最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ワールド・ミュージック」の記事

2017年2月21日 (火)

Tinariwenの新譜が出た。どれを聞いても同じって話もあるが,このグルーブには抗えない。

"Elwan" Tinariwen(Wedge/Anti)

_20170219_2早いもので,私がこのブログでTinariwenの記事を初めて書いてから,7年半近くの時間が過ぎてしまった。その間にアルバムが出るたびに,「砂漠のブルーズ」と称される彼らが生み出すグルーブが聞きたくて,必ず購入しているのだから,私の音楽的な嗜好とフィットしているってことになるだろう。

昨年リリースされたライブ盤から約1年という短いインターバルでリリースされた新作は,相変わらずのTinariwenである。主題にも書いた通り,どのアルバムを聞いても,同じに聞こえるって気がしないでもないが,このグルーブには抗いがたい魅力がある。もちろん,アルバムの収録曲には結構メリハリがついているので,全然退屈するような音楽ではないし,歌詞を読んでいると,結構プロテスト・ソングだなぁなんて思わせるものもある。しかし,言葉は別にして,私を惹きつけるのはやはり彼らの生み出すゆったりしたグルーブなのである。

彼らのサウンドは相変わらず呪術的とも思えるが,こういう音楽に魅力を感じる欧米のミュージシャンが多いことは,Tinariwenのアルバムにゲスト参加するミュージシャンが結構多いということからも明らかだが,ある意味では普遍的な魅力を有していることの裏返しと捉えることもできると思う。彼らが参加した曲はやや異なる雰囲気を作り出す瞬間もあるが,それがTinarwenの音楽ときっちりブレンドしている。例えば,"Talyat"に聞かれるアコースティック・ギターは,ゲストの影響もあってかむしろ欧米的な響きを持っている。また,"Nannuflay"にはMark Laneganがヴォーカルで加わるが,彼の歌は完全にアメリカンだが,Tinariwenのグルーブに乗った英語詞の響きも面白かった。そうしたヴァリエーションも含めて,何度聞いてもやはり魅力的な響きである。ということで,星★★★★☆。

尚,アルバムには11曲しかクレジットされていないが,隠しトラックが2曲あるので,最後までちゃんと聞きましょう(笑)。

Personnel: Ibrahim Ag Alhabib (g, vo), Abdallah Ag Alhousseyni (g, vo), Alhassane Ag Touhami (vo, g, clap), Iyad Moussa Ben Abderahmane(g), Elaga Ag Hamid (g, vo, clap), Eyadou Ag Leche (b, g, vo, clap), Said Ag Ayad(perc, vo, clap), Iyad Moussa Ben Abderahmane(g), Mina Wallet Oumar(you-you), Amar Chawoui(perc), Kurt Vile(g), Matt Sweeney(g), Alain Johannes(g), Mark Lanegan(vo) and Others

2016年3月23日 (水)

Piazzolla芸術極まれりと思えるハイ・テンションのライブ

"Tristeza de un Foble A" Astor Piazzolla y su Quinteto Tango Nuevo (Messidor)

Aa私はAstor Piazzollaの熱心な聞き手という訳ではないが,それでも彼の"Tango: Zero Hour"には心底痺れているのは事実である(同作に関する記事はこちら)。それがあまりに物凄い緊張感を持った音楽であるため,そんなしょっちゅう聞こうとは思わないのだが,先日,いつもお邪魔している新橋のテナーの聖地,Bar D2で突然この作品がプレイバックされて,マスターにまたもチャレンジされたって感じになってしまった(笑)。とにかく,このアルバム,冒頭の22分に及ぶタイトル・トラックが強烈で,正直言って,これ一曲のためだけに手に入れる価値があると感じてしまった。ということで,いつものように,私が廃盤となっている本作の中古盤を求めてネットを徘徊の上,クリックして発注したのであった(爆)。

そして,海外のセラーから届いたこのアルバムを改めて聞いたのだが,アルバム全体を通じて素晴らしい出来であることは紛れもない事実であるが,それでも本作はタイトル・トラックこそが白眉と言ってもよいだろう。Piazzollaのソロからアンサンブルに転じていくが,ここで聞かれるPiazzollaのソロを名演と言わずして何と言うか?という感じである。それは聴衆の熱狂的な反応からも明らかだろう。

