの中でも,最も私を興奮させてくれるラインアップであったがゆえに,この訃報は本当に悲しい。

まだ67歳だったので,まだまだ活動はできただろうが,結腸癌であっさりと亡くなってしまった。しかし,闘病のためツアーもキャンセルしていたようであるから,相当症状は重かったのだろう。Crimson以降,Uriah Heep,Brian Ferry Band,U.K.,Asiaと様々な活動を続けたWettonであったが,私にとっては,同時代で聞いたAsia第1作も思い出深い。今にして思えば,佳曲の揃ったアルバムであった。しかし,やはり私にとってはやっぱりKing CrimsonのJohn Wettonである。この記事を書いているのは深夜なので,これからCrimson音源を聞いて追悼ってわけにはいかないが,通勤時間帯は当面John Wetton在籍時のKing Crimson漬けになって,彼を追悼したい。

R.I.P.

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)