2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これは凄い!Lookout Farmの未発表ライブ音源。 | トップページ | これを聞くのはいつ以来か?まさに短編小説集のような「時のないホテル」 »

2019年11月27日 (水)

Amazon Primeで見たら意外に面白かった「ラスト・スタンド」

The-last-stand 「ラスト・スタンド("The Last Stand")」('13,米,Lions Gate)

監督:Kim Jee-woon

出演:Arnold Schwalzenegger,Johnnie Knoxville,Forest Whitaker, Luiz Gusman, Rodrigo Santoro,Eduardo Noriega

「ターミネーター」シリーズの新作はイマイチだったが,だったらArnold Schwalzeneggerの映画なんて見なきゃいいだろうという声も飛んできそうだが,私も懲りないというか,暇にまかせてAmazon Primeでこの映画を見た。すると予算は「ターミネーター:ニュー・フェイト」より圧倒的に低いはずにもかかわらず,そこそこ面白く見られるということで,こっちの方がいいのではないのかとさえ思ってしまった一本。

逃亡した死刑囚がコルベットZR-1というぶっ飛びマシンで街にやって来るって感じで,この辺は「真昼の決闘(”High Noon")」辺りへのオマージュ感が出た,舞台は現代でも,西部劇ライクなストーリー展開と言ってよい映画であった。もちろん,痺れるようなサスペンスを感じさせるわけではないのだが,まぁB級西部劇的に,ワルは徹底的にワルに描かれ,描写はマカロニ・ウェスタン的なところも感じられるし,アクション・シーンも特に転落シーンなどまさに西部劇的な部分を感じてしまう。最後の決闘シーンなんて,バックドロップか!みたいなプロレス的な格闘場面が見られ,笑ってしまいそうにもなるが,こういう映画ではそれでいいのだ(バカボンのパパ風)。

ここでのArnold Schwalzeneggerの役回りは,LAPDの麻薬捜査官を引退し,アリゾナの片田舎の保安官になっているって役どころなのだが,日頃は何もないような平穏な田舎でドンパチをやってしまうってのも笑える。それにしてもFBIのエージェントを演じるForest Whitakerはなんでお前はそんなにアホなのかみたいに敵役に裏ばかりかかれる役回りだが,よくあんな役を引き受けたよなぁとさえ思わせる。あれではオスカー俳優としての面汚しみたいな役だが,まぁいいか。

ということで,どこからどう見てもB級の香りがプンプンしてくるが,くだらねぇ~と思いつつ,単純に楽しめばいいやってことで星★★★☆。たまにはこういうシャビーな感覚もいいのよねぇ(笑)。

« これは凄い!Lookout Farmの未発表ライブ音源。 | トップページ | これを聞くのはいつ以来か?まさに短編小説集のような「時のないホテル」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« これは凄い!Lookout Farmの未発表ライブ音源。 | トップページ | これを聞くのはいつ以来か?まさに短編小説集のような「時のないホテル」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作