最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

カテゴリー「サッカー」の記事

2018年7月 4日 (水)

惜しかった!頑張った!! ありがとう,日本代表!!!

Photo

ワールドカップ決勝トーナメントの日本対ベルギーの戦いは実に素晴らしい一戦であった。前半,ベルギーに押し込まれ,防戦一方となる時間もあった日本がなんとか0対0でしのぎ,後半の3分,7分と原口,乾が立て続けにゴールした時は,私は早朝にもかかわらず,大いに興奮させられたし,新たなジャイアント・キリングかとマジで思わせた。原口のゴールも,乾のゴールも実に見事なものであり,特に乾の無回転ミドルはまさにビューティフル・ゴールと言ってよいものであった。

Photo_2このまま行けるのではないかと思わせたところでの,フェルトンゲンのヘッドがふらふらと上がって,入ってしまったあの一点目が痛かった。ある意味あんなへなちょこゴールをされるぐらいなら,ドカンと一発突き刺された方が諦めもつくというものである。あれはかなり精神的なダメージを与えたはずであるし,ベルギーには活力を与えてしまった。

そして,ベルギーの選手交代の妙と言うべきか,高さを誇るフェライニのヘッドによる同点ゴールは,まさに狙い通りの得点であった。それでもその段階では同点であったし,本田のFKは惜しくもセーブされたものの,アディショナル・タイムでの大きな得点機であった。そして,4分のアディショナル・タイムも残り30秒となったところで,日本はコーナーキックを獲得したのだが,残り時間を考えて点を取りに行ったというその気持ちは理解できない訳ではない。しかし,その後,ベルギーにこれ以上はないというカウンターを完璧に決められ,何とも憎らしいことにゴール前でルカクがスルーし,これも交代で入ったシャドリが決勝点をあげるという結果を生んでしまった。

Photo_3結果論になるが,あのCKをショート・コーナーを使って,時間ギリギリになるまでボールを保持し,最終的にシュートで終えていれば,得点,あるいは延長戦という可能性もあったように思えるだけに,あの時間帯でのコーナーキックの判断の是非は問われても仕方がない部分はある。だが,勝利を目指してのCKであり,かつベルギーの残り30秒からのカウンターが本当に完璧だったことを考えると,残念だったが,負けは負けである。

私はポーランド戦の戦術に関しては徹底的に批判したが,ベルギーとは正々堂々戦って欲しいと,このブログにも書いた。そして彼らは正々堂々と戦い,正々堂々と散った。まさにこれこそポーランド戦では感じることができなかったスポーツマンシップである。このゲームは大きな感動を多くの人に与えたはずだし,日本代表が一皮むける契機になるのではないかと期待できる試合であった。

本当に惜しかった。でも日本代表はよく頑張った。乾,原口,酒井宏樹の涙を見て,朝から私はもらい泣きをしていたが,大会前に,これほどの日本代表の戦いぶりを誰が想像しただろうか。今回の頑張りは胸を張るべき戦いぶりであった。だから,彼らには顔を上げて,堂々と帰国,あるいは,自分の所属チームに帰って行って欲しい。そして,4年後には今回のメンバーから大幅に入れ替えが起こるだろうが,これまで長きに渡って主将としてチームを支えた長谷部は代表引退だそうである。長谷部のこれまでのリーダーシップと精神力には頭が下がる思いだ。そして,今回,献身的な守備でルカクを抑えた昌子は4年後もディフェンスの柱として活躍し,柴崎は今回にも勝る的確なロング・パスやスルー・パスを連発していることを確信している。そうした中で,おそらく日本が強化すべきは,オフェンス時のスピードのギアを一段上げる能力だろう。それができるのは今のところ,今回は代表からもれた浅野ではないかと私は思っている。日本にもスピード・スターは必要なのだと強く感じさせたのは事実であるが,そうした今後の日本代表の姿を想像する楽しみも,彼らは与えてくれたと思う。

いずれにしても,ベルギー戦での日本代表の戦いぶりに改めて大きな拍手を送るとともに,声を大にしてありがとう!と言いたい。

2018年7月 3日 (火)

VARは是か非か。

今回のワールドカップにおいては,VAR(Video Assistant Referee)の導入は大きな改革の要素だと思える。その一方で,これによってゴール前の微妙な判定が覆えることも多々あるように思え,レフェリーの価値や質の低下を招く可能性も否定できないだろう。また,VARによって,試合の流れが分断されることが多く見られるのも事実なのだ。まぁ,新しい仕組みには,往々にして負の要素がつきまとう訳で,今回は今回として,次回からはゴール時の得点判定は残しつつ,その他の判定については,バレーボールやテニスのようにチャレンジ方式を採用してはどうだろう?そうすれば,何でもかんでもVARっていうことにはならないし,主審の恣意的な判断は排除し,チャレンジ対象となったプレーに関してはVARの判断を絶対的なものとすればいいと思える。

