2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Joni Mitchellの幻の書籍の再リリース版,ついに到着。実に素晴らしい! | トップページ | Marc Coplandの新作は注目のメンツによるピアノ・トリオ。 »

2019年11月16日 (土)

ちょっとしたTommy Flanaganとの逸話。

Mooses

更新が滞ってしまった。

Tommy Flanaganが亡くなったのは2001年11月16日。即ち今日はTommy Flanaganの命日である。純粋に音楽の話ではないのだが,私にはちょっとしたTommy Flanaganとの思い出がある。

多分,2000年ぐらいのことだと思うが,私は仕事でサンフランシスコに出張しており,私の友人にして,コンサルをしてくれていたMikeとノース・ビーチにあったMoose'sに食事に繰り出していた。Moose'sは食事が非常に美味しいレストランで,趣味のいいピアノ音楽を生で聞かせてくれることもあるいい店だった。サンフランシスコに行く機会があると,毎度毎度の如くMoose'sに行っていたのも懐かしい。大概の場合,ノース・ビーチは車を停めるスペースを見つけるのが大変で,Moose'sに入るまでも実は結構時間を要した記憶がある。そんな2000年の出張の折,食事を待つ間にバーで一杯引っ掛けていたのだが,何とも趣味のよいソロ・ピアノが聞こえてきた。誰が弾いているのかなぁと思って見ていたら,どう見てもTommy Flanaganだったのである。

その時,Tommy Flanaganが前の週にブルーノート東京に出演していたはずだと認識していた私だが,そもそも移動もきついし,Tommy Flanaganがこの店に出るとは思ってもいなかったので,正直なところ私自身も半信半疑だった。しかし,MikeにあのピアニストはTommy Flanaganのはずだと言ったところ,そこはアメリカ人,演奏が終了した件のピアニストに歩み寄り,"Are You Tommy Flanagan?"とストレートに聞くではないか(笑)。そして結果はやっぱりTommy Flanaganだったのだが,その後,ちょこっと本人と話す機会があり,貴方もタフだねぇなんて話をした記憶がある。

その頃のTommy Flanaganは体調が思わしくなかったと知ったのは後になってのことだが,ミュージシャンとは言え,当時のスケジューリングには無理があったのではないかと,今更のように思っている私である。そしてその翌年,Tommy Flanaganはこの世を去り,その時一緒だったMikeも2年前にこの世を去った。そしてMoose'sも今やそこにはない。それでもその時の記憶はいつまでも残るということで,ちょっとした逸話である。上の写真はMoose'sのピアノ。ここでTommy Flanaganがピアノを弾いていたと思うと,何とも感慨深い。私が生でTommy Flanaganのピアノを聞いたのは後にも先にもこの時だけ,ということで,今にして思えば非常に貴重な遭遇であった。

« Joni Mitchellの幻の書籍の再リリース版,ついに到着。実に素晴らしい! | トップページ | Marc Coplandの新作は注目のメンツによるピアノ・トリオ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Joni Mitchellの幻の書籍の再リリース版,ついに到着。実に素晴らしい! | トップページ | Marc Coplandの新作は注目のメンツによるピアノ・トリオ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作