2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Leszek MożdżerによるKomeda集。何とも美しい。 | トップページ | Celso Fonseca / Ronald Bastosコンビの第1作。 »

2019年6月27日 (木)

今更ながらNina Simoneにしびれる。

_20190623-3 "Jazz as Played in an Exclusive Side Street Club" Nina Simone(Bethlehem)

日本においては「ファースト・レコーディング」として,海外においては"Little Girl Blue"としても知られるNina Simoneのデビュー・アルバムである。私はこのブログにも何度も書いているように,ジャズ・ヴォーカルの熱心な聞き手ではないが,その一方ではソウルにしろ,シンガー・ソングライター系は男声/女声問わずちゃんと聞いているし,好きなミュージシャンも沢山いるから,やはり嗜好の問題ってところかもしれない。一方,Nina Simoneはその後の活動を踏まえれば,ジャズ・ヴォーカルの範疇に留めることには抵抗があるし,事実Rock & Roll Hall of Fameの殿堂入りもしているから,米国においてもそういう捉え方をされていると言ってよい。

しかし,Nina Simoneについて,私が保有しているアルバムはこれだけなのである。これは中古で入手したはずだが,そのまま放置しており,ほとんど聞いた記憶がないという体たらくである。なので,Nina Simoneとはほぼ縁のない生活を送ってきた私だが,今回改めて聞き直してみて,このアルバムをちゃんと聞いてこなかったことを深く後悔した私である。素晴らしい歌唱,そして声である。とても録音当時24歳だったとは思えない成熟ぶりではないか。

そして,その成熟度合いは,本作に含まれている"I Loves You, Porgy"が英国The Guardian誌が選ぶNina Simoneのトップ10ソングの第1位に選ばれていることからしても明らかだろう。本作はその後のNina Simoneのキャリアの出発点となり,基盤となったということで,実に意義深いアルバムであったということになる。

こういうアルバムをまともに聞いてこなかったことを反省し,この期に及んでではあるが星★★★★★としよう。とにもかくにも素晴らしく,渋い。

Recorded in 1957

Personnel: Nina Simone(vo, p), Jimmy Bond(b), Al Heath(ds)

 

« Leszek MożdżerによるKomeda集。何とも美しい。 | トップページ | Celso Fonseca / Ronald Bastosコンビの第1作。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Leszek MożdżerによるKomeda集。何とも美しい。 | トップページ | Celso Fonseca / Ronald Bastosコンビの第1作。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作