ほかの競技で採用されている方式をうまく取り入れることも知恵だと思うのはきっと私だけではないはずだ。FIFAもどうすれば運用がスムーズになるのかを考えることも必要だと感じる今大会。

2018年6月30日 (土)

日本対ポーランド戦についての思い。

Photo

日本代表の決勝トーナメント進出は非常にめでたいことだ。そのことに異議はない。下馬評を覆した日本代表には改めて敬意を表したい。だが,雌雄を決するポーランド戦の内容については,私は全く納得していない。

今回の試合にはいろいろなシナリオがあった。日本が勝つか引き分けるのが最も確実な決勝トーナメントへの進出方法である。敗戦したとしても,コロンビア〜セネガル戦の結果次第では進出の可能性があることはわかっているから,それに応じた戦い方もあるのもわかる。だが結果によりグループ首位通過と2位通過では,今後に大きな違いがあることも事実であった。

だが,最初の勝つか引き分けというシナリオは,ポーランドに先制を許した段階で崩れた。そもそもあのFKからの失点が全くいただけない。大迫がゴール前につめ、酒井高徳もマークに入っていながら,上の写真のように簡単に振り切られ,完全に相手DFベドナレクをフリーにしてしまったあのディフェンスはなんだ?セットプレーへの対応が課題でありながら、あれでは問題である。この段階では,コロンビア対セネガルがスコアレスのままだったので,日本は絶対に点を取りに行かなくてはならない状況だった。

しかし,その後,日本は足が止まり,前線にボールがフィードできないばかりか,攻めなければならない時間に,逆にポーランドに押し込まれていたのが次なる問題だ。天候や連戦による疲労もあるだろうが,全く攻撃になっていなかったのは明らかだ。

そしてコロンビアが1点先制した後の,パス回しで時間稼ぎをした姿には,私はスポーツマンシップの欠如を強く感じた。今回の日本代表は逆境をはね返す強さを持っていることが,彼らに対する評価を上げた要因であるにもかかわらず,あのやり口は何なんだ。「試合に負けて,勝負に勝った」と言えば聞こえはいいが,これからサッカーを目指す青少年に対してさえ悪影響しか及ぼさないあのやり方は,どうしても褒められないし,何の感動もなかった私である。

西野監督の采配はあれはあれで仕方がない部分もあるし,1位通過したいコロンビアだってセネガルに得点機を与えないため,ボール回しに徹していたかもしれない(そっちは見ていないからわからないが...)。ポーランドも勝ち点3があればいいと思ったのか攻め手を緩めたのも事実だ。だとしてもである。私は今回の試合にはどうしても後味の悪さを感じたし,あのやり方は日本らしくないとしか言いようがない。"Samurai Blue"というニックネームが空々しく響き,フェアプレー・ポイントで薄氷の一次予選通過というのが,まさにジョークとしか思えない。あの戦い方はフェアプレーから乖離したものであり,単なる勝利至上主義だ。

次戦は更なる強豪ベルギーが相手である。次からはノックアウト方式なのだから,今回のような「せこい」戦い方は許されない。日本代表が最初の2戦から,ポーランド戦前半までのような正々堂々とした戦いを挑む姿が見たい。

ベルギー戦では今回のことは水に流して応援するが,午前3時キックオフはきついよなぁ。延長だ,PK戦だってなると,終了時間は更に遅くなる訳だが,いずれにしても予選リーグ通過チームとして,敗退したセネガルのためにも全力で戦って欲しいものである。

2018年6月25日 (月)

日本対セネガル戦を振り返る。

Photo

勝ち点3同士の日本対セネガルの試合は,決勝トーナメント進出を占う上で,非常に重要な一戦となった。結論から言えば,勝つチャンスは間違いなくあった。しかし,先制された後,乾のゴールで追いつき,勝ち越された後,本田のゴールで追いつく展開は,今までの日本代表と異なる部分を感じさせ,収穫も感じさせるドローだった。

