2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今回も実に面白かったTarantino新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 | トップページ | "Rubberband":今年最大の話題作の一つだろう。 »

2019年9月 9日 (月)

残暑の中で聞くMarilyn Crispell。室温が下がったような気にさせる。

_20190908 ”Storyteller" Marilyn Crispell(ECM)

9月に入っても,まだまだ暑い日々が続く中で,久しぶりに取り出したのがこのアルバム。およそ60分に渡って静謐な音楽が展開され,ある意味現代音楽的な響きさえ感じさせる部分もある音楽である。だからと言って,冷たい感じというよりも,比較的ウォームな感覚を与える部分もあるにはあるが,このジャケットのイメージが音と重なるってところか。

Marilyn Crispellという人は,結構な数のアルバムをECMに残しているが,私が彼女のアルバムをこのブログに取り上げたことはない。私にとってはちょっと敷居の高さを感じさせる人なのだ(笑)。そもそもECMだけでなく,LeoだとかPi Recordingsだとか,彼女がアルバムをリリースしているレーベルはハイブラウなレーベルであるから,そういう風に感じるのもまぁ仕方がない部分はあるのだ(開き直り)。しかし,久々にこのアルバムを聞いてみて,まぁ一般的なリスナーには決してハードルは低くないとして,これなら全然問題ないと思わせるに十分な作品であった。

正直言ってしまえば,これをしょっちゅう聞きたいという気持ちにはならないとしても,この厳しい残暑の中で,部屋をやや涼し気に感じさせるには十分だったというところ。星★★★★。

そう言えば,彼女が参加したJoe LovanoのECMでのアルバムも全然聞けていないねぇ。何とかせねば(笑)。

Recorded in February,2003

Personnel: Marilyn Crispell(p), Mark Helias(b), Paul Motian(ds)

« 今回も実に面白かったTarantino新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 | トップページ | "Rubberband":今年最大の話題作の一つだろう。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回も実に面白かったTarantino新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」 | トップページ | "Rubberband":今年最大の話題作の一つだろう。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作