2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

ついに到着:Brad Mehldau全面参加のChase Bairdのアルバム。

_20191029 ”A Life Between" Chase Baird(Soundsabound)

最近はAntonio SanchezのMigrationに参加して,知名度も上がってきたChase Bairdのアルバムなのだが,本作については実はかなり前から注目をしていた。ネット・サーフィンをしていて,Chase Bairdがこのアルバム制作資金を集めるためにクラウド・ファンディングを行っていて,そこにはBrad Mehldau,Nir Felder,そしてAntonio Sanchezが参加すると書かれていたからである。しかし,資金集めには結構苦労しているのを見ていて,プロジェクトも頓挫したかと思っていたのだが,このアルバムが今年の8月ぐらいにはストリーミングで聞けるようになって,完成したことはわかっていた。そして,Chase BairdのFBのページを見ていると,CDもプレスしているらしいことも察していたので,ひたすらフィジカルなリリースを待っていた私である。

そして,CDリリースが正式にアナウンスされて,発注したのが確か10月初旬のことだったが,約4週間もかかってようやく我が家に到着したので,現物を聞いているところである。リーダーのChase Bairdには申し訳ないが,私がこのCDを購入したのは,あくまでもBrad Mehldauの参加によるものであることは明確な事実である。しかし,Migrationでの演奏を聞いていると,サックス・プレイヤーとしてのChase Bairdも相応に期待は持てることがわかっていたので,結構期待の新譜だったと言ってよい。

しかし,正直言ってしまうと,アドリブ・ラインはかなり魅力的に響く一方で,Chase Bairdの書く曲に関してはやや力不足な気がする。サウンドがこのメンツゆえに成立したと言ってしまうと見も蓋もないが,特にNir Felderのギターがハードな感覚を付与して,相当出来を押し上げたように感じてしまう。Brad Mehldauがここに参加した経緯はよくわからないが,こうした音楽とBrad Mehldauの相性は決して完璧だとは思わない。それでも”Dream Knows No End"で聞かせるピアノ・ソロなんて見事なもの。Antonio Sanchezは相応のドラミングで対応していると思うが,このバンドにBrad Mehldauが必要だったかと言われると,う~むとなってしまう。もちろんいるに越したことはない。だが,私には,むしろアルバム・リリース記念のライブで共演していたJohn Escreetの方が,このバンドのサウンドにはマッチするかもなぁなんて思えてしまったのも事実なのだ。まぁ,私のようなリスナーがいるので,売上の増大には貢献しているとしても,バックのキモはやっぱりNir Felderの方だろう。テナーとギターのユニゾンを聞いていると,ちょっとUnity Bandを想起させるところもあったし。

いずれにしても,コンテンポラリーなサックスのアルバムとしては注目すべき作品であることは間違いないが,アルバム全体の出来としては星★★★☆ぐらいが妥当だと思う。録音のせいか,サウンドに今一歩キレがないのも惜しい気がする。エンジニアはJames Farberなんだけどねぇ。そして,いかんせん今のところ国内での入手が容易ではないのが最大の難点。私はCDに$20,送料に$20払ってゲットしたが,ご関心のある方は,そのうちDUあたりが大量に買い付けてからの入手でも遅くないかもな~(苦笑)。私はBrad Mehldauコレクターゆえに,手に入れられる時に,手に入れるための出費も仕方がないってことで,まぁいいや。

Recorded on January 12, 2018

Personnel: Chase Baird(ts),Brad Mehldau(p), Nir Felder(g), Don Chmielinski(b), Antonio Sanchez(ds)

2019年10月29日 (火)

もの凄いテンションに加え,暗く,救いのない物語の「ジョーカー」

Joker

「ジョーカー("Joker")」(’19,米/加,Warner Brothers)

監督:Todd Phillips

出演:Joaquin Phoenix,Robert De Niro,Zazee Beetz,Frances Conroy,Brett Cullen

この映画がヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を取ったということも話題になったが,この暴力に満ちた映画を評価することは実は決して容易ではない。一時の衝動が暴力を生み,それが連鎖し,当たり前のように人を殺すようになり,とんでもない悪を生み出す過程を描いたこの映画は,見ているものを金縛りにしてしまうほどのパワーがあると思えた。それが約2時間に渡って継続するのだから,このテンションに耐えるのは結構きついものがあった。そしてジョーカーと言えば,バットマンの悪役だが,バットマンのストーリーにはどうしても暗さがつきまとうが,この映画の暗さと救いのなさはこれまでの「バットマン」映画に輪を掛けたものと言ってよい。そして,後にバットマンとなるBruce Wayneの父,Thomas Wayneも登場させて,ちゃんと「バットマン」への布石は打っているが,次があってもJoaquin Phoenixが出るとは思えないなぁ。それほどの決定的な怪演である。ある意味,「ダーク・ナイト」におけるHeath Ledgerを越えていると言っては言い過ぎか。しかし,映画の内容が内容なだけに,オスカーにノミネートされるかはわからないが,Joaquin Phoenixの個性を活かした名演技である。

シナリオとしては描き方が中途半端に終わっている部分もあるように思うが,そこは暗示,あるいは見ている方の解釈に委ねるという部分はあるだろう。多分こういうことなんだろうなと想像を巡らせるのもまた楽しからずやである。だが,ストーリーはあまりに暗く,あまりに救いがない展開のため,世の中の暗部ばかりを見せつけられたような気分になるから,決してデートには勧められない(きっぱり)。

一方,ここで描かれるゴッサム・シティを見ていると,1990年代前半までのNYCに近い感覚を思い出させるが,この映画のように権力対反権力の対立が暴動を生むところまでは行っていなかったから,ここまでひどいものではない。だが,地下鉄の落書きを見ているとついつい昔を思い出してしまった私であった。

結論としては実によくできた映画ではあるが,本当に殺伐とした気分になるから,見る側の精神状態もある程度健康なものでないと,結構危険かもしれないなぁ。星★★★★☆。

2019年10月28日 (月)

ついにゲットした"Spirit Renewed"

_20191024-2 "Spirit Renewed" Dave Liebman / Bob Moses / Eddie Gomez(Owl Time Line)

欲しい,欲しいと思っていたアルバムを,先日打合せの帰途に立ち寄ったショップで発見してしまった。まぁ,そうは言ってもダウンロード音源はiTunesに入っているんだから,別に買わなくても...ってのも事実なのだが,やはりこういうのは現物で持ちたいのである。

このアルバムは今はなき新橋のテナーの聖地,Bar D2で何度か聞かせて頂いて,これは何とか入手したいと思っていたものである。しかし,このOwlの傍系レーベルであるOwl Time Lineはプレス枚数が少ないのか,実は結構入手が難しい。同じレーベルで言えば,Steve Kuhnの"The Vanguard Date"もSunnysideから再発されるまでは,相当の高値を呼んでいた。本作についても,私は現物を見たのはBar D2だけという状態だったのだが,今回こうして入手できたのは実にラッキーであった。そうは言ってもDiscogsとかでは結構簡単に入手できてしまうのだが...。

本アルバムにおいては「夜千」やら「ロンリー・ウーマン」以外はLiebmanもしくはMosesのオリジナルであり,コードレスという楽器編成もあって,相当ハイブラウなアルバム。Liebmanはソプラノとアルト・フルートのみの演奏でテナーは吹いていないが,音とフレージングは誰が聞いてもLiebmanである。コマーシャリズムからは遠く離れたこのサウンドであるから,レコーディングされたのは1982年ながら,リリースが91年までずれ込んだのも肯ける話である。だが,このトリオから生み出されるスリリングなサウンドを聞いていれば,別にセールスがどうだろうが,聞きたい人間だけが聞いていればいいのだ!と思いたくもなってしまうようなアルバム。

