2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Mike Stern@ブルーノート東京参戦記 | トップページ | ECMの未CD化音源から”Path”:私はこういうのが好きなのだ。 »

2019年8月 5日 (月)

更に公開されたECMの未CD化アルバムを聞く:今日はEnrico Rava。

Enrico-rava-ah"Ah" Enrico Rava Quartet (ECM)

続々とストリーミングが開始されているECMの未CD化アルバムであるが,今日はEnrico Rava。このアルバムが異色なのはこのジャケットだと思うが,全くECMらしからぬデザインではないか。このアルバムがリリースされた頃にもECMっぽくないなぁと思っていた記憶がある。アップした画像ではわかりにくいのだが,もともとRavaの横顔のバックはきらっきらの銀色だったはずである。それもびっくりするような「光り輝く」銀色だったのである。

Enrico Ravaにはもう1枚,未CD化の"Opening Night"というアルバムがあるが,そっちについては結構このブログで酷評している(記事はこちら)。一方,本作に収められた音は,もはやフリーと言いたくなるようなものもあり,かなり熱い。特に2曲目"Outsider"なんてのは,かなりの激しさで迫ってくる。そういう意味では”Opening Night"よりもずっとよく聞こえる部分もある。だが,このアルバムにおいても,曲によってタイプが異なることにより,一貫性のなさを感じさせるところがあるのは惜しい。

これは私とEnrico Ravaの相性によるものなのかどうかは,昨今彼のアルバムをあまり聞いていないので何とも言えない部分もあるのだが,正直言ってこういうサウンドならECMじゃなくてもいいのではないかと思えるような,モードとフリーの中間のような感じなのである。そうした意味では,ECM好きのリスナーにこういう音楽が受けるのかどうなのかは若干微妙ってところだろう。

まぁ私にとってはこの頃のEnrico Ravaの音楽は響いてこないのかなって感じたのも事実だが,曲が私に合わないところもあるかもしれない。3曲目,4曲目あたりの中だるみ感もあり,ダメってことでもないのだが,積極的にはほめにくい。そういう微妙なアルバム。星★★★。

Recorded in December 1979

Personnel: Enrico Rava(tp),Franco D'Andrea(p), Giovanni Tomasso(b), Bruce Ditmas(ds)

« Mike Stern@ブルーノート東京参戦記 | トップページ | ECMの未CD化音源から”Path”:私はこういうのが好きなのだ。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Mike Stern@ブルーノート東京参戦記 | トップページ | ECMの未CD化音源から”Path”:私はこういうのが好きなのだ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作