更に,バンドとしての緊密性も高く,いつものようにテンションが高い。本作が吹き込まれたのは"Tango: Zero Hour"と同年ということになるが,この年,Astor Piazzollaの創造力はほとんどマキシマムになっていたと思わざるをえない傑作ライブ。いやいや,それにしても凄いや。ってことで,星★★★★★しかあるまい。こんな作品が3年前に国内で再発されても,今や入手困難というのは悲しいねぇ。まぁ,大した枚数も売れないのだろうが,こういうのは文化遺産として常に聞けるようにしておく必要があると思うなぁ

Recorded Live at Konzerthaus, Vienna in November 1986

Personnel: Astor Piazzolla(bandoneon), Fernando Suárez Paz(vln), Pablo Ziegler(p), Horacio Malvicino(g), Héctor Console(b)

2016年2月 8日 (月)

祝祭的/儀式的な響きさえ感じさせるTinariwenのライブ。これははまる。

"Live in Paris 2014" Tinariwen(Anti)

Tinariwen

私がTinariwenの音楽に初めて触れたのは2009年8月に彼らの"Aman Iman"を取り上げた頃ってことになるので,もう6年半近くの時間が経過している。その後リリースされたアルバムは入手しているし,そのどれもが彼ららしいグルーブに満ちていて,私は彼らの音楽に結構はまっていると言ってよいだろう。とにかく所謂「砂漠のブルース」と呼ばれる彼らの音楽は本当に私の魅惑するグルーブに満ちている。

本作は彼らの前作"Emmaar"の付随するツアーの音源として,パリで録音されたものであるが,まず最初に聞いて驚かされるのが,Lalla Badi(75歳だそうである)のヴォイスによって導かれる儀式的な"Tinde"である。ギターが加わらないので,いきなり強烈な民族的な響きには面喰うが,これをプレリュードに,2曲目以降はいつものTinariwen的な音楽になっていく。そして,中盤にインタールード的に,更に最後にもLalla Badiが登場することには明確なメッセージというか,明確なライブとしての構成を感じざるをえない。意図的にやっているのである。

それにしても,彼らの音楽が生み出すサウンドに私がどうしてここまで魅かれてしまうのか。歌っている歌詞の意味は全くわからないのだから,サウンドとヴォイスの魅力にやられているということになるだろうが,これはとにかく先入観なしに聞いてもらうしかないのである。彼らの音楽にはメロディ・ラインの振幅はあまりないので,ミニマルだとさえ思える部分もあるのだが,私にとっては複数のギターによって生み出される強烈な音と,ベースとパーカッションというシンプルなバックの生み出す心地よいビートに身体と心を揺らしていると言ってもいいかもしれない。

これは座ったまま聞く音楽ではなく,オール・スタンディングで身体を(私の感覚では「左右」に)揺らしながら聞くのが最も心地よいと思わせる音楽である。とにかくこれは気持ちよ過ぎる音楽である。ちょっとオマケして星★★★★★としてしまおう。だってまじで気持ちいいんだもん(爆)。

Recorded Live at Theatre Des Bouffes Nord on December 13, 2014

Personnel: Ibrahim Ag Alhabib (g, vo), Abdallah Ag Alhousseyni (g, vo), Hassane Ag Touhami (vo, g, handclaps), Iyad Moussa Ben Abderahmane(vo, g), Elaga Ag Hamid (g, vo),Eyadou Ag Leche (b, vo), Said Ag Ayad(perc, vo), Lalla Badi(vo, tinde), Tagmar Bad(vo, clap), Toulou Kiki Bilal(vo, clap)

2015年10月18日 (日)

Sokratis Sinopoulos: 何ともゆったりしたECMサウンドであることよ

Eight_winds"Eight Winds" Sokratis Sinopoulos Quartet(ECM)

つくづくECMレーベルというのは不思議なレーベルだと思う。極めてジャズ的なものもあれば,オーセンティックなクラシックのアルバムもあるし,民族音楽的なものや,Nik Bartschのようなミニマル・ファンク(リチュアル・グルーブとも言うらしい)まで何でもありの越境ぶりには,オーナーのManfred Eicherの趣味が反映していることは言うまでもない。

