2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Camila Meza@Blue Note東京の戦利品 | トップページ | 出張中に見た映画(19/09編):今回は移動が辛くて控えめになってしまった。 »

2019年9月15日 (日)

遅ればせながらCamila Meza@Blue Note東京参戦記

Camila-meza-at-blue-note
ライブ翌日から出張していたため,遅くなってしまったが,Camila Meza & the Nectar Orchestraのライブの模様を振り返っておきたい。彼女の音楽には"Traces"で感心させられ,更に新作"Ambar"で驚かされてしまった私としては,今回の来日がアナウンスされた以上,行かない訳にはいかないということで実に期待をしていた。新作はストリング・クァルテット入りの音楽であるが,それをライブで再現してしまうということで,ハードルは決して低くなかっただろうが,軽々とクリアして見せた彼女たちであった。

Camila Mezaは歌がうまいのはもちろん,ギターの腕も確かなものであるとともに,彼女を支えていたバックのメンバーも実によかった。ドラムスの小川慶太はSnarky Puppyのメンバーでもあるが,そっちでやっている音楽とは結構違うと思わせながら,コンテンポラリーな感覚を導いているのは彼のドラミングではなかったかと思わせる部分があった。非常にフィット感があるのである。

更に,ピアノ,キーボードのEden LadinもHerbie Hancock辺りからの影響も感じさせるフレージングを聞かせていたのが面白いが,このバンドで驚いたのは,ストリングスのアレンジをしていたベースのNoam Wiesenbergであろうか。彼のベースそのものは楚々としたものであり,しっかりとした下支えという感じであったが,そのアレンジ能力は実に高度。更に先日のサイン会の模様でも書いたが,まさに好青年という感じのミュージシャンであり,非常に好感度が高い。

ストリング・クァルテットは今回のライブのために集められた人たちであろうが,ややリハーサルが足らないかなぁと思わせる部分なきにしもあらずながら,演奏はちゃんとしていて,十分サウンドに溶け込んでいたと思う。

そんな彼らに支えられ,歌い,ギターをプレイするCamila Mezaは本当に実力あるわ~と思わせ,今後に対する期待も大いに高まる人であったと思う。ライブ全編を通じて,大いに楽しませてもらった私である。上の写真はBlue NoteのWebサイトからの拝借であるが,多分私のシルエットが写り込んでいる。それがどうした?と言われればその通りだが,いい思い出になるわってことで。

尚,Blue Noteのサイトによれば,当日のセットリストは下記の通り。
1. AMAZON FAREWELL
2. ALL YOUR COLORS
3. ATARDECER
4. OLHA MARIA
5. FALL
6. TRACES
7. THIS IS NOT AMERICA
8. LUCHIN
9. KALLFU
EC. AWAKEN

とにもかくにも,世の中にはレベルの高いミュージシャンが存在することを思い知らされたライブであった。彼女がメジャーな存在になることは必定。素晴らしい才能である。

Live at Blue Note東京 on September 9, 2019, 2ndセット

Personnel: Camila Meza(vo, g), Eden Ladin(p, key), Noam Wiesenburg(b), 小川慶太(ds, perc), 松本裕香(vln), 鈴木絵由子(vln),惠藤あゆ(vla),橋本歩(cello)

« Camila Meza@Blue Note東京の戦利品 | トップページ | 出張中に見た映画(19/09編):今回は移動が辛くて控えめになってしまった。 »

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

閣下、URLをありがとうございました。
良いライブでしたね。
歌もギターも本当に巧かったです。
恥ずかしながら「Olha Maria」で感涙。

こちらも、URLを貼り付けさせて頂きますね。
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-f29b28.html


9/10の1stのセットリストです。
「Para Volar」
「Waltz #1」
「Milagre dos Peixes」
「Olha Maria」
「Fall」
「Luchín」
「Traces」
「 Interlude 」から「 Ambar 」

「Cucurrucucu Paloma 」

追伸

私も「小川慶太」のドラム、すげぇ!っておもいました。
めちゃめちゃ かっこよかったです。

Suzuckさん,こんにちは。リンクありがとうございます。

実に感じのいいライブというか,大らかさもある中で,コンテンポラリーな感覚もあるというバランスが何とも言えず心地よかったです。1stと2ndでかなり曲を変えているのも好感度高いですよねぇ。両方聞けばよかったかな(笑)。

いずれにしてもSuzuckさんのフットワークには感心します。素晴らしいですね。私は行けませんが,イタリア文化会館のGiuliani~Bossoもお越しですかね。

Suzuckさん,追伸ありがとうございます。

Snarky PuppyのドラマーとCamila Mezaってどうなのよって気もしたんですが,そういうところも吸収できてしまうのが彼らの音楽なのではないかと思いました。

サイン会で小川慶太本人とちらっと話をしたんですが,Snarky Puppy だけではないのねぇと言ったら,こっちは「趣味」だって言ってました(笑)。趣味でも相性ばっちりですし,素晴らしい助演ぶりでしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Camila Meza@Blue Note東京の戦利品 | トップページ | 出張中に見た映画(19/09編):今回は移動が辛くて控えめになってしまった。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作