2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ついに到着:Brad Mehldau全面参加のChase Bairdのアルバム。 | トップページ | これでHenckのECMのアルバムが揃った。 »

2019年11月 1日 (金)

コレクターはつらいよ(25):突然フランス映画のサウンドトラックを担当したBrad Mehldau。

Mon-chien-stupide "Mon Chien Stupide" Original Soundtrack by Brad Meldau (My Music)

突然リリースされた映画のサウンドトラックをBrad Mehldauが担当していると知ってしまったからにはさぁ困った。この映画,以前Brad Mehldauが音楽を担当した「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」同様,Charlotte GainsbourgとYvan Attal夫妻主演の新作コメディとのことであるが,前の映画の縁もあって再登板となったのだろうか。

「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」のサントラはCDとしてもリリースされているが,本作の方は今のところダウンロードのみのようである。「僕の妻はシャルロット・ゲンズブール」 の方は別アーティストの音源も含んでいるコンピレーション的なものだったが,こちらは全面的にBrad Mehldauがピアノを弾いているように聞こえる。

冒頭の"Henri's Lament"から嬉しくなるようなトリオ演奏が聞こえてくるが,アルバムとしてはちゃんと曲として成立しているものと,あくまでも映画のバックを構成するための「サウンド」のような曲もあれば,弦を交えた室内楽のような曲もある。しかしソロで"And I Love Her"とかをやられると,6月のよみうり大手町ホールでのソロ公演の記憶が蘇ってしまう。電車の中で聞いていても思わずくぅ~っとなってしまった私である。

やっぱりサントラだよなぁと思わせる部分もあるが,これならCDで出してもいいのではないかと思えるような演奏ぶりであった。いずれにせよ,こういうのが突然出てくるのがコレクター泣かせってやつだよねぇ。ということで,ストリーミングでも全然かまわないのに,きっちりダウンロードもした私である。コレクターはつらいのだ。

尚,演奏者は全くデータがないが,トリオ演奏はレギュラー・トリオ,バスクラはJoel Frahmあたりだろうか。追って情報が出てきたらアップデートしたい。まぁ,普通の人はストリーミングで聞いて下さいってことで(笑)。

« ついに到着:Brad Mehldau全面参加のChase Bairdのアルバム。 | トップページ | これでHenckのECMのアルバムが揃った。 »

映画」カテゴリの記事

Brad Mehldau」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに到着:Brad Mehldau全面参加のChase Bairdのアルバム。 | トップページ | これでHenckのECMのアルバムが揃った。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作