最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ライブ」の記事

2017年3月24日 (金)

Enzo Favata@イタリア文化会館に行ってきた

Enzo_favata東京の九段にあるイタリア文化会館は,たまにイタリア人ミュージシャンのライブが無料で見られる。それも結構真っ当な人たちが出演するので,ライブの告知はチェックするに値するヴェニューである。私は以前,Dado MoroniとMax Ionataのデュオをここで見たことがあるが,今回は全く知らないミュージシャンであったが,無料ということもあり,ネットで申し込みの上,行ってみた。

Enzo Favataという名前は,初めて聞いたが,イタリア文化会館の告知によると,「サルデーニャ島出身。1983年ジャズミュージシャンとしての活動を開始。1988年にカルテットを結成し、サルデーニャの民族音楽に、ジャズのインプロヴィゼーションや他国の民族音楽を取り入れた演奏を行う。映画音楽のほか、演劇、ラジオ、テレビ番組のための作曲もてがける。毎年夏にサルデーニャ島北部の町サンタ・テレーザ・ディ・ガッルーラで開催されている国際ジャズフェスティバル「ムジカ・スッレ・ボッケ」のディレクターを務めている。」とある。今回のライブも「ジャズ・ライブ」と銘打ったものだが,ミュージシャンは彼一人で,あとはラップトップやシークェンサーを駆使した音楽は,ジャズ的というよりも,私には映画音楽的に響いた。

ある意味,アンビエント・ミュージックに近い雰囲気もあるので,私は何度か頭を垂れそうになってしまったが,なかなか面白いライブだった。それはEnzo Favataが駆使する楽器がいろいろあったからである。ソプラノ・サックス,クラリネット,バスクラに加えて,バンドネオンやら,Jew's Harp(口琴,マカロニ・ウェスタンの音楽なんかに出てくる,口にくわえるなどして、その端を指で弾くもの),更にはサルディニアの古楽器(確か2100年前のものとか言っていたがほんまか?)まで使って,色々な音色を聞かせたからである。

イタリア文化会館のライブは,日頃,ジャズに関心のなさそうな聴衆まで集まるところは,武蔵野スイング・ホールの聴衆に近いものがあるが,それにしても,今回,「ジャズ・ライブ」だと思って来場した人には,違和感が大きかったんじゃないの?と言いたくなるようなものではあったが,そこは雑食の私(笑),全然問題なしであった。

知名度も高いわけではないであろうEnzo Favataの今回の来日がどういう理由によるものかはわからないが,今回聞かせたような音楽であれば,やはり映画音楽としてのフィット感が強いと思わせるものであった。だが,それは欧州の映画にこそフィットするのであって,決してハリウッド製の大作ではありえないって感じだろう。いずれにしても,世の中にはいろいろな音楽があるねぇと思わせたライブであった。写真はネットからの拝借。

Live at イタリア文化会館 on March 23, 2017

Personnel: Enzo Favata(ss, cl, b-cl, jew's harp, bandneon, vo,laptop, and others)

2017年3月17日 (金)

何年経っても凄かったChick Corea Elektric Band

Chick_corea_eb_at_blue_note昨年,NYCのBlue Noteにおいて,Chick Coreaの生誕75周年を記念して,長期に渡っての連続ライブ・シリーズが展開された際に,再編されたChick Corea Elektric Bandである。私は出張中にJohn McLaughlinとのデュオを見ることができたが,やはりReturn to ForeverとかこのElektric Bandとか,賑々しい音も聞きたかったなぁと思っていたところに,彼らの来日が決まった時には,正直小躍りした私である。そんな彼らの来日公演の東京の初日を聞きにBlue Note東京に出掛けてきた。

振り返れば,私が彼らの演奏を生で見たのは,約25年前に遡る。場所は,今はなきBottom Lineであった。その時のメンツは今回の来日メンバーと同じクインテットであったが,今回それ以来の演奏に接して,もちろん彼らも年を取ったし,私も年を取った。しかし,彼らが今回披露した演奏は,四半世紀を経ても何らテンションが変わらないところが凄い。彼らのきめきめのユニゾンを聞いて興奮しない人間なんているのかと思えるほどのスリリングな展開を聞かせた。

