2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々に聞いたThad Jones。リラクゼーションとはこれだなぁ。 | トップページ | 心底驚かされ,感動させてくれたラグビー日本代表。 »

2019年9月29日 (日)

Tarantinoの映画と全然違うBrad Pittが見られる「アド・アストラ」。

Ad-astra 「アド・アストラ("Ad Astra")」(’19,米/中,Fox)

監督:James Gray

出演:Brad Pitt,Tommy Lee Jones,Donald Sutherland,Ruth Negga, Liv Tyler

先日観た「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」では可笑しささえ感じさせたBrad Pittが,ずっとシリアスな表情で演技を続ける映画である。そういう意味で,役者としての幅が広いと思わせてくれる映画だが,結構これがBrad Pittの表現からも感じられるように,シナリオ的には静的な部分が多い映画である。

その一方で,そうしたスタティックな感覚を補うために,アクション・シーンも交えるが,ここにちょっと無理が生じていて,何とも不可思議な感覚を与えてくれる映画である。ある意味,哲学的な要素させ組み込もうとした監督,共同脚本のJames Grayの野心は理解できる。しかし,それだけでは映画として辛気臭くなって,興行として成立しないという感覚から,シナリオに無理を施した感覚が露骨に出過ぎて,私としては見ていて結構居心地が悪い部分もあった。頭でっかちな感覚もありながら,ネタバレになるので詳しくは書かないが,見ればわかる通り,何じゃそれは?って感じの意味不明な部分もあるところが何とも中途半端なのだ。

視覚効果は結構よく出来ているとしても,やはりここにはシナリオの無理がたたって,私としては評価しにくい映画になってしまった。星★★☆で十分だろう。Brad Pitt目当てで見るなら,間違いなく「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の方がはるかに楽しめることを保証する。

« 久々に聞いたThad Jones。リラクゼーションとはこれだなぁ。 | トップページ | 心底驚かされ,感動させてくれたラグビー日本代表。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々に聞いたThad Jones。リラクゼーションとはこれだなぁ。 | トップページ | 心底驚かされ,感動させてくれたラグビー日本代表。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作