セネガルのカウンターとそのスピードは確かに脅威であり,危ないシーンも何度かあった。だが,細かいパスへの対応能力には限界もあり,そこをついていけば,勝機はあると思いながら試合を見ていた。ただ,日本代表には相変わらずつまらないパスやクリアのミスもあれば,特に前半はプレスもかけられないほど,翻弄されている印象があったのは確かである。1点目の失点は原口の明らかなクリア・ミスに,GK川島の判断ミスが重なったものであり,早い時間の失点にがっくりきたのも事実である。

しかし,前半のうちに乾のゴールで追いついたのは,本当によかったと思う。だが,後半も攻勢に出ていた日本代表に対し,一瞬の隙をついて2点目を入れられたときは,正直敗戦を覚悟していた。間違いなく,後半に入って香川の活動は目立たくなっていたし,原口も疲労していた。そこに交替で入れた本田で追いついてしまうという展開を誰が想像しただろうか。西野監督の采配が当たったと言えばその通りであるが,正直これは今までの日本代表ではなかったことなのだ。

今までの日本代表は,勝ち越しや逆転を許すと,途端にダメダメになるというパターンを繰り返してきたことを考えると,今回の日本代表は,周囲からボロクソに言われていたのを精神のてこにして強くなっているとしか思えない。正直言って,私も本田は日本代表に必要なのかと思っているクチだが,コロンビア戦,セネガル戦での貢献を考えれば,好き嫌いは別にしても,本当にこの人は何かを「持っている」としか言いようがない。

だが,この試合で2得点の起点になったのはあくまでも乾であって,私はMVPは乾とするべきと持っている。本当に乾の左サイドからゴール右端に突き刺すゴールは,何度見ても素晴らしいし,彼の得意技と言ってもよいだろう。

ポーランド戦はそれこそ引き分けでもいい訳だが,ここを勝ちに行く姿勢を示して,最低でも勝ち点1を得れば,日本代表は決勝トーナメント進出なのである。ポーランドはそれでもFIFAランキング上位国として真っ当な勝負を仕掛けてくるだろうが,モチベーションは相当影響するはずである。よって,次戦ポーランド戦は日本代表有利だと思って,28日の試合に臨むこととしよう。

まぁ,決勝トーナメントに進出したとしても,次の相手はベルギーかイングランドという鬼のような相手であるが,勝ち残ることにまずは価値がある。ってことで,今日も頑張れニッポン!で締めておこう。こうなったら勝って1位通過だ!

2018年6月20日 (水)

日本代表,コロンビア撃破! 嬉しいねぇ。

523cbd14019e4b2da03afb249e92d8d1対戦前にはコロンビアに勝つと思っている日本人が少なかったというのが,今回の日本代表への期待レベルではないかと思うが,勝っちゃったねぇ。見事な,そして嬉しい裏切りだ。

私は出張先の下関のスポーツバーで試合を見ていたのだが,勝ったからよかったものの,ほぼ試合を通して11対10の数的優位に立ちながら,実質的に優位に立てないという点では欲求不満だった私である。つまらないミスもあったし,プレスもサイド・チェンジも十分ではなかったと思う。しかもスポーツバーにいた連中はほとんどサッカーを理解していないと思わせたから,結構私はさめていたが,それでもこの勝利はでかい。勝てば官軍である。また眠れぬ夜が長くなっても仕方ない。

とにもかくにもPKを決めた香川も,決勝点を決めた大迫も見事であった。実は香川のPKのシーンでは天に祈り,決めた瞬間,涙していた私である。いずれにしても次戦はポーランドを倒したセネガル戦だ。次戦は決勝トーナメント進出の鍵を握る重要な一戦だ。次も頑張れニッポンだ!

2018年6月16日 (土)

祝ワールドカップ開幕。

C5ec6ba435cf4f4086e2cce860adae70 今年も4年に一度の祝祭の季節がやってきた。今朝早朝には早くもスペイン〜ポルトガルという注目の一戦があり,朝から興奮していた私である。

圧倒的ボール支配のスペインに対し,少ないチャンスを3点につなげたChristiano Ronaldoの戦いは見応え十分。彼らの持つ素晴らしい決定力は日本代表に分けて欲しいって感じである。あのCR7の同点ゴールとなったFKはまさに芸術的。朝からいいものを見せてもらった。

一方,開幕戦のロシアの大勝を見ていて,事前の下馬評はあてにならないってことが,日本代表にも当てはまらないかなぁなんて漠然と思っていた私である。来週火曜日はいよいよ初戦となるコロンビア戦である。ぜひ日本代表にも前線でのプレスを効かせた戦いぶりを期待することにしよう。乾と香川は先発させるだろうが,どのようなフォーメーションでも,とにかくプレスである。頑張れ!日本代表‼︎