正直言って私はEddie Gomezのベースの音があまり好きではないのだがこれは許せると思えてしまうほど,このトリオは魅力的なのだ。おそらくはLiebmanとBob Mosesが主導して,Eddie Gomezは客演という感じだろうが,非常に緊密なレベルを確保しているのも大したもの。ということで,入手できた嬉しさもあって星★★★★★としてしまおう。たまりませんなぁ。

Recorded Live at the Willow Jazz Club, Boston in October, 1982

Personnel: Dave Liebman(ss, a-fl), Bob Moses(ds), Eddie Gomez(b)

2019年10月27日 (日)

「空中浮遊」:まさに和風ファンク。

_20191024「空中浮遊」近藤等則&Tibetan Blue Air Liquid Band(TDK!),

昔から気になっていても手が出るところまで行かなかったアルバムだが,中古でゲットしたものである。近藤等則と言えば私はこのブログで"You Don't Know What Love Is: Toshinori Kondo Plays Stadards"を取り上げたことがある(記事はこちら)が,あれはあれで実に味のあるアルバムであった。それと比べるのもどうかと思うが,全然タイプの違う音楽である。一言で言えば「和風ファンク」である。そこかしこに和風なテイストが散りばめられていて,聞いていて思わず笑みがもれる。

その一方で,近藤の(こっちが勝手に持っている)イメージとは異なるフュージョン・テイストも濃厚なのだが,ゲストの渡辺香津美のギターによるところも大きいように思える。いずれにしても,曲のタイトルも曲調も遊び心満載って感じである。

Tibetan Blue Air Liquid Band名義のアルバムはこれだけだと思うが,それが後のIMAに発展するってことなのかもしれない。IMAは最近活動を再開させたようだが,IMA音源も聞いてみたくなってしまったという私にとっては危険な(?)アルバム。それにしても実に面白かった。星★★★★☆。それにしても,ここに豊住芳三郎の名前を見出すのはかなり異色って気がするなぁ。

Recorded between June 19 and 23, 1983

Personnel: 近藤等則(tp, perc),Rodney Drummer(b), Cecil Monroe(ds),豊住芳三郎(perc),渡辺香津美(g)

2019年10月26日 (土)

「ガンヒルの決斗」をAmazon Primeで見た。

Photo_20191022171201

「ガンヒルの決斗(”The Last Train from Gun Hill")」('59,米,Paramount)

監督:John Sturges

出演:Kirk Douglas, Anthony Quinn, Carolyn Jones, Brad Dexter, Eark Holliman, Brian G. Hutton

私は昔から西部劇が好きなので,この「ガンヒルの決斗」もRegion 1のDVDを保有しているはずだ。しかし,リージョン・フリーのDVDプレイヤーが寿命を迎えて,ちっとも見る機会がないところへ,Amazon Primeでこの映画が見られるではないか。ということで,早速この映画を見ての感想を。

西部劇というのは日本の時代劇みたいなものであるから,人情だとか復讐だとかは共通項としてよくある話である。この映画も典型的なパターンと言ってよいが,本来,友情でつながっているKirk DouglasとAnthony Quinnが対立する構図ってのもいかにもである。原題が示す通り,舞台であるGun Hillからの最終列車に乗れるのか?ってのがサスペンスの盛り上げパターンみたいになる訳だが,派手なドンパチは控えめで,そこに至る籠城シーンがちょっと長いかなぁって気がしないでもない。加えてCarolyn Jonesってのは典型的な美女って感じでもないのだが,むしろそうだからこそ,ここでの役にはフィットしている感じもあった。

まぁ,脚本というか設定には穴だらけのようにも思えるが,それでも正統派の西部劇として相応に楽しめるし,ここ頃のKirk Douglasはカッコよかったねぇと思いたくなるが,やはりMichael Douglasと似てるわってのはDNAの成せる技(笑)。だが,同じ列車を扱う「真昼の決闘」には遠く及ばないのも事実だが,西部劇なんだからいいのである(と開き直る)。星★★★☆。

そして,この映画で訳のわからない行動に出るもう一人の悪役Leeを演じるのが,後に監督として「荒鷲の要塞」や「戦略大作戦」等のアクション映画をものにするBrian G. Huttonだったと知ってへぇ~となってしまった私であった。

2019年10月25日 (金)

「エアポート ’80」:Amazon Primeでまた下らない映画を見てしまった...。

Concorde 「エアポート ’80(”The Concorde: Airport '79")」(’79,米,Universal)

監督:David Lowell Rich

出演:Alain Delon, Susan Blakely, Robert Wagner, George Kennedy, Sylvia Kristel, Eddie Albert, Bibi Andersson

Amazon Primeで見られる映画はまさに玉石混交である。以前,「エアポート ’77:バミューダからの脱出」を見て星★を付けているのだから,よせばいいものを,今度は懐かしの超音速旅客機,コンコルドを「主役」に据えたシリーズ最終作を暇に任せて見てしまった私だが,後悔したことは言うまでもない。

この映画の下らなさは,その無茶苦茶なシナリオにもあるが,時代が時代だけに特撮もしょぼい。元祖「大空港」は人間ドラマとしても楽しめたにも関わらず,そうしたシリーズとしての成り立ちとも言うべき「グランドホテル」形式はそこそこ維持しているものの,役者陣があまりにいけていない。ここはそもそもオールスター映画でないといかんのだが,もはやそれが成立していない。そして,人間ドラマと言っても,ごくありきたりな設定であり,何の面白みもない。George Kennedyは第1作からの連続登板であるが,今度はパイロットになってしまうんだから,これも何のこっちゃである。

映画としてはコンコルド対ミサイル,コンコルド対戦闘機みたいな展開であり,そこからしてバカげているのだが,追尾するミサイルを照明弾をダミーにして対処するなんて,よくもまぁ考えつくものだ。Alain Delon(アラン・ドロンね)は何度もアメリカ進出を企てて,見事に失敗に終わってしまったが,映画に恵まれなかったと言うか,もう少し出る映画を選べよと言いたくなってしまう。この映画では主役はコンコルドであって,役者なんてどうでもいいのである。

とにもかくにも実にくだらない。「エアポート ’77」が星★なら,こんな映画は無星で十分だ。途中でやめるべきだったが,最後まで見てしまったのはまさに時間の空費でしかなかった。やっぱり映画は選んで見ないといかん!しかし今にして思えば,この映画が製作された頃は,80年のモスクワ五輪を日米両国を含む多数の国がボイコットするなんて誰も考えてなかったのねぇ,ってのも懐かしい。それだけだな。

2019年10月24日 (木)

突如現れたLeon Wareのアナログ盤2枚組。今更とは言え,この人がこの世にいないことの喪失感が強まる。

Leon-ware-rainbow-deux "Rainbow Deux" Leon Ware(Kitchen / Be With)

メロウ大王ことLeon Wareがこの世を去ったのは2017年2月のことであった。彼の遺作は日本だけで媒体リリースされたらしい"Sigh"(同作に関する記事はこちら)だと思っていた私だが,某誌を読んでいたらこのアルバムのことが紹介されているではないか。しかもアナログ2枚組限定らしい。となるとこれは聞きたい!ということで,早速発注した私である。因みにストリーミングでも聞けるので念のため。