もちろん,テクニシャン揃いであるだけに,ソロ回しが長くなり,やや冗長な感じがする瞬間がなかったわけではない。しかし,彼らの鬼のような演奏を聞いていたら,ほとんどの聴衆は満足して家路についたはずだが,私が聞いた2ndセットは,アンコールまで約1時間45分という長丁場となったが,Chick Coreaは本当に75歳?と思わせるほど元気そのものであった。

昨今のChick Coreaのライブによくある,Chickが弾くフレーズを続けて聴衆に歌わせるという趣向は,正直なくてもいいと思えるし,Frank Gambaleとの対位法的なフレーズのやり取りも,私にとってはイマイチ感があったのも事実である。しかし,この人の頭はどうなっているのかと思わせるDave Wecklの反応,スウィープ・ピッキングによるFrank Gambaleの早弾き,エモーショナルなEric Marienthalのサックス,ファンクも哀愁もなんでもありのJohn Patitucciのベース,そして御大Chick Coreaのいかにもなフレージングをまとめて聞かされたら,まいったと言うしかないのである。まじでよくやるわ。

演奏は非常に楽しめたが,その一方で,やたらにつまらん蘊蓄を並べる隣のおっさんには辟易としていた私である。音楽を楽しむだけならいいが,つまらんコメントを曲間に並べるのはやめてくれと言いたいわ。こういう客ってBlue Noteには多いよなぁってつくづく思う。バンドには何の責任もないが,それがまじで残念。

尚,当日のセット・リストがブルーノートのサイトにあったので,貼り付けておこう。

1. Silver Temple
2. Eternal Child
3. Ished
4. Captain Jocelyn
5. Johnny's Landing
Encore: Got a Match?

Live at Blue Note東京 on March 16, 2017

Personnel: Chick Corea(p, key), Eric Marienthal(as, ss), Frank Gambale(g), John Patitucci(b), Dave Weckl(ds)

2017年3月12日 (日)

改めてEric Harland@Cotton Clubを振り返る

Eric_harland_at_cotton_club今年1月のCharles Lloydとの演奏でも素晴らしいところを聞かせたEric Harlandが自己のバンド,Voyagerで来日すると聞いたら,聞きに行かないわけにはいかない。彼らのデビュー作である"Live by Night"も大いに高く評価した私なので(記事はこちら),大いに期待をさせられての参戦となった。今回は"Live by Night"のメンツからJulian Lageを抜いたクァルテット編成であるが,Julian Lageはソロ・アルバムも出しているし,自身のバンドでCotton Clubにも出ていたから,まぁそれは仕方あるまい。

私が行ったのは金曜日の2ndセットということもあり,私が最近Cotton Clubに行った中では,極めて集客もよかった。大学のジャズ研の兄ちゃん風の聴衆も結構いるのは,ドラマー・バンドに共通しているように思える。Kendrick Scottの時もそういう感じがしたしねぇ。

これだけの集客であるから,ミュージシャン側としては機嫌よく演奏ができるはずであるから,ますます期待値が高まっていたが,いざ演奏が始まると,いかんともしがたい違和感を覚えていた私である。その違和感は,演奏そのものによるものではない。ライブの形態にである。彼らはアンコール前の約70分間,曲の切れ目なしに組曲風に演奏を続けたわけだが,これが聴衆側にとっては必ずしもよいことではないと思えたからである。

もちろん,ライブは演奏する側のイニチアチブのもとに行われることは異論はない。だが,一般的なジャズのライブの場においては,「合いの手」を入れたり,拍手や歓声を送ることによって得られるカタルシスもあるはずである。クラシックのコンサートにしろ,昔のKeith Jarrettの長大なソロにしても,聞く側もちゃんとそういう心構えができている中で聞くが,Eric Harlandのようなミュージシャンのバンドの場合,過度に聴衆に緊張を強いるのはどうなのかと思えてしまうのである。演奏の質は高かったと思えるだけに,やや聴衆との間にコミュニケーション・ギャップを感じさせるようなライブのスタイルは,少なくとも私にとっては好ましいと思えなかった。せっかくのライブなのだから,聴衆を楽しませることも重要だろう。

Eric Harlandのドラムスはタイトそのものでそれ自体は素晴らしい。Walter Smith IIIはフリーキーなトーンを交えながらのソロを聞かせたが,悪くはないとしても,もう少しフレージングに幅があってもいいと思わせる一方,Harish Raghavanのベースは,ステディでありながら,いい音を出していたのは収穫である。しかし,私が違和感を覚えながら,このライブでいいと思えたのがTaylor Eigstiのピアノである。Kendrick Scottとのライブでも非常に魅力的な演奏を繰り広げたTaylor Eigstiの繰り出すフレージングは,やや辟易としながら聞いていた私の耳を救ってくれたと思えるほどのナイスなものであった。美的なものとスリリングなものを両立させるピアノは本当に良かったと思える。

