2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 実に見事な試合だった日本代表。感動した! | トップページ | これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。 »

2019年10月15日 (火)

よく出来ていて当たり前だと思って聞く回数が少なかったアルバム:Gary Burtonの”Quartet Live”(笑)。

_20191012-2 "Quartet Live" Gary Burton(Concord)

端からこのメンツが集まっていれば悪いはずがないと思わせてしまうアルバムってあるものだ。そして聞いてみると,やっぱり質が高いんだけれども,何となくそこに漂う「予定調和」的なところに若干の反発を覚えてしまうのが,私のような天邪鬼なリスナーである。このアルバムなんて,その代表って気がする。

Pat Methenyがプロ活動を開始したのはGary Burtonのバンドであったと思うが,これまでもGary Burtonとはアルバムを残し,共演も重ねているPat MethenyにとってはBurtonは師匠のようなものだろう。そんな師匠との共演というか,Gary Burtonバンドのリユニオンに,MethenyはAntonio Sanchezを連れてきた訳だ。そしてやっている曲にはECM時代の"Passengers"や"Dreams So Real"収録の曲も含むというもの。

ECM時代からすれば,Pat Methenyは比べ物にないほどのビッグネームとなっており,このリユニオンもMethenyのアイディアによるものとGary Burtonはライナーに書いている。そもそも一回限りのはずが,日本や欧州のツアーも行い,このライブ・アルバムとして結実しているのだから悪いはずはないのである。

そうしたことを踏まえてもなぜこのアルバムのプレイバック回数が少ないのか。やはり「よくて当たり前」と思ってしまうことが一番大きな要因だとしか思えないのである。しかし,こうして今回のようにたまに聞くと,"Walter L."のような曲におけるPat Methenyの珍しくもロック的なアプローチも聞けて面白いと思ってしまうのだから私もいい加減なものである。ちなみに,この"Walter L."という曲はMethenyがBurtonのバンドのライブにシット・インして初めてジャムった曲らしいから,その当時の所謂「ジャズ・ロック的」アプローチを引き継いだものと言ってよいように思う。この演奏はどちらというと例外的であり,その他の曲はいかにもGary Burtonらしいリリシズムを感じさせる。

今回聞き直してみて,これならもう少しプレイバック回数を増やしてもいいかもなぁと思ったが,今やApple Musicにも"Pat Metheny: Complete Collection"なんてプレイリストがあって,このアルバム込みで,ほぼ彼のアルバムが気楽に聞ける状態になっているので,そっちでマメに聞けばいいか(笑)。改めてGary Burtonのアルバムにははずれがないと思ったのも事実であり,反省も込めて星★★★★☆。

Recorded Live at Yoshi's on June 10 & 11, 2007

Personnel: Gary Burton(vib), Pat Metheny(g, g-synth), Steve Swallow(b), Antonio Sanchez(ds)

« 実に見事な試合だった日本代表。感動した! | トップページ | これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 実に見事な試合だった日本代表。感動した! | トップページ | これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作