早速届いたこのアルバムであるが,2枚組全12曲のうち,半数は"Sigh"と被っている。しかし,残り6曲は"Sigh"以降のものらしいから,まぁよかろう。そして,このどこから聞いても,おぉっ,Leon Ware!って響きに,私は甘酸っぱい気持ちと,Leon Wareのいないこの世界の喪失感が混じり合った不思議な感覚を覚えていた。

まさにここで聞かれる音楽はメロウ・グルーブそのものである。私は完全に遅れてLeon Wareの魅力にはまった人間であるが,この素晴らしさの前では,Moonchildのようなバンドもぶっ飛んでしまうと言わざるをえない。まさにメロウ大王の名に恥じないグルーブに,私は身をよじる思いをしたのであった。

正直言って,曲の出来には若干差もあると感じさせる部分もあるが,もうこれにはもろ手を挙げて星★★★★★である。リリースされたことを感謝したくなるのはきっと私だけではないはずだ。尚,アルバム・カヴァーは全然Leon Wareらしくないが,何と彼の自作の"Deux Hearts"。人は見かけによらない(爆)。

そしてつくづく,彼の2012年の来日ライブに行きそこなったことは痛恨事だったと思う私だが,後悔先に立たず。せいぜいアルバムを聞いて彼を偲ぼう。アルバムのスリーブにある"Cherish Where We Come From." The Sensual Minister aka Leon Wareという表記には死して尚エロいLeon Wareと思ってしまったが...。

Personnel: Leon Ware(vo), Rob Bacon(g), Ronald Bruner(ds), Stephen Bruner(b), Theo Croker(g), David Foreman(g), Taylor Graves(key), Wayne Linsey(key), Carl Smith(perc), Dwayne "Smitty" Smith(b), Freddie Washington(b), Kamasi Washington(sax), Codany Holiday(vo), Nikki Grier(vo), Taura Stinton(vo), Kimbra(vo)

2019年10月23日 (水)

今,改めて聞く”Miles in Tokyo"。実によい。

_20191022 ”Miles in Tokyo" Miles Davis(Columbia)

正式なディスコグラフィにおいては”My Funny Valentine"と"'Four' & More"の二部作と"Miles in Berlin"に挟まれた時期の,東京におけるライブ・レコーディング。何と言っても注目はここでしか聞けないSam Riversってなりがちなのだが,今日はそれは置いておいて,これをMiles Davis Quintetとして改めて聞いたということで書いてみよう。

ここに収められているのは実にレベルの高いライブ演奏である。特にMilesのフレージングの素晴らしさと言ったら,こっちとしては文句の言いようがない。これぞ歌心ってところである。まさに記譜されたものを吹いていると言われたら信じてしまいそうな"My Funny Valentine"におけるオープン・ホーンでのソロ。まじでため息が出た。晩年はトランペットのフレージングが怪しくなっていたMilesと大違いである。そしてそれを支えるリズム隊の的確なことよ。実に素晴らしいではないか。

確かにSam Riversのフレージングは,このクインテットには若干不釣り合いな感じがない訳ではない。しかし,Sam Riversとて真っ当なミュージシャンであるから,全然抵抗感はない。むしろ,ここである種の違和感を感じさせた要因はTony Williamsのバッキングにあったのではないか。例えば"So What"におけるTony WilliamsのSam Riversの背後での煽りは明らかにやり過ぎなのである。はっきり言ってしまえば若気の至りによる暴走である。

しかし,そうした点も瑕疵と言えるほどのものではなく,アルバムとして聞いていればこれは十分によく出来たライブ・アルバム。と言うよりレベル高過ぎでしょ。凡百のアルバムをはるかに凌駕している。星★★★★☆。それにしてもカッコいいジャケである。これだけでも強烈にジャズを感じさせる。

Recorded Live at 新宿厚生年金会館 on July 14, 1964

Personnel: Miles Davis(tp), Sam Rivers(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds)

2019年10月22日 (火)

気持ちよさは継続中のMoonchild。

_20191019-2 ”Little Ghost" Moonchild(Tru Thoughts)

彼らの前作"Voyager"がリリースされた時には「理屈抜きで心地よくもゆるいグルーブ」と評した私だが,Moonchildと言うグループが生み出すメロウなグルーブ感は実に気持ちよいものだ。マルチ・インストゥルメンタリストとしての彼らが,ほぼ最小ユニットで作り上げる音は前作同様,一本調子と言ってしまえば見も蓋もないのだが,それでもこの心地よさには今回も抗い難い魅力がある。

サウンド的には更にメロウ・ソウル的な味わいが増していると言ってもよいだろうが,前作"Voyger"から受けた印象が強い私にとっては,ややエレピのサウンドが減少したように感じられるところがちょっと残念というところか。しかし,Amber Navranのウィスパー・ヴォイスと呼びたくなるような歌声はこのサウンドのメロウな感覚を増幅させる感覚があって,今回もやはり魅力的。

今回もストリングスが一部加わっているが,あくまでもサウンドの核はMoonchildの3人によって作り出されているので,それはあくまでも付随的。このゆったりしたサウンドに身を任せておけば,時間は経過していく。刺激は少ないが,やっぱりこういう音楽は好きだなぁ。星★★★★。

Personnel: Amber Navran(vo, el-p, synth, ts, fl, prog), Andris Mattson(p, el-p, synth, g, ukulele, fl-h, prog), Max Bryk(p, el-p, kalimba, synth, as, prog) with Quartet 405: Eliza James(vln), Rebecca Schlapicci(vln), Lila Crosswhite(vla), Danica Pinner(cello)

2019年10月21日 (月)

よく頑張ったラグビー日本代表。

Photo_20191020231401

ラグビー・ワールドカップ史上,初の決勝トーナメント進出を果たした予選リーグにおける日本代表の戦いぶりは見事であった。それゆえ,このまま勝ち進むのではないかなんてことを考えた人間も多かっただろうし,少なくとも準々決勝の南アフリカ戦の前半の戦いにおいては,そうした可能性もあるのではないかと私も思っていた。

しかし,終わってみれば,南アフリカには完敗であった。前半は南アフリカのミスの多さにも救われて,ほぼ互角の戦いであったが,後半になって,様相は一転した。前半からも南アフリカのディフェンスの鋭い出足は感じられたが,後半になって,その凄みははるかに増していたと言っても過言ではない。特にSH,デクラークのちょこまかとした動き,嫌らしいキック,そしてスピーディなディフェンスには試合中相当イラつかされた(笑)。そしてモールで圧倒され,あっという間に押し込まれる日本代表には,バックス戦を挑む余裕すらなかったと言えるだろう。南アフリカのフォワード陣の圧力はこれまでの戦いと比べものにならなかったのではないかと思わされるほど,後半の日本代表は防戦一方の戦いを強いられていたし,それはペナルティの多さも物語っている。とにもかくにも前半の互角と思えた戦いぶりは一体何だったのかと思いたくなるような劣勢の連続。ラインアウトは取られ,ターンオーバーは頻発し,モールでは押し込まれるでは全く勝ち目はなかったと言ってよい。これが世界レベルとの真の実力差だと思ってしまった。とにかく,日本代表は予選リーグで見せたチームとしての戦力をほとんど活かすことなく封じられたというところだろう。

それは準々決勝のニュージーランドvsアイルランド戦における,オールブラックスの圧勝ぶりにも近いものすら感じたのは私だけではないと思うが,その一方で,私としては同じく準々決勝で敗れたフランス代表と日本代表の試合は見てみたいと思ったのだが,それも叶わぬ夢となった。

