2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Adriana Calcanhottoの新譜が相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 気持ちよさは継続中のMoonchild。 »

2019年10月21日 (月)

よく頑張ったラグビー日本代表。

Photo_20191020231401

ラグビー・ワールドカップ史上,初の決勝トーナメント進出を果たした予選リーグにおける日本代表の戦いぶりは見事であった。それゆえ,このまま勝ち進むのではないかなんてことを考えた人間も多かっただろうし,少なくとも準々決勝の南アフリカ戦の前半の戦いにおいては,そうした可能性もあるのではないかと私も思っていた。

しかし,終わってみれば,南アフリカには完敗であった。前半は南アフリカのミスの多さにも救われて,ほぼ互角の戦いであったが,後半になって,様相は一転した。前半からも南アフリカのディフェンスの鋭い出足は感じられたが,後半になって,その凄みははるかに増していたと言っても過言ではない。特にSH,デクラークのちょこまかとした動き,嫌らしいキック,そしてスピーディなディフェンスには試合中相当イラつかされた(笑)。そしてモールで圧倒され,あっという間に押し込まれる日本代表には,バックス戦を挑む余裕すらなかったと言えるだろう。南アフリカのフォワード陣の圧力はこれまでの戦いと比べものにならなかったのではないかと思わされるほど,後半の日本代表は防戦一方の戦いを強いられていたし,それはペナルティの多さも物語っている。とにもかくにも前半の互角と思えた戦いぶりは一体何だったのかと思いたくなるような劣勢の連続。ラインアウトは取られ,ターンオーバーは頻発し,モールでは押し込まれるでは全く勝ち目はなかったと言ってよい。これが世界レベルとの真の実力差だと思ってしまった。とにかく,日本代表は予選リーグで見せたチームとしての戦力をほとんど活かすことなく封じられたというところだろう。

それは準々決勝のニュージーランドvsアイルランド戦における,オールブラックスの圧勝ぶりにも近いものすら感じたのは私だけではないと思うが,その一方で,私としては同じく準々決勝で敗れたフランス代表と日本代表の試合は見てみたいと思ったのだが,それも叶わぬ夢となった。

しかし,今回のワールドカップにおける日本代表の戦いぶりはまさに見事なものであり,老若男女がラグビーに熱狂している姿には微笑ましさすら感じつつ,スポーツはやはり人を熱くさせるよなぁとつくづく思った私である。いずれにしても,今回の予選リーグ全勝による一位通過は,まさに日本代表にとっては偉業であり,今後のラグビー界に大きな影響を与えることは間違いない。今回,私も相当熱くさせてもらった日本代表には改めて感謝をするとともに,今回の活躍ぶりには心からおめでとうと言いたい。

日本代表は敗れたが,ワールド・クラスの真剣勝負があと2週間楽しめるなんて,これぞ至福と言わずして何と言おう。日本代表敗退で熱が冷めるのではなく,本当の「お楽しみはこれからだ」と思っている。私はサッカーでもイングランドを贔屓にしているので,イングランドには何とか頑張って,オールブラックスを苦しめて欲しい。そもそもオールブラックスは強過ぎて,一昔前なら,相撲界における北の湖状態なのだから,私は憎たらしささえ感じている。だからこそイングランドを応援するということもあるが,もう一方の準決勝では,ウェールズには申し訳ないが,日本を破った南アフリカを応援することにしよう。

« Adriana Calcanhottoの新譜が相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 気持ちよさは継続中のMoonchild。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Adriana Calcanhottoの新譜が相変わらずいいねぇ。 | トップページ | 気持ちよさは継続中のMoonchild。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作