2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 元祖Casino Lightsから38年,そしてCasino Lights ‘99からも20年かぁ。ってことで,今日は99年盤。 | トップページ | 出張中に見た映画(19/08編):1本目は「誰もがそれを知っている」 »

2019年8月19日 (月)

まだまだ続くECM未CD化盤聞き:今日はArild Andersen

Lifelines "LifelinesArild AndersenECM

CD化のECMのアルバムを相変わらず聞き続けている私だが、このアルバムを(多分)初めて聞いて、このいかにもECM的なアルバムがなぜCD化されていないのだろうと思ってしまった私である。メンツとしてもピアノのSteve Dobrogosz以外の3人はECMレーベルに欠かすことのできない人たちであり、にもかかわらずなぜ?って感じが強い。まぁ,Arild Andersenの場合,クァルテット音源を"Green in BlueEarly Quartets"としてボックス化するまで入手が困難だったことを考えれば,Manfred Eicherにとって,Arild Andersenの位置づけはそんなもんなのかもしれないが

しかし,奏でられている音楽はまさにECM的。典型的な4ビートではないにもかかわらず,Kenny Wheelerの鋭いラッパの音を聞いているだけで嬉しくなってしまった私である。このアルバムがリリースされたのは1981年のことだが,既にレーベル・カラーを明確に確立していることがはっきり感じられるアルバムであり,ECMレーベル好きのツボにはまること必定と言いたい。ということで評価もついつい甘くなり星★★★★☆。

Recorded in July 1980

Personnel: Arild Andersen(b),Kenny Wheeler(fl-h,cor),Steve Dobrogosz(p),Paul Motian(ds)

« 元祖Casino Lightsから38年,そしてCasino Lights ‘99からも20年かぁ。ってことで,今日は99年盤。 | トップページ | 出張中に見た映画(19/08編):1本目は「誰もがそれを知っている」 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元祖Casino Lightsから38年,そしてCasino Lights ‘99からも20年かぁ。ってことで,今日は99年盤。 | トップページ | 出張中に見た映画(19/08編):1本目は「誰もがそれを知っている」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作