しかし,今回のワールドカップにおける日本代表の戦いぶりはまさに見事なものであり,老若男女がラグビーに熱狂している姿には微笑ましさすら感じつつ,スポーツはやはり人を熱くさせるよなぁとつくづく思った私である。いずれにしても,今回の予選リーグ全勝による一位通過は,まさに日本代表にとっては偉業であり,今後のラグビー界に大きな影響を与えることは間違いない。今回,私も相当熱くさせてもらった日本代表には改めて感謝をするとともに,今回の活躍ぶりには心からおめでとうと言いたい。

日本代表は敗れたが,ワールド・クラスの真剣勝負があと2週間楽しめるなんて,これぞ至福と言わずして何と言おう。日本代表敗退で熱が冷めるのではなく,本当の「お楽しみはこれからだ」と思っている。私はサッカーでもイングランドを贔屓にしているので,イングランドには何とか頑張って,オールブラックスを苦しめて欲しい。そもそもオールブラックスは強過ぎて,一昔前なら,相撲界における北の湖状態なのだから,私は憎たらしささえ感じている。だからこそイングランドを応援するということもあるが,もう一方の準決勝では,ウェールズには申し訳ないが,日本を破った南アフリカを応援することにしよう。

2019年10月20日 (日)

Adriana Calcanhottoの新譜が相変わらずいいねぇ。

_20191019-3 "Margem" Adriana Calcanhotto(Sony)

以前にも書いたことがあるが,私がAdriana Calcanhottoのアルバムを初めて購入したのは"Mare"だったが。しかし,本当に彼女の音楽にはまったのは"Microbio Vivo"からだったと思う。その後,”Olhos De Onda",”Loucura"というこれまたライブ盤を挟んで久々にリリースされたスタジオ作が本作だろう。私にとって,この人の魅力はその声にあるが,その魅力はここでも不変。

このアルバムは海に浮かぶプラスチックごみに囲まれたAdriana Calcanhottoの写真がジャケに使われているが,歌詞に環境保護的なメッセージが込められているかはわからないが,非常に魅力的なブラジル音楽として単純に楽しめるものであることは間違いない。

それにしても,27分余りという収録時間はあまりにもコンパクトで,彼女の声をもっと楽しみたいとさえ思わせるが,LP時代であれば,こういうのも普通だと思えるので,これもある意味LP回帰的な部分もあるのかもしれない。曲も長いものでも4分を切るものばかりであるが,歌として聞かせるのであれば,これぐらいでも十分だという考え方もあるだろう。

ちょっと後半はラップ的な展開が増えて,メロディ・ラインの明確さが希薄化するのは惜しいような気もする。それでも前半には文句ないので,十分星★★★★には値する。やはりいい歌手である。

Personnel: Adriana Calcanhotto(vo, g, prog), Bern Gil(g, fl), Bruno di Lullo(b, synth), Rafael Rocha(ds, perc), Kassin(sitar), Ricardo Parreira(g), Diogo Garnes(tp, fl-h), Marian Sette(tb)

2019年10月19日 (土)

確かにECMらしくないが,Tom Harrellを迎えて実に味わい深いEthan Iversonのアルバム。

_20191019 "Common Practice" Ethan Iverson Quartet with Tom Harrell(ECM)

ほかの方もおっしゃっているように,実にECMらしくないセッティングであり,演奏のように思える。Manfred EicherはExecuive Producerとクレジットされているので,おそらくはリーダー,Ethan Iversonの持ち込み音源であろうが,それをリリースするところに,EicherのEthan Iversonに対する評価が出ているように思える,その一方で,ここでのTom Harrellの吹奏を聞けば,リリースしたくなるのもわかるってところか。

ECMらしくない要素は,2曲のIversonオリジナルを除いて,よく知られたスタンダードを演奏していること。そして,それを非常にコンベンショナルなスタイルで演奏しているということだろう。本作がレコーディングされたのは名門Village Vanguardだが,まさにVanguardにぴったりの音と言ってもよいかもしれない。そして,ライブとは言え,11曲で65分という1曲当たりの演奏時間は結構コンパクトなのも珍しいが,延々と演奏するのではなく,リーダーのIversonとしてはTom Harrellのソロは短くても絶妙な歌心を聞かせることを狙ったように思える。バック・インレイのミュージシャンの並びもTom Harrellがトップに来ているのはそうした心根の表れではないだろうか。

Ethan Iversonはそれまでもアルバムはリリースしてはいても,やはりThe Bad Plusのメンバーとしてシーンに登場してきたと言ってもいいだろうが,ここでやっているのはよりジャズの伝統に即した音楽となっている。どっちがEthan Iversonの本質かは知る由もないが,このアルバムが実に味わい深いのは,Tom Harrellの貢献によるところが大きいと言い切ってしまおう。この人たちに"Sentimental Journey"のような曲がフィットしているとは言えないが,それでもこのアルバムは沁みる。ライナーにはVanguardのオーナーであったLorraine Gordonへの謝辞が記されているが,それもむべなるかなというところ。星★★★★☆。

Recorded Live at the Village Vangard in January 2017

Personnel: Ethan Iverson(p), Tom Harrell(tp),Ben Street(b), Eric McPherson(ds)

2019年10月17日 (木)

"Strombringer"と言ってもDeep Purpleではない(笑)。John and Beverley Martynの渋~いアルバム。

_20191014 "Strombringer!" John and Beverley Martyn (Island)

主題の通りである。"Stormbringer"と言っただけで,日本ではDeep Purpleの「嵐の使者」かっ?と言われそうだが,これは英国出身の夫婦デュオ,John and Beverley Martynによるウッドストック・レコーディングである。タイトルには「!」マークが付いているが,プロデューサーはNick Drakeやら,ブリティッシュ・トラッドからアメリカン・ロックまで渋いところを制作してきたJoe Boydであるから,まぁ大体音は想像がついてしまうところである。「!」が付いたところで,どう考えてもDeep Purpleのようにはならないのである(笑)。

私は所謂ウッドストック的な音を昔から好んできたから,こういう音楽は無条件にOKと言いたくなってしまう。アメリカ的な音と言うよりも,やっぱりブリティッシュだなと思わせるところもあるが,こういう音楽を聞いているとしみじみしとした感覚を覚える私である。そしてなかなかの佳曲揃いで,たまに聞くとこんなにいいアルバムだったのかと思いたくなるようなアルバム。

アルバム全体を仕切ったのはManassasにもいたPaul Harrisだが,その貢献度は結構大きいと思わせる。その一方で,John and Beverley Martynのヴォーカルはもとより,アコースティック・ギターの響きが楚々として美しく,フォーク・ギターはこう弾きたいというような音で鳴らしているのが嬉しい。

まぁ,決してメジャーになることはないであろうアルバムだが,雨降りの午後にでも静かに楽しみたいアルバム。やっぱりこういうのが好きなのだ。星★★★★☆。

Personnel: John Martyn(vo, g), Beverley Martyn(vo, g), Paul Harris(p, org, arr), Harvey Brooks(b), Levon Helm(ds), Bill Mundy(ds), Herbie Lovell(ds), John Simon(harpsichord)

2019年10月16日 (水)

これを聞くのも超久しぶり:Peter Gabrielの”So”。

_20191012-3"So" Peter Gabriel (Virgin)

今や私の手許に残っているPeter Gabrielのアルバムは,これとベスト盤,そしてどこにしまい込んだかわからない"Plays Live"ぐらいではないかと思うが,このアルバムを聞くのも実に久しぶりのことになってしまった。私がこのCDを購入したのは国内盤初出の時のことであるから,もはや30年以上前のことである。ジャケに写る型番を見れば,これが3,200円だったことがわかる。まだその頃はそういう時代だったのだ。それから幾星霜,新しいアルバムや音楽を聞くことに時間を取られて,このアルバムを聞く機会も減っていったのだが,久しぶりに聞いてみたが,これが実に味わい深いというか,改めて素晴らしいアルバムであったことを強く認識させられた私である。

