2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,和田誠。 | トップページ | よく出来ていて当たり前だと思って聞く回数が少なかったアルバム:Gary Burtonの”Quartet Live”(笑)。 »

2019年10月14日 (月)

実に見事な試合だった日本代表。感動した!

Photo_20191013231501

アイルランドがサモアを圧倒するのは目に見えていたから,日本代表とスコットランド代表の一戦がラグビー・ワールドカップの決勝トーナメント進出に向けての雌雄を決する戦いになることは端からわかっていた話だった。今回の予選リーグの戦いぶりを見れば,おそらくは互角の勝負になると思っていたが,結果を見れば少なくとも前半に限っては日本代表の完勝と言っていい試合だったのではないか。

私は戦前はスコットランド代表のスクラムハーフ,レイドローのキック・パスへの対応に不安を感じていたのだが,案の定,先取点のトライはレイドローではなかったが,キック・パスからトライを決められた瞬間,不安的中かと思った。しかし,そこからの日本代表の立て直しは素晴らしく,前半は完全にボールを支配し,終わってみれば3トライという出来過ぎと言ってもよい結果だったと思える。しかも,2本目のトライはフォワードの稲垣がそこまでフォローするか?と思いたくなるような見事なトライであったのも事実。非常に素晴らしい戦いっぷりであった。

後半に入って,福岡のターンオーバーからのボーナス・ポイントを確定させる独走トライで,普通なら勝負あったと思わせる展開にもかかわらず,そこからのスコットランド代表のバックスを使った横展開に日本代表のディフェンスが対応が難しくなった頃には,正直同点も覚悟していた私であった。しかし,ノーサイド直前の最後の最後に攻め込まれても,フォワード勝負で乗り切ろうとする日本代表の姿には素直に感動してしまった私であった。あれは普通ならタッチに逃れたくなるが,相手に攻撃権を渡さないためのフォワード戦は理にかなっているとは言え,以前の日本代表だったら多分簡単にタッチに逃れる戦術を取っていたはずだ。

しかし,今回のスコットランド代表との試合を見ていて,アイルランド代表戦はフロックでも何でもなく,日本代表の現在の実力を示したものだったと痛感させられるものであったのに加え,今回のスコットランド代表戦における前半の戦いぶりは実に素晴らしいものであった。

予選リーグを4戦全勝で終えるなんて,誰も想像していなかったかもしれない。恥ずかしながら私もその一人だが,決して体格的に恵まれている訳ではない日本代表が,ラグビー強国であるアイルランド,スコットランドを次々に撃破したということは実に感慨深いし,世界に対して日本代表なりの戦い方があるということを実証した。こうなったら,次の準々決勝で南アフリカ代表も撃破して,このまま決勝まで行ってしまえと思いたくなるような戦いぶりであった。

そして言っておかねばならないのは,スコットランド代表戦が両チームともリザーブも全部使い果たしての死闘だったということである。そこまでの死闘を演じられることはプレイヤーにとっての誇りともなろうし,そうしたゲームを目撃できた私たちは幸せ者だと言いたい。そうした意味で日本代表,スコットランド代表の両チームにいいものを見せてもらったと感謝の念を表したい。ペナルティ・ゴールではなく,トライの取り合いというのがまさに面白さを盛り上げたと言っていいのだ。本当のナイス・ゲームだったと思える一戦であった。いやぁ,それにしてもいいものを見せてもらった。

« 追悼,和田誠。 | トップページ | よく出来ていて当たり前だと思って聞く回数が少なかったアルバム:Gary Burtonの”Quartet Live”(笑)。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 追悼,和田誠。 | トップページ | よく出来ていて当たり前だと思って聞く回数が少なかったアルバム:Gary Burtonの”Quartet Live”(笑)。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作