2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Tarantinoの映画と全然違うBrad Pittが見られる「アド・アストラ」。 | トップページ | 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 »

2019年9月29日 (日)

心底驚かされ,感動させてくれたラグビー日本代表。

Photo_20190929094801

記憶がヴィヴィッドなうちに書いておこう。戦前から今回の予選リーグにおけるおそらくは最大の難敵,アイルランドに日本代表が勝つと思っていた人は多分少ないはずだろう。しかし,いみじくもスタンドオフ,田村が明かした「誰も勝つと思ってないし、誰も接戦になるとも思ってないし、誰も僕らがどんだけ犠牲にしたか分からないし、信じてるのは僕たちだけ」というジェイミー・ジョゼフ・ヘッドコーチの弁(俳句?)に従ったような19-12での勝利は,まさに驚きと感動を多くの日本国民に与えたはずだ。

初戦のロシア戦では緊張からかミスを連発しながらも勝ち点5をゲットした日本代表だったが,私自身もさすがにアイルランドは厳しいだろうと思っていた。しかし,前半を12-9で折り返して,なかなかの善戦と思わせ,そしてもしかすると...という気持ちになってきた。実は前半はゴルフ場からの移動の車中で見ていて,その後,19番ホールたる居酒屋へ移動したのだが,店に入ってテレビのチャンネルをラグビー中継をしているNHKに勝手に変えたのは言うまでもない(爆)。ほかのメンバーが来るまでの間,先行して入っていた3人は横並びでTVを見ながらビールを飲んでいて,「家族ゲーム」かよ?と言い放つ私も私だが,それぐらい入れ込んだ状態になっていたことは間違いない。逆転トライを福岡が決めた瞬間は,店にいるほかのお客さんも完全に無視した状態で興奮していた私たちであった。前半に思っていた「もしかすると」から,「絶対勝って欲しい」に変ったのはその後のPGを田村が決めた瞬間だった。

そして危ないシーンも何度かありながらも,フォワード戦も互角以上の戦いを展開したのは見事であった。そして,終盤,ゴール前に押し込まれた日本代表だったが,そこでアイルランド代表の「ノット・リリース・ザ・ボール」のペナルティを誘った瞬間に,私は勝利への期待は一気に高まったのであった。最後にアイルランド代表がタッチに蹴り出した瞬間にノーサイドとなったが,あれはアイルランド代表が時間を間違えたのか,あるいはミスキックだったと思われ,ある意味呆気ない幕切れとなったが,いずれにしても勝ちは勝ちである。4年前のひた向きさによる南アフリカ戦での勝利とは一味違う勝利と言ってよい試合で,ゴルフによる疲れもあったし,ゴルフのスコアは全然いけていなかったものの,格別の「勝利の美酒」を味わうことができたと言えよう。

試合会場にいられた人は幸せだなぁとつくづく思うが,その瞬間をTV中継とは言え,ライブで共有することができた私も幸せであった。こうなったら4戦全勝で予選リーグを1位突破して欲しいところだが,サモア戦もスコットランド戦も簡単に勝てる訳ではなかろう。だが,アイルランド戦のような戦いぶりを示せば悲願の予選リーグ突破は可能と思いたい。

次の日本代表の相手はサモアだが,9/30に1勝のサモアは1敗のスコットランドと対戦するが,スコットランドは予選リーグ突破を掛けてもう負けられない状態なので,必死で来るはずである。そこでの戦いっぷりを見ながら,サモア戦を楽しみに待つことにしよう。

尚,上の写真はネットから拝借。

<追補>このブログにはサッカーのカテゴリーがあるが,ラグビーの記事は4年前の南アフリカ戦以来(その時の記事はこちら)となった。まぁ学生の頃から大学ラグビーは結構見ていたし,正月の大学選手権とかも中継では見ていて,それなりにラグビーも好きなのだが,この記事をご覧になって意外に感じた人もいらっしゃるかもしれないとついつい思ってしまった。

<更に追補>アイルランドが最後に蹴り出して呆気なく試合が終わったように見えたのはボーナス・ポイント1を確実に取るためだったらしい。ということは負けてもBP1点を取りに行き,予選リーグ突破を確実に狙うという作戦だったとは...。アイルランド恐るべし。奥が深い。

« Tarantinoの映画と全然違うBrad Pittが見られる「アド・アストラ」。 | トップページ | 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Tarantinoの映画と全然違うBrad Pittが見られる「アド・アストラ」。 | トップページ | 歌うBensonか,歌わぬBensonか...。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作