まさに曲よし,歌よし,演奏よしの三拍子揃ったアルバムとはこのことであり,文句のつけようがないではないか。それまでのPeter Gabrielのアルバムに比べると,ポップに傾斜したという批判もあるが,私は「ポップで何が悪い」と強く言いたい。そもそもポップと言っても,ここでの音楽に軟弱さは皆無であり,私にとっては王道のロックだと言いたいぐらいだ。

アルバムとしてはハードな側面と,静謐な側面を絶妙にバランスさせたものであり,私はこの辺りに共同プロデュースを務めたDaniel Lanoisのセンスを感じてしまう。やはりLanoisのプロデュースというだけで,一段作品としてのギアが上がるような気がしてしまうが,本当に実に素晴らしいのである。リリースから30年以上経過しても,私はこの音楽に古さを一切感じなかった。まさにこういうのを名盤と言うのだと改めて思わされたアルバム。いやぁ,実によい。文句なしの星★★★★★。

尚,最後に収められたLaurie Anderson参加の”This Is the Picture(Execellent Birds)"は,当時のCD及びカセットのみのボーナス・トラックというのが時代を感じさせる(笑)。

Personnel: Peter Gabriel(vo, key, synth, p, perc), Kate Bush(vo), Laurie Anderson(synth, vo), David Rhodes(g, vo), Daniel Lanois(g, perc), Nile Rodgers(g), Richard Tee(p), Simon Clark(key, org, b, vo), Tony Levin(b, stick), Larry Klein(b), Bill Laswell(b), Jerry Marotta(ds, b),Manu Katché(ds, perc), Chris Hughes(ds, prog), Stewart Copeland(ds), Wayne Jackson(tp, cor), Mark Rivera(ts, as, bs), Don Mikkelsen(tb), P.P.Arnold(vo), Coral Gordon(vo), Dee Lewis(vo), L. Shankar(vln), Youssou N'Dour(vo), Michael Been(vo), Jim Kerr(vo), Ronnie Bright(b-vo),Djalma Correa(perc), Jimmy Bralower(prog-kick)

2019年10月15日 (火)

よく出来ていて当たり前だと思って聞く回数が少なかったアルバム:Gary Burtonの”Quartet Live”(笑)。

_20191012-2 "Quartet Live" Gary Burton(Concord)

端からこのメンツが集まっていれば悪いはずがないと思わせてしまうアルバムってあるものだ。そして聞いてみると,やっぱり質が高いんだけれども,何となくそこに漂う「予定調和」的なところに若干の反発を覚えてしまうのが,私のような天邪鬼なリスナーである。このアルバムなんて,その代表って気がする。

Pat Methenyがプロ活動を開始したのはGary Burtonのバンドであったと思うが,これまでもGary Burtonとはアルバムを残し,共演も重ねているPat MethenyにとってはBurtonは師匠のようなものだろう。そんな師匠との共演というか,Gary Burtonバンドのリユニオンに,MethenyはAntonio Sanchezを連れてきた訳だ。そしてやっている曲にはECM時代の"Passengers"や"Dreams So Real"収録の曲も含むというもの。

ECM時代からすれば,Pat Methenyは比べ物にないほどのビッグネームとなっており,このリユニオンもMethenyのアイディアによるものとGary Burtonはライナーに書いている。そもそも一回限りのはずが,日本や欧州のツアーも行い,このライブ・アルバムとして結実しているのだから悪いはずはないのである。

そうしたことを踏まえてもなぜこのアルバムのプレイバック回数が少ないのか。やはり「よくて当たり前」と思ってしまうことが一番大きな要因だとしか思えないのである。しかし,こうして今回のようにたまに聞くと,"Walter L."のような曲におけるPat Methenyの珍しくもロック的なアプローチも聞けて面白いと思ってしまうのだから私もいい加減なものである。ちなみに,この"Walter L."という曲はMethenyがBurtonのバンドのライブにシット・インして初めてジャムった曲らしいから,その当時の所謂「ジャズ・ロック的」アプローチを引き継いだものと言ってよいように思う。この演奏はどちらというと例外的であり,その他の曲はいかにもGary Burtonらしいリリシズムを感じさせる。

今回聞き直してみて,これならもう少しプレイバック回数を増やしてもいいかもなぁと思ったが,今やApple Musicにも"Pat Metheny: Complete Collection"なんてプレイリストがあって,このアルバム込みで,ほぼ彼のアルバムが気楽に聞ける状態になっているので,そっちでマメに聞けばいいか(笑)。改めてGary Burtonのアルバムにははずれがないと思ったのも事実であり,反省も込めて星★★★★☆。

Recorded Live at Yoshi's on June 10 & 11, 2007

Personnel: Gary Burton(vib), Pat Metheny(g, g-synth), Steve Swallow(b), Antonio Sanchez(ds)

2019年10月14日 (月)

実に見事な試合だった日本代表。感動した!

Photo_20191013231501

アイルランドがサモアを圧倒するのは目に見えていたから,日本代表とスコットランド代表の一戦がラグビー・ワールドカップの決勝トーナメント進出に向けての雌雄を決する戦いになることは端からわかっていた話だった。今回の予選リーグの戦いぶりを見れば,おそらくは互角の勝負になると思っていたが,結果を見れば少なくとも前半に限っては日本代表の完勝と言っていい試合だったのではないか。

私は戦前はスコットランド代表のスクラムハーフ,レイドローのキック・パスへの対応に不安を感じていたのだが,案の定,先取点のトライはレイドローではなかったが,キック・パスからトライを決められた瞬間,不安的中かと思った。しかし,そこからの日本代表の立て直しは素晴らしく,前半は完全にボールを支配し,終わってみれば3トライという出来過ぎと言ってもよい結果だったと思える。しかも,2本目のトライはフォワードの稲垣がそこまでフォローするか?と思いたくなるような見事なトライであったのも事実。非常に素晴らしい戦いっぷりであった。

後半に入って,福岡のターンオーバーからのボーナス・ポイントを確定させる独走トライで,普通なら勝負あったと思わせる展開にもかかわらず,そこからのスコットランド代表のバックスを使った横展開に日本代表のディフェンスが対応が難しくなった頃には,正直同点も覚悟していた私であった。しかし,ノーサイド直前の最後の最後に攻め込まれても,フォワード勝負で乗り切ろうとする日本代表の姿には素直に感動してしまった私であった。あれは普通ならタッチに逃れたくなるが,相手に攻撃権を渡さないためのフォワード戦は理にかなっているとは言え,以前の日本代表だったら多分簡単にタッチに逃れる戦術を取っていたはずだ。

しかし,今回のスコットランド代表との試合を見ていて,アイルランド代表戦はフロックでも何でもなく,日本代表の現在の実力を示したものだったと痛感させられるものであったのに加え,今回のスコットランド代表戦における前半の戦いぶりは実に素晴らしいものであった。

予選リーグを4戦全勝で終えるなんて,誰も想像していなかったかもしれない。恥ずかしながら私もその一人だが,決して体格的に恵まれている訳ではない日本代表が,ラグビー強国であるアイルランド,スコットランドを次々に撃破したということは実に感慨深いし,世界に対して日本代表なりの戦い方があるということを実証した。こうなったら,次の準々決勝で南アフリカ代表も撃破して,このまま決勝まで行ってしまえと思いたくなるような戦いぶりであった。