LyraそんなECMから先日リリースされたうちの1枚をようやくアップである。ここでSokratis Sinopoulosが弾いているのはLyraという楽器だが,クレタ島の伝統楽器とのことである。弓で弾かれるが,雰囲気的には二胡のような感覚もある楽器であるが,音色はもう少し渋くくすんだ感じと言えばいいだろうか。写真はネットから拝借したものだが,見た目としてはちょっとリュート的な感じもするが,弓弾きであることがリュートとは異なっている。

そうした楽器とピアノ・トリオというセッティングで演じられる音楽は,極めてゆったりとした川の流れのような音楽である。バックで流れていても何の邪魔にもならないところは,ほとんどアンビエント・ミュージックだと言ってもよいが,このゆったり感が実は非常に心地よいのだ。バックがピアノ・トリオなので,ジャズ的なセッティングと言ってもよいが,出てくる音にはジャズ的な要素は希薄である。それでもこういうゆったり感ってのも,たまにはいいと思える。

まぁ,こういう音楽が今聞けるとすれば,やはりECMになってしまうだろうなぁと思うが,不思議でならないのはManfred Eicherはこういう人たちにどうやって目配りをしているかってことである。おそらくはデモ・テープがしょっちゅう届いているのではないかと思うが,それにしてもこの幅広さ,やっぱり凄いことである。ということで,音楽的にどう評価するかは難しいところであるが,アンビエント的なところを評価して星★★★★としよう。但し,音楽に刺激を求める人には全くフィットしないこと必定の音なので,念のため(笑)。

Recorded in August,2014

Personnel: Sokratis Sinopoulos(lyra), Yann Keerim(p), Dimitris Tsekouras(b), Dimitris Emmanouil(ds)

2014年7月22日 (火)

ちょっと感じが変わったような気がするSomiの新譜

Lagos_music_salon "The Lagos Music Salon" Somi (Okeh/Sony)

以前,このブログでも取り上げて(記事はこちら)かなりの絶賛をしたSomiの新譜が,メジャーのソニー系列のOkehレーベルからリリースされた。実は買ってから多少時間が経ってしまっているのだが,まだまだ新譜として捉えていいだろうということでのご紹介である。

Somiはそのバックグラウンドからしても,あるいはサウンドからしても,アフリカ音楽の影響の強いジャズ,あるいはジャズよりもワールド・ミュージック寄りのヴォーカルとして捉えることも可能である。但し,本人も言っているように,彼女の音楽にはジャンル分けはあまり必要ないのではないかと思える。だが,今回はサウンド的にアフリカ的な要素は前作よりも強まったようにも感じられる。そして,ビートが前作より強化されたというところであろうか。

正直言ってしまえば,私は前作の方が好みではあるが,この作品とて,決して悪い出来ではなく,むしろいい出来だと言ってもよい。だが,このちょっとしたイメージの変化が気に入るか気に入らないかはリスナーの判断次第ということで,リスナーなんてわがままなものなのである。

だが,前作同様,歌唱と伴奏のバランスがうまく保たれながら制作されていて,これはプロデュースがしっかりできていることの証である。もちろん,その前にSomiというミュージシャンの実力があってこそだが。本作でも前作に続いて,百々徹がピアノでナイスなバッキングをしているが,彼のピアノが本作をより魅力的に響かせていることは特筆しておきたい。私は前作の方を推すが,本作も十分星★★★★には値する佳作。

それにしても,先行リリースされた"Last Song"は美しいメロディ・ラインで始まり,ここでも百々徹のピアノが効いているが,テンポ・アップすると曲の魅力が多少落ちるように思ってしまうのは,多分私がLiberty Ellmanが弾くアフリカ的ギターがあまり好みではないからなんだろうなぁと思う。多分Lionel Louikeが好きになれないのと同じような感覚をおぼえている。アフリカ音楽に抵抗はないのだが,多分,この手のギターがダメなのだと思う。