2017年9月 1日 (金)

祝W杯出場!おめでとう!日本代表。

Photo_2

宿敵オーストラリアに完勝して,ロシアW杯への出場を決めた日本代表。素晴らしい。心からおめでとうと言いたい。

プレスが効き,ボール支配率が高く,攻撃の連動性が確保されていて,完全な日本ペースで進んだ試合であり,前半41分の浅野の絶妙な飛び出しによる先制点も見事であれば,後半32分に生まれた井手口のミドルによるまさにビューティフル・ゴールで追加点を上げ,オーストラリアの戦意を喪失させた戦いぶりは,今までの日本代表にはない力を感じさせた。先発に起用した浅野,井手口が活躍したのだから,これはハリルホジッチの審美眼を評価すべきだろう。

今回の先発メンバーを見た時,浅野の起用は,フォワードで浅野の俊足を活かしたかき回しができると期待したが,驚きは井手口の活躍であった。オフェンス,ディフェンスともに献身的に走り回り,素晴らしい体力を見せつけただけでなく,試合を決定づけた2点目のゴールは,強引とも思えながら,ゴール右隅に突き刺さる素晴らしいシュートであった。完全にこの試合で井手口はブレークしたと言ってよく,今後の日本代表の戦力として計算ができることを実証した。

オーストラリア戦でありながら,本当に危ないシーンはLeckieのシュートが吉田の足に当たってコースが変わり,ポストを直撃して救われたところぐらいではないか。これまで,オーストラリアの高さを活かしたハイ・ボールに苦しめられた日本だが,今回はオーストラリアがハイ・ボールを多用しないので,あまり怖さを感じなかった私である。いずれにしても,今回はなかなか点が入らないことにやや不安を感じた程度であり,かなり安心して見られたというのが正直なところである。

これで6回連続のW杯出場を決めた日本代表だが,これからは本戦に向けて更なるチーム力の向上を図ってもらいたい。次戦は予選突破の掛かるサウジアラビアが相手なので,彼らはガリガリと削ってでも勝ちに来るはずである。次戦も勝利は期待したいが,ここは怪我をしないように対応すべきだろう。ハリルホジッチもサウジ戦は新戦力もしくは,オーストラリア戦に出場していないメンバーを試すと思われるが,とにかく怪我だけはしないように乗り切ってほしいものである。

繰り返す。おめでとう!日本代表。今夜は私も勝利の美酒に酔った。ありがとう,日本代表!

2017年3月26日 (日)

久々のサッカーネタ:アジア最終予選のUAE戦を振り返る

Photo_2

危ないシーンもあるにはあったが,敵地での2-0の勝利は快勝と言ってよいものだったと思う。

今回,試合が近いのは認識していたのだが,WBCに注意が向いていて,試合の中継に気がついたのが,当日,会社から帰宅してからのことという全くの体たらくだったのだが,いずれにしても試合が見られたのはよかった。

Photo_3試合では久保の角度のないところからのナイス・ゴールで先制して,あまり時間を置かずにカウンターを食らったシーンには肝を冷やしたが,久々の代表戦となったGK川島の果敢な飛び出しで,失点しなかったのは大きかった。

今回の試合を見ていて,日本代表の戦い方に変化があったとすれば,ゴール近くでの,低くて速いパスを多用していたことのように思える。これまでのセンタリングのイメージを変えるパス出しにはちょっと驚いたが,今回の戦いでは相応に機能していたように思えた。まぁ,所謂高速クロスは酒井宏樹の持ち味であり,サイドバックは右の酒井が効いていて,左の長友がほとんど目立ってなかったことの裏返しのような気もするが...。また,ディフェンス面では,UAEで最も警戒すべきMFオマルの動きをほぼ抑えたのは大きかった。

UAE戦での活躍が著しかった今野と,FWとしての役割を果たしていた大迫の怪我による離脱は痛いが,次の相手がまだタイでよかったってところか(タイには悪いが...)。次はホームでのタイ戦であるが,当日は出張先で飲み会中のはずである。試合経過を気にしながらも,タイには圧勝することを期待して宴席に参加することにしよう(爆)。

2016年9月 7日 (水)

W杯アジア最終予選:タイには勝ったものの...