そして言っておかねばならないのは,スコットランド代表戦が両チームともリザーブも全部使い果たしての死闘だったということである。そこまでの死闘を演じられることはプレイヤーにとっての誇りともなろうし,そうしたゲームを目撃できた私たちは幸せ者だと言いたい。そうした意味で日本代表,スコットランド代表の両チームにいいものを見せてもらったと感謝の念を表したい。ペナルティ・ゴールではなく,トライの取り合いというのがまさに面白さを盛り上げたと言っていいのだ。本当のナイス・ゲームだったと思える一戦であった。いやぁ,それにしてもいいものを見せてもらった。

2019年10月13日 (日)

追悼,和田誠。

Photo_20191012141201 和田誠が亡くなった。映画で言えば,和田誠は私にとっては何と言っても「麻雀放浪記」になってしまう(記事はこちら)。そこでの白黒画面を通じた加賀まりこの美貌は今も忘れ難い。しかし,「麻雀放浪記」以上に私にとって和田誠が思い出深いのは書籍「お楽しみはこれからだ」シリーズゆえである。このシリーズ,確か第7作まで出たと思うが,そのどれを読んでいても,取り上げられている映画を見たくなってしまうという効果があった。若い頃は今以上に映画を見ていた私にとって,様々な映画の世界へ誘う効果を持っていた本であった。和田誠の独特な筆致を楽しめなくなるのは残念だが,絶対に彼に影響を受けている私としては,本当に和田誠には世話になったと改めて感謝したい。

アップした絵は和田誠の描いたSean Connery。いかにものタッチとはこれのことである。本当に惜しい人を亡くした。

R.I.P.

2019年10月12日 (土)

久々に聞いたBill Stewartの"Telepathy":90年代の新主流派的サウンドって感じ。

_20191012 "Telepathy" Bill Stewart(Blue Note)

これを聞くのは実に久しぶりである。取り出そうと思えば,結構簡単に取り出せる場所にはあるのだが。いかんせんどこにしまったかをおぼえている訳ではない(爆)ので,気まぐれでその場所を漁らないと出てこない(苦笑)。

このアルバムがリリースされた頃は,リーダーのビルスチュが30歳前後,CarrothersとGrenadierがほぼリーダーと同年代,Steve Wilsonがちょっと上,Seamus Blakeがちょっと下みたいな年代構成だが,Seamusを除けば,若手から中堅への狭間みたいな年齢なので,アルバム制作には相応の気合が入るってところだろうか。"Rhythm-A-Ning"と"Little Melonae"以外はビルスチュ・オリジナルってのもそういう気概の表れのようにも思える。

聞こえてくるのは主題の通り,1990年代に新主流派的な音楽をやるとこんな感じになるのではないかというところであるが,フロント2管の醸し出すややダークな雰囲気は,いかにもという感じではあるが,ジャズ的な魅力に溢れた音と言ってもよい。但し,昨今の飲み屋で有線から流れるジャズのようなコンベンショナルな響きではなく,ダークな中にももう少し尖った感覚を持ち合わせたものと言ってよい。

こういう音ってのはジャズ聞きの中でも,魅力的に感じる人もいれば,何のことやらわからないと思うリスナーに分かれるのではないかと思うが,私には全く抵抗なし。更に変拍子主流と化した昨今のジャズ界から比べると,まだまだ全然行き過ぎ感もなく,十分に楽しめる佳作。星★★★★。

Recorded on September 29 & 30, 1996

Personnel: Bill Stewart(ds),Steve Wilson(as, ss), Seamus Blake(ts), Bill Carrothers(p),Larry Grenadier(b)

2019年10月11日 (金)

モンゴル戦は楽勝だったが,決定力不足が気になるサッカー日本代表。

ワールドカップのアジア2次予選において,はるかに格下のモンゴルに勝つのは当たり前としても,見ていて若干不満も残る日本代表の試合運びであった。6-0というスコアだけ見ていれば楽勝というところではあるし,試合を見ていても,まさに危なげはなかった。とにかくボール支配率が違い過ぎる,スピードもパスの精度も違い過ぎるのだから,完封は当然だろう。

しかし,私が気になったのは決定力不足である。モンゴル戦の試合運びからすれば,あと3~4点は確実に取れていた試合だろう。イラン代表がカンボジア代表を14-0で下したらしいが,それぐらい徹底的にやろうと思えばやれたはずだ。勝ち点3を上げたことはよかったとしても,もっといい勝ち方があるはずである。一番いただけなかったのは交代出場した鎌田が「ど」フリーにもかかわらず,ワントラップしたことにより,ディフェンスにカバーする時間を与えてしまったシーン。あそこはダイレクトで決めるのがフォワードの仕事だろう。代表初得点となったその後のシーンも,遠藤の強烈なミドルの結果の「ごっつぁんゴール」のようなものである。いずれにしても,押さえが聞かず枠をはずすシーンが多過ぎたのはちゃんと反省して欲しいところ。

モンゴル戦の収穫は伊東のスピーディで精度の高いクロス。森保監督が堂安で行くか,伊東で行くか悩んでしまうような活躍ぶりはよかったが,ディフェンスの強いチームではそう簡単にはいかなかったであろうってことも認識しながら,次戦のアウェイでのタジキスタン戦に臨んで3連勝として欲しいものである。

2019年10月10日 (木)

"3 Nights in L.A.":コンベンショナルなセッティングではここ暫くで最もしびれたかもしれないアルバム。

_20191008”3 Nights in L.A." George Garzone / Peter Erskine / Alan Pasqua / Darek Oles (Fuzzy Music)

Peter ErskineがFBにアップしていて,これは気になるということで,ストリーミングでチェックしたら,実に素晴らしい演奏だったので,急ぎ米国から飛ばした3枚組である。リリースはPeter Erskineが主宰するFuzzy Musicからだが,私としてはここ暫く聞いた現代のストレート・アヘッドなジャズ・アルバムとしては屈指の作品と思えてしまった。

私がこのアルバムが気になったのは偏にメンツゆえである。Peter Erskineのレギュラー・トリオに加わるのがGeorge Garzoneなのだ。そもそもPeter ErskineのトリオはベースにDave Carpenterを加えたアメリカン・トリオと,John Taylor,Palle Danielssonから成るヨーロピアン・トリオがあったが,どちらも捨て難い魅力を持っていた。前者はDave Carpenterが亡くなった後をDarek Olesが埋めているが,後者はJohn Taylorに代わる人なく,もはや再編の余地はないというところか。

アメリカン・トリオはベースが変わっても,基本的な質の高さは不変であるものの,私としては結構ご無沙汰感があった。だが,今回はGeorge Garzoneが加わることによって,何らかの化学変化を来すと思っていたら,これが大当たりである。George Garzoneという人はトレーン・ライクな演奏もすれば,ほぼフリーのようなFringeだったり,ストレートな演奏もこなすオール・ラウンド・プレイヤーと言ってよいかもしれないが,本作での味わいの深さは半端ではない。メンバーのオリジナルも含めながら,全編に渡って4ビートでの演奏が展開され,おぉっ,これはいいと思わせる快演の連続である。

_20191008-2

このライブがレコーディングされたSam FirstというクラブはLA空港のそばに最近開いた店らしいが,およそジャズ・クラブらしからぬ内装に驚かされる。キャパも60~70人というインティメートな空間でこんな演奏を生で聞けた聴衆は幸せと言いたくなるが,とにかくこれは聞いてもらえばわかると言いたくなるライブ演奏である。一晩に2セット,3日間に渡って行われた演奏のいいとこ取りなのだろうが,それにしてもこれはええですわぁ。各々の日の演奏を各々のディスク3枚に分けて収録していて,全てのディスクに"Have You Met Miss Jones?"が収められているのが面白いが,それ以外は曲の重複はない。いずれにしても,ゆっくり時間を掛けて楽しみたい傑作。星★★★★★。