Personnel: Somi(vo), 百々徹(p), Liberty Ellman(g), Michael Olatuja(b), Keith Witty(b, ds-prog), Otis Brown III(ds), Sheldon Thwaites(ds, perc), Abraham Laniate(talking ds), Ambrose Akinmusire(tp), Jerrick Matthews(tb), Michael Dease(ts), Cochemea Gastelum(sax), Christophe Penzani(fl), Etienne Charles(horn arr), Cobhams Asuquo(perc, ds-prog, vo), Ayanda Clarke(perc), Wura Samba(perc), Michael Boyd(ds-prog), Angelique Kidjo(vo), Common(vo), Olaltan Dada(vo), Chima Eluwa-Henshaw(vo), Uzo Enemanna(o), Priscilla Nzimiro(vo), Alicia Olatuja(vo), Re Olunuga(vo), Karibi Fubara(vo), Kamal Ajiboye(vo), Pheel(vo), Ikon(vo), Jinmi Sonuga(vo), Conrad Harris(vln), Pauline Kim Harris(vln), Caleb Burhans(vla), Peter Sachon(cello)

2014年3月29日 (土)

Tinariwenの新作が相変わらずよい。

Tinariwenemmaarjpeg "Emmaar" Tinariwen(Anti)

早いもので,私が初めてTinariwenの音楽に接してから4年半近くの時間が経過した。その間に彼らは順調にアルバムをリリースしているが,その新作がこれである。今回の注目要素はは米国録音ってことになるだろうが,音楽としてはいつもと大して変化はないように思える。だが,今回,新作を聞いていて非常に強く思ったのが,何とも魅力的なギターの音が聞けるということである。

世の中,うまいギタリストはほかにもいるし,彼らよりテクニックに優れたギタリストだっていくらでもいるというのは事実である。しかし,今回のアルバムを聞いていて,これほど魅力的なギターの音ってなかなか聞けないのではないかと思い続けていた私である。普通のギタリストにはこのドライな感覚は出せるものではない。しかもおそらくは太いゲージを使っているであろう彼らのブルージーなギターの音を聞いていているだけで,私は痺れてしまったのである。ヴォーカルこそアフリカ的な感覚が濃厚に出るが,私はそのバックに流れるギター音に耳が釘付けって感じと言えばいいだろうか。

これは彼らのアルバムを聞いている場合,常々感じることではあり,このブログで彼らの"Aman Iman"を取り上げた時もほとんど同じようなことを書いている(記事はこちら)。私の文筆による表現力の乏しさとも言えるが,その一方で,彼らの音の魅力については私は一義的に反応しているということにもなるだろう。まぁ,いつも同じに聞こえると言えばその通りかもしれないが,この何とも言えないグルーブに身を委ねていることの幸せの方が私には勝っているのである。Tinariwen,やはり素晴らしいバンドであり,全く侮れない。星★★★★☆。

Personnel情報は改めて。

2013年5月 4日 (土)

José Luis Montón:最近全然ECMをフォローできていない中で

Jos_luis_montn "Solo Guitarra" José Luis Montón(ECM)

私はECMレーベルの結構なファンであり,メンツや楽器編成によって新譜も追いかけるようにしているのだが,何でもかんでもというわけではない。ただ,New SeriesでもSchiffのアルバムが出れば買ってしまうし,まぁその都度判断しながら買っているというのが正直なところである。だが,最近,ECMの新譜を仕入れても,すぐに聞きたいという気持ちになれないこともあり,購入したことはわかっていても,積んどく状態になっているCDの何と多いことか。今回,部屋の整理をしていて,つくづく思ってしまった私である。

このアルバムもリリースされたのは昨年の後半だったはずだが,ほぼ半年も積んどく状態を続けていたとは我ながら情けない。だったら買わなきゃいいだろうという家人の言葉が飛んできそうだが,そうはいかないのが悲しい性である。まぁ,それはさておきである。

このJosé Luis Montónという人については初めて聞いたが,バルセロナ出身の1962年生まれということはほぼ私と同年代である。これまでの作品のタイトルには「フラメンコ」と付いていることが多いことからしても,フラメンコを基調とするギタリストであることは間違いない。だが,ここで聞かれる音楽はフラメンコ特有の「情念」や「パッション」を感じさせる響きよりも,はるかにクールなのがECMらしい。バッハをアレンジした曲が1曲入っていることも影響するだろうが,フラメンコというよりも,クラシカルな響きが強いように思える。