ということで,演奏の質は高くても,ライブのアンビエンスと両立できなかったことが,今回のライブを私が評価できない最大の理由である。少なくとも私の中では,ドラマー・バンドのライブとしてはKendrick Scott Oracleの圧勝に終わったと思う。期待値が大きかっただけに,やはり納得がいっていない私であるが,まぁ,クーポンを使って,チャージが半額だからよかったんだけど(苦笑)。

Live at Cotton Club on March 10, 2017, 2ndセット

Personnel: Eric Harland(ds), Walter Smith III(ts), Taylor Eigsti(p), Harish Raghavan(b)

2017年3月 3日 (金)

Jakob Bro@Cotton Club参戦記

_20170302ここのところ,飲み会続きで体力がきつい中,あまり帰宅が遅くなってばかりだと家人の顰蹙を買う。そんな中でJakob BroのライブがCotton Clubで開催されると知り,行くかどうか,迷いに迷っていたのだが,Thomas Morgan~Joey Baronというトリオは,今回を逃すといつ聞けるか(見られるか)わかったものではないということで,参戦を決意したのがライブ前日。上述の通り,帰りが遅いと何を言われるかわからないので,今回は私には珍しく1stセットを聞きに行ってきた。

Jakob Broと言っても,知っている人は知っているだろうが,日本の知名度はまだまだと言ってよいだろう。なので,今回も集客の心配をしていたのだが,やはり入りはイマイチって感じで,大体5割の入りってところか。

そして繰り広げられた音楽は,CDで聞かれたものと印象は同じで,ある意味アンビエント的,環境音楽的な響きであった。しかし,Thomas Morganのベースは繊細でありながら,テクニックは確か,そしてJoey Baronはスティックだろうが,ブラシだろうが,マレットだろうが,平手打ちだろうがなんでもござれの状態で,こうした環境音楽的なサウンドに対しても的確,そして時にダイナミックにサポートする。そしてJakob Broのギター及びトリオの響きは「幽玄」という表現しか思いつかないようなものであった。しかし,一部ではスライドにエフェクターをかませて,ロック的なアプローチを見せるなど,アンビエントだけではないところを示した。とは言え,全体的に見れば,これは環境音楽的アプローチであることは間違いない。それが証拠に,私の周りには完全に熟睡していたオーディエンスが少なくとも3人はいた(笑)。

だが,心地よくまどろめる音楽はいい音楽だとも言えるわけで,音楽のタイプにしては,アンコールを求めるオーディエンスの反応はかなり熱いものがあり,結構受けていたと思えるのはよかった。だからこそ,1st終了後,2ndも続けて聞きたいと店員に話していた聴衆がいたということでもあるが,3者が一体となった非常にいい演奏だったと思う。

Jakob_bro_i_mosaic1stセットゆえ,サイン会があるかどうかは微妙かなと思っていたが,ちゃんとやってくれたので,ついでにJakob BroとThomas Morganと写真を撮影してもらった。いつも通り私の顔にはモザイクを掛けるが,Joey Baronは別テーブルでお知り合いとお話し中だったので,写真には写っていない。だが,話に割り込んでサインだけはしてもらった私である。こういうときは図々しさも大事である(きっぱり)。

それにしてもThomas Morgan,シャイなのかよくわからないが,内省的なベースはキャラそのものではないかと思えるほど物静かな感じの青年であった。いずれにしても,ECM(あるいはManfred Eicher)に重宝がられるのも当然のような音であったと言っておこう。

Live at Cotton Club on March 2, 2017

Personnel: Jakob Bro(g), Thomas Morgan(b), Joey Baron(ds)

2017年2月 9日 (木)

改めてKevin Hays@Cotton Club東京を振り返る。

Kevin_hays_i_2Kevin Haysが彼のNew Day Trioで来日すると聞いた時,集客は大丈夫なのかなぁと正直思っていたが,今回のCotton Club東京におけるライブでも,案の定,集客は決して芳しいものではなかった。自由席のステージ前フロアがそこそこ埋まる程度で,指定席はほとんど利用者がいない状態だったので,入りとしては4割~5割ってところだろうか?