Recorded Live at Sam First on January 17-19,2019

Personnel: George Garzone(ts), Peter Erskine(ds), Alan Pasqua(p), Darek Oles(ds)

2019年10月 9日 (水)

話題沸騰必至。John Coltraneの未発表音源。

_20191006-2"Blue World" John Coltrane(Impulse)

今年の発掘音源の最大の話題作はMiles Davisの"Rubberband"か,本作と言って過言ではないと思うが,"Rubberband"が現代的なアドオンを行っているのに対し,こっちは何も手を加えていないところが大きな違い。テナーの聖地,新橋のBar D2が健在であれば,絶対リリース直後から大音量で聞いていたはずのこのアルバムを,まずはストリーミングで聞いて,そして現物が届いてCDで聞いていることにはある種の感慨を覚えずにはいられないが,それはさておきである。

ここに収められた音源は映画に使用することを目的として吹き込んだものということであるが,録音された時期が「クレッセント」と「至上の愛」の間という時期を鑑みれば,Coltrane絶頂期と言ってもいい時期であり,映画音楽用とは言え,どういう演奏を展開しているのかが関心の中心になる。この音源が使われた映画そのものはストリーミングでも見られる(https://www.nfb.ca/film/cat_in_the_bag/)が,ちょっと見た感じの音楽の使われ方からして,既発音源を使ったと思われても仕方がないかなってところであり,それが本作が長年に渡って埋もれてきた理由かもしれない。しかし,ディスクで改めて聞いてみて,おぉっ,やっぱりColtraneだと思ってしまうようなしょうもない見解しか述べられない演奏が収められている。

"Naima"は2テイク,"Village Blues"は3テイク含んだ全8曲,36分余りという収録時間の短さはあるが,こういう未発表音源が出ること自体が重要であるのに加え,1959年以降のColtraneはスタジオでは常に新しいレパートリーに取り組んでいて,過去の作品をスタジオで再録することがなかったらしい中,本作は例外的な位置づけにあるということであり,実に珍しい演奏集なのである。

いずれにしても,演奏は紛うことなきJohn Coltrane Quartetのものであり,短い時間ながら過去の遺産に触れられる至福を時間を過ごせる。歴史的な価値を含め星★★★★★としてしまおう。

Recorded on June 24, 1964

Personnel: John Coltrane(ts), McCoy Tyner(p), Jimmy Garrison(b), Elvin Jones(ds)

2019年10月 8日 (火)

Mike SternとJeff Lorber Fusionの共演とあっては聞かない訳にはいかない。

_20191006"Eleven" Mike Stern / Jeff Lorber Fusion(Concord)

私にとってはMike SternもJeff Lorber Fusion(JLF)も贔屓にしている人たちである。そんな彼らが共演するとなれば,聞かない訳にはいかない。よって,このアルバムのリリースがアナウンスされてから,本作を楽しみにしてきたし,媒体が届くまではストリーミングで聞いていた私である。

このアルバムが楽しみだったのはもちろんなのだが,その一方で彼らの共演が合うのかなぁという漠然とした不安もあったのは事実である。音楽性としてはマイキーの方がはるかにヘヴィである。JLFはタイトなリズムに乗りながらも,マイキーほどヘヴィな感覚はなく,前にも書いたことだが,いい意味で「中庸」なのだ。即ち,スムーズ・ジャズではないし,ハード・フュージョンでもないが,その中間を行く,いかにもフュージョンというサウンドが彼らの良さと思っている。

ストリーミングで聞いていても明らかだったのだが,どれがマイキーの曲で,どれがJLFの曲かはすぐわかってしまうのがある意味おかしい。マイキーの曲はほぼ既発曲なので,そういうところも影響しているかもしれないが,それにしてもやはり個性というのは出るのねぇと思ってしまった。マイキーにとっては,フル・アルバムでの別のバンドとの共演というのはYellowjackets以来だと思うが,Yellowjacketsとのアルバムが意外なフィット感を示していた(記事はこちら)のに対し,こっちはどうかと言うと,よく言えば双方の個性を活かしながらの共演って気がする。

彼らは私の贔屓であるから,彼らのやっている音楽に対しては全然文句はない。それはそうなのだが,彼らがせっかく共演するならば,もう少しシナジーが効いた感じを打ち出して欲しいって気もするのである。そうは言いつつ,マイキーは相変わらずのマイキーだし,JLFは相変わらずのJLFなので,やっぱり好きなのだが...。でももう少しできることがあったかもしれないというところもありながら,彼らにはついつい甘くなってしまい星★★★★。

ついでに言っておくとこのジャケは...と思うのは私だけではないだろう。微笑ましいのは事実だが,もう少しセンスをよくして欲しいなぁ。尚,彼らはこのアルバム・リリースを受けてライブ活動も行うが,是非この組み合わせ,日本でも見てみたいということは強く言っておきたい。

Personnel: Mike Stern(g, vo), Jeff Lorber(key, b, g), Jimmy Haslip(b, vo), Vinnie Colaiuta(ds), Gary Novak(ds), Dave Weckl(ds), Dave Mann(horn), Bob Fransechini(sax), Leni Stern(harp), Chelsea Maull(vo)

2019年10月 7日 (月)

家人がいるところでは聞けない(笑)正調フリー・ジャズのコンピレーション。

Inspiraiton-and-power "Inspiration & Power: 14 Free Jazz Festival 1" Various Artists(Trio原盤)

1972年の6月から7月収めたに掛けて開催された「フリー・ジャズ大祭」の演奏からセレクトした演奏をコンピレーション・アルバム。まさにアバンギャルドからノイズまで何でもありの正調フリー・ジャズである。正直言って,こういうアルバムはボリュームを上げて聞くべきものと思いつつ,家人のいるところではそういうプレイバックはありえないと思わせる激しさである。特に高柳昌行率いるNew Direction for the Artsはノイズの極致みたいな音楽であり,プレイバックした瞬間,クレームが上がること必定(爆)。

しかし,よくよく考えてみれば,この「フリー・ジャズ大祭」というイベント,2週間も同じ会場でフリーをやりまくるってのが時代を感じさせると言えばその通りだし,コンピレーションとは言え,よくもアルバムとしてリリースしたものだと感じる私である。一方ではフリーは今でも脈々と引き継がれているので,こういう音楽って同時代性とかは関係ないもののようにも感じられ,そんなに古臭さを感じさせないよなぁとも思ってしまう。

演奏としてはなんだかなぁってのもあることは否めず,トータルでのクォリティに影響を与えたセレクションもある。中でもNow Music Ensembleの"Introduction~C de F"は全く面白いと思えないのが私にとってのこのアルバムの最大の瑕疵。しかし,総体としては当時の日本のフリー・ジャズ・シーンに思いを馳せるには十分なものであり,実に面白いアルバムであった。星★★★★☆。

だが,音が音だけに,家でプレイバックする機会は極めて限定的なので,次に聞くのはいつのことやら...(苦笑)。

Recorded on June 30, July 5, 6, 7, 8, 11 & 12, 1972

kPersonnel: 宮間利行とニューハード,吉沢元治(b),沖至(tp),高木元輝(ss),徳弘晃志(b),中村達也(perc),ジョー水木(perc),藤川義明(as),片山広明(as),吉田正(tp),角張和敏(tp),翠川敬基(p, b, cello), 田中保積(ds),富樫雅彦(perc),佐藤允彦(p, el-p, synth),高柳昌行(g),井野信義(cello),山崎弘(perc),山下洋輔(p),坂田明(as),森山威男(ds)

