2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 | トップページ | 久々のブート・ネタ:John McLaughlinのギター・ソロ。 »

2019年10月 1日 (火)

"Abbey Road" リリース50周年。Anniversary Editionの2枚目について。

_20190929-3 ”Abbey Road 2CD Anniversary Edition" The Beatles(Apple)

実質的なBeatlesのラスト・アルバム"Abbey Road"がリリースされたのは今から50年前の1969年9月26日。それを記念してまたも出ました新エディションということで,もうええやんと思いつつ,またまた買ってしまうのが音楽ファンの性であろう。オリジナル・アルバムについては今更何も言うことがないものであることは論を待たない。そこで,ここでは2枚組版に収められたオリジナルの曲順通りに別テイク,デモ・ヴァージョンを収めたディスク2について書いておこう。

このディスク2を聞いていると,あの傑作"Abbey Road"の制作過程においては多くの試行錯誤が行われたであろうことをうかがわせる。ファンとしてそうした過程にまで関心を待つということは自然なことであることは否定しない。しかし,これを聞いているとオリジナル版に近いレベルのものもあれば,まだまだいけてないねぇと思わせるものもある。いずれにしても完成度は決して高くないものもあったのである。当たり前のことであるが,Beatlesとて数少ないテイクでアルバムを完成させていた訳ではなく,積み重ねが傑作に結実したという側面も受けとめてこれは聞くべきものと思う。

そうしたことを踏まえて,オリジナル・アルバムを聞けば,新たな感慨も生まれるに違いないが,私がBeatlesのアルバムを買うのもこれが最後かもなぁ。アルバムとしては全部揃っているのに,まだ買ってんの?って声が家人から飛んでくるしねぇ(爆)。まぁ,それでもミックス違いの効果は確認しなければね。

« 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 | トップページ | 久々のブート・ネタ:John McLaughlinのギター・ソロ。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

アビーロードのスーパーデラックス買った勢いで、ついでにホワイト・アルバムとサージェント・ペッパーのスーパーも買っちゃいました。
考古学的な興味で、結構楽しい(笑)
飾り付ける前の生々しさが結構好きなんですよね。次ぎはレット・イット・ビーだけど、ゴミみたいな音源が山のようにあって、どうするつもりなんだろう(笑)先にリボルバーやって欲しいなあ。
ジャイルズ・マーチンに、他のもやってよと頼んだら、こんなに忙しいのにやらなくちゃダメなの?と返事が返ってきたから、ダメですと答えたとそんな内容のことがどこかに書いてあった(笑)

MRCPさん,こんばんは。

「考古学的な興味」ってのが笑えます。"Let It Be"もきっと出るんでしょうけど,敢えてほじくり返す意味があるかというと微妙ですよね。そんなことするぐらいなら,映像版を4Kリストアでもしてブルーレイで出す方がはるかに受けると思いますけどねぇ。

因みに、考古学的というのは
ラトルズのArchaeologyからの引用でした。
ビートルズ研究をArchaeologyというあたり、イギリス人のユーモアなんですね。
ジョージ・ハリソンが自身のレーベルにダークホースと名付けるようなものか(笑)

MRCPさん,こんばんは。

なるほど。そういうことですか~。確かに英国人らしいユーモアかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 | トップページ | 久々のブート・ネタ:John McLaughlinのギター・ソロ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作