だが,そもそものECMの歴史をたどれば,多くのギタリストに門戸を開いてきたレーベルであるから,その目利きに狂いがある訳がないということで,本作品もクラシカルな響きは強いものの,ECMらしいと言えばその通りである。ECMは個性的なギタリストを輩出してきたが,その中では個性に関しては突出したところはないとしても,サウンドは十分に魅力的なものと言える。一方,こういうギターを聞いていると,同じアコースティックを弾いても,Ralph TownerやEgberto Gismontiというのはとんでもないスタイリストだということがはっきりする。

そうは言いつつも,特にフラメンコに関してアレルギーをおぼえることもなく,コンベンショナルとも言える響きも心地よいギター・アルバムとして十分に楽しめる作品だと思う。星★★★★。

Recorded in April, 2011

Personnel: José Luis Montón(g, vo)

2012年8月18日 (土)

Me'Shell Ndegéocello全面参加の越境音楽集

Bamako_by_bus "Bamako by Bus" Daniel Freedman(anzic)

ジューイッシュ・ミュージシャン御用達のAnzicレーベルからの作品であるが,私はリーダーのDaniel Freedmanという人についてはこれが初めてのはずである。ではなぜこのアルバムを買おうと思ったかと言えば,私が結構贔屓にするMe'Shell Ndegéocelloが参加しているからにほかならない。しかも全面参加であるからこれは見逃せない。なぜ,Me'Shellがここに参加することになったかは定かではないが,彼女がプロデュースしたことがあるJason Lindner経由での参加と考えていいのではないだろうか。

Meshellがプロデュースし,Avishai Cohenも参加したJason Lindnerのアルバム"Jason Lindner Gives You Now Vs Now"(記事はこちら)はファンク色強い作品だったので,本作もそういう系統かと思っていたら,聞こえてきたのは随分違う音楽であった。アフリカを想起させるワールド・ミュージック的な要素さえも包含し,そこにファンクやジャズの要素も加わるという越境型の音楽だったのである。

そうした予想外の展開ゆえに冒頭から戸惑ってしまう部分もあるが,これはなかなか面白い音楽となっている。いろいろな音楽がごちゃまぜになっているので,とっ散らかった印象がないわけではないが,逆に人種の坩堝であるNYC的な感覚を与えるという見方もできる。そもそもタイトルとなっているBamakoとはマリ共和国の首都のことと思われるので,そもそもそうしたアフリカ的なものが出てくることはタイトルを見れば想像できると考えてもいいのである。そうしたアフリカン・フレイバーを強く打ち出すのはLionel Louekeだが,そこにジューイッシュらしい中近東的なメロディ,更にはMe'Shell Ndegéocelloが主導するファンクの要素が加わるのだからまぁこうなるだろうねぇって感じではある。そしてジャズ的な感覚を持ち込んでいるのはMark Turner参加の1曲ということになる。やはりこれは相当のごちゃ混ぜ度である。

こういう音楽であるから,強烈なノリとか,優れたメロディ・ライン等とはあまり縁がないと言ってもよく,そのあたりでの好みはわかれるところであろう。しかしながら,おそらくは彼らが夜な夜なこうした演奏をイースト・ヴィレッジで展開しているとも考えれば,腹も立たない(ジャケに写る写真も,いかにもイースト・ヴィレッジっぽい)。もちろん,もう音を少し整理してからリリースすべきという批判はあって然るべきであり,その辺りにはプロデューサーとしてのDaniel Freedmanの進歩の余地はあると言えるだろう。

いずれにしても,ジューイッシュ・カルチャーとアフリカン・アメリカン,あるいはネイティブ・アフリカンのカルチャーが混ざり合ったものとして聞く覚悟があれば,これは相応に楽しめるはずだが,なかなかそこまでを多くのリスナーに求めるのは厳しいかなぁって気がするし,それがこの音源の限界かもしれない。全編に渡って,Me'Shell Ndegéocelloの太いベースは楽しめるが,やはりそれだけではこのアルバムを何度もリピートするってのは厳しい気がする。ということで星★★★。私ならばよりファンクに徹した前述のJason Lindner作の方を評価したい。

