2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Fred Herschとビッグバンドの共演やいかに。 | トップページ | ”Talk Is Cheap”は素晴らしいアルバムだが,この拡大盤はねぇ...。 »

2019年7月14日 (日)

ECM移籍前のMarcin Wasilewski Trio a.k.a. Simple Acoustic Trioのライブ盤。

_20190713 "XX Festival Intenacional de Jazz de Getxo Europar Jazzaldia 1996” Simple Acousitic Trio(Hilargi)

現在はECMレーベルを代表するピアニスト,ピアノ・トリオとなったと言っても過言ではないMarcin Wasilewski Trioであるが,その昔はSimple Acoustic Trioと名乗って活動していた。私もその時代まで遡ってアルバムを保有している訳ではないのだが,彼らのSimple Acoustic Trio名義のリーダー作として唯一保有しているのが,このライブ盤である。

今や,出すアルバム,参加するアルバムの全てが素晴らしいとさえ言いたくなるような彼らだが,このアルバムがレコーディングされた四半世紀近く前から既に完成度が高かったことを改めて認識させられる作品。こういうのを聞いてしまうと,彼らのアルバムは全部買うべきなのかと思ってしまうが,ストリーミングで聞けるから,まぁそこまでは行かない(苦笑)。それでもそう思わせるに十分な魅力に満ちた演奏ぶりである。

_20190713-2 ジャケ裏の作曲者表示が適当だったりといういい加減(Ornette ColemanをD. Collemanと書いたり,WasilewskiをVasilewskiとミスタイプしている)さはあるが,演奏はその限りではなく,彼ららしいリリシズムと陰影を感じさせるこうした演奏をライブでやっているというのが凄いことである。若い時(この時,Wasilewskiはまだ20歳か21歳である)から,無茶苦茶優秀なピアニストだったのねぇと感心せざるをえない。いやいや凄いわ。驚きも込めて星★★★★★としてしまおう。

それにしても,来日時にこのアルバムにもサインしてもらってよかったわぁ(相変わらずのミーハー)。

Recorded Live during the 20th Getxo International Jazz Festival

Personnel: Marcin Wasilewski(p),Salwomir Kurkiewicz(b), Michal Miskiewicz(ds)

« Fred Herschとビッグバンドの共演やいかに。 | トップページ | ”Talk Is Cheap”は素晴らしいアルバムだが,この拡大盤はねぇ...。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Fred Herschとビッグバンドの共演やいかに。 | トップページ | ”Talk Is Cheap”は素晴らしいアルバムだが,この拡大盤はねぇ...。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作