しかし,そこはプロである。一切手抜きはなく,非常にいい演奏であった。前回,Kevin Haysを見たのは55 BarにおけるFima Ephronのバンドであったが,その時も決して客入りがよかったわけではないが,このトリオ,見逃すには惜しいと思えた。三者の実力は相当なものであり,まず私が驚いたのがドラムスのGreg Josephである。非常に安定したドラミングで,ブラシでもスティックでもうまいものである。ベースのRob Jostも堅実でありながら,ソロはなかなかのもので,何よりもこの人の音の良さには感心した。

しかし,今回のライブにおける最大の驚きは,Kevin Haysの歌である。今回のセットではなんと3曲でヴォーカルを聞かせたのだが,これが実にうまい。喋る時は結構低い声なのだが,歌いだすと,ナイスなテナーとバリトンの中間ぐらいの声って感じである。私は彼の歌を聞いていて"Kevin Hays Sings and Plays"みたいなアルバムをプロデュースしたいなぁなんて思ってしまった。弾き語る姿はまさにPiano Manって感じで,Billy Joelを聞いているような錯覚にさえ陥りそうになっていた私である。ピアノ・トリオとして聞いても楽しめたし,ヴォーカル入りのバンドとしても楽しんでしまった私である。

_20170208上の写真はいつものような"Kevin Hays & I"であるが,多少お疲れモードかなっという表情であった。しかし,55 Barでクリポタのアルバムにもらったサインがにじんでしまったので,もう1回お願いと言ったら,快く対応してくれた。そっちの写真もアップしておこう。ということで,もう少し客入りがいいとよかったのだが,私は聞けたことに満足して,家路についたのであった。

Live at Cotton Club東京 on February 6, 2017,2ndセット

Personnel: Kevin Hays(p, vo), Rob Jost(b), Greg Joseph(ds)

2017年2月 7日 (火)

Kevin Hays New Day Trioのライブの戦利品

_20170206福島に出張した帰り道に,Cotton Club東京でKevin Haysのトリオのライブを見た。詳しくは改めてご報告とし,今日はその戦利品のみ。実力十分のいいトリオであった。

2017年2月 4日 (土)

Donny McCaslin@Blue Note東京参戦記

Donny_mccaslin_at_blue_note2_2
Blue Note東京にDonny McCaslinのライブを見に行った。基本的にそんなメジャーな人たちとは思えない彼らのライブが,Blue Noteをフルハウス状態にさせたのは,偏にDavid Bowieの"★"への参加があったがゆえと思わざるをえない。しかし,彼らとて,これだけの聴衆が集まれば,機嫌がよくなるのも当たり前である。Donny McCaslinは演奏中も,演奏後のサイン会もご機嫌そのもだったと言ってよいだろう。

そんな彼らの演奏を聞いていて,つくづく思ったのが,彼らはライブ・バンドだということである。私は彼らのアルバムについては,結構辛い評価をしているのだが,ライブで演奏する場合と,アルバムでの演奏にはかなりダイナミズムに違いがあるように感じた。David Bowieが彼らをリクルートしたのが55 Barにおけるライブだったという話もあるのもうなずける話である。私は予約したのが結構遅かったので,どんな席になるのかひやひやしていたが,まぁ,サイドのまともな席だったのはよかった。ということで,上の写真は,スマホで隠し撮りしたものだが,結構うまく撮れている(笑)。席からはMark Guilianaの姿はあまり見えなかったのは残念だったが,手数としてはMehliana同様の叩きっぷりだったと言ってよいだろう。

いずれにしても,非常にタイトなバンドと言ってよい人たちで,David Bowieの"Lazarus"は結構しっとりやっていたが,大方はビートを効かせた演奏を聞かせていた。各々のメンツはそれなりの実力者だし,ベースのTim Lefebvreに至ってはWayne Krantzともやれば,Tedeschi Trucks Bandでもやるのだから,ロック的な乗りも全然問題なしである。Jason LindnerもMe'shell N'degeocelloともファンク的な演奏を聞かせるのだから,真っ当なジャズにはならないというのは当たり前だが,それにしても,ビートが炸裂する演奏だったと言えるだろう。

演奏が終わって,サイン会で彼らと話したのは,私がNYCで接したDonny McCaslinのAlex Sipiaginとの演奏やTim LefevbreのWayne Krantzとのライブのことだったが,彼らはライブのことをよく覚えているなぁと感心もした次第。ということで,昨日の記事に続いて,ライブの戦利品の写真もアップしておこう。もう1枚あるのだが,それはジャケの内側へのサインなので,今回は省略。

Live at Blue Note東京 on February 2, 2017

Personnel: Donny McCaslin(ts), Jason Lindner(p, key), Tim Lefevbre(b), Mark Guiliana(ds)

Donny_mccaslin

2017年2月 3日 (金)

今日の戦利品:Donny McCaslin Group!