Photo

ホームでの初戦にUAEに敗れ,かなりまずい状況に陥った日本代表だが,第2戦のタイ戦に引き分けたり,負けたりすると,それこそ本戦進出の可能性が遠のくところ,何とか2-0で勝利したのはよかった。

しかし,ピッチ・コンディションがよくないということがあったとしても,決して褒められた試合ではなかったのは事実である。原口の先制ヘッドは,美しいゴールであったし,浅野の2点目も冷静に決めたのはよかった。しかし,あれだけ敵陣に攻め込みながら,2点しか取れないというのが情けない。決定機は何度もあったにもかかわらず,相変わらずの決定力のなさはいかんともしがたい。それでも2点取っているのだから,それには目をつぶることにしてもいいのだが,ゴール前で競り合いの場面で,多分あれは香川のヘッドに対し,原口は足に当てるだけでもう1点取れていたはずなのに,反応しない(できない)ってのはどういうことか?オフェンスの観点で,あのシーンが最も腹立たしかった瞬間である。

更に問題なのはディフェンス局面での,つまらないミスにより,タイにボールを取られるシーンが何度かあったことである。それこそ,ピッチのボールのころがりがあまりよろしくないということはあったかもしれないが,それでも酒井宏樹の凡ミスによりボールを取られた時は,失点を覚悟した私であった。タイには申し訳ないが,タイだから失点せずに済んだとも言えるわけで,強豪チームならあのミスは見逃すことはないはずである。完全に試合はコントロールしているにもかかわらず,集中力を持続できないように感じられるのは大きな問題だ。UAE戦もつまらないミスから失点したことに対する反省が足りないと言っておこう。

次戦はホームでのイラク戦,更にはアウェイでのオーストラリア戦が続く。初戦の敗戦の影響をなくすためには,今回不調のイラク戦には圧勝が,オーストラリア戦はとにかく負けないことが求められる。もちろん,勝つに越したことはないが,オーストラリアを決して得意にしていない日本代表にとっては,10月11日のオーストラリア戦を正念場とするべきであろう。それまでの1ヶ月の間に,どう立て直すのか。そもそもコンディショニングに問題があった初戦の轍を踏まないようにするにはどうするのか。日本代表に課せられた課題は大きい。

2015年12月21日 (月)

FIFAクラブ・ワールドカップを見ていて思ったこと+α

久々のサッカー・ネタである。FIFAクラブ・ワールドカップは戦前からバルセロナ優位というのはわかっていたことだが,あれだけバルセロナにボールを支配されては,リバープレートもなす術なしって感じだったのは残念である。メッシに左足のアウトサイドで完璧にゴールを決められて先制された段階で,勝負の行方はほぼ決したようなものだが,前線でプレスをかけようとするリバープレートに気を持たせるようなバルセロナのディフェンス陣のボール回しは,リバープレートからすればマジで嫌らしいだろうなぁと思っていた私である。

まぁスコアが3-0になって,完全に勝負あったと思った私だが,その時,時計を見ると丁度21時ごろであったので,すかさず「下町ロケット」にチャンネルを替えてしまった私であった。予想通りというか,徐々に視聴率を上げてきた「下町ロケット」であるが,自分のことは棚に上げながら,まぁああいうドラマを喜ぶ中年は多いだろうと思いつつ,最終回を見ていて,ドラマとしてはどうなのかねぇと思ってしまった。吉川晃司演じる財前が杉良太郎演じる社長に直訴するシーンは「半沢直樹」のデジャブか?と思ってしまったし,松平定知のナレーションで時の流れを説明しようとするのはいかにも手抜きっぽいなぁと思ってしまった。ストーリーにも驚きはなく,何だかなぁと思っていた私である。

いかにも「ワン・クールに収めるためのシナリオにしました」感が強くて,何だかなぁと思った視聴者は多いのではないだろうか。まぁ,どうでもいいことだが,取って付けたような感覚が強いのは誠に残念。

ところでであるが,日本テレビのサッカー番組にはなにかと言えば,明石家さんまと手越祐也が出てくるのは何とかならないものか。私は明石家さんまという芸人(芸人と認めたくもないが)がとにかく嫌いであり,あの男が出てくるだけでテレビを消したくなる,あるいは少なくともチャンネルを替えるというのが本音だが,やたらにサッカー番組に出てきては下らないトークをしているのを見るだけで,サッカーに対する冒とくだと思っている。もういい加減にやめて欲しいと思っているのはきっと私だけではあるまい。手越祐也も似たようなものである。スポーツはスポーツであって,エンタテインメントではないはずである。だから日本テレビのサッカー中継は嫌いなのだ。

より以前の記事一覧

Amazon検索

2017年おすすめ作