尚,本作は今年4月のリリースなので,ちょっと遅いが新譜扱いとさせて頂く。

Recorded in June 2009

Personnel: Daniel Freedman(ds, perc, fl), Jason Lindner(p, key), Me'Shell Ndegéocello(b), Lionel Louke(g, vo), Abrahama Rodriguez(vo, perc), Yosvany Terry(vo, chekere), Avishai Cohen(tp), Mark Turner(ts), Omar Avital(b), Pedito Martinez(perc, vo), Davi Viera(perc), Mauro Refosco(perc)

2012年5月 2日 (水)

Somiのヴォーカルに惹かれるわけ:声,曲,伴奏とのバランスが素晴らしい

Somi "If the Rains Come First" Somi(ObliqSound)

先日ちらっと紹介したSomiだが,彼女はルワンダ,ウガンダにそのルーツを持ちながらも,育ったのは基本的にアメリカの人である。幼少期にお父さんの仕事の関係でザンビアにも滞在していたらしいが,こうしたバックグラウンドもあり,ワールド・ミュージックの文脈で語られがちなのは仕方がないかもしれない。

しかし,ここでの音楽を聞いていて,アフリカ色が濃厚かと言えば,決してそんなことはないように思える。伴奏陣の中にそうした香りがするのは間違いない。しかし,それはアクセントにこそなれ,それが主体というわけではない。むしろ,ここに私が感じるのは一時期のSadeにでも通じると言ってもよい魅力的なヴォイスと,軽度なファンクの適切なコンビネーションなのである。このコンテンポラリーなサウンドに,彼女の魅力的なヴォーカルが乗っただけでまさに一聞き惚れした私であった。

私は冒頭の"Hot Blue"において百々徹が弾くRhodesが聞こえた瞬間に「これはっ...」と反応してしまったのだが,Somiの囁くようなヴォーカルとバックアップ陣の相性も素晴らしいのである。そして,全ての作曲に彼女が携わり,全曲彼女が作詞した曲のクォリティも文句なしである。これはまさしく発見だと言ってもよい。

とにかく,この音楽であればSade好きなリスナーには受け入れられること確実であろう。あるいはEverything But the Girlにアフリカン・フレイヴァーをまぶした感じと言ってもよいが,SadeもEBTGも両方好きな私にとってはまさに大ヒットと言ってよいアルバムである。こういうアルバムを店頭でかけてくれた某ショップには感謝したい。

Sadeの最新作にがっくり来ていた私にとっては砂漠のオアシスのように思えたと言っては大袈裟か。でもそれぐらいフィット感の強いアルバムであった。あまりに好きなので,オマケして星★★★★★を謹呈してしまおう。この気持ちのよさを理解してもらうには聞いて頂くしかない。最近聞いた女性ヴォーカルではGretchen Parlatoと並んで好きだと言ってもいいだろう。Gretchenにしろ,Somiにしろ,こんな優れたミュージシャンを紹介するObliqSoundというレーベル,まさに侮れない。今年の新譜ではないが,あまりに気に入ったので,今年のおすすめ作にも載せてしまおう(反則だが...)。

Recorded in April & May, 2009

Personnel: Somi(vo), Michael Olatuja(b, prog, key), Herve Samb(g,), 百々徹(p, rhodes), Madou Kone(perc), Nathaniel Townsley(ds), Hugh Masakela(tp), David Gilmore(g), Micehle Locatelli(g), Liberty Ellman(g), Julien Machet(perc), Alicia Olatuja(vo), David Hunter(vo)

2012年4月29日 (日)

一聞き惚れしてしまったSomi

Somiiftherainscomefirst "If the Rains Come First" Somi (ObliqSound)

音楽に一瞬でまいってしまうことはよくあることだが,これは某ショップでかかっていて,一発で気に入ってしまったアルバムである。詳しくは追って書きたいと思うが,これはいい。2009年にこんなアルバムが出ていたとは...と自分のチェックの甘さを嘆く私である。今日はまずは紹介だけ。とにかく心地よい。

Amazon検索

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)