2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Chet Bakerの異色作にして,前半はかなり笑える"You Can't Go Home Again"。 | トップページ | マジで感動した!Charles Lloyd@Blue Note東京参戦記。 »

2019年9月 4日 (水)

Dean Brown@Cotton Club参戦記

_20190903-2ちょっと時間が経ってしまったが,先日,久々にCotton Clubに行ってきた。今回はDean Brownの超強力なトリオである。何と言ってもHadrien FeraudDennis Chambetrsとのトリオなのだから,当然の如く期待は高まる。特に私は初Hadrien Feraudのライブだったので,彼のベース・プレイには大きな関心があった。

見ていて思ったのだが,彼のベース・プレイの根幹にはクラシック・ギターの素養があるのではないかと感じていた私である。ベースの構え方がそういう感じなのだが,あのベース・フレーズはアルペジオ的な部分もあるかなって思っていた。Dean BrownHadrien Feraudには結構なソロ・スペースを与えていたが,そうしたくなるのもわかる弾きっぷりってところである。

_20190903-4

Dennis ChambersNYCIridiumWayne KrantzOz Noyとのギグを終わらせた直後の来日と思うが,体力あるわと言わざるをえないドラミングで,強烈なビートを叩き出していたのはまさに驚愕。何を食って生きているのやら(笑)。

そしてDean Brownだが,私が今回感心させられたのが彼のカッティング。最近あれだけの高速カッティングを見た記憶はないと言いたくなるようなスピード感。フレージングはロック的なものとジャズ的なものをうまく交えたものだったが,私はカッティングに目が点になっていた。どういうピックで弾いているのかという関心事だけで,演奏終了後のサイン会でピックをねだった私であった(爆)。

ということで,今回の戦利品はDean Brown全面参加のBilly Cobhamの"Spectrum"40周年記念ライブの内ジャケとピック。

Live at Cotton Club東京 on August 28, 2019,2ndセット

Personnel: Dean Brown(g, vo), Hadrien Feraud(b), Dennis Chambers(ds)

« Chet Bakerの異色作にして,前半はかなり笑える"You Can't Go Home Again"。 | トップページ | マジで感動した!Charles Lloyd@Blue Note東京参戦記。 »

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Chet Bakerの異色作にして,前半はかなり笑える"You Can't Go Home Again"。 | トップページ | マジで感動した!Charles Lloyd@Blue Note東京参戦記。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作