2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« "Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。 | トップページ | 今やOmar Hakim夫人のRachel Zの女性ピアノ・トリオ作。 »

2019年10月 2日 (水)

久々のブート・ネタ:John McLaughlinのギター・ソロ。

_20190929 "Solo Now" John McLaughlin(Megadisc)

このブログにも何度か書いているように,極力このブログにはブートレッグは取り上げないつもりでいるのだが,これは聞いてみたいなぁと思わせるものについては,記事にしたことがある。このブート盤は実は長年保有しているものなのだし,録音は1972年と古い。しかし,John McLaughlinの完全ソロ・ライブってのは,Super Guitar Trioでソロでやる局面はあったとしても,アルバム単位というのはないはずである。そんなJohn McLaughlinのアコースティックによる完全ソロ演奏を収めたブートレッグがこれ。

ここでもJohn McLaughlinの技が炸裂していて,しかも47年も前の録音にしてはいい音で残っていて,それが実にめでたい。冒頭にChick Corea作"Waltz for Bill Evans"を演奏しているほか,”Blue in Green"やら”Goodbye Pork Pie Hat"をやっているのも購入の動機であったが,いかにもJohn McLaughlinらしいギターの響きを楽しめると思う。まぁ,あくまでもコアなMcLaughlinファン向けの音源ではあるが,これはなかなか貴重なブートだと思う。

Recorded Live in Munich on August 19, 1972

Personnel: John McLaughlin(g)

 

« "Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。 | トップページ | 今やOmar Hakim夫人のRachel Zの女性ピアノ・トリオ作。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« "Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。 | トップページ | 今やOmar Hakim夫人のRachel Zの女性ピアノ・トリオ作。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作