2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« João Gilbertoを偲んで,改めてStan Getzとの共演作を聞く。 | トップページ | João Gilbertoの訃報からのボサ・ノヴァ続きで,今日はVerveのコンピレーション。 »

2019年7月10日 (水)

今日はJoão GilbertoからのBebel Gilberto。

_20190708 "Tanto Tempo" Bebel Gilberto(Ziriguiboom)

今日はJoão Gilbertoの娘のBebel Gilbertoである。そして母親は昨日取り上げたStan Getzとのアルバムでヴォーカルを担当していたHeloisa (Miúcha) Buarque de Hollandaなので,血筋のよさは保証付きみたいなものだ。WikipediaにはBebelが両親から言われたこととして, "He taught me to be a perfectionist. But my mother taught me how to lose it."なんて書いてあるが,なるほどねぇって感じである。そうやってバランスを保つのかってことだ。写真を見ると,顔は母親のDNAが強いようだが(笑)。

このアルバム,リリースされたのは2000年のことだが,それ以来,このアルバム,結構な売れ行きを示しているらしい。私がこのアルバムを購入する気になった記憶が曖昧だが,やはりJoão Gilbertoの娘がどういう音楽をやるのかに感心があったからだろう。

そして,本作はボサノヴァにエレクトロニカをスパイスとして使ったような実にこじゃれた音楽である。まぁ,これなら一定のリスナーに受けるのもわかるし,欧米でのセールスが好調だったのは,特に米国においては,所謂スムーズ・ジャズ系のリスナーにも受け入れられたってことではないかと思える。本質的にはボサノヴァが根底にあるので,穏やかさが感じられる音楽だが,それに加えてBebel Gilbertoの声がかなり魅力的。正直なところ,私はボサノヴァはシンプルに演奏して欲しいクチなので,エレクトロニカあるいはプログラミングはもう少し控えめにして欲しいと思える"Alguem"のような曲もあるが,それでもまぁ邪魔ってほどではない。

ある意味,イージー・リスニング的にも響く部分もあるが,どういうシーンのBGMにもフィットしそうな音楽である。星★★★★。

尚,Personnelは文字が小さくて老眼にはきついので省略するが,Celso Fonsecaのギターだけをバックに歌う"Samba e Amor"なんて実に素敵なものである。そのほかにもJoão DonatoやCarlinhos Brown等が華を添えている。

« João Gilbertoを偲んで,改めてStan Getzとの共演作を聞く。 | トップページ | João Gilbertoの訃報からのボサ・ノヴァ続きで,今日はVerveのコンピレーション。 »

ブラジル」カテゴリの記事

コメント

Bebel Gibertoといえば、De Tarde, Vendo O Mar
という、何と荒井ユーミンをカバーしたアルバムがあるんです。ポルトガル語でBossa Novaカバー。
メッサージェなんて聞こえてくるんです。
何でまた、こんな色物出したんだろうと思いながら買ってみたら、気持ち良いんですね。
松任谷ユーミン時代に比べて楽曲が良いから、どう料理しても良いってことかなあ(笑)

MRCPさん,こんばんは。

そのアルバムは知りませんでしが,まぁ間違いないですよねぇ。もともとボサ・ノヴァ的な曲が多いって気もしますしねぇ。ご指摘のCDが非常に気になってきました(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« João Gilbertoを偲んで,改めてStan Getzとの共演作を聞く。 | トップページ | João Gilbertoの訃報からのボサ・ノヴァ続きで,今日はVerveのコンピレーション。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作