_20170202

今日は戦利品だけ。もう限界です(爆)。絶対飲み過ぎだって(笑)。

2017年1月30日 (月)

忘れないうちにKendrick Scottのライブの模様を振り返ろう。

_20170129_2先日行ったCotton ClubにおけるKendrick Scott Oracleのライブの模様を振り返っておこう。前回はBlue Noteへの出演であった彼らだが,スケジュールが合わず行けなかったはずである。その前にはCotton Clubに出たのだが,その時はやんごとない理由により,演奏が始まる前に会場を去らねばならなかったことは,戦利品のページにも書いた。つくづく縁がないなぁと思っていたのだが,今回ようやく彼らのライブを見ることができた。

今回は通常レギュラーのJohn Ellisに代わってBen Wendelがトラで入っていたが,Cotton Clubのサイトで公開されているライブ映像を見てもらえばわかる通り,大きな影響はない。とにかくこの人たちの演奏は,これぞコンテンポラリー・ジャズって感じ(一部,コンベンショナルに響く部分もあるにはあったが,基本はコンテンポラリー)の音がするわけだが,とにかくメンバーの質が高い。昨今はドラマーがリーダーもコンポーザーも兼ねるというパターンが増えたが,このOracleも,リーダーシップよろしく,見事な演奏を展開したと言ってよい。

Kendrick Scottのドラムスは切れ味もよく,更にはマイクを握ってスキャットしながら,スティック1本でドラムスを叩くという技まで披露しながら,バンドをプッシュする力量は完璧。そして驚かされたのがMike Morenoのギターの素晴らしさ。音と言い,フレージングと言い,これまた大したもの。そしてTaylor Eigstiのピアノも実力あるわ~と思わせるに十分なものであった。Joe Sandersのベースはやや控えめではあったが,ベース・ソロなんてこれまた全く侮れないものであった。Ben Wendelもそもそもコンテンポラリー系なので,バンドへのフィット感はある人なのである。

_20170129こうした面々がバンドとして演奏した時の総合的な力量も凄いが,各人の実力も十分発揮された好ライブ。私は冒頭の"Be Water"から完全に彼らの演奏に参っていたと言っても過言ではない。ということで,今回は,前々回,サインだけもらっておいてもらった前作"Conviction"と,Mike MorenoのCDの画像を戦利品としてアップしておこう。本当にレベル高いわ。

Live at Cotton Club東京 on January 23, 2017

Personnel: Kendrick Scott(ds, vo), Ben Wendel(ts), Taylor Eigsti(p), Mike Moreno(g), Joe Sanders(b)

2017年1月24日 (火)

凄いぞ!Kendrick Scott。今日はやっと見られた彼のライブの戦利品だけアップ。

_20170123Kendrick ScottがCotton Clubで前回ライブをやったのは2013年9月のことだったはずである。私はその時も,Cotton Clubまで行って,ワインもボトルで頼んでおきながら,演奏開始直前にアクシデントが発生し,どうしてもその場を去らざるを得なかった。

それからの積年のリベンジへの思いを抱えていた私が,Kendrick Scottのバンドとしての再来日を知ったら行かないわけにはいかないということで,今年2回目のライブ参戦となった。

Kendrick_scott_i詳しくは改めてのご報告とするが,今日の戦利品はこれってことで,トラで入ったBen Wendel以外の4人のサインをゲットしたKendrick Scottの最新作である。Ben Wendelには申し訳なかったが,彼にはKneebodyで来た時に,サインをもらってしまっていて,今回はごめんなさいしてきた私である。併せて,いつものように「Kendrick Scottと私」の写真もアップしておこう。今回はモザイクでなく,半分以上私の顔をトリミングしたもの(爆)。

それにしても,レベルの高いバンドであった。まじで凄いわ。

より以前の記事一覧

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)