2019年10月 5日 (土)

"Zawinul":これってあんまり聞かないんだよなぁ。

_20191004 "Zawinul" Joe Zawinul(Atlantic)

”Music for Two Electric Pianos, Flute, Trumpet, Soprano Saxophone, Two Contra Basses and Percussion"という記述がライナーにあるが,ほぼその通りの編成で演奏されたWeather Report結成前のJoe Zawinulのリーダー作。このアルバムをそんなにしょっちゅう聞かないのは偏にこのジャケのせい(爆)って話もあるが,実際にあまり取り出して聞くことがないアルバム。全体的に実にゆったりした感覚のアルバムなのも影響しているかもしれないが,それでもよくよくメンツをみると面白い。

そもそもJoe ZawinulとWoody Shawってのが意外な組み合わせではあるが,激しいブロウって感じの吹きっぷりではないので,ちょっと印象が違うというのが正直なところ。"Double Image"は例外的にやや激しい響きを持つが,このリズム,間違いなくWayne Shorterの"Super Nova"を想起させるパーカッションの響きである。やはり彼らの音楽の源流は結構近いものがあったのかと思わせる。そういうところには惹かれる部分もあるのだが,やはりアルバムを通しで聞こうって気になかなかならないのも事実。その辺りがWeather Reportのアルバムと異なるところ。音楽としてはよく出来ているとは思いつつ,食指が伸びないってやつだなぁ。

それでも星★★★★には値するとは思うが,才気が勝ってしまったような印象は否めないのだ。

Personnel: Joe Zawinul(el-p), Herbie Hancock(el-p), George Davis(fl), Woddy Shaw(tp), Earl Turbinton(ss), Miroslav Vitous(b), Walter Booker(b), Joe Chambers(perc), Billy Hart(perc), David Lee(perc), with Jimmy Owens(tp on 3), Hubert Laws(fl on 4), Wayne Shorter(ss on 4), Jack DeJohnette(melodica on 3, perc on 4)

2019年10月 3日 (木)

今やOmar Hakim夫人のRachel Zの女性ピアノ・トリオ作。

_20190929-2 "First Time Ever I Saw Your Face" Rachel Z(Venus)

Rachel Zが初リーダー作”Trust the Universe”をリリースしたのは1992年だから,もう四半世紀も前のことである。その後,彼女はSteps Ahead等にも参加しながら,リーダー作をリリースしているが,私も何枚か保有している中の一枚がこれである。そして,今やRachel Zはその後共演するOmar Hakimと結婚して,現在はRachel Z Hakimと名乗って活動を続けている。

これも随分久しぶりに聞くアルバムだが,"In the Wee Small Hours"と「枯葉」のほかは現代のロック/ポップ・フィールドの曲を集めているのが特徴。そういう企画のアルバムを当時の彼女のレギュラー・トリオと思しき女性トリオで演奏している。ベースは現在は歌って弾けるベーシストとして,今やこの時のリーダー,Rachel Zよりずっと多くのアルバムをリリースしているNicki Parrotが務めている。

このアルバムで注目すべきものはそのカバレッジの広さであろう。上述の2曲以外はNirvana,Smashing Pumpkins,Sting,Roberta Flack版がおそらく一番有名なEwan MacColl,Nine Inch Nails,Andrea Bocelli,そしてPeter Gabreielなのだが,グランジ/オルタナ系が3曲含まれているところに彼女の嗜好が表れていると考えるべきか。

まぁ,こういう曲を選んでいるので,もう少しコンテンポラリーな味付けがあってもよさそうに思えるが,結局はレーベルがVenusだからねぇ。ここでも増幅過剰感たっぷりなピアノ音で,演奏はさておき,そこがどうしても好きになれない。バランスが悪いのである。とてもピアノ音楽の本質を理解しているとは思えない悪趣味なミキシングがこのアルバムの不幸なところである。Rachel Zに罪はないが,やはりこれは出したレーベルが悪かったと言うべきだろう。このアルバムの翌年には,Tone CenterレーベルからベースをTony Levinに代えて"Everlasting"という同じような趣向のアルバムを出しているが,音の趣味はそっちの方がはるかにまし。やっぱり私はVenusレーベルを好かんということに尽きるな。星★★★。

Recorded on April 4 & 5, 2003

Personnel: Rachel Z(p), Nicki Parrot(b), Bobbie Rae(ds)

2019年10月 2日 (水)

久々のブート・ネタ:John McLaughlinのギター・ソロ。

_20190929 "Solo Now" John McLaughlin(Megadisc)

このブログにも何度か書いているように,極力このブログにはブートレッグは取り上げないつもりでいるのだが,これは聞いてみたいなぁと思わせるものについては,記事にしたことがある。このブート盤は実は長年保有しているものなのだし,録音は1972年と古い。しかし,John McLaughlinの完全ソロ・ライブってのは,Super Guitar Trioでソロでやる局面はあったとしても,アルバム単位というのはないはずである。そんなJohn McLaughlinのアコースティックによる完全ソロ演奏を収めたブートレッグがこれ。

ここでもJohn McLaughlinの技が炸裂していて,しかも47年も前の録音にしてはいい音で残っていて,それが実にめでたい。冒頭にChick Corea作"Waltz for Bill Evans"を演奏しているほか,”Blue in Green"やら”Goodbye Pork Pie Hat"をやっているのも購入の動機であったが,いかにもJohn McLaughlinらしいギターの響きを楽しめると思う。まぁ,あくまでもコアなMcLaughlinファン向けの音源ではあるが,これはなかなか貴重なブートだと思う。

Recorded Live in Munich on August 19, 1972

Personnel: John McLaughlin(g)

 

2019年10月 1日 (火)

"Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。

_20190929-3 ”Abbey Road 2CD Anniversary Edition" The Beatles(Apple)

実質的なBeatlesのラスト・アルバム"Abbey Road"がリリースされたのは今から50年前の1969年9月26日。それを記念してまたも出ました新エディションということで,もうええやんと思いつつ,またまた買ってしまうのが音楽ファンの性であろう。オリジナル・アルバムについては今更何も言うことがないものであることは論を待たない。そこで,ここでは2枚組版に収められたオリジナルの曲順通りに別テイク,デモ・ヴァージョンを収めたディスク2について書いておこう。

このディスク2を聞いていると,あの傑作"Abbey Road"の制作過程においては多くの試行錯誤が行われたであろうことをうかがわせる。ファンとしてそうした過程にまで関心を待つということは自然なことであることは否定しない。しかし,これを聞いているとオリジナル版に近いレベルのものもあれば,まだまだいけてないねぇと思わせるものもある。いずれにしても完成度は決して高くないものもあったのである。当たり前のことであるが,Beatlesとて数少ないテイクでアルバムを完成させていた訳ではなく,積み重ねが傑作に結実したという側面も受けとめてこれは聞くべきものと思う。

そうしたことを踏まえて,オリジナル・アルバムを聞けば,新たな感慨も生まれるに違いないが,私がBeatlesのアルバムを買うのもこれが最後かもなぁ。アルバムとしては全部揃っているのに,まだ買ってんの?って声が家人から飛んでくるしねぇ(爆)。まぁ,それでもミックス違いの効果は確認しなければね。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

Amazon検索

2018年おすすめ作