2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« John Scofield Combo 66@Blue Note東京参戦記:やらかしちまった! | トップページ | 久々に聞いたWarren Zevonの”Sentimental Hygiene”。こんなにヘヴィなアルバムだったか...。 »

2019年6月 2日 (日)

実に素晴らしかったBrad Mehldau Trio@東京国際フォーラム

Brad-mehldau-trio-live

Brad Mehldauがトリオで来日するのは実に久しぶりのことのはずだ。前回は2012年だから7年ぶりってのは間が空き過ぎではないかと思ってしまうが,MehlianaやJoshua Redmanとのデュオでも来ているので,それほど久々感はない。しかし,前回のトリオ公演には正直言って不満があった私(その時の記事はこちら)なので,今回はPAに左右されない演奏が聞きたいと思って,東京国際フォーラムに乗り込んだ私である。

今回のライブについてはFBページが設けられており,全公演のセットリストがアップされているが,毎日違う曲をやっているようだ。東京国際フォーラムでのセットリストは下記の通りであるが,冒頭の"Sehnsucht"からして,非常に美しい響き,そしてコンサート・ホールらしいPAにまず安心した私である。それにしても,冒頭2曲で完全に聴衆をうっとりさせるのに成功したと思わせるに十分。実に素晴らしい演奏であった。特に私が痺れたのは"From This Moment on"だったが,この演奏を聞いて,Brad MehldauというピアニストはCole Porterの曲と実にマッチするという点である。そして,アンコール前に弾かれた”When I Fall in Love"の終盤のカデンツァの美しいことよ。

そして,アンコール3曲がこれまた素晴らしい。"Tenderly"という曲がこれほど魅力的に響いた経験はなかったと言ってもよいし,"Secret Love"なんて,非常にテンポを落とした形で演奏されつつ,曲の持つ美しさ,あるいは「秘めたる恋」を体現するような演奏には心底まいってしまった私である。

更に,今回はJeff Ballardのドラミングにも感心させれた。このトリオにぴったりなサトルな感覚だけでなく,決してうるさくならないドラミングは彼への評価を一段高めるものだったと言ってよい。Larry Grenadierも結構長いソロ・スペースを与えられていて,実力発揮していたが,私には今回はJeff Ballardが印象に残ったと言っておこう。

私としては7年前のトリオ公演のリベンジを完全に果たしたという感じで,実に満足度の高いライブであった。当然のことながら6/3に予定されているソロ公演への期待は更に高まった私である。

尚,上の写真はおそらくサントリー・ホールでのライブの時のものと思われるが,FBページより拝借したもの。東京国際フォーラムもほぼ同じ感じだった。

<Set List>
Sehnsucht (B. Mehldau)
Gentle John (B. Mehldau)
Bee Blues (B. Mehldau)
Inchworm (F. Loesser)
Backyard (B. Mehldau)
From this Moment on (C. Porter)
When I Fall in Love (V.Young/E. Heyman)

<Encore>
Tenderly (W. Gross)
Secret Love (S. Fain/P.F. Webster)
Long Ago and Far Away (J. Kern, I. Gershwin)

Live at 東京国際フォーラム ホールC on June 1, 2019

Personnel: Brad Mehldau(p), Larry Grenadier(b), Jeff Ballard(ds)

« John Scofield Combo 66@Blue Note東京参戦記:やらかしちまった! | トップページ | 久々に聞いたWarren Zevonの”Sentimental Hygiene”。こんなにヘヴィなアルバムだったか...。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

閣下、ふたたび、コメントをありがとうございました!

「When I Fall in Love」は、本当に痺れました。
メルドーさまのファンなら、ほとんどの人があそこで昇天だとおもいます。
なので、ソロ・コンサートへの期待値が高まる一方でしたよ。

セットリストが、でていましたね。
3曲、つづけて即興だったんですね。
クリスマス・オタクには、「Linus and Lucy」がうけました!

ということで,URLを貼り付けますね!
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-c4d85b.html

Suzuckさん、続けてこんにちは。

新作を聞いた後で、このトリオを聞くと、逆に新鮮に感じるというところがありましたね。それにしても、レベルの高い演奏で実によかったです。私は前回のサントリー・ホールでのトリオのライブに納得していなかったので、今回は本当に満足度が高いものでした。

それにしても、“When I Fall in Love”終盤のカデンツァにはため息が出ました。さいこうでしたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« John Scofield Combo 66@Blue Note東京参戦記:やらかしちまった! | トップページ | 久々に聞いたWarren Zevonの”Sentimental Hygiene”。こんなにヘヴィなアルバムだったか...。 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作